お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 プレシジョンマーケティングの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

451538

株式会社 プレシジョンマーケティング

デジタルマーケティングで「社会・クライアント・社員」の未来を創る

「本質的なマーケティングを提供し続ける」という強い覚悟のもとに生まれた企業

株式会社プレシジョンマーケティングは、デジタルマーケティングのコンサルティングから集客施策、ランディングページなどの設置、効率化までワンストップで提供するマーケティングソリューション企業だ。2007年の創業以来、着実にクライアントからの評価を集め、案件を増やし続けている。

代表の高崎青史氏は、業界黎明期からデジタルマーケティング・プロモーションに携わってきた人物。業界の急成長を肌で感じる一方で、売上を追うばかりにクライアントが必要としていないプロモーションを提案し続ける代理店や、本当の効果が何かを理解せず、自社のサービスには適さないプロモーションを選び続けるサービス事業者を数多く目にしてきたという。

そんな業界に一石を投じるべく、「正しく、本質的なマーケティングを提供する」という強い理念をもって、同社を設立したという高崎氏。社名の「プレシジョン=正確、精密」という言葉には、顧客にとって本当に必要なマーケティング・プロモーションはなにかを考え、コンサルタントが最後まで責任を持って、顧客に向かい合うという高崎氏の覚悟が込められている。

高崎氏は次のように語る。
「当社は、目先の売り上げや派手な最新のプロモーションに捉われず、目の前にいるお客様の事を第一に考え、一つひとつの案件に丁寧に取り組んできました。この姿勢に共感して下さったお客様が、積極的に他のお客様を紹介して下さっています。また、当社の理念に共感して参画してくれる仲間も増えています。創業からここまで順調に成長してきて、私たちが目指している方向は間違っていなかったんだな、と確信しています」(高崎氏)。

プロモーション単体の案件だけではなく、今後は企業のWebマーケティング全体をコンサルティングできる人材を増やしていきたいと考えている。「正しく本質的なマーケティングを日本に広める」ため、一緒に挑戦してくれる仲間を強く求めているのだ。

176354代表取締役会長CEO 高崎 青史

新規案件は全て既存顧客からの紹介!「営業職」を置かないことで、真の顧客志向を実現!

同社の最大の特徴は、営業のみを担当する社員がいないこと。案件は全て顧客からの紹介で成り立っている。

「営業とコンサルタントを分けてしまうと、営業は自分の営業数字を追うために、無理な案件でも、とにかく受注する、という傾向に陥りがちです。
営業が『できる』とお客様に約束したことが、コンサルタントの立場からすると、とても実現不可能である、というようなことも起きてしまうでしょう。こうしたことの積み重ねが大きなひずみとなり、サービスの質の低下につながってしまうのです」(高崎氏)。

こういったことを避けるためにも、同社ではコンサルタントが直接客先に出向き、プロの視点でクライアントの課題を本質から探り、提案を行う。できる事、できない事を明確にし、真にクライアントの為になるマーケティング・プロモーションを組み立てて行くのだ。

最初から、顧客とコンサルタントとの間で目指す方向がしっかりと一致しているため、クライアントの期待を裏切る事もなくなる。同時にコンサルタント自身が、担当クライアントの数をコントロールすることができる為、数に追われることなく、一つひとつの案件にじっくりと向き合うことができる。これが、クオリティが高いコンサルティングの提供につながるのだ。

ここ数年、デジタルマーケティングやデジタルプロモーションを活用することが企業にとって当たり前となっているが、実は、クライアントの商品力や魅力をしっかりとアピールできているプロモーションは驚くほど少ないという。

「『あたりまえ』のことを地道に行えば、確実に成果はあがる世界なのですが、『何があたりまえなのか』ということにたどり着くには、やはりこの業界でのスキルと経験が必要不可欠なのだと思います」(高崎氏)。

スキルや経験はもちろん重要だが、何よりも大切なのは、顧客に真摯な気持ちで向かい合い、本質的なマーケティングを提供し続けていくという強い「気持ち」だという。

「『あたりまえ』のことを続けていると、お客様との間に強い信頼感が醸成され、社内の重要なデータも開示してもらえます。その結果、お客様と同じ方向を目指しながらより強固な関係が築き上げられていくという、良いスパイラルが生み出されていくのです。これがデジタルマーケティング・デジタルプロモーションの成功の秘訣だと考えています」と高崎氏は語る。今後もCS調査などを積極的に実施し、会社全体でクライアントの期待に応えていく構えである。

141535当社メンバーが執筆に加わった「リスティング広告 プロの思考回路」は業界では珍しくロングセラーとなりました。
続編「運用型広告 プロの思考回路」も発売されました。
1452212022年8月には、フリーアドレスOfficeへリニューアルを予定しています。

“クライアント第一主義“という理念に共感したプロフェッショナル人材が集まる環境!

人との縁を大事にし、「目の前のお客様の幸せの為に何が出来るのか」を日々問いながら、デジタルマーケティング・プロモーションのスペシャリストとして、正しいマーケティングを提供し続ける同社。

そんな同社の採用もすべて「お客様のため」。
同社は、自社の事業計画ありきでの採用は行わず、顧客の紹介案件に対応する形で社員を増やして来たという。実績を積み重ねるにつれて、顧客からの新たな案件の紹介も増え続けている同社。顧客の期待に応えるため、ひとりでも多くの新たな実力ある人材に加わってほしいと考えている。

求めているのは「本質的なマーケティングを提供する」というクライアント第一主義に共感できるプロフェッショナル人材。
同社には、デジタルマーケティング企業や広告代理店、企業のプロモーション担当から転職してくる社員だけでなく、未経験で入ってくる社員も多く、皆プロフェッショナル人材へと育っているという。

また同社では、社員が安心して働ける環境作りにも力を入れている。
自分や家族の誕生日に休むことができる「誕生日休暇制度」やスキルアップ用の「書籍購入費補助」など、様々な制度も社員から好評を得ているとのことだ。

一人前の実力を身につけたコンサルタントになれば、待遇や勤務時間もそのコンサルタントの裁量に任される部分が大きくなる。
「どの社員にも、最終的には一人で全てコンサルティングできるようなプロフェッショナルを目指してほしいですね。仕事ができるようになればなるほど、どんどん楽しくなってくると思います」(高崎氏)。

採用にあたっては、一方的に選考するのではなく、お互いにじっくりと話し合い、価値観や理念が合うかどうかを確かめたいと同社は考えている。したがって、書類や面接では、是非内に秘めた思いをぶつけてほしいという。

同社には、リスティング広告の著名な本などを執筆しているレベルの高い人材と共に働くことで実力をつけ、付加価値の高い人材として成長できるチャンスがたくさんある。「自分のチカラで稼げるようになりたい」という強い志を持っている方に、是非お勧めしたい企業だ。

338323クライアント第一主義に共感したメンバーが集まっている。
338324屋形船・ボウリング大会等、定期的にイベントがあります。
※現在はオンラインやハイブリッドでイベントを開催しています。

株式会社 プレシジョンマーケティングに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 プレシジョンマーケティングに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 プレシジョンマーケティング
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
資本金 46,340,000円
設立年月 2007年05月
代表者氏名 代表取締役 高崎 青史
事業内容 デジタルマーケティングのコンサルティング事業
→デジタルマーケティングの戦略立案
→デジタル広告の運用(Google/Yahoo!/Twitter/Facebook/Instagram等)
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 34人
平均年齢 30.8歳
本社所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング15階
451538

株式会社 プレシジョンマーケティング資本金46,340,000円設立年月日2007年05月従業員数34人

デジタルマーケティングで「社会・クライアント・社員」の未来を創る

この企業が募集している求人

×