お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 シーズ・ラボの企業情報

313018

株式会社 シーズ・ラボ

カーナビを“丸ごと”開発!アルプスアルパイン100%出資のグループ企業

市販カーナビ顧客満足度7年連続No.1に輝く高品質を支える技術力

北海道・札幌を本拠地として、カーナビゲーションや移動体管理に関わるシステム開発を手がけている、株式会社シーズ・ラボ。電子部品・車載情報機器メーカーのアルプスアルパイン株式会社100%出資の主要グループ企業である。

同社が手がけているのは、大きく2つの領域。1つは、親会社であるアルプスアルパインの製造するカーナビゲーションシステム(組込みソフトウェア)および地図データベースの開発。もう1つは、カーナビゲーションシステム開発を通じて蓄積した位置情報やクラウド技術の活用による、移動体管理などの新たな領域である。

アルプスアルパインのカーナビ製品は、市販カーナビ顧客満足度7年連続No.1に輝くなど極めて高い品質を誇っている。その大きな要因は、自車位置精度の高さだ。当該領域の責任者である取締役の今井学氏は、次のように説明する。
「東京などの日本の大都市の道路は立体交差が多く入り組んでいて、世界有数の複雑な構造をしています。道路が多重構造になっている箇所ではGPSで位置を取得することができないので、センサーを用います。これら複数のソースから自車位置を特定するVP(Vehicle Position)技術による精度の高さが、ユーザーに高く評価されていると自負しています」
世界有数の複雑な道路環境で高精度の位置測定を実現させている技術は、世界のどこでも通用するものだ。

そして同社はカーナビゲーションシステムと地図データベースの双方、つまりカーナビを“丸ごと全部”手がけることができる。「私の知る限り、丸ごとできるのはTier1・Tier2含めて日本に5社ぐらいしか存在していない」と今井氏。アルプスアルパインが段階的に100%まで出資比率を高めていったところに、シーズ・ラボの価値が如実に表れているといえるだろう。

もう1つの、新領域。自社独自で、あるいは親会社と共同で、さらにはグループ外の企業と組み、R&D的に様々な開発案件に取り組んでいる。主力は、モビリティに搭載するデバイスの遠隔管理と、デバイスからの情報を使ったモビリティの運行支援、モビリティの位置情報などをエンドユーザに提供するサービスの、トータルのシステムだ。目下実用化させているのは路線バス。
「エッジの位置情報を、クラウドでリアルタイムに処理し、ユーザーに付加価値サービスを提供する技術は、多様な⽤途で活⽤が期待できます。 当社はこれらの技術を磨いていくことで、これからの新しいモビリティ/IoT時代に対して、技術で貢献できる会社になれると考えています」とモビリティソリューション部部⻑の⼭⽥秀幸⽒は⼒を込める。

313035
313048モビリティソリューション部 部長
山田秀幸氏
313021

アルプスアルパイン100%出資のフィールドで新領域に思い切りチャレンジできる

シーズ・ラボの創業は、1991年2月。創業者(現・顧問)は前職でCADの開発を手がけるエンジニアであった。CADを用いて地図を作成する大手地図情報会社を担当していたが、地元・北海道に貢献したいと札幌で同社を設立する。

設立後も引き続き大手地図情報会社を担当していたが、その地図情報をカーナビに利用していたアルパインとの接点ができた。そして、シーズ・ラボが地図情報会社のデータベースをアルパイン向けに加工する業務を担うようになる。
2006年、アルパインから20%ほどの出資を受け入れて資本・業務提携を締結する。その後、アルパインのカーナビの地図情報データベースはほぼ全て、シーズ・ラボが手がけるようになる。そして、地図情報だけでなくカーナビ本体の組込みソフトや周辺システム、スマートフォン向けナビアプリ、クラウドサーバの開発と領域を広げていった。

2017年6月にはアルパインがシーズ・ラボの株式の51%を取得しグループ子会社となる。2018年10月には100%を取得し完全子会社となった。2019年1月、電気部品メーカー大手でアルパインの関連会社であったアルプス電気とアルパインが経営統合しアルプスアルパインが誕生。シーズ・ラボは同社のグループ企業となった。
「アルプスアルパインと関わる一連のプロセスは、地図情報からカーナビゲーションシステム、移動体管理システムと領域が広がっていったことと軌を一にしています。創業期から当社にいる身として、できることがどんどん広がっていくというワクワク感がありました」(今井氏)

大手企業100%出資となって安定性を確保し、さらに思う存分、新しい技術開発や領域拡大にチャレンジできるようになった。そんな同社は、「位置情報技術で自由に移動できる喜びと楽しみを提供する」という理念を掲げている。今井氏は、次のようにその意義を語る。
「高齢化や過疎化で、移動がままならなくなる人が増えています。こうした問題を、ITなどの力で解決することを追求し、より豊かな社会の実現に貢献したいと考えています」

313047取締役 今井学氏
313026安定を実感しながら、チャレンジできる環境がある。「位置情報技術で自由に移動できる喜びと楽しみを提供する」という理念の元、チャレンジを進めている。
313019

充実した人材育成と、社員の定着率98%に表れる風土の良さ

同社の社員数は100名強で、40・50代が45%(平均年齢は38歳)とベテランが多めの組織だ。女性は23%を占めている。そんな同社のカルチャーについて、山田氏は次のように話す。
「親会社からの業務であっても、受け身でいるのではなく独自の価値を高めるような開発に取り組んでいます。言われたとおりにやるだけの作業の価値はどんどん低下していく情勢にある中、求められているのは独自の高度な付加価値であると考えるからです」

そのために必要な人材育成として、まずは「チャレンジシート」の作成と共有が挙げられる。各メンバーは、自ら獲得したい技術や知識などを社内に宣言し、メンバー同士互いに協力し合って自ずと目標達成に導く仕組みだ。
また、社内ではベテランのエンジニアが講師となっての勉強会が縦横に行われている。「メンバーは関心のある回に自由に参加して知識やスキルを高めている」と山田氏。
そのほか、ヒューマンスキルを習得する研修などが行われているが、「アルプスアルパイングループになったことで、同社の研修も受けられるように調整している。当社ほどの規模でありながら大手の研修が受講できることもメリットだろう」と山田氏は強調する。

また、東京などで展示会があれば、札幌から若手社員を送り出して情報収集に当てさせている。さらに「ラスベガスのCESにも毎年、若手を送り込んでいる」(山田氏)という熱心さだ。
技術面だけではない。海外企業とのやり取りが多いことから、業務時間内に外部から講師を招いて英会話レッスンを全員受講したり、英会話スクールの受講費用を会社が補助している。

社内コミュニケーション促進策としては、社員旅行やBBQ、ビアガーデンパーティーなどを適宜実施。参加率は70%程度と高めだ。
「上下関係がフラットなので、気軽に話せる雰囲気があると思います。マネージャー層にプロパーが多いので、設立時からのカルチャーが継承されていると見ています」

こうした風土の良さは、定着率98%(2018年)という極めて高い数字に表れているといえるだろう。
したがって、同社では協調性のある人材を求めている。「1人ではできないことでも、チームワークで到達することができるもの。皆で知恵を出し合い、切磋琢磨できることが不可欠」と山田氏は指摘する。
「ロジカルシンキングができ、自主的に発言や行動できることも重要です。そして何より、元気であることですね(笑)」と今井氏。
カーナビという日本屈指の強みを持つ特定領域があり、グローバル大手のグループ企業であるという特長を持つ同社。この募集は見逃せないだろう。

313034社内はフラット関係性が構築できており、イベントも多く参加率も高い。
313036定着率は98%と非常に高いのが特徴。社内でのコミュニケーションも多い。育成についても、非常に意欲が強く、ラスベガスのCESにも毎年若手が参加している。
313020

企業情報

会社名 株式会社 シーズ・ラボ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • グローバルに活動
資本金 14億1,262万円
設立年月 1991年02月
代表者氏名 代表取締役社長 市川 茂
事業内容 □カーナビゲーション ソフト開発
・車載向けカーナビゲーション
・スマートフォン向けカーナビゲーション(iPhone/Android)
国内、および海外向けの製品開発、次世代向けコア部品開発、新機能の開発などを、高い品質管理で実現しています。
(3Dグラフィックス技術を用いた地図表現/自車位置測位/ルート探索/案内/渋滞情報など)

□カーナビゲーション用地図データベース開発
・ナビデータベース作成システム
・製品固有データ編集・管理システム
・検証・評価システム
デジタル地図データからカーナビ用のデータベースを作成します。
長年培った、全世界の地図データノウハウを活かし、全世界約70カ国に供給実績があります。

□移動体管理システム開発
・移動体の測位システム
・移動体管理クラウドシステム
・車載デバイス管理システム
シーズ・ラボの持つナビゲーション開発技術や、クラウドシステム開発技術を応用し、クラウドで移動体管理するシステムを受託開発しています。

□AI技術を含む先端技術開発
・AI研究開発
ディープラーニング技術などを用いたシステムを構築、次世代サービスに向けた先端技術の研究を行っています。
主要株主 アルパイン株式会社100%
主要取引先 アルパイン株式会社
ほか
従業員数 102人
本社所在地 北海道札幌市中央区北1条西7丁目3番 北一条第一生命ビルディング7F
313018

株式会社 シーズ・ラボ資本金14億1,262万円設立年月日1991年02月従業員数102人

カーナビを“丸ごと”開発!アルプスアルパイン100%出資のグループ企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 10
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×