お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 メタバーズの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

472408

株式会社 メタバーズ

日本初のメタバース専門企業。一人でも多くの人をメタバースで幸せに!

バーチャル展示会・メタバース「CYZY SPACE」とAIチャットボット作成サービス「Botbird」

株式会社メタバーズ(METABIRDS)は、2006年に設立された日本初の仮想社会・メタバース専門企業。「メタバース®」は、国内における同社の登録商標である。

同社は、仮想社会としての「Metaverse(メタバース)」と、その中で生きる存在を支援する「Virtual Beings(バーチャルビーイングス)」支援の両面で事業を展開している。

●メタバース事業

企業や自治体、教育機関などに向けたバーチャル展示会・イベント・VRショールームのメタバース・サービス「CYZY SPACE」を提供。特別なソフトウェアやアプリケーションをインストールする必要がなく、Webブラウザやスマートフォンでビデオ通話やアバター接客機能付きのVR空間を誰でも簡単に利用できる。料金は月額1万円からと格安だ。

「2020年末、コロナ禍で非常に多くの人がリアルイベントを開催できず困り果てている状況を見て開発・リリースしました。先進的なユーザーだけでなく、あらゆる人にメタバースが利用できるよう、簡単かつ安価にご利用いただけるサービスとして、ほかにはないものと自負しています」と代表取締役CEO兼社長の島谷直芳氏は胸を張る。

また、ユーザーニーズに応じて、より高機能のメタバースをカスタムメイドで提供するサービスも手掛けている。これまでの主な利用実績としては、電機メーカーの社内技術発表会および社内交流、自動車メーカーのイベント、自治体保育園連盟の展示イベントなどがある。

●バーチャルビーイングス事業

個人向けおよびビジネス向けのAIチャットボット作成サービス「Botbird」「Botbird for Business」を提供。

「Botbird」は、TwitterやLINE、Messengerなど様々なプラットフォームに対応した「自動会話チャットボット」が簡単に作成できる「Botbird for Business」は「Botbird」と同じエンジンを用いて、受付システムや問い合わせ対応などのチャットボットとして提供。

例えば、AIスマートスピーカーと連携し文字入力の必要がなくサービスにアクセスできる公共施設などのユニバーサルデザイン施策や、世界観やキャラクター性を重視したAIチャットボットによる消費者とのエンゲージメント向上施策といった導入事例がある。

471826バーチャル展示会・イベント・VRショールームのメタバース・サービス「CYZY SPACE」は、Web上からVR空間を手軽に利用できるサービスだ。
471823「Botbird」「Botbird for Business」はAIチャットボット作成サービス。様々なプラットフォームに対応したチャットボットを簡単に作成できる。
472415

メタバースによって人々が幸せになれる

島谷氏は、大学時代の1997年に『CYBERSPACE』という本で仮想空間に魅せられた(インタビュータブ参照)。卒業後は、その世界に近づくべく大手電機メーカーのシステム会社に入社しエンジニアとして技術を身につける。そして、2003年に米リンデンラボ社がメタバース「Second Life」をリリース、島谷氏は2005年に日本人のアーリーアダプターとしてさっそく利用。「いよいよ来たか!」と自らも事業化を決意し、2006年6月に株式会社メタバーズを設立した。

「当時、バーチャル世界の専業企業はアメリカに1~2社あった程度で、もちろん日本にはありませんでした」(島谷氏)

2012年には、メタバース社会の構成要素である「人/アバター/ボット」に着目し、「Botbird」を開発してバーチャルビーイングス事業をスタートさせた。更に2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが広がると、リアルイベントがことごとく開催中止に追い込まれる。こうした状況を見て「CYZY SPACE」をリリースする。こうしてバーチャル空間へのニーズが一気に開花し、2021年から第2次メタバースブームが訪れているところだ。

「『Second Life』登場後に第1次メタバースブームが起き、多くの企業プレーヤーが参入してきましたが、そのほとんどすべては撤退しました。専業で現在まで生き残っているのは当社ぐらいで、そのおかげで第2次ブームの波に参加することができました。しかし、いつまたこのブームとともに続々参入しているプレーヤーが撤退されるかわかりませんし、当社も例外ではありません。そこで、社内では『浮足立つことなく、目の前の困っている人を助けることに徹しよう』と話しています。困っている人を助け続ける限り、当社の存在も続くと考えているからです」

メタバースの社会的意義について、「リアルの世界では自らの存在・人生が少し閉じられてしまっていると感じる人に、もうひとつの世界や生き方を提供できること」と島谷氏は話す。

例えば、若くして結婚した方が家族の事情で僻地で暮らすようになり、お店の経営という昔からの夢を果たせなくなった。重い病気で寝たきりになった。貧困で行動が制限されている、といった人でも、メタバースの中でお店を開いて商売をしたり、ベッドに寝ていてもお金がなくてもメタバースの中で自由に行動することができるのだ。もちろん、普通の人にとっても「もう一つの世界でやり直したい」「別の自分として活動したい」といった希望に応えられる価値がある。

「メタバースによって生きる光が生まれ、生産活動が行われ、人々が幸せになれる。そんな世界をつくり続けていきたいとの想いが根底にあります」

4718272006年に設立された株式会社メタバーズ。設立してから一貫してメタバースに関わるビジネスに挑戦し続けてきた。
472425代表取締役CEO兼社長 島谷 直芳氏
472412

大切にしている価値観は「目の前の困っている人を助ける」こと

同社は、「私たちは、自らの知識と技術を駆使して、人々が価値を生み出す活動を応援します」という経営理念のもと、「私たちは、インターネット空間上の社会構築およびその支援を通じて経営ビジョンの実現を目指します」との経営方針を掲げる。全員が大切にしている価値観は、「目の前の困っている人を助ける」ことだ。

2022年5月現在、同社の社員は7名で、エンジニア3名、3Dデザイナー2名、営業および事務が1名ずつという構成。“ものづくり集団”として、サービス開発・運営はほぼすべてを内部で行っている。
「タスクへのアサインやプロセスのマネジメントは、BacklogやSlackを活用し、メンバーの状況や力量を見て適宜行っています」

7名の社員のうち、子供がいるメンバーは5名。うち3名は女性社員だ。このためワークスタイルは非常に柔軟だ。コロナ禍ではフルリモートワーク体制で、今後は出社とのハイブリッドも選べるようにする。勤務時間はプライベートの事情に合わせることが可能だ。
「社員だけでなく、代表の私も子供の都合で早く業務を終えることがあります」

社内コミュニケーションは、毎朝15分程度のオンライン朝礼で行っているほか、メンバー同士はSlackのチャンネルなどで常にコミュニケーションしている形。人材育成としては、社員が希望するセミナー受講や資格の取得などを会社が支援している。

そんな同社が求める人材像について、島谷氏は次のように期待を寄せる。
「ものづくりが好きで、自ら必要なことを調べる積極性と、オープンマインドがある方。ぜひ一緒にメタバースの世界をつくっていきましょう!」

ブームだからではなく、社会的意義や価値があるから"メタバース"を手掛けてみたい。メタバースを社会貢献の場として活用したい。そんな考えを持っている人には、またとない機会を提供してくれる会社だろう。

472430子育て中の社員が多く、働く時間や場所などは状況に合わせて柔軟に対応できるようにしている。
472435PCや周辺機器など必要なものは社員の要望に合わせて準備するなど、会社として働きやすい環境づくりに努めているという。
472418

株式会社 メタバーズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 メタバーズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 メタバーズ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  AR/VR/MR
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 10,325千円
設立年月 2006年06月
代表者氏名 島谷 直芳
事業内容 1 インターネットに関連するサービスの企画、運営、開発及びそのコンサルティング
2 インターネットに関連するソフトウェアの設計、開発
3 インターネット上でのメタバース・ポータル運営事業
4 メタバースの企画、運営、開発及びそのコンサルティング並びにメタバースにおけるサービスの提供
5 前各号に附帯する一切の業務
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 島谷直芳、取引先、従業員、その他近親者等
主要取引先 ・ 井村屋グループ株式会社様
・ SCSK株式会社様
・ NTTグループ各社様
・ 関西大学様
・ 関東学院大学様
・ 公益社団法人京都市観光協会様
・ 近畿大学様
・ 株式会社ケーケーシー情報システム様
・ シスメックス株式会社様
・ 国立情報学研究所様
・ 株式会社新興出版社啓林館様
・ 株式会社図研様
・ 株式会社セシール様
・ 株式会社セプテーニ様
・ ソニーグループ各社様
・ 株式会社ディンプス様
・ 電通グループ各社様
・ トヨタ自動車株式会社様
・ 株式会社ナチュラム様
・ 日本スペースイメージング株式会社様
・ 株式会社ノエビアホールディングス様
・ ヒロセ電機株式会社様
・ 富士通グループ各社様
・ 株式会社フジテレビジョン様
・ 法政大学様
・ 株式会社ミクシィ様
・ 三菱鉛筆株式会社様

その他、これまで多くの企業様、ユーザー様に弊社サービスをご利用いただいております。
従業員数 7人
本社所在地 京都:〒604-8132 京都市中京区丸屋町159-1
東京:〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10
472408

株式会社 メタバーズ資本金10,325千円設立年月日2006年06月従業員数7人

日本初のメタバース専門企業。一人でも多くの人をメタバースで幸せに!

この企業が募集している求人

×