お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エサキホームの企業情報

株式会社 エサキホーム

分譲住宅事業で一宮市から東海全域へ事業拠点を拡大中

土地の仕入れから設計、施工管理、販売まで、自社で一貫して行う不動産会社

株式会社エサキホームは、1973年、一宮市で設立。地域密着型の事業展開で持続的な成長を遂げて来た住宅販売の会社である。現在は、一宮本社をはじめ、名古屋2店舗、岡崎・岐阜・四日市の6店舗を構え、愛知、岐阜、三重の東海3県下で安定した経営を続けている。
2007年度の実績は、住宅施工棟数が394棟、売上高は約123億円。2006年度の売上高は約97億円なので、前年比120%以上の伸び率である。従業員数も、2007年12月の131名から、2008年7月時点では150名にまで増員している。

同社の収益は主として、分譲建売住宅の販売で占められている。土地を一括して購入し、複数戸の住宅を一度に施工することで作業を効率化し、低コスト、ハイクォリティの住宅を提供するのが特徴だ。
一度に施工する住宅の戸数は、5戸から最大で全171棟(実績)。ある一定の面積(三大都市圏の一定地域で500平米、そのほかの市街化区域で1000平米)以上の施工は、開発行為となり、その場合は行政指導のもと、道路や公園の土木工事なども行うことになる。

同社が提供する住宅は、40坪から42坪の5LDKが基本である。分譲で5LDKの住宅を販売する業者は、東海地方全体でも珍しい。その5LDKの住宅を、同社は一般的な32坪から35坪の住宅と同じ価格帯(2000万円台から4000万円台半ばまで)で販売しており、それが競合他社との差別化要因となっている。さらに、住宅設備や建材の品質にも定評がある。

低コスト・高品質な住宅作りを実現しているのは、土地の購入、プラン作成、土地調査、開発、設計、施工、販売までを自社で一貫して行う体制だ。この一貫体制のもと、工程を絶えず見直しコストや時間のロスを省いた効率の良いシステムを構築してきた。設備や素材の大量仕入れもコストを押し下げている。また、このシステムは、設計士や現場の職人に共通するノウハウを蓄積することにも繋がる。それによって作業負担が軽減され、手際も良くなることで、さらなる低コスト・高品質が実現できるのだ。

11337低価格・高品質な42平米の
5LDK住宅で差別化を図る。

堅実な経営で事業拠点を拡大中

同社が分譲住宅事業を開始したのは、設立から4年後の1977年のこと。以来、浮き沈みの激しい景気の波に左右されずに自社の経営方針を貫いて来たことが、地元顧客の信頼を生み、その後の事業拡張の足がかりを築いた。
「無理な商いに手を染めず、当たり前のことを当たり前に」という経営方針は、バブル期も現在も一貫して変わっていない。常に、裾野の広い一般的なサラリーマン世帯をメインターゲットとして、低価格・高品質の住宅を提供すべく、効率的な家づくりを追求し続けて来たのだ。

前述したシステムはこのような背景から生まれたものだが、近年の住宅市場は、同社にとっては追い風となっている。
“住宅は「建てる」から「買う」時代”になったと説明するのは、取締役・名古屋北支店長・佐藤孝志氏である。

「現在の生活者は多趣味で、家を建てるだけで満足と言う時代ではなくなりました。良いクルマにも乗りたいし、美味しいものも食べたいし、充実した余暇を過ごしたいという欲求が強いのです。そのような理由から、住宅に割くコストは年々減少傾向にあります。そこで、人材や資材などを集中投下して作るために低価格で提供できる分譲住宅のニーズが高まっているのです。さらに、実物を見て納得した上で購入できることや、資金計画の立てやすさといった“明解さ”が分譲住宅のメリット。注文住宅を建てる際に発生する業者との折衝や、完成したらイメージと違っていたといったトラブルもありません。」(佐藤氏)

同社は独自の戦略で成長を続け、2005年の名古屋北支店オープンを皮切りに、2008年までに5つの支店を構えるに至っている。

11335取締役本社営業部部長 佐藤 孝志 氏

土地の仕入れノウハウが武器

さらに、同社の持続的な成長を支えている要因がもう1つ。それは、土地の仕入れノウハウだ。

「我々の仕事は、仕入れようとする土地にどんな街が出来るのか、そしてそこに建った住宅がいくらで売れるのか、をイメージすることから始まります。南向きで、間口の広い物件が1戸でも多く建てられる土地、当社が建てる5LDKの住宅が魅力的に見える土地を仕入れることが最も重要です。それが出来れば、駅近でなくても物件は売れるし、事業全体も、確実に右肩上がりで成長することが可能だと考えています。」(佐藤氏)

既にコミュニティが出来上がった地域に引っ越すことは敬遠されがちであり、広大な土地を仕入れて街をまるごと開発すれば、地元住民だけでなく近隣市町村の住民をもターゲットに据えることが可能となる。その際、土地の目利きが、開発の成否を左右するのだ。同社では、このノウハウをマニュアル化することで、均質な住宅を提供し続けているのである。

こうしたシステム化、マニュアル化によって、スペシャリストがいなくても着実に成長できる基盤を作ってきたことも同社の強みだ。

この強みを背景に“5LDKの分譲住宅”という独自路線を貫き業績を伸ばしてきた同社は、今後さらに、毎年10%以上の伸び率で、着実に事業を拡張していくことを目標に掲げている。そのためにはまず愛知県内の地盤固めが優先課題だ。

その目標へ向けた事業展開を支える要員として、同社は、各職種において経験者を中心とする人材を採用していく方針だ。

11343社員同士のプライベートな付き合いも
活発な社風。
11419一宮で創業し、地元密着型の
堅実経営で成長を遂げた。

株式会社 エサキホームに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エサキホームに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エサキホーム
業界 不動産・建設系 >  不動産賃貸・仲介・管理
資本金 17,240万円
売上(3年分)
2010年 03月 期 2009年 03月 期 2008年 03月 期
130億600万円 132億6000万円 123億4123万円
設立年月 1973年04月
代表者氏名 代表取締役 江嵜光彦
事業内容 分譲住宅、分譲マンション、注文住宅建築設計施工、土地売買仲介
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 TOTO中部販売株式会社
パナソニック電工リビング東海株式会社
トステム株式会社
材摠木材株式会社
株式会社山西
従業員数 168人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 愛知県 一宮市東出町7番地1

株式会社 エサキホーム資本金17,240万円設立年月日1973年04月従業員数168人

分譲住宅事業で一宮市から東海全域へ事業拠点を拡大中

After covid19 bottom
×