お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

DIGGLE 株式会社の企業情報

250430

DIGGLE 株式会社

1000社以上が登録!画期的な予実管理クラウドサービス『DIGGLE』を運営

未だに多くの会社がエクセルで行う予実管理。常識を打ち破る新サービス!

DIGGLE株式会社は、予実管理に特化したクラウドサービス『DIGGLE』を開発・運営する会社だ。予実管理とは、「予算」と「実績」の把握、分析を通じて企業活動の状況や健全性を判断する、経営上の極めて重要なプロセスだ。『DIGGLE』は、複雑な予算と実績の分析をワンクリックで実現。売上と利益の推移などベースとなる指標を簡単にグラフ化するほか、事業別、エリア別、製品別などの管理・分析、企業が必要とするKPIの設定なども自由度高く実現できる。画期的なSaaS型のサービスだ。

特に上場企業にとって予実管理は重要だ。上場時に証券市場、証券会社から、予実管理の仕組みの導入を求められる。理由は投資家保護のため、予算(業績予想)に修正が入る場合は速やかに公表する義務を負う。業績修正の予兆を知るためには、KPIに分解された数値の予実管理が必要なのである。また、そもそも予実ギャップの原因を把握し分析できれば、軌道修正の施策を打ち、実行していくことができる。言わば予実はPDCAサイクルを回す行為そのものだ。もちろん上場企業に限らず、すべての企業にとって予実管理は必要かつ重要な活動だ。

ところが、予実管理のツールは驚くほど少ない。というのも、公的なルールが決まっている会計関連の手続きと異なり、予実管理は企業ごとの独自性が強く、製品化は難しいと考えられていたからだ。そのため、各部門の数字の統合、管理、分析などの予実管理業務を、いまだにエクセルベースで実施している会社が多いという。

そこに疑問を感じたのが、創業者である代表取締役の山本清貴氏だ。山本氏自身も予実管理に苦労した経験を持つ。「予実管理は、決められたレポート形式があるわけではなく、KPIの持ち方も各社各様です。だから今まで誰もトライしなかった。確かに細かいレベルを追求するときりがありませんが、経営者が欲しい情報、つまり経営判断に使うレベルの情報はどこも変わらないはずです。そのニーズを掴めれば製品ができると考えました。実際、大企業向けの複雑で高額な予実管理ツールはあります。それをもっと誰でも直感的に使え、コストも安く、簡単に導入できるようにしたサービスは可能だと思いました」。山本氏は言う。

ベータ版を経て2017年7月、『DIGGLE』を正式にリリース。ターゲットは、まさに今、エクセルで予実管理をしている会社だ。業務系システムにありがちな、各部署からメンバーを集めて大々的に導入チームを作る…といったことも不要で、エクセルの弊害である属人化の問題も解消。『DIGGLE』は、たとえば「今月、使える経費はあといくらか」といった現場で必要な日々の数字から、予実の差異の要因や各種KPIなど経営判断に必要な数字まで、リアルタイムで把握できるサービスになっている。

250451予実管理に特化したクラウドサービス『DIGGLE』
これまでエクセル等で行っていた煩雑な作業を効率化するサービスだ。
249993代表取締役 山本 清貴氏
自らが感じた管理者の課題を解決すべく、2016年に同社を設立。
250449

自身の苦労経験から生まれた『DIGGLE』。アイデア×最強の布陣にVCも期待

この、ありそうでなかった予実管理ツールは、山本氏自身の経験から生まれた。実際に予実管理に苦労したことから、ユーザーに寄り添い、かゆいところに手が届くようなサービスを実現できたのだ。

山本氏は、メーカー、アウトソーシングベンダーを経た後、11年間にわたり、米系ERPベンダーのPeopleSoft、Oracle、Inforにて、会計・CRM・SCMなど業務系アプリケーションのセールス、アライアンスの担当として活躍した。その後、経営大学院に学び、卒業後は動画マーケティングなどを手がけるITベンチャー、株式会社Viibarに参画した。ここで自らが予実管理に苦労することになる。「セールスを率いる立場ながら、営業に行くよりもエクセルで集計している時間が長いことに疑問を感じました。かといって、かつて自分が売る側だったOracleやInforは高く、会社規模からしても、そこまで大げさなシステムは必要ありません。ベンチャー、中小向けの簡易なパッケージがあったらいいと考えました」。

山本氏は、そのアイデアを形にすべく起業。目論見通り、いや、それ以上に、予実管理に苦労している会社や担当者は多かった。正式リリースから1年経った今、『DIGGLE』の登録ユーザー数は1000社を超えている。中小企業という当初のターゲットとはやや異なり、上場前夜や上場したてのベンチャー企業が中心だ。特にプロモーションもせず、インバウンドでこれだけ集まったことに需要の厚みがうかがえる。予実管理という着眼点への期待も大きく、2016年には、スタートアップの祭典であるTechCrunch Tokyoのスタートアップバトルでファイナリストとなり、FUJITSU MetaArc賞も受賞した。

加えてDIGGLEはメンバーにも恵まれている。山本氏とタッグを組むのは、20代後半の若さながら、複数のスタートアップで開発に携わってきたCTOと、経験豊富なフロントエンドエンジニアだ。二人ともViibar時代の仲間で、セールスとして豊富な経験と人脈を持つ山本氏を、二人がモノづくり面で支える構図だ。このように、独自性のあるプロダクトと最強の布陣をそろえたDIGGLEには、ベンチャーキャピタルも熱い視線を送る。資金集めも順調に進んでおり、あとは最適なタイミングで最適な投資を行い、一気にスケールしていくだけだ。

250436取締役CTO 水上 駿氏
20代後半ながら、複数のスタートアップに参画し、様々なプロダクトの開発に携わった経験を持つ。
250435フロントエンジニア 大澤氏
マピオンやviibarなどで10年以上の開発経験を持つ、凄腕エンジニア。
250450

『DIGGLE』を企業活動に欠かせないコアシステムに!サービスも会社も草創期

『DIGGLE』登録ユーザーの1000社からは、日々の利用のなかで様々な要望やフィードバックがある。それらの声に丁寧に耳を傾け、サービスに反映させていく。「まだまだゼロからイチへの段階です」と山本氏。検証しながら進化を続けているところだ。

『DIGGLE』の目指す世界は、経営者も、現場で事業を推進するメンバーも、全員がリアルタイムで会社の数字を把握し、経営層は経営の意思決定を、現場のメンバーは自らの行動の意思決定をするツールになることだ。今は主に経営者の意思決定に使われているが、今後はメンバークラスも、売上、経費、労働時間、各種KPIなどを見て、自分の行動がどのように会社の目標につながるのかを理解し、経営者はドリルダウンし、メンバーは下から上に積み上げる。そのようにして全員が『DIGGLE』でつながっていくことを目指す。

となると当然、より上位の会計システムや最前線の顧客管理のシステムともつながって、数字を反映したくなる。現在、その構想も着々と進んでいる。アライアンスは山本氏の得意とするところだ。このように『DIGGLE』はどんどん企業活動の中枢に入り込んでいく。

「工場における生産管理、販売部門の販売管理などはコアな業務であり、もはやシステムがないとまわりません。予実管理もそのようなコア業務の一つであり、専用の業務アプリケーションが必要です」。山本氏は言う。DIGGLEはそんな意識改革、業務改革に挑戦している。大きな目標に対して達成度はまだほんの数%。これから新しい仲間を得て、成長を加速させていく。

そんな同社が大事にしている価値観が、健康的に働くこと。「年間を通じて安定的に働いてこそパフォーマンスを発揮できるのであり、瞬間風速で徹夜するなど意味がない」と山本氏。互いの信頼関係をベースに、働き方も個人の裁量に任せる。勤務時間は自由でリモートワークも自在。ただし、働く時間の総量は、世間の会社が設定している就業時間並みだ。そのなかで効率的に成果を出すのがDIGGLE流。これから少しずつ人数が増え、会社の文化も創っていくフェーズにあるが、この考え方は同社の根幹をなすものだ。その上でどのような姿になるのか。これから入る仲間とは、サービスだけでなく会社自体も一緒に創り上げていく。このフェーズも楽しめる人を待っている。

249997オフィスもあるが、働く場所に制限はない。信頼をベースにリモートワークも自由だ。
249991共に会社を創っていくコアメンバーを募集している。チャレンジ精神あふれる新たな仲間を募集している。

DIGGLE 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、DIGGLE 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 DIGGLE 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 7,000,000円
設立年月 2016年06月
代表者氏名 山本 清貴
事業内容 予算管理SaaS”DIGGLE"の提供
主要株主 500 Startups Japan, Draper Nexus
従業員数 3人
本社所在地 東京都港区南青山1-2-6 ラティス青山スクエア2F
250430

DIGGLE 株式会社資本金7,000,000円設立年月日2016年06月従業員数3人

1000社以上が登録!画期的な予実管理クラウドサービス『DIGGLE』を運営

この企業が募集している求人

250451
0→1フェーズのSaaS事業者がマーケティング担当を募集します
マーケティング

最初のマーケティング担当としてリード獲得を最大化することをミッションに、ご自身で考えてオフライン/オンラインマーケティングの設計や企画をしていただきます。 担当業務: ・リード獲得最大化のためのマーケティング施策設計 ・効果の検証と施策の修正 具体的な仕事例 ・イベントの企画、立案、設計推進 ・ユーザー調査 ・運用型広告の設計、運用 など

249993
将来のCOO候補。予実管理に新しい体験を提供するサービスの立ち上げメンバー募集。
カスタマーサクセス

【概要】 事業を推進するためのキーとなるカスタマーサクセス業務の募集です。 まずはオンボーディングサポートが中心となります。 DIGGLEは0→1のフェーズのため、本件業務の枠にとらわれず営業、マーケティングなど事業を拡大するために必要な業務をCEOと一緒に推進していただきます。 【具体的な仕事内容】 ■ユーザー訪問とオンボーディング支援 ■カスタマーサクセスのためのコンテン...

280967
【将来のCOO候補】事業の立ち上げに挑戦したい人募集。
法人営業

・登録カスタマーを訪問し、DIGGLEの紹介とデモ ・DIGGLE検討中のお客様のエクセル予算管理表とDIGGLEのFit / Gap分析 ・お客様フォロー:新機能の案内や機能要望のヒアリング ・その他、事業の立ち上げ期なのでやることはたくさんあります。業務の垣根にとらわれない貢献を期待します。

250451
【オープンポジション】マーケ、セールス、CS、HR、マッチするポジションを提案します
オープンポジション

事業拡大に伴う新規採用の募集です。 経営者向けのSaaSという新しいサービスや会社のカルチャー、どんな仕事があるのかについて、代表の山本が説明します。DIGGLEに興味をお持ちいただければ選考に進んでいただきます。 非エンジニア職の最初のポジションなので、DIGGLEが必要とするスキルと応募者の経歴を面談を通してすり合わせながら最適な職務を決定します。 想定職務 ・マーケティ...

249993
【自社開発Webエンジニア】唯一無二を目指す会計サービスの開発エンジニア募集!
開発エンジニア

【概要】 自社サービスDIGGLEの設計および開発に携わっていただきます。 【具体的な仕事内容】 以下から得意不得意に応じて部分的に業務をおまかせします。 ■ フロント(React) / バックエンド (Rails) ■ 要件定義 / 仕様設計 / 実装 【開発環境】 ■技術: 最新技術を利用しながらも、比較的堅牢に設計、実装をしていきます。テストコードやLintなどを...

残り2求人をみる
Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×