お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 クオリスの企業情報

株式会社 クオリス

徹底して技術を突き詰めていく会社を創りたい」という想いから生まれたデジタルメディアのスペシャリスト集団

2人の異なる分野のIT技術者が出会って生まれたクオリス

株式会社クオリスは、技術開発及び技術コンサルティング業務を行うデジタルメディアのスペシャリスト集団だ。大きく分けて2つの事業を展開しており、ソニー株式会社内において家電製品の組み込みソフトウェア受託開発業務と、3次元CGの映像制作で必要となるデータを出力する為のプラグイン開発やサポートツール、技術コンサルティングを行っている。

同社は、大学の研究室仲間であった異なる専門分野を持つ2人のエンジニアが出会って生まれた。代表取締役社長の鯰江氏と、代表取締役副社長の茅野氏は、大学のマルチメディア全般を取り扱う研究室で各々異なる趣旨の研究を行っていた。組み込み系開発の研究を行っていた鯰江氏は、就職先のLSI開発等を行う企業から大手家電メーカーに出向し、組み込み系ソフトウェアの開発を行っていた。一方、コンピュータグラフィックスを研究していた茅野氏は、まだ出始めたばかりの技術であった3DCGのソフトウェアを制作する企業に就職し、ソフトウェア開発、設計からコンサルティングまでに携っていた。

そして2002年、大学時代から"2人で一緒にビジネスをやりたい、会社を興したい"と語り合っていた二人は共に仕事の中で自らの技術を磨き、互いに異なる技術やネットワークを持ち寄って起業した。夢への一歩を踏み出した2人の技術者は、「最高の"QualityとService"を提供する事で技術社会に貢献する」ことを目指し、社名を"株式会社クオリス"と名付けた。

4727

組み込み開発、3D Graphics分野での卓越した技術力

起業当初、前職で出向していた大手家電メーカーから技術者として厚い信頼を得ていた鯰江氏は、「自分なら今のやり方よりもっと上手くやれる。会社をやるので、直接契約をしてください。」と掛け合い、業務を請け負い始めた。次第に任される範囲は広がり、20名程度のプロジェクトチームで常駐する様になり、鯰江氏は通常はプロパーの社員が行うシステムアーキテクトまで行う様になった。現在では、ブルーレイディスクレコーダや次世代デジタルテレビ、DVDレコーダ等、最新鋭のデジタル家電の組み込みソフトウェア開発に携るまでに至った。

副社長の茅野氏は、3次元CGの黎明期から最先端のソフトウェア開発を行っていた強みを活かし、CGツールの販社や放送局各社、大手ゲーム会社に対し、3次元データ出力プラグインや映像制作向けサポートツールの受託開発。ワークフローの中で効率化を実現するためのコンサルティング事業を始めた。3次元データ出力プラグインとは、デザイナーがPCで作った3DCGをゲームや携帯、パチンコ等の画面に美しく出力する為に必要となるもので、現在国内に専門で開発を行っている企業は他に無い。その為、同社は国内大手4社のCGツール販社のうち3社と取引しており、国内大手ゲーム会社から技術や商品について相談を受けている。

また、イスラエルのソフトウェア制作会社と代理店契約を結び、リアルタイムCGを取り扱う製作・開発現場において作業効率を向上させるソフトウェアの導入コンサルティングを行ったり、イギリスやドイツの企業と協力関係を結んだりと、独自の技術や最先端の技術を持った海外企業とのグローバルなネットワークを築いている。

同社の強みは、組み込み開発、3D Graphics分野での卓越した技術力のみならず、2人の技術者の「徹底して技術を突き詰めていく会社を創りたい」という想いからきていると言えよう。

2684

基幹業務となる様な自社サービスを創出するべく、先端分野での研究開発を続ける

現在はソニー株式会社内での受託開発業務と、映像制作向けサポートツールの開発・コンサルティング業務の収益の内訳は20:7程度だが、今後は後者である自社の業務を拡げていく。3次元CG制作ツール・プラグインに関し先端の技術力を持つ同社は、仕様が無い状態から開発の依頼を受けたり、セミナー講師を務めたりコンサルティングを行う事も多い。その中から未だ解決されていない顧客ニーズを汲み上げ、自社のサービスを創出していきたいと言う。

基幹業務となる様な自社サービスを創出する為、年に1~2つの新規事業を走らせており、現在も最新の3D CG技術を駆使した新しい映像表現の開発を進めている。

新規事業の立ち上げにも積極的な同社だが、さらに同社について特筆すべき事は、創業以来無借金経営ということだ。これからも堅実な経営と先端分野での技術開発研究を続け、将来的には株式上場を目指していく。

2685

技術者魂と目的意識を持った人に来て欲しい

そんな同社の社員は、とても真面目な生粋の技術者が多い。茅野氏は語る。

「今の日本では、優秀な技術者が割に合わない仕事をしている事が多い。本当に技術が好きで、突き詰めていきたい、という本物の技術者が、伸び伸びと働ける様な世の中を作っていきたいと思っています。起業する時に、鯰江も私もその想いは共通していましたね。

当社の社員には皆、一角の技術者として独り立ちして欲しいと思っています。独立する人にも、精一杯の援助と環境を提供したいと思っています。」

株式会社クオリスは技術者魂を持った2人の技術者の想いから生まれた。
スペシャリストとして大きく成長したいと思っている人、新しいものを創出していきたいという想いのある人にとっては、この上ない環境と言えるだろう。

2686

株式会社 クオリスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 クオリスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 クオリス
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • グローバルに活動
資本金 1000万円
売上(3年分)
2011年 3月 期 2012年 3月 期 2013年 3月 期
1億9000万円 3億2000万円 2億4000万円
設立年月 2002年12月
代表者氏名 代表取締役社長 鯰江 晴一朗
事業内容 映像機器、音響機器、家庭用ゲーム機、情報機器および情報通信機器の企画、設計・製造・販売・代理販売
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 茅野 宏祐
鯰江 晴一朗
他 3名
主要取引先 ソニー株式会社
日本放送協会
株式会社スクウェア・エニックス
株式会社カプコン
株式会社セガ
Xoreax Software Inc
ダイキン工業株式会社
株式会社ボーンデジタル
株式会社エヌ・ジー・シー
他多数
従業員数 10人
平均年齢 32.5歳
本社所在地 東京都 豊島区千早1-15-17 富士ビル 4F

株式会社 クオリス資本金1000万円設立年月日2002年12月従業員数10人

徹底して技術を突き詰めていく会社を創りたい」という想いから生まれたデジタルメディアのスペシャリスト集団

この企業が募集している求人

Bnr sp354 11
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる