お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

BAMV 合同会社の企業情報

118862

BAMV 合同会社

第二期成長フェーズにある、Webエンジニア育成の仕組みを持った会社

社員として貴重な時間を投資する以上、その先にリターンが無くてはいけない。

当社は、『人材として十分なブランドも・スキルも得て』おり、今後も『継続が期待できる環境』にいる方向けの会社ではありません。そういう人が何を思って転職をするのかはわかりませんが。




今後もIT業界に生きるのであれば、今よりも注視すべきなのは、35歳以降の人生です。

しかし、35歳以降の人生は、そこに至るまでの期間で、決しています。

今現在、35歳以降の人生を計算できるような経験は積めていますか?

そもそも経験するチャンスを十分に得られていますか?




多くの会社は、『上場の為の売上目標』重視であったり、『受注規模』、『取引先との関係』重視であったり、『ロースキルだらけだから待機の回避』重視であったり。『そもそもリリース済のサービスで、新規ではない』であったり、 社員側の実スキルを重視した経営方針ではありません。コレはある意味、当然です。


故に社員視点だと、フリーランスのほうが、収入が良くてスキルも伸びると言う現象が起こります。

※フリーランス絡みのよくあるうそ。
〇仕事選ぶヤツは使えん!→うそ。 選ばないとスキル伸びない。
〇フリーは不安定。   →うそ。 正社員でも歳とってリストラとか多くね?
〇組織で働けない人だ。 →うそ。 自分達の理屈(せまい)のとおりに動かないだけ。
〇カスばっか      →うそ。 多くのマトモな人は現場。少数のカスがあちこちでやらかしてる。
                 
しかし、フリーでも問題は抱えます。
【規模・資本が必要なビジネスに乗れない】※だいたい仲間内のアイデアで止まる。
【顧客との中長期の関係構築が難しい】  ※エージェントを噛ました場合。
【結局、派遣市場に依存しており、派遣市場が終了すれば退場となる】
 ※受託も規模の問題で安定しない。

結局、35歳以降の問題がそのまま残ります。 出口戦略は30代前半での就職、もしくは起業になりますが、一撃で『良い会社+自分と合う会社』を見つけ出し、そこに転職できますか?  起業したとして、既存の企業と差別化されたビジネスモデルはありますか?実現はできますか? どちらにしても、ミスればその後の人生で大きく不利になります。
これらが【最善の策】として、実行されているとは思えません。




派遣市場に依存しないビジネスの実現を目差す事と、社員のスキルを伸ばす事は本来相反しません。

本質的に求められているのは、高レベルのフリーランスのように『方針を持って仕事を選んでスキルを伸ばし』、『社員の人材市場での市場価値を確保』しつつ、【マトモで普通かつ主要技術が統一されているSE集団を育成する仕組み】と、【それを継続させる枠組みとしての会社】です。

トラッシュはこれを目差して設立された会社です。




手法は、既存人材市場の構造や慣習をメタ的に利用。
技術は、Web・オープンソースを前提にした先進寄りのセット。
安易な資本調達よりも、経営方針・主義の継続。

現在の市場に特化した派遣会社をはじめとするビジネスモデルに対し不利な要素は多々あり、人数の成長スピードでは明らかに負けますが、『スキルレベルを維持したまま4年間で30名の体制(※全員実務にてSE/PG)』まで、実現できており、【実現可能・継続可能なビジネスモデル】であるとの検証もでき、初期に比べ投資資金の予算規模も大きくなりました。

6期目の現在、次の段階へのステップへ入る為、Green上での常時採用を開始します。

118857「人材市場での市場価値がひくく、チャレンジすらできないが、チャンスは欲している。」と言う層の人材を集めて、組織でリターンマッチをやるニュアンスの社名
211681帰社日メインなのか
飲み会メインなのか

トラッシュブリーフィング合同会社 強みと弱み。

トラッシュは、未経験者から1年前後であるていど新規で書けるJavaPGに、1年半で詳細設計、3年前後で基本設計工程に参画できるJavaエンジニアに育てることを、継続性を持った形で実現できています。

これは採用・育成面に置いて大きなアドバンテージで、『VBやCOBOLの経験しか積めない環境』、『運用フェーズや巨大案件で長く稼動してしまった』等で、スキル不安のある技術者が多く応募してきますし、また、短期間でスキルの建て直しができています。知り合い紹介ルートの採用の数も増えてきています。 即戦力縛りの苦しい採用活動が不要です。

そうして育ったWebエンジニアたちは、プライムベンダー格や大手のWebサービスの前線で通用する事もわかりました。
ほか、これは弱みを許容するが故の特徴として、他社から模倣を受けないビジネスモデルだとわかってきました。

強みとしては十分です。





弱みですが、想像どおりのものが多く見られました。

トラッシュは、昔ながらの下請け型企業・一部の古い大手IT企業との相性が、最悪です。また、大規模案件が苦手です。少なくとも、昔ながらの下請け型の信頼関係の作り方は、トラッシュにはできないと言う制限が生まれます。


最後に、模倣されない理由です。

『会社はたいして儲からない』

採用・育成に資金リソースつぎ込みすぎです。つぎ込んでおきながらも、ロースキル大量採用・大量派遣モデルの会社と比べると、どうしても成長スピードで劣ります。不況時なんかは逆に強い為、『リストラしない前提での安定性』はむしろ高いので、まあいいと考えます。採用止めれば即、資金リソースが発生する状態なワケだしね。

211751こう見えて、事務所の家賃は結構安い。 事務所に金かけても人ほどにはリターンを生まないからな・・・。
203122 仕事以外はゆる~い文化

SES市場・請負市場からの出口戦略。

現在のITビジネス市場は大きく分けて、下記のようなイメージかと。

①SIビジネス。
②インターネット経由・関連のサービス
③広告系ビジネス(Webサイト・モバイルアプリ構築)
④ゲーム開発


②はPGに要求されるスキルの最低ラインが高い為、ウチのメンバーのスキルを伸ばすと言う目的だと相性が良くありません。技術要素は同じなのですが、『【完成品】のみを単独で要求されてしまう。』感じでしょうか。だいたい3年やってから狙うゾーンです。

未経験者を育てながらの規模拡大となると、主たる戦場はSIビジネス上になります。
技術が古いものや、長期の保守案件、そもそもコーディングを前提としない手法(自動生成ツール・パッケージ・オフショア)などを避けていく必要がありますが、現在のSIビジネス市場であれば、かなりの規模を維持してますので、その他の案件(結局、Webっぽい要素の新規開発だったりするが・・・)を選んで継続的にスキル構築が可能な市場となっています。


さて。【どんな市場・サービスであれ、代替品の登場によって、容易に規模縮小・消滅します。】


現在は、SIビジネス市場・派遣市場・請負市場に依存している状態と言え、その面でリスクを抱えているといえます。もちろん、他のビジネスもほとんどはナニカに依存している訳で、特別なことではないかもしれませんが。
とりあえず原則、【全ての商品・サービス・市場は、永続しません。】SI配下のビジネスの場合は特に、自動生成ツールの性能向上であったり、エンドの内製化傾向などは、見えるリスクと言う感じでしょうか。この領域からの卒業の為の戦略が必要になります。



我々がエンドユーザーに提供するモノといえば、まず、開発スキルを利用したナニカになります。
SIerとの競合を防ぐ意味では、AWS等のクラウドを使用する前提、アジャイルソフトウェア開発手法は必須でしょう。


エンドのアジャイルチームに対してのニーズは高く、多くの既存企業が参入する場合の障壁も高そうなので、割とビジネス環境は良さそうです。しかし、アジャイルで開発を行う際にプロダクトオーナーと事業部側との調整が取れず、結局仕様も削れないまま『期限までに全部作るぜ』的な、アジャイルの意味ねえだろ状態の案件が厄介です。
プロダクトオーナーは多くの場合はお客様が立てるようですし、IT部署が事業部側のミッションを把握してないとしても、特に不思議な話ではありません。もともとITの調整のプロが、エンドにいる訳が無いのです。

顧客側に、まずITコンサルタント(PMO)をアサインする必要があるかと思います。
顧客側のビジネス目標を把握。作るシステムの役割、優先順位や納期、その他の背景などを把握。場合によっては一括請負・自動生成ツールを使用したほうが良い場合、パッケージを導入したほうが良い場合、等を外部に発注するか。また、場合によっては顧客のビジネスにコミットするアジャイルチームの導入支援(内製化支援)を行うか、場合によっては、自社のアジャイルチームを送り込んで、強力に顧客のビジネスを推進するか。などの選択肢があります。あくまで、自社ではなく顧客都合や仕様の堅さ、納期までに作るものが確定しているか、ビジネスのスピードなどが判断基準となるはずです。コンサルはセールスではいけません。
また、専門性によっては社内の別メンバーによる支援も想定されます。(撤退もあり)

PMOと言う職種の人材ニーズは高まってきており、ビジネス領域としてはおもしろい分野でもあります。
SEを育てるスキームを一部修正し、あたらしく事業部としてスタートしたのが、PMO/コンサルティングの事業部の求人となります。

201402エンジニアの学習会。
学習と言うべきものかどうかとの異論は認める。
201404社内の女子会。話の内容は推して知るべし

BAMV 合同会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、BAMV 合同会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 BAMV 合同会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 残業少なめ
資本金 1000万円
売上(3年分)
2018年 8月 期 2017年 8月 期 2016年 8月 期
2億1000万 1億9000万 1億5000万
設立年月 2013年08月
代表者氏名 代表社員 寺野 克則
事業内容 1.ソフトウェア開発
2.プロジェクト管理支援
3.その他、ITに関わるコンサルティング
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 株式会社永和システムマネジメント
キーウェアソリューションズ株式会社
日鉄ソリューションズ株式会社
株式会社ジェーエムエーシステムズ
株式会社ドワンゴ
コムチュア株式会社
富士ソフト株式会社
従業員数 38人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 東京都大田区西蒲田8-3-8 シャトレー西蒲田202
118862

BAMV 合同会社資本金1000万円設立年月日2013年08月従業員数38人

第二期成長フェーズにある、Webエンジニア育成の仕組みを持った会社

この企業が募集している求人

324855
IT業界で慢性的に不足するポジション《マネジメント》のプロフェッショナル部署での未経験OK求人
 ITディレクター/PMO ITコンサル・マネジメント専門職のキャリアパス

【目指すキャリア像】 下記職種の、ITディレクターもしくはPMOマネージャーを目指していくことになります。 【職種の種類】 ・ITディレクター クライアント側で、顧客の課題や背景を把握、ニーズを把握し、課題解決方法の企画・提案。さらにその実施をコントロール(マネジメント)まで行う職種です。だいぶITコンサル色が強くなってきます。 ・PM プロジェクトにおける全体の責任者・...

324855
アジャイルチームに適合できるフロントエンドエンジニアを”作る” 求人
フロントエンドエンジニア(ややフルスタック)

募集職種名の通り、フロントエンドエンジニアです。 育成の段階によってターゲットとなるプロジェクトは変わってきますが、フロントエンドエンジニアの経験をするとしたら、ほぼWebサービスやECサイトの構築案件に限られてくるかと思います。(取引先の傾向もそのあたりに偏ってきている) 【アジャイルチームのメンバーとして活躍できる事】が育成方針ですので、フロント特化型希望の方、個人主義が強す...

324855
マトモなスキルの同僚達と行く、Webサーバサイド道。
アジャイル志向なバックエンドエンジニア

独自の高効率SE育成スキームを持つ弊社の、マトモな開発者としてのスキル・マインドを保有するSEたちと一緒に、Webシステムの開発作業を行います。 残念ながら、本業界では『いわれたことしかできない』『ホウレンソウができない』『MVCがわからない自称Webエンジニア』『FWの使い方は理解ではなく暗記した』的な技術者が多く生息しています。 そうではない側からすれば彼らが同じプロジェクト...

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×