転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社Virtual wall

  • IT/Web・通信・インターネット系

最先端技術を駆使した日本初の金融システムを開発・提供するフィンテックベンチャー

上場を目指す
自社サービス製品あり
カジュアル面談歓迎

企業について

株式会社Virtual Wallは、2021年6月に設立されたフィンテックベンチャーである。事業の軸は、大きく二つ。一つは、ブロックチェーン技術を活用したデジタル譲渡システム『極楽譲渡』だ。これは、デジタルトークンを使用した日本初の譲渡システムである。
「環境ファンドやエネルギーファンドといった事業型ファンド、不動産の私募等、“換金したい時にすぐ換金できない金融商品”が存在します。その流動性を高めることができないかと考えたのが、サービス開発の発端です。『極楽譲渡』であれば、そのような金融商品の投資持ち分を、ブロックチェーン技術を活用したセキュアな環境で、デジタル化された取引のルールに則り、デジタルトークンを使って、売り手と買い手の当事者間で相対取引を行うことが可能です。これによって、投資家は“満期前の商品をキャッシュ化できる手段”と“運用期間中の商品を購入できる機会”を得ることができます」(山下博美氏)。

従来のアナログ的方法では、資産を譲渡する場合、譲渡人が対象となる資産に出資している事実を確認するため、譲受人は多くの労力を費やす必要がある。一方、『極楽譲渡』であれば、デジタルトークンに各種契約書データ等の資産を有している証拠情報を参照するために必要な鍵を内包することで、譲受人は譲渡人が資産を有している事実を労せずして確認することができる。また、従来の方法では資産譲渡時に煩雑な手続きや人的コストも必要だ。しかし、『極楽譲渡』を活用すれば、現行の日本法の枠組みの下で定義化されたプログラム(スマートコントラクト)によって、譲渡に対する各契約に付随する一連の合意・承諾手続きが可能になるため、ペーパーレス化や人的工数の削減、データ品質の向上も実現できる。

「従来のアナログの売買では、そもそも買い手を見つけることが困難でした。その点についても、『極楽譲渡』ならインターネットを通じて適正な手続きに従って取引を行える環境を構築できるため、売り手と買い手のマッチングをサポートするプラットフォームを活用することで、広く買い手を探すことが可能になります。いわば、これまでにない新しい流動化の概念が誕生するわけです」(山下氏)。
『極楽譲渡』は金融機関にて実証実験が開始されており、2024年のリリースを予定している。

Virtual Wallが進めるもう一つの事業が、金融リテラシー向上のための3Dバーチャル空間『Virtual Wall City(VWC)』だ。
「ユーザー(投資家)と金融商品取引業者を繋ぐことを目的としたサービスで、米国ウォール街をコンセプトに金融取引業者が出店するプライマリー・セカンダリーエリア、ユーザーのマネーリテラシー向上を目的としたセミナーやイベント等のコンテンツを提供するエデュケーションエリアで構成されています。ユーザーは、『VWC』を通じて各業者が運営する金融サイトに直接アクセスすることができ、現実社会における様々な金融サービスを体験することが可能です」(山下氏)。
『VWC』は現在開発中であり、2022年夏から段階的にオープンしていく予定だ。

『極楽譲渡』と『VWC』両サービスにおいて主要ターゲットの一つであるクラウドファンディングは成長市場であり、日本における市場規模は2,000億円を超えるといわれる。既にいくつもの問い合わせが届いているという不動産分野に至っては20兆円規模に達する。
「将来的には、『VWC』を利用したユーザーの属性データや行動データ等を、匿名性を担保した上でマーケティング等に活用していく計画もあります」(山下氏)。

しかし、このような成長戦略を実現していくには、人材が不足している。また、現時点ではパートナー企業に委託している『極楽譲渡』と『VWC』のうち、『VWC』の開発を内製化していくため、社内開発チームの整備も進めていかなければならない。そのため、新たな仲間を求めているのだ。
「ブロックチェーン等、最先端の技術を取り入れながらサービスを開発していくため、常に先端技術にアンテナを張り、興味を持ってその習得にチャレンジする意欲のある人、習得した知識や技術をベースにアイデアを発信してくれる人を必要としています。また、金融商品を扱う事業であるため、コンプライアンス意識の高い人がいいですね」(山下氏)。
現状、社内にセールスエンジニアがいないため、技術とセールスを橋渡ししてくれる「教え上手な人」も必要だとも話してくれた。

Virtual Wallは、フラットで柔軟な組織で活動している。意思決定を行う場合も、大企業のように何段階もの稟議を経る必要等がなく、メンバー皆でアイデアを揉んで齋藤氏が最終的に判断するスタイルだという。
「メンバー全員が中途入社組で、それぞれ前職までに様々な経験を積み、知見を身に付けています。各々が問題提起から解決のための方針を模索し、解決に向けて動ける人材でもあります。そんなメンバー達が集まっているから、今のスタイルでも、互いに切磋琢磨しながら前へ進めているのだと思います」(山下氏)。
このような社風に馴染み、活躍するには、能動的に仕事を見つけ、自分から動いていける人である必要があるだろう。

「新たなメンバーには大いに期待してもいるんです。エンジニアであれば、内製化を進めている『VWC』を任せることになります。プロジェクトの中心となって企画から人員配置までアイデアを出して引っ張っていってもらいたいと思っています。当面は、『VWC』に専念していただくことになりますが、希望するのであれば『極楽譲渡』の開発にも携わりブロックチェーン技術に触れることも可能です。また、デザイナーには社外パートナーとのコミュニケーションを円滑に行い、『VWC』を洗練されたデザインのプラットフォームに仕上げていただきたいですね」(山下氏)。

ブロックチェーン技術を活用した金融システムの開発に挑戦した企業は数多いが、世界的に見ても厳格な日本の金融商品取引法の壁を越えられず、そのほとんどが断念している。しかし、Virtual Wallの『極楽譲渡』は開発の最終段階にまで進んでいるという。日本初のデジタル譲渡システムの完成は遠い話ではない。
「当社は、金融システム業界のフロントランナーとして成長し、いずれは上場も果たしたいと考えています。その一員となって、最先端技術を駆使した新たなサービスの創造に挑戦してみませんか。意欲ある方をお待ちしています」(山下氏)。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(5件)


アシスタント・事務職・オフィスワークの求人(2件)


クリエイティブ職(Web)の求人(2件)


経営・CxO職の求人(1件)


営業職の求人(1件)

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社Virtual wall

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり
資本金

1億5,000万円(資本準備金含む)

設立年月

2021年06月

代表者氏名

代表取締役 齋藤 一篤

事業内容

未来に「できない」「分からない」は、なくていい。
Virtual Wallは、私たちと金融を隔てるさまざまな "壁" に挑みます。

旧来の金融にテクノロジーを実装し、
誰もが等しくアクセス可能な、ユニバーサルな金融の実現へ。
Make the Norm For the Future.
未来に、新しい当たり前を。

① 金融プラットフォーム『ゴクラク』の開発・運営

日本全国130社以上の不動産クラウドファンディング、ソーシャルレンディング、事業型ファンドを網羅し多彩な機能で比較・検索ができる国内最大級のファンドマーケットプレイス『ゴクラク』の開発・運営をしております。また、同サービス内に、不動産クラファン・ソシャレンの総合情報メディア『ゴクラクJOURNAL(ジャーナル)』を併設。投資に役立つ情報発信を行っています。

② ブロックチェーン技術を用いた金融資産譲渡システム『極楽譲渡』の開発

『極楽譲渡』は、ブロックチェーンを活用した最先端のテクノロジーにより金融商品の投資持ち分などを売買できる革新的な金融資産のデジタル譲渡システム。デジタル化された取引のルールに則り、デジタルトークンを使って売り手と買い手の当事者間で相対取引が行えます。このシステムにより、これまで煩雑な手続きや契約が必要だった取引を、誰でも簡単に、しかも非常にセキュアな環境で行えるようになりました。

『極楽譲渡』では現行の日本法の枠組みのもと、定義化されたプログラム(スマートコントラクト)により、譲渡の各契約に付随する一連の合意・承諾手続きが行えます。これにより、ペーパーレス化、人的工数の削減、データ品質の向上など、金融資産の譲渡に関する手続きの高速化から各種契約・資産に関する情報管理の最適化が可能となります。

③ タレントマッチングシステムの開発

アナログな業務フローが慣行化していた映画・ドラマ制作現場でのキャスティングをDXするマッチングサービスを開発中です。各制作会社・芸能事務所間のキャスティング業務を効率化するとともに、俳優には自らチャンスを掴みに行くための環境を提供します。



株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

36人

平均年齢

34歳

本社住所

東京都港区西新橋3-25-31 愛宕山PREX 3階

この企業と同じ業界の企業

画像なし
TFHD digital 株式会社
東急不動産ホールディングスのデジタルカンパニー
無料登録して話を聞いてみたい
Welcome icon
株式会社Virtual wall
採用担当 山下博美
弊社に少しでも興味をお持ちいただいた方は、お気軽にご連絡ください!お待ちしております😊
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.