転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社データワイズ

  • IT/Web・通信・インターネット系

日本をリードする人流分析サービスカンパニー!NTTドコモグループのデータサイエンスカンパニー

上場を目指す
自社サービス製品あり
シェアトップクラス
カジュアル面談歓迎

企業について

株式会社データワイズは、GPSデータを始めとするビッグデータを世界最高水準の解析技術を用いて分析し、ビジネスに有益なデータとして提供している。NTTドコモのグループ会社であり、日本最大の通信キャリアが持つGPSデータを活用できる。

GPSデータは、スマートフォンのアプリから発信される位置情報を集めたもの。それ単体では、スマートフォンの持ち主がいつどこにいたのかが明らかになるだけだが、ビッグデータとして解析すれば、新しいマーケティング用のデータが生み出せるのだという。

「当社が目指しているのは『社会の可視化』です。リアル店舗を訪れている人の興味・関心は、まだまだ分からないことだらけ。GPSデータを活用することで、それを見える化するのがデータワイズの取り組みです」(代表取締役社長・今田隆秀)

リアルの世界で人々の興味・関心を明らかにしてくれるのは、位置情報をおいてほかにはないという。POSデータや会員ポイントのデータは、購買やチェックインなどのアクションがないとデータとして発生しない。その点、GPSデータは、スマートフォン内のアプリが定期的に発信する。それをデータとして活用すれば、どんな人がどこでどれぐらいの時間を過ごし、何をしたかが明らかになる。

「将来的には、GPSデータだけでなく、あらゆるデータを駆使して社会を可視化するのが、当社のミッションです。それが実現できれば、ユーザーは得たいサービスをピンポイントで受けられるようになり、企業は今まで見えていなかった顧客のニーズや可能性を理解し、ビジネスを最適化することができるのです」(今田氏)

GPSデータはすでに活用されていると思われがちだが、本格的にデータとして使えるようになったのは2018年頃からで、実用的なレベルになったのは2019年に入ってからだという。

「スマートフォンの普及だけでなく、多くのユーザーが位置情報をオンにしてサービスを使うようになったことで、ようやくビッグデータとして活用できるレベルの質と量のGPSデータが集まるようになりました。2015年からNTTドコモの子会社である株式会社オークローンマーケティングの位置情報ビッグデータ解析プロジェクトとして始まり、2019年1月に独立して法人化されたのが当社です」(今田氏)

GPSデータのビッグデータ解析は、マーケットが今はじまったばかりのホットな業界。大手通信キャリア3社はみんな一様に同じことを考え、データワイズのようなデータサイエンスの会社を設立している。同業他社に遅れを取らないようにビジネスを展開する必要があり、NTTドコモのバックアップを受けながら、ベンチャーらしいスピード感のある仕事が体感できるだろう。

データワイズのビジネスは、NTTドコモのGPSデータ、dポイントデータを使って、はじめてサービスを商用提供するもの。日本最大級のビッグデータだけに期待も膨らむ。データワイズのビジネスモデルは現在2つある。コンサルティングとプロダクト提供である。

「個別のクライアントの課題をGPSデータから解析しコンサルティングする中で、共通する課題を見つけ、それを解決するSaaS型のWebサービスを作っていきます。現在、すでに最初のプロダクトが完成間近で、実証するためのパートナーを募っているところです。コンサルティングはエンタープライズ向け、Webサービスは中小規模の事業体での活用を想定しています」(今田氏)

実際にGPSデータを解析してどんな情報が得られるのだろうか?

例えば、小売業や飲食店の場合、来店した顧客の年代や性別、興味のある分野・ジャンルなどがわかる。このあたりは企業が個別に会員情報を集めれば済む話だが、GPSデータでは来店の前後の行動履歴もわかり、来店の目的をより深く知ることができる。

「カフェに来店した人が、コーヒーを飲むためなのか、仕事をするためなのか、待ち合わせまでの時間潰しなのか、従来のデータだけではわかりません。しかし、来店前後の行動も含めてGPSデータを解析すればそれが見えてきます。来店するお客様が近所に住む人が多いのか、仕事で通っている人が多いのか、それがわかればマーケティングやプロモーションのやり方も変わります」(今田氏)

データワイズが解析して提供するGPSデータは、個人情報であるため、統計化することで匿名性を守っている。それでも、来店目的や行動範囲、趣味などが明らかになれば、マーケティングやプロモーションの精度は格段にアップするという。

「ビルを持つ会社がテナントを入れるとき、どんなお店が最適かもGPSデータを解析することでわかります。新しい店舗をどこに出せばいいかも一目瞭然です。街にどんな人が多く集まり、彼ら彼女らが何を求めているか、データサイエンスで見える化します。他にも、イベントの効果測定にも使えます。イベントを訪れた人が、どこからきてどんなことに興味を持っているのかわかれば、今後の指針になると考えています」(今田氏)

とにかく、GPSデータを使ってできることはたくさんある。データサイエンスを仕事にするなら、膨大な"質の良いデータ"を使って未知の領域に踏み込んでいく仕事は魅力的ではないだろうか。

GPSデータを解析してビジネスに有効活用するために必要なものが3つある。「データ」と「アルゴリズム」と「人材」だ。

データワイズが活用するデータは、NTTドコモのGPSデータを筆頭に、質も量も申し分ない。その良質なビッグデータを解析するアルゴリズムは、ヨーロッパを中心に位置情報の解析で多くの実績を持つイギリスの「Locomizer」を使用している。

「Locomizerにはソースコードも開示してもらい、共同で開発を進めています。GPSデータを解析して新しいサービスや情報を生み出すビジネスは、日本だけでなくグローバルに見ても未開拓な分野。データワイズも積極的にアルゴリズムの開発に関わっていきます」(今田氏)

人材に関して、データワイズは“少数精鋭”のスペシャリスト集団でありたいと考えている。有能なデータサイエンティストを揃え、エンジニアもハイスペックな人材を中心に集めている。

「"データサイエンティスト日本代表"のような会社にするのが目標です。ラグビー日本代表のように国籍がバラバラでも一流の選手が集まっているチームが理想。現に、今も東大の大学院で数学の博士課程にいるウクライナ人のインターンや、母国で数学オリンピックの代表を務めたキルギス人も在籍しています。オフィス内には、英語、ロシア語、中国語と複数の言葉が飛び交っています」(今田氏)

優秀な人材と切磋琢磨できる環境は、成長を促してくれるだけでなく、刺激に満ちた毎日を過ごすこともできるだろう。

「年齢も国籍も性別も関係なく、切れ味の鋭い人材を集めて、彼らの『新しいことにチャレンジしたい』というパッションを実現できる場にしたいと常々思っています。データサイエンスやプロダクト開発にかける社員のパッションを最大限発揮できる、大学のキャンパスのような自由な環境にしたいですね」(今田氏)

優秀なデータサイエンティストを集めて、オフラインの世界でもデータ分析を可能にするのがデータワイズのミッション。そして、さらにその先、人間の行動を予測してビジネスに活かすという、未知の領域をデータワイズは目指しているのだ。

「ちょっとしたことで因果関係は崩れ世界のバランスが変わるという「バタフライエフェクト」は、未来予測を否定する理論。データワイズはデータサイエンスでバタフライエフェクトを越えた世界の構築にチャレンジします」(今田氏)

オフラインの興味・関心を可視化するだけでも、社会に大きなインパクトを与えられるが、データ分析で未来を予測するとなると、これはもっと夢のある大きな事業。そんな未来の姿を一緒にワクワクしながら作り上げられる人材をデータワイズは求めているのだ。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(2件)


営業職の求人(2件)


企画・マーケティング職の求人(1件)

PR

すべて見る

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社データワイズ

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > ITコンサルティング

IT/Web・通信・インターネット系 > Webマーケティング・ネット広告

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり、シェアトップクラス
資本金

5000万円

設立年月

2019年01月

代表者氏名

代表取締役社長 今田 隆秀

事業内容

弊社は、2021年3月にドコモのdポイント位置情報ビッグデータを活用した人流分析AI Saas『Datewaise Area Marketer』をリリース。
わずか1年で日本を代表する名だたる企業に導入を行い、人流分析のスタンダードをつくることに成功しました。

弊社サービスは、dポイント会員 約8,900万人の位置情報・属性データ・国勢調査などの統計データをかけ合わせ、施設の運営に活かせるマーケティングデータとして、活用いただけます。このSaaSサービスにより、店舗・施設の来訪頻度、来訪者の区分、他施設との回遊を分析できるほか、商圏や周辺交通量を把握できるようになりました。
私たちは、さらなる新機能追加を行い、日本の人流分析サービスのスタンダードからマーケティングプラットフォームのスタンダードを取ることを狙います。

◼︎事業内容
・人流分析サービス開発
・DXコンサルティング

株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

15人

平均年齢

31歳

本社住所

〒105-6321 東京都港区虎ノ門23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー21階

この企業と同じ業界の企業

画像なし
株式会社 ウィルビー
求人・人材業界に ICT技術で 採用イノベーションを実現する
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社データワイズに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.