お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 オルトロボの企業情報

344622

株式会社 オルトロボ

RPA導入支援に特化したスペシャリスト。福岡に拠点を置くRPAベンチャー

RPAツールの導入支援に特化!RPAが活用できるまで長期にわたってサポート

福岡市にある株式会社オルトロボは、RPA、AI-OCRの導入支援を手掛けている。ロボティック・プロセス・オートメーションの略であるRPAは、主にPCを使った人力作業をソフトウェアの力で自動化するテクノロジー。人手不足の解消やコストを削減するための技術として、近年注目されている。

RPAがシステム開発と異なるのは、必ずしも「プログラミング」が必要でない点だ。パソコン操作をソフトウェアのロボットに記録してワークフローを作成すれば、次回からその作業をワークフローに基づいてRPAツールが自動で代行する。ワークフローは、ドラッグ&ドロップ操作をメインに作成できるため、プログラミングの知識がなくてもRPAツールは使える。

「RPAツールは簡単だから、導入すれば誰でも扱えると思われていますが、できることが多すぎる点や作り方によって出来が大きく左右される点など、実際にRPAツールを導入しても十分使いこなせていない企業が多いのが実状です。当社はクライアントの仕事内容を把握して、RPAツールの導入支援だけにとどまらず、クライアント担当者がRPAツールを使いこなすためのサポートや、自動化できるポイントを探り出してワークフロー作成の代行も手掛けています」(代表取締役・野下主税氏)。

企業でRPAを使うには、RPAツールでどんな作業を自動化すればいいのか、それを洗い出す必要がある。しかし、課題の抽出が案外難しいのだという。

「RPAの導入に際し、検討・対応すべきことが多く、初動でつまずいてしまうケースが見受けられます。当社のエンジニアは、RPAに精通しているため、検討・対応すべきポイントを熟知しています。それだけでなく、ワークフローの作成はシステム開発と同じロジック。課題抽出は要件定義と同じような仕事であり、エンジニアが得意としています。エンジニアの素養があれば、より効率的にRPAツールを活用できます」(野下氏)。

また、RPAツールにも得意分野や不得意分野が存在し、ツールの導入にあたっても、それぞれのRPAツールの特徴を理解していると、さらに効果的にRPAを進めることができる。

「RPAツールの導入支援を専門に行っている会社は少なく、大半はSIerがシステム開発の流れで手掛けています。そのため、専門知識が少なかったり、取り扱うRPAツールの数が限られたりします。当社はクライアントの業務に適したRPAツールを選択し、場合によってはクライアントに最適な新しいRPAツールを探してきます」(野下氏)。

クライアントの観点に立てば、RPAツールに熟知したエンジニアが在籍し、ツール選択からワークフロー作成までプロがサポートしてくれる。本気でRPAを活用したければ、オルトロボのサポートを受けるのが企業にとってベストな選択といえる。

344884株式会社オルトロボは、RPA、AI-OCRの導入支援を手掛けている福岡にあるベンチャー企業だ。
344887代表取締役 野下 主税氏
344620

高度な活用にはプログラミングも必要。RPAの導入・運用支援にエンジニアが必要な理由

RPAの導入・運用にはエンジニアが適している。ワークフローの作成は、システム開発と同じロジックで、日進月歩の勢いで進化しているRPAツールのトレンドを捉えて、常に最新情報をキャッチするには、エンジニアが最適な職種といえる。

そのほかにも、ワークフロー作成にプログラミングの知識を必要とするケースもあり、プログラミング能力があれば、より効率的な自動化が実行できる。例えば、複数システムをAPIで連携させる場合や、複雑な判断や計算が必要となる業務である。

「RPAツールで複数のソフトウェアをAPI連携させて、システム間の情報連携を高速に行うワークフロー等を作成する場合は、基本的にプログラミングが必要となります。また、想定外のデータに対する例外処理など、通常のシステム開発の経験や知識があると、より効率的で運用しやすいワークフローを作成することができます」(野下氏)。

オルトロボがエンジニアを求めている背景には、もう一つ理由がある。RPAツールの導入をきっかけに、顧客企業のシステム開発や業務コンサルティングを依頼されるケースが多く発生するためだ。

「弊社の場合、顧客企業に対してRPAを導入したらそれで終わり、という場合はほとんどありません。RPAの導入を行う場合、顧客企業の業務を理解する必要があり、周辺業務も含めて様々なことをヒアリングします。中堅・中小規模の企業では、システム化や業務の効率化が追いついていないケースも多く見受けられます。RPA導入の過程で信頼関係が生まれ、様々な業務課題をご相談頂くことで、全く別のシステム開発プロジェクトが始まることもあります。我々が目指しているのは、顧客企業のシステム顧問のような存在なのです」(野下氏)。

オルトロボのクライアントは、中堅・中小規模の企業が大半。RPAの導入と聞けば、大手企業の話だと思われがちだが、中堅・中小企業にこそメリットがあると野下氏は語る。

「RPAツールは通常のシステム開発に比べれば、導入に掛かるコストが安く、導入後は自社で運用することもできる等、全体にローコストで業務を自動化でき、システム化のために大きな予算を組めない中堅・中小企業でも活用しやすいものとなっています」(野下氏)。

多額の費用を必要とするシステム開発にいきなり飛び込めない中小企業でも、オルトロボのようにRPAの活用を通じて、お互いをよく知ることで業務のシステム化を推進するきっかけにもなる。

344882RPAはロボティック・プロセス・オートメーションの略。主にPCを使った人力作業をソフトウェアの力で自動化するテクノロジー。人手不足の解消やコストを削減するための技術として、近年注目されている。
344619オルトロボのクライアントは、中堅・中小規模の企業が大半。多額の費用を必要とするシステム開発にいきなり飛び込めない中小企業でも、オルトロボのようにRPAの活用を通じて、お互いをよく知ることで自社業務のシステム化を推進するきっかけにもなる。

上流工程の経験値も積める!「RPAエンジニア」というキャリアパス

RPAツールの導入支援に特化した会社は全国でも珍しい。オルトロボがある福岡ではまだ他に見当たらないという。

「当社は福岡を拠点に活動していますが、3人の設立メンバーは誰一人として福岡出身ではありません。東京でRPAの導入をしていたエンジニアが集まって、RPAツールの導入支援に特化した会社を作るために福岡へやってきました」(野下氏)。

東京や大阪の方が、RPA導入を求める企業は多いだろう。しかし、福岡には競合他社が少ない。RPA導入を手掛けるシステム開発会社はあっても、オルトロボのようにスペシャリストではない。

「RPAツールを導入するにしても、インストール型、サーバ型、クラウド型といろいろ特徴があります。クライアントによって、それぞれベストのツールは異なります。加えてRPAはIT業界の中でも比較的新しい技術であるため、次々と新しいツールが誕生しています。RPAに精通したエンジニアになることは、キャリアパスを築く上で役立つと考えています」(野下氏)。

野下氏が語る通り、独自にキャリアパスを築いて市場価値の高いエンジニアを目指す人には、オルトロボでの経験が大きく生きるだろう。オルトロボでの仕事は、クライアント業務のヒアリングをもとに、それをいかに効率的に自動化するか、というもの。いわゆる「上流工程」を経験するには、同社はピッタリな会社といえる。

「RPAエンジニアになること自体は、難しいことではありません。現に当社の社員の中には、エンジニア未経験からRPAエンジニアになった人材もいます。しかし、顧客企業に信頼される技術者になるためには、RPAだけにとどまらない周辺知識のキャッチアップが必要となり、それなりの時間がかかります。そんなときは私を含め、経験値の高いメンバーが支えます。RPAに関する知識が乏しいエンジニアでも着実に力を付けていくことができると思います」(野下氏)。

経験の浅いエンジニアでも活躍できるフィールドがある一方で、通常のシステム開発も経験することができるため、上流工程から下流工程まで幅広くエンジニアとしてスキルを磨くチャンスがある。

「顧客企業とのヒアリングから、RPAや通常のシステム開発に至るまで、積極的に推進してくれるエンジニアを求めています。オルトロボは、まだ走り出したばかりの会社です。やりがい甲斐があって、働きやすい会社を一緒に作っていけるエンジニアを求めています!」(野下氏)。

344633RPAツールの導入支援に特化した会社は全国でも珍しい。オルトロボがある福岡ではまだ他には見当たらないという。
344686経験の浅いエンジニアでも活躍できるフィールドがある一方で、通常のシステムの開発を行うこともあり、エンジニアとして幅広くスキルを磨くチャンスがある環境だ。
344624

株式会社 オルトロボに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 オルトロボに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 オルトロボ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 残業少なめ
資本金 300万円
設立年月 2018年09月
代表者氏名 代表取締役 野下 主税
事業内容 RPA、AI-OCRの導入支援
各種システム開発
業務コンサルティング
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 5人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 福岡県福岡市博多区比恵町4-17 日高ビル2階
344622

株式会社 オルトロボ資本金300万円設立年月日2018年09月従業員数5人

RPA導入支援に特化したスペシャリスト。福岡に拠点を置くRPAベンチャー

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×