お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

キャディ 株式会社の企業情報

281530

キャディ 株式会社

受発注のイノベーションで、モノづくり産業のポテンシャルを解放する

2週間程度かかった見積もりを瞬時に提示するアルゴリズムを開発!

製造業の受発注プラットフォーム『CADDi』を運営している、キャディ株式会社。『CADDi』は、CADの図面をアップロードすると、部品の製造原価を自動的に算出し見積もりを提示。受注が成立すれば、最適な加工工場に発注するという仕組みだ。裏側には、全国の約100の協力加工会社(町工場)の原価テーブルや得意分野といった情報データベースがあるので、相見積もりを取ることなく確定発注が行える。

『CADDi』のイノベーションは、まず図面データを解析し、必要な加工工程を割り出して価格を算定するアルゴリズムの開発(特許出願中)。これによって、従来は2週間程度かかることもあった見積もりを瞬時に提示できるようにした。
「従来の多品種少量生産メーカーの調達担当者は、複数の加工工場に図面を送り相見積もりをして、依頼を受けた加工会社は受注できるかどうかわからないのにひたすら見積もりを作成するという非効率的な作業を強いられていましたが、『CADDi』によってそれが一掃されました」と代表取締役の加藤勇志郎氏は言う。

次に、ハイレベルのコストパフォーマンスを実現させる、発注の最適化。協力加工会社が最も得意とする加工を集中的に発注することにより、コストを大幅に下げることに成功した。

「『CADDi』では、板金加工を321のカテゴリーに細分化し、協力加工会社の得意領域と紐づけしています。従来、“大物”“小物”といった数パターンで括られた部品加工の一式を1社の加工工場にまとめて発注するといったやり方が行われていました。下請けの加工工場は断るわけにいかず、例えば50種類受注した中の2種類だけを自社で手がけ、後の48種類は他の工場に流していたわけです。『CADDi』は、2種類の得意領域だけをいろいろな発注者から集めてその加工工場に集中させるので、安いコストで仕上げることが可能なのです」(加藤氏)

また、三面図からの立体化・板金展開の自動化により、設計工数をダウン。さらに、全国1000社以上の多品種少量生産の発注者のオーダーを集約し、同一材質・同一板厚の製品を1枚の板材でまとめて加工するネスティングによって、材料代も削減している。こうした諸施策で、加工会社に十分な利益をもたらした上で、従来の1/5~1/3という大幅に安い価格を実現させたのだ。

「今のところ、『CADDi』より安い価格を提示されたという話はありません」と加藤氏。
現在は板金加工領域を扱っているが、今後、機械加工や樹脂切削など他の領域にも広げていく構えだ。

281539同社が運営・開発をしている、製造業の受発注プラットフォーム『CADDi』
281519代表取締役 加藤 勇志郎氏
281583

120兆円市場の部品調達にイノベーションを起こし、モノづくり産業の発展へ

加藤氏は、2014年に東京大学卒業後、グローバルコンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、2016年にマネージャーに昇格。日本、中国、アメリカ、オランダなどで重工業や大型輸送機器、医療機器といった大手製造業の購買・調達改革をサポートしたほか、IoT/Industry4.0領域をリードした経歴を持つ。

共同創業者でCTOの小橋昭文氏は、スタンフォード大学/大学院で電子工学を専攻後、ロッキード・マーチン本社でソフトウェアエンジニアとして4年間、衛星の大量画像データ処理システム構築に従事し、NASAやJAXAとの共同開発に携わる。その後、クアルコム社で半導体セキュリティ強化に従事の後、アップル本社でシニアエンジニアとしてワイヤレス方式のマイク付きイヤフォンなどの開発をリードしたというキャリアの持ち主だ。

2013年に加藤氏が卒業旅行でシリコンバレーに行った際、現地で仕事をしていた小橋氏と共通の知人を通して知り合った。「出会った直後に、お互いに『凄い奴だ』と認識し、いずれ一緒に事業をやろうと話した」と小橋氏は振り返る。

同社創業の契機は、加藤氏がコンサルティングの仕事を通じて抱いた問題意識。加藤氏は次のように語る。

「私が主に担当していたのは、鉄道車両や船舶、医療機器といった年間100~200台程度しか生産されない多品種少量生産を手がける製造業でした。自動車などの大量生産の場合、完成車メーカーの調達担当者は、部品メーカーの生産ラインに入り込んで密に生産性向上に取り組みコストダウンを進めているのですが、多品種少量生産メーカーの調達担当者の場合はそういうわけにはいかず、前述のとおり、ひたすら相見積もりを取り、買い叩いてコストダウンを図るといったやり方が行われていたのです。加工工場は疲弊し、調達担当者も空しい仕事を強いられるといった歪んだ構図がありました。そこには非常に大きな市場とビジネスチャンスがあり、テクノロジーの力で解決できるのではないかと思いついたのです」(加藤氏)

日本国内の製造業は180兆円の総生産額を誇る世界屈指の巨大産業で、そのうちの120兆円を部品調達が占めているにも関わらず、100年以上もイノベーションが起こらず旧態依然とした体制で行われているのである。とりわけ、前述のとおり多品種少量生産の世界では、不安定な受発注や、発注・見積もりにかかる壮大な手間、買い叩かれる加工工場の赤字比率の高さといった問題が特に多く横たわっている。

「これらを解決すれば、日本だけでなく世界中のメーカーがより付加価値の高い仕事に集中でき、ポテンシャルを最大限発揮できると考えたのです。そこで、小橋を誘い、2017年11月に当社を創業しました」(加藤氏)

同社のビジョンは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」。独自開発の『CADDi』により、世界中のあらゆるメーカーが得意分野に注力でき、フラットに繋がり、ポテンシャルを発揮する世界的インフラづくりを目指す。

281520共同創業者/CTO 小橋 昭文氏
281550図面データを解析し、必要な加工工程を割り出して価格を算定するアルゴリズムを開発し、業界にイノベーションを巻き起こした。
281578

難易度の高い開発テーマに対し、チームで“芸術的イノベーション”に挑む!

2019年3月現在、同社の社員数は24名。エンジニア、マーケティング・営業、カスタマーサポートが3分の1ずつの構成で、平均年齢は29歳と若い。

カルチャーづくりの軸は、次の4つの“CADDi VALUES”に置いている。
・もっと大胆に
・一丸で成す
・至誠を貫く
・卓越しよう

「よく『キャディは発注者側につくのか、加工工場側につくのか』と聞かれますが、両方です。加工工場は当社にとって重要なパートナーですし、発注者は当社によっての大切なお客様。どちらも“至誠”を貫く対象です。“卓越”については、メンバーには何か1つ、社内でNo.1の尖った能力を持ってほしいということ。さらに、それを全体に還元することで組織全体が成長し“一丸を成す”ことを重視しています。そして、新たな課題が目の前に表れたら、『よっしゃ!』とワクワクして“大胆に”取り組むようなマインドセットでいようという思いがあります」(加藤氏)

この“CADDi VALUES”に連動する形で、次の“開発VALUES”も掲げている。
・テクニカルリーダーシップ
・スピーディ&サスティナブル
・相互レベルアップ
・芸術的イノベーション

「総じて言いたいことは、エンジニアとしての大目標を達成するには、自分一人で黙々と取り組むよりも、お互いにサポートし合いながらチーム一丸となって取り組む必要があるということです。当社のエンジニアがチャレンジしているアルゴリズム開発は、3Dの図面を自動解析するというとても難易度の高いテーマなので、その実現には従来のやり方では不可能な、まさしく“芸術的”なイノベーションが必要と捉えています。そのために、大学院レベルの数学や、例えばC+は2017年バージョンという最先端の技術を使って取り組んでいます」(小橋氏)

全メンバーが常にベストのパフォーマンスを発揮できるよう組織改善クラウドを定期的に実施し、メンバーが問題を感じていないかをチェックして、問題があれば即座に改善策を走らせている。「ずっと“AAA”の状態であるが、今後も維持したい」と加藤氏。さらに、加藤氏含め全員にメンターをつけている上、1on1も実施するなどメンバーのコンディション維持向上には余念がない。

そのベースとなる、フラットでオープンな風土づくりのため、経営会議の内容やグループマネージャーのビジネスチャットのやり取りも全員に公開している。親睦を深める機会としては、毎年実施する社員旅行やチームランチなどがある。

「エンジニアには、テクノロジーに向き合いたいタイプと、お客様に向き合いたいタイプがあると思います。今求めているのは、後者。言語などにこだわりがなく、技術とビジネスのバランスを取って、常に何が最適かを考えられる方がいいですね」(小橋氏)と求める人物像について語る。

エンジニアとしてチャレンジしがいのあるテーマと、小橋氏以下ハイレベルのエンジニアがそろう同社のような刺激的な環境には、そうそう巡り合えないだろう。

281554現在急成長中のスタートアップ企業。今加われば同社のコアメンバーになれるだろう。
281546社内は明るくキレイな雰囲気で、木の温もりを感じられる落ち着いた空気感だ。
281588

キャディ 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、キャディ 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 キャディ 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 10億9千万円
設立年月 2017年11月
代表者氏名 代表取締役 加藤 勇志郎
事業内容 ・板金加工製品を中心とする金属加工製品の製造及び製造委託仲介
・金属加工製品の自動見積・リアルタイム発注システムCADDiの運営
従業員数 24人
本社所在地 東京都墨田区東駒形2丁目22-9
281530

キャディ 株式会社資本金10億9千万円設立年月日2017年11月従業員数24人

受発注のイノベーションで、モノづくり産業のポテンシャルを解放する

この企業が募集している求人

281542
最先端のテクノロジーで特注加工品を自動受発注!オペレーションメンバー募集!
キャディの仕組みづくり!オペレーション企画メンバー

キャディは「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに創業した4年目のスタートアップです。 製造業の受発注プラットフォーム『CADDi』を運営し、モノづくり改革に挑んでいます。 2018年には10億円の資金調達を行い、3年で150名以上の組織になり、急速に事業拡大をしています。それでも私たちが目指すところから見るとまだまだスタート地点にも立てていないと思っています。 ...

281542
【経営企画室責任者】製造業×テクノロジーで次世代のモノづくりを牽引する受発注プラットフォーム
【経営企画室責任者】

本ポジションでは、CEO直下で事業戦略の立案から重要な新規組織・事業の立ち上げなど幅広くお任せすることを考えています。 一例として、価格・原価やSCMの分析に基づく戦略立案が挙げられます。カスタマーの最適発注と町工場(サプライパートナー)への黒字保証の両方を実現しながら当社の収益も拡大するために、独自の価格ロジックと取引・顧客・サプライパートナーのデータの分析をもとに最適なマッチングや...

281542
最先端のテクノロジーで特注加工品を自動受発注!サプライパートナー営業募集!
【サプライパートナー営業メンバー】

私たちは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに、2017年に創業しました。 120兆円と言う巨大な製造業市場において、100年以上イノベーションが進んでいない、 「部品調達の工程」に、テクノロジーを用いてより滑らかに購買活動ができる仕組みを提供しています。 単なる「テクノロジープレイヤー」にとどまらず、製造業の受発注オペレーションに入り込み、様々な製造業メー...

281542
急成長するキャディの事業を支える!経理マネージャー候補を募集!
【経理マネージャー候補】

私たちは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに、2017年に創業しました。 120兆円という巨大な製造業市場において、100年以上イノベーションが進んでいない、 「部品調達の工程」に、テクノロジーを用いてより滑らかに購買活動ができる仕組みを提供しています。 単なる「テクノロジープレイヤー」にとどまらず、製造業の受発注オペレーションに入り込み、様々な製造業メーカー...

281542
【オープンポジション(全職種)】キャディの事業内容や理念に共感いただける方、お待ちしています!
オープンポジション(全職種)

オープンポジションでの募集です。 あなたのバックグラウンドに合わせて、ご経験を活かせそうなポジションをご提案します。また、選考の中で最適なポジションを一緒に探すことも可能です。 事業開発、経営企画、営業、オペレーションなど、ご経験に応じて複数ご提案させていただく場合もあります。

281542
キャディの事業を加速させる!採用から組織づくりまで一貫して行う人事募集!
人事/Employee Success

私たちは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに、2017年に創業しました。 120兆円という巨大な製造業市場において、100年以上イノベーションが進んでいない、 「部品調達の工程」に、テクノロジーを用いてより滑らかに購買活動ができる仕組みを提供しています。 単なる「テクノロジープレイヤー」にとどまらず、製造業の受発注オペレーションに入り込み、様々な製造業メーカー...

281542
最先端のテクノロジーで特注加工品を自動受発注!急成長中のキャディで新規営業を募集!
新規営業/Go To Market

私たちは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに、2017年に創業しました。 120兆円と言う巨大な製造業市場において、100年以上イノベーションが進んでいない、 「部品調達の工程」に、テクノロジーを用いてより滑らかに購買活動ができる仕組みを提供しています。 単なる「テクノロジープレイヤー」にとどまらず、製造業の受発注オペレーションに入り込み、様々な製造業メー...

386720
業界構造の変革に挑むスタートアップの発信力を最大化する2人目広報募集
広報/PR

私たちは、「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」をミッションに、2017年に創業しました。 120兆円と言う巨大な製造業市場において、100年以上イノベーションが進んでいない、「部品調達の工程」に、テクノロジーを用いてより滑らかに購買活動ができる仕組みを提供しています。 これまでの日本の製造業において、部品調達は非常に変数も多く、特注品扱いされています。結果的に、納期や見積もりな...

残り5求人をみる
×