お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ビルコム 株式会社の企業情報

314381

ビルコム 株式会社

テクノロジーを駆使してPRを科学する!新進気鋭のPR Tech®カンパニー

様々な時代の流れから生まれた、デジタル時代の『統合型PR』

2003年に設立されたビルコム株式会社は、デジタルPRに関するコンサルティングを提供するPR会社だ。クライアントが抱える課題に対し、PRの観点から解決策を提案する。

「戦略策定から企画立案、施策実行、効果測定までデータやテクノロジーを駆使して企業の支援をおこなっています。会社の評判を高めたい、商品を販売したい、採用力を強化したい、世論を味方に付けて新しいルールを作りたいなど、お客様は様々な目的を持って広報宣伝活動をしています。私達はそんなお客様のニーズを最優先に考え、ソーシャルメディア・テレビCM・イベント開催など最適なマーケティングコミュニケーションを提案しています」(代表取締役兼CEO・太田滋)

ビルコムではマスメディア・ソーシャルメディア・オウンドメディアといったデジタル時代における多様なメディアを複合的に活用して、ターゲットユーザーの熱量を高めるコミュニケーション活動を推進している。同社はこれを『統合型PR』と呼んでいる。

「ソーシャルメディアやオウンドメディアが発展し、生活者はオンライン上で企業や商品の情報を収集し、意見を発信するようになりました。そうした外部環境の変化により、企業のコミュニケーション活動には透明性が求められ、信頼性が重要になり、社会性が評価されるようになっています。企業と生活者との間での双方向型コミュニケーションが求められているのです」(太田氏)

これを実践する上で重要になるのが「ファクトベース」「第三者発信」「情報波及」の3つの要素だという。事実に立脚したストーリーを、記者やインフルエンサーなどの第三者によって、記事や口コミという形でメディアを横断して波及させるといったイメージだ。

「"シャンパンタワー型コミュニケーション戦略"と呼んでいますが、PRストーリーをソーシャルメディアやWebメディアを通じて拡散し、マスメディアへと情報を波及させていく構造を作ることが非常に重要です。情報を受け取った人たちが熱量を持って口コミを生み出し、それが話題となることで、さらにメディアに取り上げられることを狙います」(太田氏)

従来のPR活動は、企業や商品に関する情報をマスメディアに提供し、それが報道されるように働きかけるパブリシティ活動がメインだった。しかし、ソーシャルメディアやオウンドメディアの普及によってコミュニケーションチャネルが多様化したため、マスメディアのみを活用した一方的なPR活動だけではメッセージが伝わりにくくなっているのだ。同社は新たなPRの在り方を追求してきたのである。

314395PR Tech®領域にチャレンジしているビルコム株式会社。2003年の設立だ。
314388ソーシャルメディアやオウンドメディアなどを駆使しながら、顧客のニーズに合わせた提案を実施している。
314383

自社開発ツールと自社メディアで、PRのIT化を推進する新部署『PR Tech®局』

ITの浸透により社会がデジタル化している中、PRの世界は意外にもアナログな作業が多く残っており、定量的な判断がしづらいという課題を抱えている。ビルコムでは「PRを科学する」をコンセプトにした『PR Tech®局』という新しい部署を創設して、PRのIT化にも乗り出している。

「デジタルPRコンサルティングを進める上で、定量データを収集するためのツールを自社で開発し、それをSaaS型サービスとしてクライアントに提供するビジネスを始めました。効果測定ツール『PR Analyzer』は、JAL、三越伊勢丹ホールディングス、アスクル、SmartHRといった大企業からスタートアップ企業まで約100社に導入いただき、2020年度には単月黒字を達成できるレベルのビジネスまで成長しています」(太田氏)

『PR Analyzer』は、テレビ・新聞・雑誌・Webに加えて、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアにも横断的に対応した、国内最大級のデータベースを格納している。自社と競合他社のメディアへの露出状況が手に取るようにわかるツールだ。

「当社は、各メディアの発行部数や広告費、ページビューの情報を持っているため、メディア露出と媒体情報を掛け合わせてPRのインパクトを測定できます。リーチ数などを算出する従来のデータに加えて、全媒体で記事・番組ごとのリーチ数を自動で算出します。Webサイトのデータや問合せ数など多様なデータを組み合わせ、広報・PRの効果を定量的に測定することを可能にしています」(PR Tech局長・中川貴雄氏)

また、メディアへの流入から成約までを一元管理するオウンドメディアの熟読率計測ツール『Content Analyzer®』も運営している。記事型コンテンツのUU数と熟読率の両方を測定することで、どのコンテンツが読まれたのかを検証し、内容の改善に活用することができる。

さらにビルコムでは、自社メディアの運営も手掛けている。他社のメディアとも連携し、良質な記事を通じて企業や製品・サービスの認知のために活用する。

「自社メディア『BRAND PRESS』は、各企業が自社の魅力をユーザーに届けるために立ち上げた、当社のオウンドメディアです。企業のトップや事業責任者、働き方改革を実現してライフワークバランスを手に入れた女性など、人物にスポットライトを当て、その人のストーリーを発信することでコーポレートブランディングに繋げています」(中川氏)

人に特化したメディアを作ることで、ビルコムは自ら情報発信できる武器を手に入れ、さらにはコンサルティングにも生かすことができるというのだ。

「PRは"ファクト"を重視します。イメージをアップさせるためのノンフィクションよりも、企業の中にある技術や人、制度に着目して情報を発信していきます。マス広告で売り上げを上げる時代ではなく、ソーシャルメディア・PR・広告・オウンドメディアを組み合わせて、売上アップを実現しながら、ブランディングも進めるのが現代のPRです」(太田氏)

314402自社メディアと自社サービスを運営している同社。一般的なPR会社では味わえない経験を沢山積むことができる。
314413PR Tech®局の局長を務める中川貴雄氏。ITを活用し、「PRを科学する」ことをコンセプトにした新しい部署だ。
314385

『PR Tech®』という新領域を経験できるチャンス!社内ベンチャーだから安定感もバツグン

PR Tech®局はできたばかりの部署なので、まだ組織の規模は小さい。太田社長の肝入りのプロジェクトであり、トップとの距離が近い分、スピード感のある仕事を体験できる。フラットな組織で意思決定が早く、新しい技術も積極的に採用するという。

「私はPR Tech®局のミーティングには基本的に必ず参加していますし、エンジニアの採用にも関わっています。主力サービスの『PR Analyzer』は、ゼロイチのフェーズを終え、導入社数を増やすために必要な開発をどんどん進めていきます。もちろん『PR Analyzer』や『Content Analyzer®』以外のサービスやプロダクトも開発していく予定。あれこれとアイデアを出してくれるエンジニアは大歓迎です」(太田氏)

『PR Tech®』という他に類を見ない仕事を経験できるため、チャレンジシングな仕事をしたい人にとってはピッタリの環境だろう。さらに、明日の存続がわからないような完全なベンチャー企業ではなく、コンサルティングというメイン事業があり経営基盤は安定した会社なのである。

「アジャイル型の開発ですから、どんどん手を動かしてスピーディにブラッシュアップし、サービスを育成していきます。受託開発ではないので、自らのアイデアをサービス・プロダクトに生かせるチャンスも多いのが特徴です。Slackなどのツールを使ってコミュニケーションを進めていますが、エンジニアランチやエンジニアだけでのミーティングなど対面でのコミュニケーションも大事にしています」(中川氏)

PR Tech®局のカルチャーは、同じフロアで働いているコンサルティング部門とは少し異なるという。コンサルティング部門は受託ビジネスでクライアントの意向を実現する仕事なのに対し、PR Tech®局の仕事は自社開発のため自ら考える機会が多いという。

「現在は業務委託のメンバーで開発を進めている状態で、今後はインハウスのエンジニアを増やして、PR Tech®事業を本格的に加速させていきます。業務委託で開発を進めてくれているエンジニアと働きながら、PR Tech®のサービスやプロダクトのノウハウを溜めて、リードエンジニアとしてPR Tech®事業全体をけん引してくれるエンジニアを求めています。プレイングマネージャーとして開発の最前線で活躍できる環境ですよ」(中川氏)

314400フラットで自由度の高さが特徴のPR Tech®局。安定した経営基盤の中で、存分にチャレンジできるだろう。
314396社内には卓球ができるスペースも。クリエイティビティが刺激されるオフィス環境だ。
314386

ビルコム 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ビルコム 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ビルコム 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 2,000万円
設立年月 2003年10月
代表者氏名 代表取締役兼CEO 太田 滋
事業内容 戦略PR事業
デジタルマーケティング事業
従業員数 59人
本社所在地 〒106-0032
東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー11F
314381

ビルコム 株式会社資本金2,000万円設立年月日2003年10月従業員数59人

テクノロジーを駆使してPRを科学する!新進気鋭のPR Tech®カンパニー

この企業が募集している求人

314393
【経営管理部長】経営にダイレクトに関わるポジション◆経理・財務・法務・労務など幅広くバックオフィス業務に携わりながら、経営方針決定にも携われます!
経営管理部長

当社の管理部門全般をCFO直下でご担当いただきます。 【具体的な仕事内容】 ■経理、財務 月次、四半期、期末決算に関する業務 会計処理に関する政策、方針、計画の立案、決定 金融機関対応、監査法人対応、資金管理業務 予算作成、予実管理業務 経営会議資料作成、取締役会資料作成 ■総務 取締役会・監査役会運営、株主総会運営 ■法務 契約書チェック、契約書管理、顧問弁護士と...

314389
【コンサルティング営業】国内No.1の広報・PR効果測定ツール◆PR Tech®領域の新設部署のメンバー募集!PRをITによって科学する
コンサルティング営業

国内No.1の広報・PR効果測定ツール「PR Analyzer」を既存・新規のお客様に提案し、 導入支援~導入後フォローまでを行うお仕事です。 既に、国内大手企業から中小ベンチャー企業まで、 多くの広報部・宣伝部・マーケティング部にて導入されており、 さらなる事業拡大を推進いただくミッションです。 顧客から課題をヒアリングし、最適な効果測定ソリューションを提案する、 コン...

314398
【営業マネージャー】国内No.1の広報・PR効果測定ツール◆PR Tech®領域の新設部署のリーダー募集!PRをITによって科学する
コンサルティング営業(リーダー)

国内No.1の広報・PR効果測定ツール「PR Analyzer」を既存・新規のお客様に提案し、 導入支援~導入後フォローまでを行うお仕事です。 既に、国内大手企業から中小ベンチャー企業まで、 多くの広報部・宣伝部・マーケティング部にて導入されており、 さらなる事業拡大を推進いただくミッションです。 顧客から課題をヒアリングし、最適な効果測定ソリューションを提案する、 コン...

314393
【開発ディレクター】国内No.1の広報・PR効果測定ツール◆PR Tech®領域の新設部署のメンバー募集◆PRをITによって科学する
開発ディレクター

国内No.1のPR効果測定SaaS「PR Analyzer」の システム企画・要件定義・PM・サービス運用等を担っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■システム開発のディレクション ■プロジェクト、タスクのスケジュール管理 ■新機能・改修の要件定義と基本設計作業 ■運用タスクを開発メンバーへ指示出し(自ら実装しても可能です) ■プロダクトオーナーと開発メンバーの結節...

314412
【事務・運用スタッフ】国内No.1の広報・PR効果測定ツール◆一緒にサービスを大きく育て上げる仲間を募集!
事務・運用スタッフ

国内初クラウド型効果測定・分析サービスの、既存プロダクトの日々の運用や データメインテナンスを行っていただくことがミッションです。 【魅力ポイント】 ■自社プロダクトなので自由度が高い ■エンドユーザーの声をもとにした新機能や改修のアイディアが多く採用される ■プロダクトオーナー(社長)直轄のポジションなので意思決定が早くスピード感がある環境 ■大手企業約100社に導入されて...

314393
【開発エンジニア】国内No.1の広報・PR効果測定ツール『PR Analyzer』◆PRをITによって科学するため、最初のエンジニアを募集!
開発/運用エンジニア

国内初クラウド型効果測定・分析サービス『PR Analyzer』の、既存プロダクトの改修、 新規機能開発および新規プロダクトのあるべき機能の設計、実装がミッションになります。 【具体的な仕事内容】 ■ユーザ視点での機能立案、開発 ■スクラム開発 ■開発進捗分析、状況分析 ■既存サービス運用、改修 など ※少数のエンジニアで日々改善をおこなっていますので、経験を多く積むこと...

314412
【第二新卒歓迎】インフルエンサーを起用したマーケティング支援を実施する仲間を募集!【六本木勤務】
インフルエンサーマーケティングプランナー/ディレクター

スマートフォンの普及やソーシャルメディアの急速な台頭により、メディア環境は急速に変化しています。 一人ひとりがチェックするメディアも多様化し、マスメディアを通じた一方向のコミュニケーションが 効かなくなっている中で、PRの価値は高まっています。 統合型PRとは、マスメディアやソーシャルメディア、オウンドメディアといったデジタル時代における 多様なメディアを用いて、世の中の熱量...

残り4求人をみる
Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×