転職サイトGreen(グリーン)
転職サイトGreen(グリーン)
インタビュー画像マネージャー 森野 滋郎 2014年7月入社 マネージャー 小山 純弥 2014年7月入社

クライアントのことだけを考えて仕事ができる

小山)マネージャーになった今あらためて思ったのは、入社当時から、楽しくやれる無理のない分量で仕事をさせてもらっていたなということです。新卒で入ったばかりで、インターンシップ先でのリスティング広告の運用経験はありましたが、最初からかなり自由にさせてもらっていたなあと感じます。 森野)僕はアナグラムが4社目です。前職も同じ広告代理店だったのですが、全然違いましたね。どれだけ効率化して終わらせても、次から次へと仕事が振ってくるというか。ありがたいことなんですが、とにかく時間が足りなくて「もう一歩踏み込めればもっと伸ばせるのになあ」とか「試したい施策があるのになあ」とか、そんなことばかり考えていたように思います。まさに今、アナグラムでやれていることなんですが(笑) 小山)今がとても恵まれている環境だというのは感じていますが、同じ代理店出身だからこそ、森野さんは身を持って分かるわけですね。 森野)転職の一番の理由は、1社1社の成長に時間と頭を使って、さらにクオリティの高い仕事がやりたいなと思ったことでした。前職の会社ではひたすら広告運用を行いつつ、阿部のブログとか書籍を読んで勉強していたんですが、考え方に共感できることが多くて。しっかりした会社だな、この人はあんまりヘンなことや邪悪なことは言わなさそうだなとか、そういうイメージを持っていました。結果、入社してみて、決断は間違っていなかったと確信しましたね。 小山)リスティング広告をやっていれば、アナグラムは必ず出てくる名前ですしね。 森野)やっぱり、クライアントさんを伸ばすために何をすればいいのか、どうすればお互いハッピーになれるかをきちんと考えられるし、短期的な回答や売上を求めない。そこらへんが一貫しているところは非常に希有な会社だと思います。

優秀な人がチームリーダーとなり、権限と熱量を持って活躍中

小山)僕が感じている「アナグラムらしさ」は、クルーがプライドを持って仕事をしているところですね。うちは運用だったら間違いない、絶対にすべらない、うちがやるんだから絶対に伸ばす、そういったプライドを持ってやっているじゃないですか。 森野)そこはまさにそうですね。あと、これは小山君の方がそう感じているかもしれませんが、やりたいこと、例えば導入したい有料ツールがあった時に、凄いスピード感でOKが出るじゃないですか。動きが早いので、稟議や社内調整に時間をとられず、よりメインの仕事に時間を使いやすいんですよね。 小山)僕もそれは思いますね。採用の面でも裁量を与えてもらえていて、例えばメンターになるのが分かっている場合、面接に同席させてくれて、しかも可否を含めた判断を委ねてくれる場合もあるじゃないですか。そうなると、しっかり育てよう、一緒にやっていこう、そんな熱量を持って仕事に取り組めるので、嬉しいなあと思いますね。 森野)対チームリーダーというところでいうと、うちは優秀な人がちゃんとチームリーダーに上がっていますよね。だから逆に、その優秀な彼らに何をどう伝えたらいいか、正直な話、ちょっと困ったりするんですよね(笑)。心掛けているのは、細かな手段やプロセスに口を出さず、「謙虚さをもって、メンバーを尊敬し、信頼すること」を大切に接するようにしています。 小山)そういう信頼関係の作り方は、社内に根付いているように感じます。

自ら学び、高いレベルを目指そうとする人にはチャンスがたくさんある

森野)現状の体制で、マネージャーとしての役割みたいなところの話をするとしたら、僕は自分の経験を伝えていくことがまさにそれなのかなと思っていますね。クルーからチームリーダーになったメンバーを今まさに見てるじゃないですか。僕もそうだったけど、そこが一番迷うタイミングなんですよ。そんな時にどうしたらいいのか、悩みを聞いてあげたりすることを通じて、若手チームリーダーをレギュラーまで引き上げていってあげられればと思っています。 小山)そこは僕も見習いたいところですね。 森野)そのために、というわけではないですが、自分がつまづいたり、立ち止まる必要があった時にこれを見たらOK的なメモを、社内wikiにストックしておくようにしています。とにかく、組織の中のスピードを上げて、皆のストレスをなくすために動けたらいいなあと。それはいつも考えています。 小山)そうしたいろいろな仕事について、任されている感はとても強いじゃないですか。そこはアナグラムのいいところですよね。 森野)それはめちゃくちゃありますね!よほど不安なことは阿部さんに確認しますが、お客さまや会社にとっていいことだと自信を持って言えることは、基本、自己判断でOKというのは大きいですね。裁量が大きい分責任は感じますが、素早く判断を反復できる環境のおかげで、判断力と思考力は、この4年で大きく向上したと感じています。 小山)今後、メンバーが50人、60人と増えていくと思いますが、その時にいい意味でも悪い意味でももっといろんな人が入ってくるわけじゃないですか。その時に今のアナグラムの良さをどこまで維持できるか、それは経営側が考えるだけじゃなく、僕たちマネージャーとしてもできることはあるかもしれません。仕組みづくりとか、チームリーダー層を担える人材をいかに育てるかとか。そして、そんなポジションを任せてもらえていることに大きなやりがいを感じています。 森野)最後に。一緒に働きたいのは、「自ら勉強していける人」ですね。マーケティング、広告、検索が好きで、勝手に走って行けちゃう人。ガソリン満タンの車は、ハンドルを回せば正しい方向へ走っていけますが、ガソリンがカラの車を走らせるには、こちらがぐいぐい押してあげないといけません。押してもらえるるのをただ待っている、みたいな人はうちの会社では厳しいと思います。運用型広告の世界はアップデートサイクルが早く、昨日の正解が今日から形骸化したりもザラ。本質を理解し、流れについていくために情報を常に取り入れ続けて、素早く定着・実践していく力は想像以上に大事です。そういった意味で、自分で情報を取っていける・自給自足のできる人はアナグラムでの仕事を楽しめると思いますし、チャンスも多いと思いますね。 小山)広告業界を見渡すと、売上げ目標を高くおいて分業で進めるところが多いですよね。うちみたいに一気通貫で見れて、かつお客さまにしっかり向き合える環境が整っている会社は、この規模ではないと思います。思いっきりクライアントの方を向いて広告をやりたい人は、ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしています!

この企業と同じ業界の企業

画像なし
TFHD digital 株式会社
東急不動産ホールディングスのデジタルカンパニー
アナグラム株式会社メインアイコン
アナグラム株式会社
採用担当 坂田
弊社では不定期でオンラインの会社説明会を実施しています! 画面オフでの参加も歓迎、説明会だけ/選考だけのご案内もできますので、まずは気軽にご連絡ください🙌
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.