お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 レトリバの企業情報

323026

株式会社 レトリバ

株式会社レトリバ

レトリバは、「Preferred Infrastructure」からスピンアウトをして設立された自然言語処理に強みを持つ企業です

レトリバは、株式会社Preferred Infrastructureより、統合検索プラットフォームSedueを核とする検索及びそれらに付随する「自然言語処理」、「機械学習事業」を取得する旨の事業譲渡を受け、事業を開始しました。自然言語処理、機械学習、深層学習の技術をコアにお客様の課題を最適な技術で解決することを事業目的に事業を展開しています。

レトリバは、3つの理念を掲げています。
「お客様の課題を解決する」
「最先端の技術に挑戦する」
「人への投資を惜しまない」

技術は、人の役に立たなければならない。そのためにはお客様の課題に寄り添い、最適な技術を提案する必要があると考えます。
高い技術力を維持し続けるためには、挑戦も必要です。AI技術は日進月歩で進歩しているため、日々新しい技術を獲得するために挑戦をしづつける必要があります。
ソフトウェアは、人が創り出すものです。レトリバにとって人財は最も重要な競争力の源泉だと考えます。
レトリバでは、自然言語処理および機械学習、深層学習を活用したAI製品の研究・開発を行い、「誰しもがコミュニケーションロスを減らすためにAIを活用し、ビジネスの生産性を向上させる世界」を実現することを目指しています。


-----
10年後に22兆円(世界)と予測される自然言語処理市場
-----

レトリバはAI市場の中でも「自然言語処理」に強みがある企業です。
当社がフォーカスを当てているコールセンター業界では日々大量のやり取りが飛び交い、人が見きれないほどの大量のデータが蓄積しています。コールログという大量のデータから価値ある声を引き出すことで企業の事業活動を大きく変えていくことができます。
レトリバでは自然言語処理の技術を用いてお客様の声から価値を引き出すことを行っています。
その他に多大なトレーニングを受けなくてはならないコールセンター業務にAIを使って、応対を支援するエンジンも提供しています。

そもそもAIの中でも分類ごとに必要となる技術が異なります。レトリバは言語/音声に強みを持っています。文章を解析/分析/生成を行ったり、音声を認識しテキスト化するなど、自然言語解析/機械学習/深層学習などに取り組んでいます。

また、現状のAI市場は工場のオペレーション最適化やWebレコメンドがメインの市場です。自然言語処理の世界の市場規模として、2020年は7兆円程度の市場が2030年には22兆円になると言われています。自然対話によるインターフェースが拡大することは間違いなく、金融/証券/保険/医療/介護/士業、そしてレトリバのメインターゲットであるコールセンターに導入されていくはずです。自然言語処理をメイン事業に置くレトリバにとっては宝の山なのです。

昨今、インターネット化が進む中、コールセンターが重要視される時代になっています。なぜかというと、インターネット化が進み、顧客との接点が少なくなっているからです。対面販売中心からWebでの販売へ、窓口対応からWeb FAQへと、過去と比較すると顧客とFace to Faceのコミニケーションは減少しているのです。

その背景から「コールセンター」は貴重な顧客との接点になります。企業と顧客の重要なインターフェースとなっているのにもかかわらず、非正規雇用の方々が顧客接点を持っているのです。また、企業の製品(サービス)は多様化してきており、製品情報を大人数在籍するオペレーターの方に正確に伝えるのは非常に困難であり、精神的負荷が高い業務も多いです。
この多大なる問題を抱えているコールセンター市場において、現在の日本企業は労働集約型から脱却し、自然言語処理を用いて価値提供をしていきたいと思っています。

322079新宿三井ビル36階に居を構えています。Information "Retrieva"lが社名の由来になっており、日本の自然言語処理のトップランナーとして常に技術への追求を行っております。
レトリバという名前から、連想される会社ロゴに付随し、会議室は犬の名前で統一されていたりと、遊び心のある空間で仕事をできるように制度も含めて整えています。
322076当社はPreferred Infrastructureからのスピンアウトした経緯もあり、出身の社員が多く在籍しています。
取締役の半数も出身者で、技術に対する投資には余念がありません。
322078

株式会社 レトリバに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 レトリバに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 レトリバ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 残業少なめ
資本金 1億円
設立年月 2016年08月
代表者氏名 河原 一哉
事業内容 -----
日本で有数の幅広い自然言語処理プロダクトを提供
-----
レトリバは「ことばを、知識に。」をミッションとし、テキストデータを効果的に活用するためのソフトウェア群を提供しています。自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとして検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しています。

■分析支援
顧客の声など、テキストデータの分析を支援する製品を提供しています。分析初心者の方から、熟練者の方までサポートします。

・分析AI「YOSHINA」
日々の業務が忙しい方でも、すぐに顧客の声などの分析をはじめられるテキスト解析ツールです。テキストデータをアップロードするだけで、迷わず簡単に価値あるデータを抽出できます。

■高度な検索
現代は大量の情報が溢れており、適切な情報を見つける事が難しくなっています。レトリバは様々な検索技術を保有しており、シーンに合わせた検索方法を提供しています。

・ナレッジ検索AI「TSUNADE」
「TSUNADE」は、新しい形の社内文書検索アプリケーションです。クローラが自動で社内文書を収集し、AIが内容ごとに自動でカテゴリごとのフォルダに分類します。気になるカテゴリに関連して日々生み出される社内文書を効率よく把握し、活用することができます。

■コールセンター支援
レトリバはコールセンターにまつわるソリューションを入口から出口まで提供しています。お客様のコールセンターの状況に合わせて柔軟に製品を提供しています。

■バイオインフォマティクス
レトリバの自然言語処理技術で、遺伝子情報の活用を支援しています。

・超高速ゲノム配列検索「GGGenome」
塩基配列を高速に検索することができるツールです。代表的なモデル生物のゲノムまたは転写産物のデータベースを対象に検索できます。
・ガイドRNA設計「CRISPRdirect」
入力した塩基配列に対してCRISPR-Cas9システムによるゲノム編集に利用可能な特異性の高いガイドRNA (gRNA)を設計することができるツールです。
るようになっています。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 - UTEC
- SBIインベストメント
- SMBCベンチャーキャピタル
- 東京大学エッジキャピタル
- みずほキャピタル
従業員数 50人
平均年齢 36.0歳
本社所在地 〒163-0432
東京都新宿区西新宿2-1-1
新宿三井ビルディング 32階
323026

株式会社 レトリバ資本金1億円設立年月日2016年08月従業員数50人

株式会社レトリバ

×