お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

bravesoft 株式会社の企業情報

Page top
bravesoft 株式会社
Green Premium Interview
マーケットが後押しする『eventos』の“体験革命”とは?

2005年4月の創業以来、「bokete」「TVer」など多数のアプリをジャンルを問わず開発してきたbravesoft株式会社。「最強のものづくり集団となり、挑戦が溢れる新時代を創る」をビジョンに掲げ、時代の旗手として注目されるような技術力の高いエンジニアの育成・排出に力を入れてきた。
そんな同社が、テクノロジーによって「体験革命」を起こすことを目指し、新たな事業にピボットした。自社開発プロダクトである、展示会/イベント用アプリ作成サービス「eventos(イベントス)」だ。
これまでも誰もやらないような新しいことに挑み続けてきた同社だが、今回のチャレンジは、これまでのものとはひと味もふた味も違うようだ。「マーケットが後押ししてくれている」という今の状況とは?事業に込められた思いや意気込みとは?求める人物像とは?役員3人による座談会をお届けします。

Kiyota1
取締役 EV(イベンテック)ユニット統括
清田 耕一朗氏
電気通信大学在学中に開発業務を学び、大学卒業後、システム開発のベンチャー企業入社。システム開発や動画配信サービスを中心としたサービス開発マネジメントを経験。その後菅澤と出会い、考え方や価値観に共感し当社入社。2017年1月執行役員就任。2018年1月、取締役・eventos事業部責任者就任。
Aoki1
取締役CDO DXユニット統括 兼 LJ事業部長
青木 意芽滋氏
東京藝術大学大学院を修了。在学中からアートプロジェクトの立ち上げに数多く携わる。その後IT系ベンチャー企業で経験を積んだ後当社入社。幅広いデザイン・ディレクション業務に携わりながらクリエイティブチームを統括。2017年1月、執行役員就任。2019年7月、取締役 兼 CDO(チーフ・デザイン・オフィサー)就任。
Ikeda1
執行役員 技術統括室長
池田 純康氏
University of California, Irvine卒。新卒で日本マイクロソフトに入社。テクニカルリードとなった後、"モノづくりがしたい"という思いを実現するためベンチャーへの転身を決意し2016年5月当社に入社。2017年7月、執行役員就任。2018年1月より受託開発部門の責任者に就任し、オフショア子会社統括も兼任。
思いついちゃったんだから、やらないほうがリスク

―ブレイブソフトは黎明期からアプリを作り続けてきたわけですが、体験に注目し始めたのはいつ頃でしたか?

清田

イベントをデジタル化しようという『eventos(イベントス)』の構想が出てきたのは、2015年頃かな。

青木

ITを使って体験を変えていこう、というチャレンジで、当初は体験事業なんて言っていましたね。

清田

体験事業なんて普通じゃないなって思いました(笑)だって数日やって終わりのイベントに数千万円を投じてアプリを作るとか、ちょっと普通じゃないし、やらないでしょう。

池田

しかもイベント当日にバグが出てしまったら、全部が台無し。そんなシステム、エンジニアからしたら怖くて作れない(笑)

清田

だけど、一方ではイベント会場のIT化は全然進んでいないし、そこにITやデジタルを持ち込んだら絶対に面白いことができる。「誰もやらないんだったら、うちがやろうよ」というね。

青木

思い返すと、その決断に至るところがやっぱりブレイブソフトっぽいんですよね。「自由」というか。

清田

そう、自由なんです。うちのいいところは、何が成功なのかわからないから、突拍子もないことでも試していこうという気質ですよね。

池田

「思いついちゃったんだから、やらないほうがリスク」という発想ですからね。

清田

何かしらの成功体験に縛られるような頭の固い社長だったら、「何を馬鹿なことを」となるでしょう。でも、うちの菅澤はそうではないので。

池田

突拍子もないことを「面白いね」と盛り上がれる文化がありますよね。

青木

ただ、自由の裏には「ねじ伏せ力」があると思っています。だって、最終的に達成しないと自由にはなれないじゃないですか。

池田

それはあるかもしれませんね。

清田

トライ&エラーは繰り返せるけど、本当の意味での失敗はできない。イベントは数日限り。当日に何かあった時に、みんなであたふたしているだけではマズいわけで(笑)

青木

2016年に数十万人規模のイベントを担当したときは本当に怖かったですよ。イベント会場に自分の位置がわかる機能を入れようとしていたんですが、前日の設営日に初めてビーコンを設置したら、全く動かないんですもん。

池田

背筋が凍るなあ(笑)

青木

そこでもねじ伏せました(笑)。大至急で他のエンジニアを連れてきて、動くようにしたんです。ビーコンを200個ほど設置して。そんな規模で動かすのなんて初めてなのに。

池田

お客様には言いにくいけど、逆に言えばそういうことを乗り越えてきたからこそ、今の品質が出せているんだと思いますよ。

清田

それは間違いないですね。

池田

我々もイベントのプロだったわけではないので、そうやって知見を貯めて、経験を積んで、機能を増やしてきました。だから最初から調査して全部考えておかなければ動けない、みたいなやり方で進めていたら、多分ここまでできていないでしょうね。

Mockup1
『eventos』はイベント申込管理・アプリ・Live配信まで一元管理できるプラットフォーム。開催されるイベント情報をマップで確認できたり、チケット管理から、LIVE配信、イベント来客者の分析まで、イベントに関わる多くの機能が基本搭載されている。
コロナショックによる、イベント市場のデジタルシフトが急速化!

―『eventos』は、これまでのブレイブソフトが行ってきた数々のチャレンジとはどう違ったのでしょうか?

清田

事業のピボットだった、と言っていいですよね。

池田

でも、これまで通りアプリ開発はしていきますし、そこも含めて「体験を革命すること」にこだわっていくというか。

青木

ですね。そしてそれを一気に加速させたのは、新型コロナウイルスの影響が大きかったですよね。

清田

『eventos』を導入するリアルなイベントが全部中止になって、これはヤバイと。そこで一気にイベントのオンライン化に転換。

青木

そこからですよね。

清田

「ライブ配信機能を使ったオンライン化」という新しい価値を、『eventos』によって生み出せることがわかった時に全てが面白くなりました。

池田

そこからは、市場も含めた周りからの期待値が全然変わりましたよね。実際に出資もしていただいて、社会的な責任を感じることも増えましたし。

清田

今も、「マーケットに押されている」感じがすごいんです。

青木

押すな押すな、っていうくらいね(笑)

清田

ターニングポイントでしたよね。こんな言い方は不適切かもしれませんが、イベント業界においては、5年くらいかかって作られていくような世界が、コロナウイルスの影響を受けたこの数カ月で実現してしまったんです。

青木

そのイベンテックを牽引している『eventos』は、これからものすごいことになるでしょうね!

池田

まだ公表はできないですけど、もうすでにいろんなことが進んでいますもんね。

清田

世界観としては、イベントの開催自体がリアルかオンラインを選べるようになる。イベントの成果がデジタル化によって可視化できるようになる。そうなると、プラットフォームとして『eventos』が標準になる世界が実現できるかもしれません。

池田

まさに、体験革命。

池田

イベントのあり方は文化が変わってもそう大きくは変わりませんから、今後は海外進出も視野に入れたいですね。楽しみは尽きないです。

Mockup2
新たに追加された「Live!配信」機能。セミナー・株主総会、ライブ、スポーツ、文化祭といったオンラインイベントマーケティングを実現。誰でも簡単にオンラインイベントを開催できる。
『eventos』はブレイブソフト流ものづくりの結晶

―この変化について、みなさんはどんなふうに考えていらっしゃいますか?

清田

すごくエキサイティングな状況ではあるものの、私の中では「劇的な変化」みたいな感覚はないんです。それは、ブレイブソフトという会社が「変わること」にずっとこだわってきたからだと思います。

青木

その中の一環というか。確かにありますね。同じ気持ちです。

清田

『eventos』自体はピボットしているし、そこだけを見たらリスキーだったのかもしれません。でも、「変わらない方がよっぽど被害は大きい」くらいに思っていて。変化が激しい会社の中にい過ぎて、何かが麻痺しているだけかもしれませんが(笑)

池田

それでいうと、あくまでゴールが「体験」に変わっただけなんですよね。

青木

おっしゃる通り。

清田

となると、アプリもイベントも、技術そのものだって、結局は「手段」に過ぎないんです。これに関しては、もともと僕ら3人がお客様がいる仕事でずっと開発をしてきて、「課題に対してどう解決するか」を当たり前のように考えて続けてきたことも影響しているでしょうね。

池田

間違いないですね。

清田

ゴールを言語化して、解決までの道筋を作ることが当たり前で、それが得意。その「枠」は変わっていないですし、そもそもブレイブソフトではそういうものづくりをずっとしてきました。

青木

行動の仕方は基本的に変わっていないんですよね。目指す先がちょっと変わっただけ。

清田

うちは6ヶ月に一度、社内のいろんなことを無理してでも変える文化があるんです。席替えをしたり、制度だって一通り見直すくらいですから。

池田

そんな変化を楽しめる人がいいですよね。

青木

付け加えるなら、変化に対応できる「柔軟性」も必要でしょうね。

Cap1
「体験」が考えられるエンジニアが育つ環境

―今、「柔軟性」の話がありましたが、ブレイブソフトのエンジニアの特徴について教えてください。

池田

純粋に技術が好きな人は多いと思います。上から言われたことをやるのではなく、「好きだからやっちゃう」みたいな人。『eventos』のライブアンケート機能だって、エンジニアが作りたくて作ったものがリリースされたものですからね。

清田

そうそう。「Firebaseが面白そうなんですよ」なんて言いながら作っているのを見ていたら、あまりにも良い出来で。プレゼンを聞いて、みんなで「これいいじゃん!」となったんですよね。

青木

そこで普通の会社なら、「これを製品化に向けて企画書を…」みたいになるのかもしれませんが、うちは社長が速攻で嗅ぎ付けて、デザイン起こして、よし、やろう!って。早い(笑)

池田

ホント、そんな感じでしたね。

青木

この製品化の話がまさに顕著で、うちのエンジニアの特徴でいうと、体験というのが開発にも大きく影響していますよね。イベントなどのリアルに関わる時間が長いのもあるでしょう。僕が見ている受託のところでも、ただ単に何かを作るだけではなくて、どういう体験を作るのか、その議論にも加わっていきたい、みたいな人が多いですね。

清田

エンジニアはどうしても課題があったら機能に置き換えようとしがちだけど、そういう印象はないですよね。

青木

逆にもっと俯瞰して見ている人が多いと思います。「体験って何だっけ?」というところから考えるような。そもそも企画とかアイデアって、そうやって考えていくものだ、という考え方が当たり前にあるからだと思います。

お金を払ってでもやりたい仕事を

―ブレイブソフトで働くうえで、求められる資質とは?

池田

そもそも、ブレイブソフトという会社自体が、イベントみたいな場所ですよね。

清田

体制も制度も常に変わりますよね。ほぼ強制的に(笑)

池田

だから、同じことだけをやっていきたい人には合わないでしょうね。全従業員、職種関係なく柔軟性を持って状況に応じて動ける人でないと、しんどいと思います。

清田

だから向き不向きははっきり分かれるかもしれません。何かにのめり込みたい人、寝る間も惜しんで何かに夢中になりたい人にははまりやすいと思います。

青木

リミッターを外したい人、ですよね。

清田

そうそう。スタートアップであり続けたいというか。もう15年近くやってきてはいるんですけどね(笑)

青木

実際、コロナの影響でリアルなイベントがたくさん中止になって、オンラインにしなくちゃいけないのかなとか困っている人はたくさんいるんです。僕らが彼らの力になる、それくらいの責任感、まさに「誰かの役に立てる」という思いは大事にしたいですよね。

清田

そのためにいろいろと自分で工夫してやっていきたい人にはすごく楽しいと思いますね。それこそ、『eventos』という武器で自分の価値を高めていくかを考えてほしい、みたいな。

青木

自分たちが駆け出しの頃に、「お金を払ってでもやりたい仕事」ってありませんでしたか?今、そういう仕事を「お金をもらってできる」環境が、すごくラッキーだと思っているんです。その気持ちを大事にしたい。

清田

僕らの仕事が「お金を払ってでもやりたい仕事」になってきている、という意味ですよね。今進めている仕事をイメージしても…そんなふうに言えちゃう部分はあるかもしれない。

Cap2
体験革命はすぐそこに

―最後に、体験革命を通じての意気込みを聞かせてください。

池田

先ほど、エンジニアが作りたいものを作ってリリースしていくという話がありましたけど、受託も同じで、技術面はエンジニアの意向で流れができて作り始めることって多いじゃないですか。

青木

だいたいそうですよね。

池田

上から落ちてきたことをただやる、という話ではないからこそ、どんどん声をあげてほしいですし、そういうものづくりに対する「思い」ってすごく大切だから、それをぶつけられる人と働きたいですよね。

青木

一緒に体験革命をやる仲間。

清田

我々の立場は、まだまだ弱いです。「革命」って、立場の逆転じゃないですか。今までリアルだけだったものが、デジタルの世界で一気に普及していくというのは、まさに革命。新しい価値で上書きしていくというのは、もの凄いことですよ。

青木

僕らの取り組みは、日々の体験を変えることにも繋がると思います。それこそ会議だって体験だし。受託の仕事だって、僕らが常駐するのではなく「お客様が僕らのところに来る」なんて面白い。

清田

体験革命って、日常とつながっているのが面白いんです。

青木

今まさにライフスタイルの中でいろんな革命的なことが起こっていますが、僕らがどこまで実現させていけるか、それは「やり抜けるか」にかかっていると思います。一緒にやりましょう!

池田

体験を変えるためには、我々の体験も変えていく、ということですよね。私は前職は大手で、そこから出ることに躊躇し続けた経験があるんです。でも、今思うのは、そこを踏み切れるかどうかは、大きなステップなんですよ。間違いなく人生が変えられる仕事なので、くすぶっている人がいたら、一歩踏み出してもらいたいですね。

清田

今まで僕らは自信しかなかったけど、今年一年でガチの実績がついてきた。もう、来年以降は手に負えないと思います。

池田

他の会社ではできない仕事を、一緒にやりたいですね。

Cap3
353166

bravesoft 株式会社資本金2億5,000万円(資本準備金含む)設立年月日2005年04月従業員数150人

「eventos」で体験革命を起こす!最強のものづくり集団がエンジニアを募集

この企業が募集している求人

360025
【09/26(土) 昼夜2回開催】【大好評】【ディレクター志望者向け】【異業種からの参加大歓迎】説明会/軽食付 懇親会
【1Day MeetUP for 未経験者&業界経験】アプリディレクター

※※※※スマホアプリのディレクター職をご希望の方向けの説明会参加の募集です。※※※※ ※※※※未経験、異業種からのご参加も大歓迎です!※※※※ 今回は「アプリ業界は未経験だけど興味がある」「話だけでも聞いてみたい」と言った方向けのカジュアルな説明会を開催致します!! ===★ 選考会開催日 ★=== ・2020年 09月 26日(土) 全日程 昼の部 12:00開...

218119
【アプリ×リアル】人々の体験をアップデート!ものづくりで新しい時代を創る▶︎プロジェクトマネージャー/ディレクター
◆PM/ディレクター◆

「テクノロジーによって体験革命を起こす」 「1億人の日常をアップデートする」 これらは弊社の掲げているスローガンです。 受託事業では、”人々の体験をアップロードできる” 体験を中心としたアプリ開発行っています。 企画段階からご依頼をいただくことが多く、案件の企画、受注〜納品まで一括して上流工程から担当できます。 代表的なアプリ実績としては『CASIO Log Note』や『...

274682
急成長する会社を支える攻めの経理メンバーを募集!
経理

数百万人が利用する「ボケて」や「eventos」「AppvisorPush」を自社事業として アプリ業界で急成長を続け、活きのよいエンジニアが集まってきている当社で 全社事業が前年比130%と急成長しており、さらに成長を加速させるための攻めの経理を急募!   少数精鋭のコーポレート部門であなたのご経験を発揮して下さい! 当社のウリは自由で主体性を発揮できるところですので、 あ...

309147
◆企業文化を体現し社内外にカルチャーを浸透させるコーポレートメンバー◆
◆採用8割・人事総務2割◆

▼具体的な仕事内容 ①採用(中途|エンジニア・SE・ディレクター中心、新卒|理系学生中心)  採用活動の定量データをもとに採用目標を達成させることがメイン業務  ・各種媒体さんにおけるスカウト送付(月200本程度)  ・各紹介会社さんとの営業活動及びレジュメの定期的な精査  ・面接、面談、会社説明対応 ②社内広報(イベント企画運営・リリース案件情報PRなど)  会社文化...

303829
ヒットアプリのデザイン、任せます!▶︎UI/UX/グラフィック
◆UI/UX/グラフィック(ヒットアプリのデザイナー)◆

受託開発や、自社BtoB事業 「eventos(イベントス)」、自社BtoC事業「bokete」「HONNE」などアプリ業界で最先端の全案件のデザインを受けもつ部署で、常に業界動向を意識しながら、UI・UX設計やデザインをしていただきます。 《 デザイナーの特徴 》 ・アナリティクスやユーザーアンケートなどによるクリエイティブの定量化を実施 ・制作ツールやフォント素材などの制作...

274694
ヒットアプリのクリエイティブを任せます!▶︎ディレクター
◆クリエイティブディレクター◆

国内トップクラスの実績があるアプリ開発や自社事業「eventos」をブーストさせるために あなたのクリエイティブ能力を試してみませんか? 数百万人が利用する「ボケて」や「eventos」「AppvisorPush」を自社事業として運営する当社では、 ネイティブアプリを中心としてクオリティの高い自社アプリを開発できる人材を求めています。 合言葉は「あそび」 最高のものづく...

274681
『ボケて』『TVer』など、アプリ制作実績No.1!100%自社開発で更に上の開発をしよう▶︎SE
◆SE(システムエンジニア)◆

「テクノロジーによって体験革命を起こす」 「1億人の日常をアップデートする」 これらは弊社の掲げているスローガンです。 受託事業では、”人々の体験をアップロードできる” 体験を中心としたアプリ開発行っています。 企画段階からご依頼をいただくことが多く、案件の企画、受注〜納品まで一括して上流工程から担当できます。 代表的なアプリ実績としては『CASIO Log Note』や『...

残り4求人をみる
×