お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アイエンターのインタビュー

株式会社 アイエンター

「楽しむを世界へ」私たちは、未来の領域を作り続けている!

212136

代表取締役 入江 恭広氏

1974年生まれ。明治学院大学経済学部を卒業後、紳士服チェーンに入社。販売員として同期内でトップセールスを記録し、店長も経験する。
その後、新たな可能性を求めてITベンチャー企業に転職し、営業職として活躍。
2004年に独立し、株式会社アイエンターを設立。「仕事を楽しむ」ことを第一の事業理念として掲げ、ITによる可能性の追求に挑み続けている。

もともとは紳士服チェーンの店長だったとのこと。どんな経緯でIT業界へ?

紳士服チェーンの店は、本当に忙しかったんです。特に新店がオープンするまでの3ヶ月間はひどかった。朝7時から夜23時まで、毎日働いていました。「こういうことが、この先ずっと続くのか」と考えると、体力的にも精神的にも難しいと思いました。また、業界自体に目を向けると、国民の人口が減っているのに加え、オフィスカジュアルが広がりつつあったため、マーケットとしては縮小傾向にありました。そんななか、競合とパイを取り合う状況だったので、将来性を感じられなくなったんです。その一方で、当時凄まじい勢いで伸びを見せていたのがIT業界でした。そんな成長産業に身を置いて、もっと成長してみたいと思ったのが、転職を決めたきっかけです。

転職活動では、大手IT企業にも足を運びました。ただ、もともとITとは無縁の販売職でしたし、PCスキルもメールにファイルを添付する方法がよくわからないレベル。採用は、なかなか厳しかったですね(苦笑)。それでもIT業界に夢を感じて、諦めませんでした。そして、数人という規模の会社ではありましたが、ITベンチャー企業で営業職として採用され、この業界でのキャリアをスタートさせました。

その後起業されるわけですが、きっかけはなんだったのでしょうか?

採用されたITベンチャー企業は、社内での受託開発も行っていましたが、私が担当したのは、外部の協力会社と連携し、エンジニアを送り出す部隊でした。そこで3年務めるうちに、全社の年間売上21億円のうち、私が7億円売り、私のチームでは10億円売る、というぐらいまで事業を成長させることができました。

私としては、企業にも貢献しているので、経営に関わっていきたかったんです。エンジニアの離職率が高い企業だったので、未経験者を採用して育てる戦略を提案しましたし、自社サービスを開発する重要性も訴えました。でも、提案が通ることは一度もなく、そんな状況に嫌気がさしていたんです。その会社には、同じく紳士服チェーンから転職した同僚がいました。それで相談して、「だったら一緒に会社を起こそう」となりました。26、27歳のときでした。

起業当初は本当にお金がなかったですね。1日1食という日もありました。お金がない、でも、若いから遊びたい。じゃあどうするかとなったとき、倍働いて倍稼ごうと判断しました。それでがむしゃらに突っ走ってきた感じです。

今も、順調だなんて思ってないですよ。だから、常に新しいことに挑戦し、変わり続けなければいけないと思っているんです。

ご自身にとって「仕事」とは、どういうものでしょうか?

経営者にとって、「仕事」は「趣味」では?と思います。経営について、四六時中考えていますから。

たとえば、プライベートでレストランに入ったとしても、店の単価や家賃などが気になってしまうんですよ。「これだけの従業員を抱えていたら、これぐらいの原価がかかるけど大丈夫か?」と要らぬ心配をしてしまうことも。さらには、「もっと効率化するにはどんなシステムがいいか?」「ロボットを導入できないか?」など、ついつい考えてしまいます。

ただ、そういうときにふと浮かんだアイデアが案外ヒントになるんです。だから、よくメモを残しています。本を読んでいるときなども、インスピレーションが浮かんだら、すぐに携帯にメモしていますね。

でも、そのうちにほかのメールの処理なども始めてしまい、片手にずっと本を持ったまま、携帯と向き合っているということもよくあります…(苦笑)

社員にはどのように成長してもらいたいですか?

社員によく言うのは、仕事は人間力を成長させるものだということ。仕事を通じて、いろいろな人と出会うじゃないですか。世代が異なる人、出身地が異なる人、それにともなってそれぞれ違う価値観にも触れます。それは、社会の縮図そのもの。だから、人として磨かれると思うんです。

こういう成長の機会は、学生時代はお金を払って提供されますけど、社会人になったら学びながら、会社からお金も入ってくる。だからこそ、成果が求められるんだと思います。

仕事はツラい瞬間もあります。でも、ラクなことをやっていたって、人は伸びません。ツラければツラいほど、人間力が付いているときなんです。だからツラいときは、むしろ「今、すごく成長しているときだ!」と楽しんでほしいですね。そのほうが、絶対にハッピーだと思います。

最後に、今の状況や将来を悩んでいる求職者にメッセージを。

夢を持てる人は、夢を持ちましょう。夢が見えない人は、目の前のことを一生懸命やることが、夢につながっていくと思います。

そのとき、なんのために頑張るのか、自分で理由を作ることが大切です。「一つ上の役職を目指したい」でもいいし、「上司がどう働けば喜ぶか」でもいい。モチベーションが下がっているというなら、下げないようにすればいい。周囲の状況や他人に、心をコントロールされることがツラいんです。自分の心は、自分のもの。人生を楽しくしたかったら、自分が楽しくなるように変えていきましょう。自分が笑顔なら、周りも笑顔になります。「楽しそうだね」と、人が集まり、よい情報も集まってくるものです。

運がいい人というのは、運がいいことを探しているから、そういう生き方になります。悪いことが起こっても、次に失敗しないための学んだと考えるし、「その分、幸運をためている」と考える。そんな生き方のほうが、幸せだと思います。

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×