お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ネットフォースの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

458707

株式会社 ネットフォース

中小企業のITインフラ運用監視をワンストップで親身に対応し成長中!

100%正社員のエンジニアが顧客の立場や目線に立って親身に対応

ITインフラの運用監視(Managed Service Provider:MSP)をメインに、構築からセキュリティまでのサービスをワンストップで提供している株式会社ネットフォース。

同社の主要顧客は、中小企業。インフラ運用にさほど予算をかけられない中小企業の相談に応じ、できるだけリーズナブルな価格でニーズにかなうサービスを提供しているところが特長だ。例えば、MSPにおいてはオープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」を活用してコストを抑えている。下記のようなメニューをラインナップしニーズにきめ細かく応えている。

「桃プラン」:「Zabbix」での監視と復旧支援対応付の運用をセットで提供
「栗プラン」:監視装置の導入済・導入予定のあるユーザー向けにアラートの受信と復旧支援対応付の運用をセットで提供
「柿プラン」:顧客専用の監視・チケット管理システムをクラウド上に構築し、監視と復旧支援対応付の運用をセットで提供
「鬼にかなぼうオプション」:桃・栗・柿にセキュリティ診断・対策・WAF導入などをプラス

さらに、パートナーと共同しての次世代MSPサービス「SAMS」や、顧客の状況や要望に合わせてクラウド型サービスを提供するなど、柔軟に対応できる体制となっている。

「MSP会社のエンジニアの説明が専門的過ぎてわからないといった相談をよく受けます。当社は、100%正社員のエンジニアがお客様の立場や目線に立って親身に対応しているところが特色と言えます。また、全員がワンフロアに集まって業務を行っており、大手のように運用とセキュリティといった異なる部門間や外注先との連携に時間やコミュニケーションコストがかかるといった問題には無縁で、お客様に余計なストレスをかけることなくサービスを提供していると自負しています」(代表取締役社長・穴吹俊英氏)

460198ITインフラの運用監視を主軸に、中小企業のビジネスに必要なITサービスを提供している。
458719代表取締役社長 穴吹 俊英氏
458729

ミッションは「社員が成長を続け、顧客満足に繋がる価値創造に努める」

同社は、2002年4月に株式会社リンクと株式会社エーティーワークスの折半出資によって設立された。広告制作会社であったリンク社とサーバーメーカーのエーティーワークス社は、1997年に共同でホスティングサービス「at+link 専用サーバサービス」の提供を開始。リンク社は業容をシフトし、社内に同サービスのネットワーク管理やオンサイト保守を担うチームを設ける。このチームが分社化される形でネットフォース社が設立された。

「当初はホスティングサービスの保守専門企業としてスタートしましたが、ネットワーク構築、MSP、セキュリティ監視といったように徐々にサービスの幅を広げ、中小企業のお客様にトータルかつワンストップで手頃なサービスを提供できる業容を整えてきました」と2009年に社長に就任した穴吹氏は説明する。

同社のミッションは、「社員が成長を続け、顧客満足に繋がる価値創造に努める」というもの。この実現のために「社員全員が優れたエンジニアになる」というビジョンを掲げている。

「お客様から気軽に相談を受け、お客様とともに最適なソリューションを考えていける身近なコンサルタントというイメージです。また、その中から新たなサービスの創出にも関わってほしいと考えています」(穴吹氏)

加えて、サービスの性質上、ミスは顧客のビジネスに大きな影響を与えてしまいかねない。「したがって、最低限の責任としてミス撲滅に取り組み続けている」と穴吹氏。同社はISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得しており、その基準に基づいたPDCAサイクルを回すことで業務品質を常に向上させている。

「今後、DXが中小企業に広がればITインフラ強化も広がるでしょう。また、サイバー攻撃の矛先が、政府機関や大手企業からセキュリティ対策が脆弱な系列の中小企業に向かい始めています。当社にとっては、ビジネスチャンスが大きく広がっていると言えます。ぜひ一緒に取り組んでいきましょう!」と穴吹氏は呼びかける。

458721中小企業が必要とするサービスをワンストップで提供できるようにビジネス領域を広げてきた。
460199クライアント企業のインフラ業務を預かる身として、ISMSを取得するなど業務品質の向上に努めている。
458732

カルチャーを重視した組織運営で、“気持ちのいい人材”が集まる会社

2022年3月現在、同社の社員数は20名とコンパクト。基本的には全社員が東京・有明地区にある本社オフィスに出社し、同じ空間で働く体制を取っている。

同社では、穴吹氏が様々なところで影響を受けた考え方や大切にしている想いを、Netflixの「カルチャーデック」に倣って20項目にまとめたカルチャーを全社員で共有し、「会議の場でカルチャーを引き合いに話すなど折に触れて話し、浸透を図っています」と穴吹氏。社員同士の日常会話でもこれらのキーワードが頻出する状況を目指している。

【共有しているカルチャーの一例】
・お互いを尊重する
・礼節をもって接する
 ⇒チームワークや心理的安全性を阻害するようなハラスメント行為はNG。
・垣根のないコミュニケーション
 ⇒相手が社長や上司だろうが、気兼ねなく何でも話し合う。
・判断根拠を持つ
 ⇒曖昧な状態はミスのもと。曖昧さを排除し明確な根拠を持つ。

進歩や変化の激しいITの世界にあって、技術力の習得は本人の興味関心のあるテーマでのセミナー受講や技術書の購入、資格取得の費用を会社が負担し支援。一方、人事考課でも考慮している。同社では等級制度を導入し、等級に応じて評価項目を変え、5段階評価している。その項目の中に自己啓発を含めて意識づけを行っている形だ。

また、24時間365日の運営体制において、社員の健康管理も重要なテーマ。同社では災害に備えて完全栄養食のBASE FOOD(ベースフード)を備蓄し、そのローリングストックの処分分を社員に提供している。「夜勤の際の偏食などに備えて、少しでも栄養を摂ってほしいとの思い」と穴吹氏は話す。

そんな同社には、明るくコミュニケーションが取れ、周囲に気を配れる"気持ちのいい人材"が集まっている。そのようなの人なら、楽しく働きながら会社の中心人物として活躍できるに違いないだろう。

458716組織カルチャーを重視し、コミュニケーション能力が高いメンバーが集っている同社。
458710現在DX化などの時代背景から、ビジネスチャンスが大きく広がっている同社。新たな仲間を集め、拡大を目指していく。
458731

株式会社 ネットフォースに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ネットフォースに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ネットフォース
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 1,800万円
設立年月 2002年04月
代表者氏名 代表取締役社長 穴吹 俊英
事業内容 サーバ構築・監視・運用・保守
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 20人
本社所在地 東京都江東区有明 3-7-11 有明パークビル 3F
458707

株式会社 ネットフォース資本金1,800万円設立年月日2002年04月従業員数20人

中小企業のITインフラ運用監視をワンストップで親身に対応し成長中!

この企業が募集している求人

×