お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 STANDING OVATIONの企業情報

340932

株式会社 STANDING OVATION

120万DL突破のAI×ファッションアプリ!オンライン・クローゼット『XZ(クローゼット)』を展開する累計5億円調達の有望スタートアップ企業

ファッションアイテムの登録数が2000万を突破!自分が持っている服を画像登録すると、AIがコーディネートを提案してくれる自社アプリを展開!

株式会社STANDING OVATION(スタンディングオベーション)は、オンライン・クローゼットの手持ち服からコーデを自動で提案してくれるアプリ『XZ(クローゼット)』を手がけている会社だ。ショッピングモールや大手アパレル企業と資本提携・事業提携を進め、ユースケースが拡大し続けている。

ユーザーが自分の持っている服、靴やバッグ、アクセサリーなどの写真を『XZ』に登録すると、自分の手持ちアイテムが組み合わされてAIによってコーディネート提案されるという仕掛けだ。教師データとなるショップ店員のスナップ画像をお手本に、アイテムの写真を組み合わせた、コラージュ状のコーディネート画像が提案される。

「世界をひとつのクローゼットに。巨大なオンライン・クローゼットを創る。」『XZ』の世界をこのように説明するのは、代表取締役CEOの荻田 芳宏氏だ。「類似のものはどこにもない」とも。コーディネートを参考にするアプリならZOZOの『WEAR』が有名だが、これはあくまでも他人の服やショップの服のコーディネートだ。

「普段、ファッションは持っているものを組み合わせ、色んなブランドのものがミックスされているもの。『XZ』はその世界を忠実に再現し、リアルに自分の持っている服をどう有効活用できるかがわかる、『明日、何着ていこう?』という永遠の普遍的な悩みに応える実践的なアプリなんです」(荻田氏)

具体的な使い方はこんな具合だ。例えばある女性が「この白いスカートを使ったコーディネートを知りたい・見つけたい」と『XZ』を見ると、AIがその白いスカートと自分の手持ち服や最新アイテムを駆使したコーディネートを提案してくれる。その女性は、自分では思いつかない着回しコーディネートを発見でき、オシャレに変身できる。

「今後は手持ち服に足りない新品をちょい足ししたコーディネート提案からの新品購入、【コーデ・コマース】という新しいショッピング体験を実現していきます」(荻田氏)

ちなみに『XZ』は、アイテムを公開せずに、自分の備忘としても使うこともできる。クローゼットを持ち歩き、服を買い足すときの参考にしたり、ショップの店員さんに手持ち服を見せて相談したり…という使い方だ。公開しておしゃれ感度をアップさせる使い方もできれば、閉じた状態で自分の生活に役立てるためだけに使うこともできる。

このように実用的で、参加すればなお楽しい『XZ』。大々的なプロモーションはまだ行っていないものの順調に支持を集め、ユーザー数、登録アイテム数、投稿コーディネート数ともに増加中だ。現在、アプリの累積DL数は約120万、ユーザーの手持ち服登録は2000万アイテム、着回しコーデ作成数は300万点。今後2年程の間に、さらに数倍の規模に拡大したい考えだ。

AIによるシステムとしては、最新のファッションコーディネート画像を取得し続け、画像解析でアイテムごとに画像を分解し、教師データとして登録。そのコーディネートデータと、手持ち服データを組み合わせて、最新のコーデ画像を提案している。ここのデータ取得・画像認識・組み合わせ提案の精度を、さらにエンジニアチームで高めていきたい方針だ。
ユーザーの好みや体型などを加味した「パーソナライズ」提案の実現を目指している。

248636手持ち服からコーデを自動で提案してくれるアプリ『XZ(クローゼット)』
340937自社アプリとAIを作っていくのがエンジニアチームの役目。
354534

ファッションという巨大市場で多彩なビジネスを展開。壮大な構想を実現へ!

そしてもちろん、『XZ』のサービス内容も刻々と進化を遂げる。ファッションという巨大なマーケットに対して、いくらでもビジネスの切り口はある。

まずはECやリアル店舗との連携だ。巨大なオンライン・クローゼットに、手持ち服だけでなく新品の服も加わり、自在にコーディネートできる。気に入れば購買行動やリアル店舗の集客や接客に結び付く。
「ユーザーからすると、アイテムを撮影して登録するのが面倒です。ショップと連携し、eコマースで買えばそのまま写真が『XZ』に反映されたり、リアル店舗でレジのPOSデータと結んで買ってすぐに『XZ』に画像が加わるようにしたい」(荻田氏)
このような仕掛けも実現が目の前まで来ている。

また、みんなの手持ち服は、巨大なユーズドマーケットでもある。使用頻度がほとんど無い服も出てきた際に、スムーズに売却できるようにしていく。これは一見、フリマアプリに近いものを連想するが、既存のサービスとは決定的に違う優位性がある、と荻田氏は言う。

「前提として『XZ』では使用頻度が低いアイテムを、コーディネートして使用したくなるような提案をしています。ただ、いまの自分のコーディネートを考えて、不要だと感じるものも明確になると考えています。そこをスムーズに買取できる仕組みを構築していきます。お金とリアルなクローゼットのスペースができれば、それでまた新しい服を買おうという動きも生まれるでしょう」(荻田氏)トレジャーファクトリー社との資本業務提携により、具現化に協業に動き出す。

本来、私的なものであるクローゼットを見える化・デジタル化したことで、潜在的な取引可能性が顕在化し、様々なやりとりが発生する。『XZ』が使われれば使われるほど、「みんなの手持ち服のデータ」という世界中のどこにもないデータが蓄積される。

2020年はそのビッグデータを活用したBtoB(toC)のビジネスの展開を進めていく。入口こそはアイテムを登録するスマートフォンアプリだが、実に重層的な展開が可能なサービスなのだ。イオングループや三井不動産(ららぽーと)などとの業務提携により、その巨大な構想を今、少しずつ実現しているところだ。持ち歩くデジタルクローゼットが架け橋となり、オンライン(EC)とオフライン(店舗)の垣根を超えた融合(OMO)体験を提供し、ファッションにおけるサステナブルなエコシステムを実現する。

創業者の荻田氏は、博報堂、ネットベンチャー取締役COOを経て、「自分がオーナーシップを発揮してBtoCのサービスを立ち上げたい」という想いからSTANDING OVATIONを立ち上げた。ファッションの領域を選んだのは、衣食住の「衣」という人々の生活に根差したものであり、世の中に浸透し、末永く親しまれるサービスを創れると思ったから。

マーケットの大きさと、「衣」が世界中の人々の関心事であり、未解決課題であることにも注目した。国境のないインターネットだから、「やるからには世界で展開するサービスを」と荻田氏は考えた。『XZ』はもちろん世界の市場を視野に入れている。

340940AIとファッションの両方の視点からサービスを創るチームです。
340933代表の荻田は広告業界→ネットベンチャーCOO→起業と経験を積んできた。
340939

自社ファッションアプリの企画・開発に、社員数1ケタのフェーズで参画できる貴重なチャンスです!

合言葉は「テクノロジーで、新しい感性を。」社名のSTANDING OVATION(スタンディングオベーション)には、「思わず立ち上がって拍手を送りたくなるようなサービスを創る」という思いを込めた。まさに今、多くの人の心をつかむサービスがスケールしようとしている。

このサービスを創っている荻田氏は元々ファッションが好きだが、サービスエンジニアの一人は「以前は、服なんて『温かければいいじゃん』くらいに思っていた」と笑って振り返るレベルだった。
「でも、着る服一つで自分に自信が持て、理屈がなさそうでいて、でも10人中8人がカッコイイと思うコーディネートがある」と、今やすっかりファッションの奥深さに魅了されている。

彼らを駆り立てるのは、そんな身近で重層的なファッションという領域のおもしろさと、何より世の中にないサービスを創るという情熱だ。「事業なので、もちろん稼がなくてはいけませんが、儲かるからやるのではなく、ありそうでなかったものを発明し、僕らもユーザーも思わず拍手し合いたくなるサービスを実現したいのです」。荻田氏は言う。

BtoB(toC)サービスがスタートし、AIの精度を高めていこうという今、企画や開発などの分け隔てもなく、みんながユーザーの声に耳を傾け、課題に真摯に向き合い、企画を立て、形にしている。「一人が何でもやらなくてはいけないステージなので、裁量の幅は間違いなく広いし、何より実際に使って便利だと感動してもらえるサービスをつくる醍醐味を味わえます」と、荻田氏はこのタイミングでSTANDING OVATIONに参画する意義を口にする。

このサービスの持つ大きな可能性に、投資家の期待も大きい。
2020年3月に、2億円規模の資金調達を実施。
大手企業との資本提携・事業提携も続々と進み、会社としては第二創業フェーズに突入。

あとはエンジンとなる人材を得て一気にスケールするのみだ。この構想を次々と形にしていく仲間を求めている。

340942少数精鋭のエンジニアチームがサービス構築と改善に取り組んでいます。
340941「思わず拍手を送りたくなるサービスを実現したい」と考えています!
181485

株式会社 STANDING OVATIONに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 STANDING OVATIONに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 STANDING OVATION
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億円
設立年月 2014年01月
代表者氏名 代表取締役 荻田 芳宏
事業内容 インターネットサービスの企画・開発・運営
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 5人
本社所在地 東京都渋谷区神南1-9-10
番匠ビル 4F
340932

株式会社 STANDING OVATION資本金1億円設立年月日2014年01月従業員数5人

120万DL突破のAI×ファッションアプリ!オンライン・クローゼット『XZ(クローゼット)』を展開する累計5億円調達の有望スタートアップ企業

この企業が募集している求人

Dxsmall
×