お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ファストドクター 株式会社の企業情報

360358

ファストドクター 株式会社

創業以来、年に2.5倍のペースで急成長!日本の夜間医療現場を救う夜間往診プラットフォーム「ファストドクター」を運営

救急医療崩壊という社会課題を解決する第3の選択肢・夜間往診サービスを提供

夜間や休日に体調が悪くなると、これまでは救急病院に駆け込むか、救急車を呼ぶかの2択しか選択肢がなかった。
そんな中、高齢化を背景とした、通院困難な患者による救急車利用の急増や、それに伴う医療機関の疲弊、さらに医師の働き方改革(医療機関の24時間体制の維持を困難化)が、救急医療を取り巻く環境をより深刻にしている。
厚生労働省は2000年の時点で「救急医療崩壊」というキーワードを打ち出したが、2020年現在、状況はさらに深刻化している。

ファストドクターが目指すのは、「第3の選択肢」の提示、つまり「夜間救急往診」というサービスの実現だ。

サービスの流れはこうだ。体調不良の患者が「ファストドクター」に連絡をすると、オペレーターが提携医療機関で往診可能なドクターをアサインし、往診の手配をする。医師とドライバーが患家へ向かい、その場で検査、治療を行い、処方薬を渡して会計まで行う。患者さんは病院に行く必要もなければ、薬局に行く必要もなく、ただ自宅で待機だけしていればいい。
また提携医療機関向けには往診ソリューションの提供を行っており、準備された往診鞄ひとつを持って出れば診療ができるようになる。そのためのサポートを全て同社が行っている。

「『夜間に病院を探している患者さん』と『往診を提供している医療機関』をマッチングさせることが当社の役割です。クリニックが軽症・中等症の患者さんの診療を積極的に引き受けることで、大病院が重症な患者さんの治療に専念できるようになる。」(代表取締役医師・菊池氏)

「往診は通常よりも不十分な環境で診療を行わなくてはなりません。さらに、かかりつけ以外の患者さんに対して積極的に往診を行うタイプの医療サービスは過去に前例がなく、提携医療機関にとっては大きな不安を伴います。私たちは、当社で蓄積してきた往診マニュアルの提供をはじめ、検査設備から医薬品の準備、医師の雇用から再配置までを一手に請け負い、さらに集客から予約代行に至るまでの豊富なノウハウを提供しています」(代表取締役・水野氏)


現在「ファストドクター」を利用して年間40,000件以上の医療相談と18,000件以上の往診支援を実施。現時点での提携クリニックは東京・大阪の5施設だが、今後徐々に増える予定だ。さらにサービスの提供エリアも東京23区からスタートし、2019年9月には大阪へエリアを拡大。現在は6都道府県、7拠点(東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫)でサービス提供を行なっている。

「今後は往診だけでなく救急外来の提携先も増やしていきたい。通院ができる患者さんは外来へ、通院が困難な患者さんにだけ往診を提供する。夜間の外来はアクセスが困難になるので、当社のドライバーを活用し、患家と医療機関をつなぐ送迎までを提供できるようにしたい。患者さんの医療需要に適切に応えながら、利便性も担保できるような、質の高い医療サービスを目指したい」(菊池氏)

今後も積極的に提携先を増やしながら、サービスを全国へと広げていくつもりだ。

また2019年より地域の医療機関の24時間体制を支援するため、臨時当直医事業を開始。夜間・休日の救急医療をファストドクターの臨時当直医チームが対応し、その後診療情報提供書をもって主治医にバトンタッチをする。2020年4月時点で27の医療機関と連携を行い、800名を超える患者さんに対応している。

その他にも、テレビ電話で診療・最短1時間で処方薬配送が可能となる「救急オンライン診療」サービスや、国立大学法人筑波大学と救急医療分野での共同研究を開始するなど、新たな取組みを進めている。

304396医療現場の課題に精通した現役医師の菊池氏。
304393コンサル出身の水野氏。

医療現場の効率化・最適化するための新しいプラットフォームを作る

同社の創業メンバーは、現役の医師であり今も大学病院の救急医療の最前線で働く代表取締役の菊池亮氏とマーケティング出身の小石氏の2名。時間を置いてコンサル出身の水野氏が参画し現在は共同代表取締役を務める。

「いろいろな医療系スタートアップが増えている中で、現役医師が創業したサービスは数少ないのではないでしょうか。鮮度の高い課題をサービスへ反映できる点が僕たちのサービスの最大の強み。一方で業務フローの最適化と、システム面のさらなる強化が今の最重要課題です」(菊池氏)

ファストドクターのビジネスは、一言で言うと「病院経営」に近しいものだ。ゆえに、非常に労働集約的なサービスであることは否定できない。コールセンタースタッフ、医師を送迎するドライバー、往診バッグのパッキング担当者、さらに往診時の医療補助スタッフ。これだけの人たちをスムーズに動かすためのシステム作りが、今後の事業拡大において重要なのは言うまでもないだろう。

「労働集約的なビジネスを、ICTの力でいかに効率化するか。サービスの要であるオペレーションの最適化やシステム化の仕様検討をするCOOや、その開発を指揮するCTOポジションを求めています。昨今、医療現場のIT化が進んでいますが、まさにテクノロジーを使って病院経営そのものを効率化するような仕組みづくりをしていきたいと考えているんです」(水野氏)

チャットボットのようなもので問い合わせ段階での診療の要否判定を効率化したり、医師のルーティングの最適化など、テクノロジーを取り入れる余地は多様だ。しかし、それは目指す世界のほんの一部分にすぎない。

「昨今、医療現場のIT化が進んでいますが、そのほとんどがAIによる画像診断といった、診療現場の一部分を切り取ったサービスばかりです。私たちが目指すのは、診療の最初から最後までを効率化・最適化できるシステム作りです。」(菊池氏)

同社のプラットフォームを通じて、医療機関が往診サービスを提供しやすくなり、同時に患者さんは往診サービスが受けやすくなり、夜間に行くべき病院が見つかりやすくなる。そんな新しい世界を目指すからこそ、汎用性のあるものを作らなければいけない。

304394
304392

資金調達も完了!開発のために惜しみなく資源を投入していく

同社の事業は、社会課題のど真ん中にあるものだ。少子高齢化や医師の労働力不足といった深刻な課題をテクノロジーの力で解決したいというビジョンを持つ人には、最高の仕事ができる環境なのは間違いない。

「救急医療の分野は、これまでになかなか思い切ったIT化が進んでこなかった、ブルーオーシャンの領域と言えます。将来も決してなくならない医療という分野において、新しい仕組みをイチから作っていける。自分の仕事が会社を成長させ、さらに社会を成長させられる。そんな体験ができるようになるはずです」(菊池氏)

「私自身、医療業界の経験は全くありませんでした。知識や経験がない中で、長い業務フローと向き合うわけですから、粘り強く働ける人であることが大事ですね。例えば一緒に医療現場に足を運んで、どういうフローで患者さんと医師の先生がやりとりしているのかを実際に体感して、そこから課題を見つけ出して提案につなげていけるような、そういう動き方ができる人が求められます」(水野氏)

2016年7月の創業以来、年に2.5倍程度のペースで急成長を続ける同社。救急医療崩壊が叫ばれる中で間違いのない需要があり、現場からの支持も高まっている。「利用者のNPS(顧客ロイヤリティを測る指標)は極めて高く、患者さんからの感謝の声は絶えない。」(菊池氏)

2019年3月には、資金調達も完了。調達した資金はプラットフォームの開発に惜しみなく投入していくつもりだ。
また2019年9月には、スタートアップ企業のピッチイベント「スタートアップ・カタパルト」にて優勝するなど、同社への期待はますます高まってきている。

社会が求める「新しい医療の選択肢」の実現に向け、まさに「ここでしかできない仕事」がありそうだ。

ファストドクター 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ファストドクター 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ファストドクター 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
製造・メーカー系 >  医薬品・医療機器
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 非公開
設立年月 2016年07月
代表者氏名 代表取締役・医師 菊池 亮
事業内容 夜間往診プラットフォーム「ファストドクター」の管理・運営
従業員数 60人
平均年齢 37.0歳
本社所在地 〒160-0014
東京都新宿区内藤町1-110 ガーデンクロス新宿御苑3F
360358

ファストドクター 株式会社資本金非公開設立年月日2016年07月従業員数60人

創業以来、年に2.5倍のペースで急成長!日本の夜間医療現場を救う夜間往診プラットフォーム「ファストドクター」を運営

この企業が募集している求人

304393
医療×ITの注目企業で訪問看護ステーションの新規立ち上げスタッフを募集!
夜間救急医療プラットフォーム「ファストドクター」の訪問看護ステーション管理者

【夜勤・オンコールなし!新規事業の訪問看護管理者を募集】 医師が夜間に患者様の自宅に赴き、保険適用での診察を行う往診型救急事業を行っています。2016年4月に東京都内を中心に事業をスタートし、今では6都道府県、7拠点にエリアを拡大、年間40,000件以上の医療相談と18,000件以上の夜間往診実績を誇ります。 この度、訪問看護事業を新たに立ち上げることになりました。その管理者として訪...

304396
【年に2.5倍のペースで急成長中のスタートアップ】年間18,000件以上の夜間往診実績!夜間救急プラットフォームを支える総務労務リーダー候補
総務労務メンバー(リーダー候補)

【夜間に安心を!ITを活用した夜間救急医療プラットフォームを支える総務労務担当】 創業以来、年に2.5倍程度のペースで急成長しており、拡大フェーズ真っ只中にあります。 今回は、急成長中のファストドクターを支え、社内体制強化を担う総務労務担当(リーダー候補)を募集いたします。 地域医療活性化、救急リソースの最適化といった社会貢献度の高い事業を支えることで、日本の医療業界の発展に繋...

304393
【スタートアップ・カタパルト優勝/COO候補】夜間救急プラットフォームのUX改善!あなたの仕事が患者のもしもを救う、社会貢献度の高い仕事です!
夜間救急医療プラットフォーム「ファストドクター」のコールセンター統括部長

【夜間休日の救急医療現場を支える、患者と医師にとって頼れるコールセンターを作りあげる】 当社では「日本の救急医療全体のインフラ」となることを目指し、時間外救急の総合プラットフォーム「ファストドクター」を展開しています。 このサービスの窓口となり、不安な患者様と往診に伺う医師をつなぐ役割を担っているのがコールセンターです。年間40,000件以上の医療相談と18,000件以上の夜間往診実...

304393
救急医療の総合プラットフォーム普及に向けた営業職!社会貢献度の高い仕事です〈インセンティブ支給あり〉
救急医療の総合プラットフォーム「ファストドクター」の営業職

【救急医療の総合プラットフォーム普及に向けた営業職】 救急医療の総合プラットフォーム「ファストドクター」普及に向けた営業職を募集しています! 成果に応じたインセンティブ設計も充実しており、仕事の成果がしっかりと待遇に反映される環境でご活躍いただけます。 【ファストドクターとは?】 当社は「日本の救急医療の総合プラットフォーム」になることを目指し、夜間休日における救急相談、救急...

残り1求人をみる
After covid19 bottom
×