お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ダブルスタンダードの企業情報

407222

株式会社 ダブルスタンダード

独自のビッグデータ処理技術と柔軟な発想力が強みの東証一部上場企業

【東証一部】創業3年半で東証マザーズ上場のスピード成長企業!独自技術と発想力が強み

株式会社ダブルスタンダードは、独自の基盤技術を構築したビッグデータ処理を軸に、企業の課題を解決するサービスやソリューションを提供する企画開発プロバイダーである。
はじまりは2012年。
ビッグデータという言葉が少しずつ世の中に知られ始めた時期。
ニーズを先取りする形でビッグデータに取り組み、常に最先端を走ってきた同社は、創業以来9年連続で増収増益を果たしている。
SBIグループとの資本提携、大和ハウスグループとの合弁会社設立など、金融、不動産業界において戦略的なIT連携を実施していることで事業成長を急拡大中である。

これらの増収増益を支えているのが、同社独自のAI・アルゴリズムを活用したデータクレンジング。
技術を基にしたサービスの数々だ。
導入企業は、日々蓄積されるビッグデータを、ダブルスタンダードのサービスを使って処理、活用する。
導入企業にとって欠くことのできないサービスとなっており、これがストック型の事業として同社の安定収益をもたらしている。

管理部長は、「事業撤退などの特別な事情がない限り、導入したお客様が解約するケースはほとんどありません」と言う。
サービス品質の良さの表れであり、その結果、極めて順調に事業を成長させた同社は2015年12月、創業からわずか3年半で東証マザーズへの上場を果たした。
さらに7期目の2018年11月には東証一部に市場を変更し、年々着実に成長を遂げている。

同社の特長は発想力だ。
そもそもデータクレンジング技術も、創業メンバー数名で独自に開発したものという。
「当時、お客様先でビッグデータというワードをよく聞くようになり、その課題課題に対しての解決策を不眠不休で考えました。何千何万というデータに触れながら、様々なアルゴリズムを考えてパターン化。その積み重ねで処理能力をどんどん高めていきました」。
管理部長は当時をそう振り返る。
多くのクライアントを得て、取り扱うデータの量が増えるほどに技術は高度化。
近年はAI技術も駆使し、さらに精緻化を進めている。
この蓄積は到底、他社が追随できるものではない。

独自の存在感を示していることから、現在、営業はインバウンドのみ。
問い合わせは引きも切らない。
もちろん直取引であり、クライアントの業界は金融、不動産、人材サービスをはじめ多岐にわたる。
ほぼ大手企業ばかりという状況である。

246695同社は独自の基盤技術を構築したビッグデータ処理を軸に、企業の課題を解決する企業だ。
407159創業からわずか3年半で東証マザーズへの上場。現在は東京一部へ変更している。
246676

基盤となるビッグデータの技術を縦横無尽に駆使。様々なサービスを開発

ダブルスタンダードという少々変わった社名には、「非常識を常識に変える」というポジティブな思いを込めた。
「常識にとらわれて『できない』とは言いません。常識と非常識は表裏一体で、やり遂げればそれが常識になるのです」
管理部長は言う。

ビッグデータの技術は、テキストはもちろん画像、音声、HTML、紙の帳票など様々なソースから情報を収集・抽出し、テキスト化・カラム化など利用できる状態にクレンジングした後にマッチングや振り分けしていくものである。
抽出、加工、マッチングといった技術を縦横無尽に組み合わせ、様々な産業、企業に向けて、各々が抱える業務課題を解決に導くサービスを提供している。
ダブルスタンダードは社名の通り、常識に捕らわれない柔軟な発想で、これまでも様々なサービスを企画・開発してきた。

直近では、新たに3つのサービスの本格提供も開始した。
「音声テキスト化システム」、「AI搭載型OCR請求書読取システム」、「botブロックシステム」だ。
「音声テキスト化システム」は、通話中の音声データをほぼリアルタイムにテキスト化できるサービスだ。従来、顧客との通話記録の作成に少なからぬ労力と時間を割いてきたコールセンターで導入が始まっており、大幅な業務効率改善が見込まれる。
「AI搭載型OCR請求書読取システム」は、経理部門が人力処理する大量の請求書をOCRで読み込み、会計データと支払データへ投入可能なデータ生成を実現する。
労力、人的ミスなどを大幅に削減できる画期的なシステムだ。
「botブロックシステム」は、属性情報や行動パターンをもとにブロック用のアルゴリズムを作成し、同時に、機械学習でアルゴリズムが強化される仕組みを実現した。
WEBサーバーを中心とするインフラの負荷とコストを軽減するシステムである。
いずれも独自性の高いサービスであり、同社のさらなる躍進に貢献するだろう。

407247ダブルスタンダードという少々変わった社名には、「非常識を常識に変える」というポジティブな思いを込めている。
246693直近では、音声テキスト化システム開発などにより、新たに3つのサービスの本格提供も開始した。
246675

注目の事業に関わりたい、やりがいがほしい、成長できる環境がいい ―― それならダブルスタンダード

このように次々と新たなサービス開発や、顧客の課題解決を実現してきたダブルスタンダード。
社員の大半を占めるエンジニアは、折々に勉強会を開いて導入事例を研究。
ナレッジを共有し、さらに新しい発想を生む土壌づくりに余念がない。
例えば、同社の代表的なサービスの一つであるWEB口座開設システムは、従来、人による確認と手修正が不可避だったWebでの口座開設のプロセスを、OCR処理で全て自動化し、労力とコストの削減と精度の向上を実現するものだ。
開発前は、「人によるチェックは不可避で、全てを自動化なんてできるはずがないと思われていました」と管理部長。
同社は「不可能」という常識を「可能」に変えていく企業といえるだろう。

柔軟な発想と顧客の課題解決にコミットする会社の姿勢は、社員一人ひとりのやりがいにも直結する。
とりわけストック型の案件は、顧客との関係も長期間にわたり、共に成果検証と課題解決に取り組みながら、信頼関係を強固なものにしていく。
どの産業もマーケットは刻々と変化しており、課題も常に変化する。
なかでも大きいのが法令対応であり、システムの変更が不可避である。
「お客様には『何とかしてほしい』と頼りにされ、どうしたらクリアできるかと真剣に考えます。解決できれば業界に先駆けた成果となり、会社の評価も高まりますし、何よりお客様に感謝されることが本当に嬉しいです」
そう話すのは、開発部門でプロジェクトマネージャーを務める本家氏だ。

本家氏は大手メーカーのシステム開発会社の出身。
協力会社を率いて大規模プロジェクトをマネジメントしてきた。
手応えはあったが、納品したら終わり。
案件ごとに内容が異なり、キャリア形成に連続性がないことも気になっていた。
顧客と信頼関係を構築しながら互いに成長できるような仕事を望み、ダブルスタンダードへの扉を開いた。
マネージャー候補として同社入社後、マネージャーに就任。
「仕事内容への満足度も高いが、意欲と実績次第で活躍の機会が広がる社風も魅力の一つ」と語ってくれた。

少数精鋭のダブルスタンダードでは、評価は会社全体で行い、毎月、直属の上司と目標設定と進捗確認の面談も実施する。
公平に見てもらえることと、日々の仕事が確実にキャリア形成につながることへの納得感が得られる。
働き方も極めて効率的だ。
時間内に成果を上げることを良しとする社風で、時間外労働はきっちり法令の範囲内に。
適宜、業務配分の見直しを行い、各個人の業務進捗状況について目配りも行き届いている。

「働き方改革」が叫ばれる昨今、創業以来、効率化を一つのキーワードとして、様々なソリューションを提供してきたダブルスタンダードの前途は今後ますます有望であろう。
やりがいもあり働きやすく、何より目の前の顧客への貢献、ひいては社会への貢献をも実感できる。
手応えと満足感は抜群の会社である。

246683社員の大半を占めるエンジニアは、折々に勉強会を開いて導入事例を研究。ナレッジを共有し、さらに新しい発想を生む土壌づくりに余念がない。
407251やりがいもあり働きやすく、何より目の前の顧客への貢献、ひいては社会への貢献を実感できる。手応えと満足感は抜群の会社だ。
246674

株式会社 ダブルスタンダードに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ダブルスタンダードに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ダブルスタンダード
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
企業の特徴
  • 上場
資本金 263百万円
売上(3年分)
2021年 3月 期 2020年 3月 期 2019年 3月 期
4411百万円 3667百万円 2812百万円
設立年月 2012年06月
代表者氏名 代表取締役 清水 康裕
事業内容 企業向けビッグデータの生成・提供
データ生成過程で培った技術を活用したサービス企画・システム開発
株式公開(証券取引所) 東証一部
従業員数 52人
平均年齢 37.8歳
本社所在地 東京都港区赤坂3-3-3 住友生命赤坂ビル4F
407222

株式会社 ダブルスタンダード資本金263百万円設立年月日2012年06月従業員数52人

独自のビッグデータ処理技術と柔軟な発想力が強みの東証一部上場企業

この企業が募集している求人

246679
【プログラマ】独自の基盤技術を構築したビッグデータ処理を軸にソリューションを提供する企業!設計、開発~保守をお任せします!
プログラマ

【概要】 当社のソリューションの提供スピード、クオリティ・技術力・ コストパフォーマンスの高さが評価され、大手企業との直取引をはじめ、 引き合いも増加し続けています。 ビッグデータ領域の事業の可能性をさらに高め、ビジネスチャンスを さらに拡大させていくため、新しい人材を迎え入れ、体制を強化して いきたいと思います。 【具体的な仕事内容】 ■システム化要件に沿った、設計、開...

Noimage
【インフラエンジニア】独自の基盤技術を構築したビッグデータ処理を軸にソリューションを提供する企業 ネットワーク構築、保守、運用をお任せします!
インフラエンジニア

【概要】 当社のソリューションの提供スピード、クオリティ・技術力・ コストパフォーマンスの高さが評価され、大手企業との直取引をはじめ、 引き合いも増加し続けています。 ビッグデータ領域の事業の可能性をさらに高め、ビジネスチャンスを さらに拡大させていくため、新しい人材を迎え入れ、体制を強化して いきたいと思います。 【具体的な仕事内容】 ■システム化要件に沿った、設計、開...

246686
【Webアプリケーションエンジニア(PM)】東証一部上場 100%プライム案件ビックデータ領域の事業!
Webアプリケーションエンジニア(PM)

【概要】 当社のソリューションの提供スピード、クオリティ・技術力・ コストパフォーマンスの高さが評価され、大手企業との直取引をはじめ、 引き合いも増加し続けています。 ビッグデータ領域の事業の可能性をさらに高め、ビジネスチャンスを さらに拡大させていくため、新しい人材を迎え入れ、体制を強化していきたいと 思います。 聞き慣れない用語に不安を覚えるかもしれませんが、ご安心を。最初...

×