お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 キャピタルメディカの企業情報

49793

株式会社 キャピタルメディカ

「病院をなんとかする」経営高度化のプロ集団

支援が必要な病院にノウハウ提供。総合的に経営を受託できる会社

病院の「あるべき姿」とは?
その答えとして、同社は「永続性」を掲げている。
地域のための存在であり、また地域から必要とされている病院が、経営困難に陥り倒れていく姿は、本来の姿とは言えない。しかし日本各地において、現在進行形で発生しているのが現実だ。
同社はそんな病院に対し、次のようなノウハウを提供している。
  ・病院の事業競争力の現状を把握し、事業戦略を再検討
  ・病院機能を再評価し、地域における存在価値を向上
  ・コスト構造をスリム化
  ・実態債務超過を早期解消するための財務リストラクチャリング
  ・経営が困窮した原因の除去と予防
  ・事業遂行及び管理能力の強化

これらを部分的に行うのではなく、病院経営陣と一緒になってすべてを俯瞰的に見ながら遂行できるのが、キャピタルメディカである。
融資するだけではない。コンサルするだけでもない。その両方を「手段」として用いながら、リスクも責任も病院と共有し、経営そのものを受託する。だからこそ、同社は経営指導だけではなくオペレーションにも入っていくし、綺麗事では済まない泥臭いところも見ていく。

なぜか?
決して成功報酬で仕事をしているわけではないが、でも経営を受託する以上、病院の財務状況を健全化し、運営を高度化するのが、使命だからである。
自分たちもリスクを負っている。「外部に向けた仕事」という認識は、すでに捨てている。
カネも出すし、クチも出す。だからこそ、責任を持って、仕事ができる。結果として、手がけた案件は、必ず病院業績が向上する。それが、キャピタルメディカなのだ。

414990様々な専門性を持つ社員が活躍しています。
249440月1回開催されている役員主催の勉強会の様子。多くの社員が参加します。

経営は、終わりのないプロジェクト。

よく、面接で、「一つのプロジェクトにかかる期間は、どのくらいですか?」という質問を受ける。
「終わりがない」。これが、同社の回答だ。
もちろん、一つひとつの「手段」を見れば、終了するものがある。しかし、経営には、終わりがない。

同社の目的は、病院を再生することではなく、病院が永続的に運営される組織となるための支援をすることだ。だから、こんなサービスラインナップも揃えている。
・スケールメリットを活かした医療材料や薬品等の割引販売
  ・長期的視野に基づく病院建物の修繕計画の策定と実行
  ・就業規則や賃金体系、研修を含めた、人事管理体制の最適化
  ・病院で実施する臨床試験のサポート

これらは病院のニーズから生まれ、病院とともに実施している事業だが、再生というより、さらに先を見据えた病院価値向上のための取組みである。
キャピタルメディカは、パートナー病院の数を増やすだけではなく、経営に必要なあらゆるものを質的に支援できるよう、日々、精進している。

332205他業界から5年でマネージャーに。複数案件のプロジェクトマネジメントを行っています。
107986半期に一回、全社員が集まる全体会議の様子。社長、経営陣からのメッセージが社員に共有されます。

人を大事にする会社。だから、「任せる」。

病院が周囲に支えられて、地域との関わりの中でしか存在し得ないように、同社も周囲に支えられて存在している。

同社は、今までにないビジネス展開をしている。社長を含めた全員が、いわば「未経験者」。従って、誰かの真似をすることができない。そのような場合は、他人の意見を聞き、蓄積し、判断するしかない。
それを痛感し、最も実践してきたのが、社長である。

ビジネスは、人が基本。だから、人は、当然、大事にしたい。
同社では、節目の年の会社設立記念日前後に、全社員が集まってパーティーを開催するのだが、そこで行われるイベントから伝わってくる社長のメッセージには、「自分を支えてくれた人への感謝」や「ビジネスを成長させてくれた社員への感謝」が根底にある。

間違えないで欲しい。「人を大事にする」ことは、福利厚生の充実や、定時帰宅など、そういったことではない。
「個人を尊重する」ことだ。
だから、任せてみる。もちろん、任せた限り、上長は、守る義務がある。
仕事に対し、「やらされている感」があると、福利厚生が充実していても、定時で帰っても、満足を得ることはできない。しかし「任されている感」があると、自分で考えて動くしかなくなり、結果として形にならなかったとしても、満足を得られ、スキルアップにもつながる。

社員に求められるのは、上司の判断を待つのではなく「自分がどう思うか」「それはなぜか」を伝えること。それを経営陣も、きちんと聞く。当然、厳しく突っ込まれ、撃沈するケースが多いが、それを糧に、社員はさらに伸びる。

なお、キャピタルメディカ社員の行動指針として掲げているのは、次のような言葉だ。
  ・現状を俯瞰し、本質を見極めることができる
  ・新しい価値観を創造できる
  ・世界を変える影響力がある

個人を尊重し、人を大事にする組織だからこそ、それぞれの行動指針を持つことが必要になってくる。

249446虎ノ門駅直結のオフィス。
85600全国のパートナー病院を集めての会議。
109238

株式会社 キャピタルメディカに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 キャピタルメディカに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 キャピタルメディカ
業界 コンサルティング・リサーチ >  経営/ビジネスコンサルティング・シンクタンク
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
資本金 1,355.5百万円
売上(3年分)
2020年 12月 期 2019年 12月 期 2018年 12月 期
201億円(連結) 203億円 199億円
設立年月 2005年02月
代表者氏名 代表取締役   古川  淳
事業内容 病院の運営・経営支援
医療周辺事業
高齢者施設の運営
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 120人
平均年齢 40.5歳
本社所在地 東京都 港区虎ノ門1丁目2番3号 虎ノ門清和ビル
49793

株式会社 キャピタルメディカ資本金1,355.5百万円設立年月日2005年02月従業員数120人

「病院をなんとかする」経営高度化のプロ集団

この企業が募集している求人

249446
新規事業におけるデータサイエンティストの募集!立ち上げ期の重要なポジションになります
データサイエンティスト

当社グループが保有する100万件以上のデータを活用した分析および事業づくりへ一緒に挑戦していただきます。 当社には医療機関の経営コンサルティング事業などを通じて、グループ内の病院から様々な情報が集まってきています。例えば、電子カルテのデータ。これだけでも一つの政令指定都市の人口並みの患者情報が集積されています。 これだけのボリュームのデータを有効活用できれば、治療上の課題を解明し...

422236
【開発エンジニア】医療系の案件に携わりたいシステムエンジニアの募集です!
開発エンジニア

【概要】 プロジェクトリーダーの立場で、プロジェクト推進、システム開発、顧客対応、自社パッケージの企画・開発等を行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■ソリューションの要件定義・設計・開発 ■既存ソリューションの機能拡張・新機能開発 【開発環境】 ■開発言語:PHP/C# ■フレームワーク:symphony/angular ■OS:Windows/Linux ...

422236
【開発エンジニア】医療系システムに携わりたいプログラマーの募集です!
開発エンジニア(プログラマー)

【概要】 プログラマーとして自社パッケージ、システムの開発作業工程を行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■ベッドサイドソリューション「EUCALIATOUCH」の導入案件対応、保守改修対応 ■治験用電子カルテ「Beagle One」の保守改修、新規機能開発 ■データ分析ソリューションの新規開発 【開発環境】 ■開発言語:PHP/C# ■フレームワーク:symp...

×