転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
インタビュー画像吉本翔生 代表取締役社長

会社設立の思い

私は、7年間シンクタンクに勤め、公共領域のコンサルタントとして、国内外の中央官庁、地方公共団体の皆様と仕事をさせていただきました。私が一緒に仕事をさせて頂いた行政職員の方々は、メディアで喧伝されるイメージとは全く異なり、日本、また自らの自治体を少しでも良くしようと本気で考えていらっしゃる方々ばかりでした。私の20代は、行政の方から日々大事なこと教えて頂く毎日でした。 一方、行政の方々と一緒に仕事をさせていただく中で、年々増えかつ複雑化する業務に忙殺され、疲弊されていくのを目の当たりにしてきました。 また、様々な制約に縛られて仕事をされている状況も見てきました。 そして、これは日本だけでなく、他国の行政の現場でも同じことが起こっています。 行政の人が、もっと自由に、生き生きと仕事が出来る環境を整備したい。 そうすれば、日本、世界は間違いなく、もっと良くなるはず。 そう思い、この会社を立ち上げました。

CDOのMohit Agrawalさんへ:ご経歴、また御社に入社した理由を教えてください

▼経歴 ヤフーでは、機械学習を活用して検索エンジンやレコメンドエンジンの質を高めて担当サービスの売上を上げることをミッションとしていました。データサイエンスを利用したサービスの改善、新しい機能の開発業務等に取り組んでいました。 アメリカと連携したグローバルなプロジェクトに取り組み、日本で大きな会社でもあり機械学習領域のエンジニアとして働けるヤフーを選択しました。実際に、開発実務以外にも組織作りにも関わりグローバル採用のプロジェクトに取り組む機会もありました。ワールドワイドなサービスを開発することに挑戦することができ、尚且つ自らの専門性を高めることができるような環境で、さらには人間関係も良好な会社でした。正直、良いこと尽くめの会社です。 その次に、大きなサービスの改善よりも、ゼロから新しいことに取り組む方が大きな影響を及ぼすことができると考えて、スタートアップに挑戦することにしました。 インターネットユーザーが爆発的に増加しているインドにビジネスチャンスを感じ、スタートアップとしてチャレンジする場所に定め、帰国しました。大学時代の友人と共に会社を興し、教育領域で事業を開始しました。開発したアプリは8万件のダウンロード数を記録し、市場からの一定の評価を得ることができました。同時に、この経験を通じて、ビジネス面のスキルを向上させる余地があると感じ、次にビジネスサイドが強い世界的コンサルティングファーム出身のメンバーとチャレンジをすることにしました。インドに多い中小企業をターゲットとしたマーケティングを支援するサービスを提供しました。利用者も順調に増加して、早期にビジネスに繋げることができました。 その次に、その経験をもとに、日本に戻り、さらに技術的な仕事をする計画を立てました。 ▼入社理由 日本に戻った後の働き方には幾つかの選択肢がありました。 もちろん、ヤフーも有力な候補としてありました。その過程で吉本さんと出会い、WiseVineのメンバーとしてジョインすることを決めました。 大きな理由は以下の三つになります。 (1)スタートアップ スピード感がある環境で働きたいと考えていました。WiseVineに本格的に入社する前に、業務委託のエンジニアとして参加させてもらい、プロジェクトのスピード感を事前に体感をさせてもらいました。また、プロダクトがまだ初期フェーズとなるため自分の価値を発揮しやすい時期で参加できることもひとつの理由となります。 (2)Relentless Optimism 私自身もスタートアップでチャレンジしてきたため、失敗を成功に結び付けていく吉本さんのポジティブシンキングやタフさに感動を受けました。スタートアップは挑戦しなければ未来がありません。失敗を成功に変えようと取り組み続ける吉本さんに魅力を感じました。 (3)プロダクト WiseVineが取り組む行政領域の市場規模は大きく、効率化すること自体に大きな価値があると感じました。他サービスと比較しても伸びしろが大きく、世の中に大きな影響力を発揮できる領域に挑戦している点です。WiseVineは、GDPや社会の大きな部分を占める財政のバックボーンになれると感じました。 ▼WiseVineでの仕事内容 現在はR&D領域に近い自然言語処理を活用したプロジェクトを担当しています。チームのサイズが小さいため、ビジネスのメンバーと連携がしやすいです。開発した機能の反応をお客さんに直接確かめるために商談同席することもできるため、フィードバックをもらうスピードが速いです。プロダクトのグロースできるスピードが速いです。これは止むを得ない話ですが、大きな会社になると3カ月単位・6カ月単位でプロジェクトを回さざるを得ないためスタートアップと比較するとどうしてもスピード感が遅くなります。WiseVineのフレキシブルさは世の中にインパクトを残したいエンジニアは回せる点は特にWiseVineでの働きやすさを感じています。

広報の小澤華奈さんへ:ご経歴、また御社に入社した理由を教えてください

▼経歴 札幌市役所では三つの部署で勤務しました。最初は介護が必要な方に対し介護保険に関する手続きを行う介護保険課に配属されました。入職前は『公務員の仕事≒証明書の発行』というイメージを持っていたため、生活に密接に関わる業務を何の資格も経験もない自分が担当することになりプレッシャーを感じる日々でした。 年数を重ねることで業務には次第に慣れてきました。同時に大きな疑問を抱えるようにもなりました。行政の職務には公平性を保つ義務があります。しかし、公平性を保つために型にはめた対応しかできないという不都合も発生します。1%の悪意者を未然に防止するために、99%の善意者に不便さを無理強いせざるを得ませんでした。本当に必要な人に対し十分な対応をすることができないこともあり、担当として哀しい気持ちになることもありました。 数年後、広報・広聴の係に異動しました。札幌市の広報誌の作成が主要業務の一つでした。制作した広報誌は宅配業者や町内会・自治会などによって市内全ての住宅に配布されていますが、時代の変化に伴い配布方法が混在することによる複雑さが大きくなっていました。そして配布手順に細かい仕様が追加されるようになり、職員がアナログで対応する仕事量も増えていきました。しかし、この問題を解決するために仕組みを変えようとすると失ってしまうメリットもあり、それにより不利益を被る(と感じる)人がいる以上、なかなか従来のやり方を変えることはできず「行政が一度決めた事を変えることは容易ではない」ということを痛感しました。 最後は市営住宅の管理をする部署での業務に着任しました。札幌市の市営住宅は建物の更新時期を迎えています。建物の更新には入居者の方の協力が不可欠で、私は協力いただく入居者の方の手続き等の業務を担当していました。この業務でも、入居者の方のライフスタイルの変化と長年変わらない制度内容とのギャップに悩む日々でした。 三つの部署での公務を通じ、市役所職員としての自分の対応に納得できない場面が増え、いつしか「市役所の人間として、このような対応しかできなくて申し訳ない。」という気持ちが大きくなり、誇りを持って働くことができず、退職することにしました。 ▼入社理由 私は問題の根幹が「行政」という巨大な組織にあると考えています。しかし、この巨大な組織を変えることは容易ではなく、行政職員時代は、どかしさを感じながらも「自分にはこの大きな組織を変えることはできない」と諦めていました。 当時、登録をしていたクラウドソーシングのサイト経由で「公務員経験者限定」と記載されたWiseVineの募集が目に入りました。元公務員の肩書を活かせる仕事は珍しいため興味を持ち、WiseVineのコーポレートサイトを見た際、心を動かされるものがありました。外部からは見えにくい、行政職員が抱えるコアな悩みを把握し、行政全体が抱える痛みを解決しようとしているからです。 偶然出会ったWiseVineのビジョンに強く共感し、先述の募集に自分の熱意を添えて応募したところ、ジョインさせてもらうことになりました。WiseVineのメンバーと共に時間を過ごすことで、行政職員時代の私にはどうしようもできなかった行政が抱える課題をWIseVineであれば変えていくことができ、自分もその一端を担っていることを実感できました。 ▼WiseVineでの仕事内容 仕事内容は、行政職員同士の対話の機会や物事が進んでいくための仕組みづくりを実現する「新しい自治体財政を考える研究会」の運営および広報を担当しています。現在WiseVineでは、予算編成業務をアップデートするためのシステム開発を進めている所ですが、行政が抱える予算編成の負はシステムだけでは解決しません。予算編成業務では職員同士の対話や物事が進んでいくための仕組みづくりが非常に重要であり、これがうまくいかなければ、どんなに素晴らしいシステムを導入しても、根本的な課題解決をすることはできません。そこで、当研究会では全国自治体の財政課職員の皆さんにご参加いただき、財政課も原課も納得できるような予算編成フローの作成を目指し活動しています。

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 エージェントグロー
株式会社 エージェントグロー
「SES業界に、新基準を」をミッションに掲げ、「案件選択制度×単価評価制度」を日本全国に広げ労働環境を変えていく。
株式会社WiseVineメインアイコン
株式会社WiseVine
採用担当 平野紗友理
国の予算編成が変われば世界は変わります。 日本を本気でよくしたいと思っているメンバーを募集中! 気軽にご応募ください^^
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • インターネット/Webサービス・ASP
  •  
  • 株式会社WiseVineの中途採用/求人/転職情報
  •