お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

上野自動車 株式会社の企業情報

424975

上野自動車 株式会社

1994年創業の中古トラック販売会社。誠実な対応で堅実に成長。全国展開へ

事業拡大中!近畿圏最大級の展示場。1994年創業の中古トラック販売会社

上野自動車株式会社は、「本当に質のいい中古トラックを適正な価格で」を合言葉に、中古トラックの買取・販売を手がける会社だ。扱う車両は、荷物の運搬に使う一般的なものからクレーン付き、ダンプなどの様々な種類のトラックと、救急車や消防車、パッカー車(ゴミ収集車)などの特殊車両まで多岐にわたり、フォークリフトなどの建設機械も取り扱う。

本社のある兵庫県と、関東は埼玉県に拠点を持ち、全店の在庫は常時300台以上。なかでも兵庫県丹波篠山市にある篠山支店は、近畿圏で最大級の規模の展示場だ。インターネットも活用し、全国の顧客に対応している。

自社工場を持ち、ボディ載せ替えやクレーン取付などの各種架装、傷んだ箇所の鈑金塗装や修理、床板張替えやフック取付などの各種補強に対応。仕入れた車両の改良や、顧客の要望に応じたカスタマイズなどを行い、販売している。仕入れから改良、販売、納車までをワンストップで行えることが上野自動車の強みの一つで、トラック・特殊車両の業界では名の知れた存在だ。

創業は1994年。代表取締役の上野栄利氏が1人で創業した。当初は大型トラックを所有し、個人で運送業を営んでいたが、知人がトラック売買の仲介をしていた縁で上野氏もこの世界に入った。次第に仲介のほうが本職になり、徐々に事業を拡大して今の規模に。地道にコツコツと取引を積み上げ、成長してきた。

「もっとガンガンやっていたらもっと大きくなっていたかもしれないけど、タイミングが悪かったらつぶれたかもしれないし、大きなマイナストラブルもなく、ここまで来ました」。上野氏は振り返る。売上は、リーマンショックのときに落ち込み、直近もコロナ禍の影響を受けてはいるが、これ以外の年は堅調に成長。コロナ禍の直近も黒字はしっかり維持している。

埼玉県に関東支店をオープンしたのは2014年。今年は、愛知県への出店が決まっており、今後も他道府県への進出を計画中だ。また、創業当初からインターネットを積極的に活用。ホームページも充実しており、今ではWebと電話、メールのやりとりで購入に至るケースが大半だ。最近はYouTubeでの商品案内など、新しい媒体も意欲的に取り入れている。

425012中古トラックの買取・販売を手掛ける上の自動車。トラック業界では名の知れた存在だ。
425004現在は兵庫県と埼玉県に店舗を構え、
今後全国展開を視野に入れて成長を続けている。
425957

お客様に絶対にウソをつかないことが信条に、誠実な対応を最重要視

事業のスキームは、トラックなどの車両を適正な価格で仕入れ、必要な修理や改修を施して店頭に並べ、同時にウェブサイトにも掲載し、購入希望のお客様に販売をするというシンプルなもの。営業担当は、全国各地のオートオークション会場や入札会、個人・法人のお客様からの買取依頼などの場に出向いて車両を査定し、価格を決め、オートオークションであればせりに参加し、個別の買取であれば商談を行い、車両を仕入れる。

商売のポイントとして大事にしているのがお客様への販売姿勢だ。絶対にウソは付かない。お客様があとで後悔するような売り方はしない。もちろん押し売りもしない。

「私はトラックに長く乗っていたので、中古トラックを買って失敗したことも、騙されたこともあります。買う人の気持ちがよくわかるので、基本的には全営業、工場の社員も含めて、お客様には絶対にウソをつかないように徹底しています。また、だますつもりはなくてもお客様が勘違いして、必要な車と違うものを買ってしまうこともあります。そういうことがないように、どんな使い方をするのか、どんな荷物を運ぶのかと、お客様としっかり相談して、合った車をお売りします」(上野氏)

営業担当が無理に売ることがないように、上野自動車ではノルマは一切ない。テレアポもない。来たお客様に対して丁寧に、誠実に対応し、購入が決まった後も納車までの間に何十にもチェックをして、最高の状態でお納めする。きちんとした対応ができていれば、例え月に1台も売れなかったとしても何も言わない。「タイミングが悪ければゼロのこともあるでしょう。営業さんは頑張った。売れなければ会社が悪い、私が悪いと思っています」と上野氏。

中途も含めて新入社員は、どんなに経験があろうとも洗車からスタートする。車両を知るとともに仕事への真摯な姿勢を持つためだ。このような社長の考え、会社の姿勢が社員との信頼関係を生み、社員は社長の期待を裏切らないようにますますお客様に対して誠実になる。これが上野自動車の最大の強みだろう。その結果、評判が上がり、今の堅実な成長を実現している。

424992お客様に真摯な対応をすることが最重要視されているため、テレアポもノルマもないのが特徴的。
424986どの職種の社員もトラックの洗車からスタートするというのも上野自動車ならではと言えるだろう。
425018

誠実な対応で悪評なし。お客様からの信用と感謝がやりがいに。全国出店へ

上野自動車の誠実な対応、評判のよさを表すエピソードがある。数年前から取引のあるお客様の話だ。

「そのお客様は『上野自動車さんに初めて電話をしたとき、信用できるよさそうな会社だと感じた』と言って、2000万円のトラックを買ってくれました。『ネットでいろいろ調べたけれども悪い書き込みがまったく出てこない』と言って、その後もウチを信用し、どんな車でもウチから買ってくれています」と上野氏。

上野自動車ではYahoo!オークションも長く使っているが、悪い評価は初期の頃のたった1件だけ。その1件が悔やまれ、以後、絶対に悪い評価をもらわないよう社員全員が気を引き締めている。

より多くのお客様に、店頭で車両を見てもらうために、全国各地に出店していく計画だ。今年度は中部地方に出店し、来年以降に北海道へ、その後も九州、四国、中国地方などに出店する意向だ。そのためにも仲間を増やす必要がある。営業、システム、総務など都度、必要な人材を採用していく。

メインとなる営業担当は、異業種からの転身も大歓迎だ。というのも、他社に類を見ないこの誠実な営業姿勢は、業界に慣れた人よりも、異業種から来る真っ新な人のほうが馴染むからだ。採用時に重視するのは第一に信用できる人。その上で、しっかりお客様の要望を聞いて提案できる人。「ウチのやり方に慣れたら楽だと思いますよ。トラブルはないし」と上野氏。お客様と誠実に向き合うため感謝されることこそ多いが、トラブルはない。やりがいや仕事の喜びも大きい。

異業種歓迎だが、この姿勢に魅力を感じ、同業の大手中古車販売の店長クラスの人材が中途で入社してきたことも。洗車からスタートし、生き生きと働いている。社員は、20代から最高齢は73歳。勤続20年以上の社員も何人もいる。社内は風通しよく、上野氏のもとには日常的に、電話やLINEで社員からの相談が入る。

中古なので売り手と買い手がいる。双方のバランスをとり、買い手のお客様には、千差万別のニーズに対して最適な車両を提案する。上野氏は「難しい仕事ですよ。一人前になるには時間がかかります。私だってまだ一人前ではない」と言う。それだけに奥が深くおもしろい。社員たちは社長の背中を見ながら、意欲的に仕事に打ち込んでいる。上野自動車は、そんな会社だ。

424979お客様に誠実に向き合っているからこそ、良い評判ばかりが集まっているという。
42499520代から70代まで幅広い年齢層の社員が働いており、風通しのよい明るい職場だ。
425016

企業情報

会社名 上野自動車 株式会社
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  総合商社・専門商社
商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
その他 >  その他業界
資本金 1,000万円
設立年月 2006年12月
代表者氏名 代表取締役 上野 栄利
事業内容 ■トラックを主として新車、中古車の販売・買取
■いすゞ自動車近畿㈱の販売協力店
■修理・鈑金塗装
■クレーン取り付け・ボディ載せ替えなど、ボディ架装及びカスタマイズ
■トラックレンタカー
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 35人
本社所在地 兵庫県尼崎市東園田町2-192
424975

上野自動車 株式会社資本金1,000万円設立年月日2006年12月従業員数35人

1994年創業の中古トラック販売会社。誠実な対応で堅実に成長。全国展開へ

この企業が募集している求人

×