お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

MEGAZONE 株式会社の中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

463046

MEGAZONE 株式会社

技術力と経験値で日本市場にチャレンジ!韓国ナンバー1のクラウド事業者

アジアを中心に海外進出を加速!韓国ナンバー1のクラウド事業者

「韓国本社であるMEGAZONE CLOUDは、韓国ナンバー1のクラウド事業者で、ネクソンやサムスンなど、韓国のエンタープライズ企業をクライアントに持っています。アジアを中心にグローバル展開を進めているフェーズで、2022年年2月には韓国のユニコーン企業に認定されました。技術力を持った会社でもあり、自社開発ソリューションで他社との差別化を進めています」(千葉氏)。

クラウドサービスコスト・リソース可視化ツール『HYPER SOLUTIONS(ハイパーソリューションズ)』は、MEGAZONE CLOUDが自社開発したクラウド運用支援ツール。MEGAZONE CLOUDでクラウド導入した企業は、『ハイパーソリューションズ』を使って効率的な運用ができる。

また、マルチクラウド統合管理プラットフォーム『SpaceOne』は、複数のクラウドサービスやオンプレミスのサーバを一元管理するためのツール。大企業になれば、オフィシャルWebサイトはAWS、財務・会計はGCP(Google Cloud Platform)、人事システムはオンプレのサーバなど、複数のサーバを運用していることが多い。『SpaceOne』を使えば、全てを一元管理でき社内のIT人材をそれぞれの担当に割く必要がなくなる。

464838同社は、韓国でクラウド事業を手掛けるMEGAZONE CLOUDの日本支社。
463394千葉 将樹
The head of the sales department
MEGAZONE CLOUDは、5,000社のクライアントを抱え、2021年の売上高は900億円。
464836

大学や研究機関へのクラウド導入!MEGAZONEの日本市場へのチャレンジ

5,000社のクライアントを抱え、2021年の売上高は900億円。1,800名以上の社員を擁するMEGAZONE CLOUDは、2018年からグローバル展開を進めている。2018年にアメリカへ進出したのを皮切りに、中国・ベトナム・香港・日本がほぼ同時期に立ち上げられた。

2019年に日本法人が立ち上げられ、2020年4月にクラウドプラットフォームを手掛ける会社で活躍していた千葉氏を副社長に迎え、MEGAZONEの日本市場へのチャレンジが本格的にスタートとした。

「AWSが日本に上陸したのは2009年、韓国は2012年ですが、現在韓国ではクラウドサービスの普及が日本以上に進んでいます。競争も激化しており、その中でナンバー1の地位を築いたMEGAZONE CLOUDのノウハウは日本市場でも生かせます。豊富な実績と自社開発のソリューションを武器に、日本のクラウドサービス市場で存在感を示せるように戦略を考えています」(千葉氏)。

韓国で豊富な実績を持つとはいえ、クラウドサービスとして「MEGAZONE」は日本では後発ブランド。先行するクラウドサービス事業者にキャッチアップするために、日本法人のMEGAZONEが着目したのは公共セクター。公官庁や大学や研究機関などへのクラウド導入支援を進めている。

「私がクラウドプラットフォームを手掛ける会社に入社した2013年は、その会社内で公共セクションが立ち上がった年に当たります。7年間、アカデミアのクライアントを担当してきた実績があり、ノウハウもネットワークも築いています。その経験を生かして、MEGAZONEでも国立大学や国立研究開発機関へのクラウドサービスの導入をしてきました」(千葉氏)。

公共セクターは、セキュリティの問題があって、新しいITテクノロジーには慎重。しかし、クラウドやセキュリティのテクノロジー進化もあって、近年は公官庁や文教セクションでもクラウドへのニーズが高まっているという。

例えば、京都大学の大学院医学研究附属ゲノム医学センターのハイブリッドクラウドシステムの実装における、クラウドアーキテクチャおよびセキュリティ実装をMEGAZONEが手掛けた。ペタバイトスケールを超えて急速に増え続けるヒトゲノムデータのためのシステム構築。ゲノム医学センター内の数千人規模の全ゲノム情報を、既設のオンプレミスサーバやスーパーコンピュータにAWSを加えたハイブリッドクラウドシステムを運用できる体制が整い、共同研究のための場として実装もでき、オンプレミス・スーパーコンピュータの解析パイプラインを、AWS上においてもほぼシームレスに実行できる設計が実現できた。

「スーパーコンピュータは演算能力の優れたハードウェアのイメージがあるかもしれませんが、実際はサーバを大量に所有しているデータセンターのようなものです。演算能力が高いというのは、サーバを大量に所有しているのとイコールです。クラウドは理論上、ほぼ無限にサーバを拡張できます。スーパーコンピュータに匹敵する能力を提供することも可能です。また、大量のリソースが必要な時に必要なだけのリソースを使う研究に変われば、学術研究の世界でのクラウドサービスの利用は増えます」(千葉氏)。

4631721,800名を超える社員を擁する、韓国ナンバー1のクラウド事業者。
463102自社開発したクラウド運用支援ツールやマルチクラウド統合管理プラットフォーム等、クライアントがクラウドサービスを快適に利用できるソリューションも提供している。
464814

フルリモートで生産性を高める。自由で風通しの良い外資系企業のような雰囲気と働き方

2019年に立ち上げられたMEGAZONE。2020年4月の千葉氏のジョイン後に本格的に稼働を始めた。2022年3月時点で、メンバー11名に増え、年内の15名体制を目指して、採用を強化している。

MEGAZONEを率いる千葉氏は、新卒でアメリカのハードウェア会社に入社し、コンサルティングファームを経て、7年間 クラウドプラットフォームを手掛ける会社で働いていた人物。その会社で働いていた時に、MEGAZONEのファウンダーと知り合い、日本法人の責任者としてスカウトされた。MEGAZONEの社長は韓国にいるグループの創業者が務めており、日本法人の実質的実地的なナンバー1だ。

「クラウドプラットフォームを手掛ける会社ではAWS事業について『Still Day One』と言っており、まだ「始まり」の気持ちを持ってAWS事業に取り組んでいます。MEGAZONEもAWSと一緒に仕事をしていることもあって、同じようなマインドを持っています。みんながオーナーシップを持って仕事を進め、それを歓迎する風通しの良さがあります。日本法人でも、決められた業務をこなすのではなく、ビジネスをグロースさせるため、クライアントへの価値提供のため、積極的なディスカッションをする文化が根付いてきました」(千葉氏)。

同社で働くメンバーには、ポジションが上だから偉いという意識はない。メンバー全員がクライアントへ最高の価値を提供するためにベストを尽くす。これは日本も韓国も共通の企業カルチャーだという。

「個人が与えられた課題や目標に対して真摯に取り組んでいます。裁量が与えられる反面、責任も大きい。ただ、失敗を責めることはありません。大切なのはいかにリカバリーし、次につなげるかです。メンバーに心地良く働いてもらうのは会社の務め、みんなが気持ち良く働けば、生産性は上がります」(千葉氏)。

メンバーに生産性高く働いてもらうために、MEGAZONEではフルリモート体制を取っている。明治神宮にあるWeWork Icebergにオフィスを構えているが、出社は基本的に自由だという。

「オフィスエリアの限界を自分達のビジネスの限界にしたくないから、コワーキングスペースを選びました。コワーキングスペースはビジネス規模に合わせてオフィスを大きくも小さくもできます。また、会社で契約すれば、メンバーはコワーキングスペースの各拠点を利用できます。原宿の本社に出社してもOKだし、渋谷や新宿、丸の内などのコワーキングスペースで働いてもOK。福岡でワーケーションすることも可能です。近い将来、メンバーが全国各地で働いているような組織になると思います。クラウドプラットフォームを手掛ける会社で当たり前になっている働き方を広めていきたいという思いもあります。MEGAZONEにも新しい働き方をどんどん取り入れていきます」(千葉氏)。

クラウドプラットフォームを手掛ける会社で7年間働き、キャリアの全てを外資系企業で過ごしてきた千葉氏が率いるMEGAZONEでなら、自由で風通しの良い外資系企業のような働き方ができそうだ。

*本記事は2022年3月22日に実施したインタビュー内容に基づいて作成しています

463060韓国での豊富な導入実績に加え、自社開発ツールも他社との差別化要因。
463138クラウドプラットフォームを手掛ける会社の出身者を日本の事業責任者に迎え、国立大学や国立研究開発機関へのクラウドサービスの導入を手掛けている。
463053

MEGAZONE 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、MEGAZONE 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 MEGAZONE 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 外資系
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 9900万円
設立年月 2019年04月
代表者氏名 代表取締役社長 Wonwoo Cho(Willy Cho)
事業内容 MegazoneはAWS プレミアティアサービスパートナーとして、アマゾンウェブサービスを含むクラウドサービスをご提供しています。韓国に本社があり、日本を含むアジア各国に支社を展開しています。
自社で開発したクラウドサービス上で稼働する様々なソリューションを持ち、
クラウドサービスの構築や運用に加えてそれらのサービスを顧客に展開しています。

日本支社は2019年に設立され、日本の官公庁・文教や民間企業のお客様にクラウドサービスを提供しております。クラウドサービス導入時における、システム設計、構築、運用支援が主な業務内容です。
主要株主 MEGAZONE Corporation  51%
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 49%
従業員数 12人
平均年齢 37.0歳
本社所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-18 Wework Iceberg
463046

MEGAZONE 株式会社資本金9900万円設立年月日2019年04月従業員数12人

技術力と経験値で日本市場にチャレンジ!韓国ナンバー1のクラウド事業者

この企業が募集している求人

458573
共に成長していく企業~一緒に ワクワクしながら仕事する仲間を募集
インサイドセールス・プリセールス【AWSプレミア ティア サービス パートナー】

AWSクラウド基盤を活用したサービス構築、或いは特定顧客からの提案依頼にITアーキテクトとして 全体像の検討から見積り支援、構築、サービス立上げ・運営までを一気通貫で主導します。                                                                              ・顧客の状況に応じたWebサービスを提案(クラウドサービ...

458573
共に成長していく企業~一緒にワクワクしながら仕事する仲間を募集
システム・ネットワーク エンジニア 【AWSプレミア ティア サービス パートナー】

ご経験とスキルに応じて、以下の業務に取り組んでいただきます。 ・AWSやGCP、Azureなどのクラウド基盤に関するリサーチ ・クラウド基盤の提案/設計/構築業務および導入作業 ・同社ソリューション(テストチーム、セキュリティチーム、開発チーム)と連携したプロジェクト推進 【具体的な業務】 1)顧客のシステム基盤に関する課題のヒアリング、サービス内容に関わる技術的な提案 ・リ...

×