お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

バリュエンスホールディングス(旧SOU)の企業情報

427394

バリュエンスホールディングス(旧SOU)

元Jリーガーの代表が率いる、リユース業界を刷新する画期的なビジネスモデルで急成長!(2018年3月東証マザーズ上場!)

画期的なサービスが続々、設立から10年で売上高約400億円と急成長!

ラグジュアリーブランド品などのリユースビジネスを手がけている、バリュエンスホールディングス株式会社。代表取締役の嵜本晋輔氏は、元・Jリーガーという経歴の持ち主としても知られる。同社のビジネスは、買取事業の『なんぼや』『BRAND CONCIER』、オークション事業の『STAR BUYERS AUCTION』、販売事業の『ALLU』、アプリ事業の『miney』の各ブランドで展開されている。店舗づくりやサービスシステム、接客などすべてにおいて“業界初”にこだわり、従来のリユース/リサイクル業界のイメージを刷新した画期的なビジネスモデルにより、2011年12月の設立から9年で売上高377億円と急成長を遂げている。2018年3月には、東証マザーズ上場も果たした。

買取専門店の『なんぼや』は、2021年10月現在、全国に120店舗以上を展開。白とブルーを基調とし、清潔感のあるサロンのような店舗が特長的だ。顧客のプライバシーを守る個室空間も用意して、お菓子や飲み物のサービスをしながら鑑定力や接遇力を磨いたコンシェルジュが接客し、ブランドのバッグや宝飾品、時計などを買い取る。業界初の『LINEで査定』サービスも実施。持ち物の写真をLINEの『なんぼや』のアカウントに送ると、鑑定の上、買取見積額を返信するというもの。「すぐに答えがほしい」というニーズに応えている。

広く一般客を対象とする『なんぼや』に対し、『BRAND CONCIER』は富裕層向けにラグジュアリーブランドのヴィンテージ品の買取に特化した業態である。「業界初の予約システムを取り入れるなど、空間づくりや接客、サービスのすべてを業界最高レベルに仕上げている」と嵜本氏は胸を張る。

『STAR BUYERS AUCTION』は、同業である全国の買取販売事業者500社以上を会員とするto B販売チャネル。2020年4月には開催するオークションを完全オンライン化するなどレガシーであったリユース業界のデジタルトランスフォーメーションにも強く力を入れており、また、オークションをオンライン化した事に伴って国内の古物商認可の買取販売業者のみならず海外からの集客も増えていっています。

『ALLU』は、“ヴィンテージ×ファッション”をコンセプトに、希少性の高いアイテムをメインに販売する店舗。1号店を東京・銀座に出したが、「銀座でこの業態は初」と嵜本氏。2018年9月には、2店舗目となる大阪・心斎橋に出店。

そして、2017年10月にローンチした『miney』は、エンドユーザーにおける“リユース”の概念を根底から変えるインパクトを秘めるアプリだ。ユーザーの持つブランド品の写真などを登録すると、その価値(買取金額)の推移を視覚化。今後、価値が上下した際にプッシュ通知を行う機能も盛り込む。この開発について、嵜本氏は次のように説明する。

「これまで、買取価格はリユース業者の“ブラックボックス”で、お客様との間に情報の非対称性がありました。当社もそこで売上を作っていたことは事実です。しかし、フリマアプリが進展するなどして情報格差は埋まり始めており、このままでは利益率は低くなる一方です。そこで、“ブラックボックス”をオープン化し買取価格を事前に開示することで、これまでリユースに意識がなかった潜在顧客を掘り起こすことで市場を劇的に広げようと考えました」

エンドユーザーにとっては、それまで見えなかった所有物の価値が視覚化できるとともに、同社にとっては買取品の購買データとすることができる。「『miney』で、リユース市場の売買をもっとオープンに、そしてもっとスマートにしていく」と嵜本氏は意気込む。

222073同社はリユース業界に風穴をあける、革新的なスタートアップだ。
2220692013年から年に1つ以上の新しいサービスをリリースし、世の中に新たな価値を生み出している。
222101

“買取専門店+to Bオークション”という革新的モデルがヒット、軌道に乗る

嵜本氏は、プロサッカー選手からの転身を決めた2005年、父親が経営するリユース業に入る。2人の兄も父親の会社で働いていた(「インタビュー」タブ参照)。

「サッカー選手時代、家庭では父親や兄たちからよく仕事の話を聞かされて興味を持っていました」と嵜本氏。いざ始めてみると、不要とされるモノを仕入れて必要とする人に提供するリユースのビジネスの面白さや奥深さを実感。「いつしか自分もこの世界で経営をしてみたい」と思うようになった。

当時、他のリユース業者の店を回って、販売機能を併設させることによる店舗スペースの非効率さを見て取った。さらに、「高額品を扱うにもかかわらず古臭く雑然とした雰囲気に、これでは業界のイメージは上がらないと感じていた」と述懐する。その頃、父親の会社では主に家電製品やオフィス家具、厨房機器といった大型のものを扱っていたが、嵜本氏は「貴金属や時計、ブランド品に特化すれば、店舗スペースも小さくて済み、かつ粗利も大きく経営効率は高まる」と気づく。

さらに、買取専門店にして買取品はオークションで捌けば一層店舗効率を高められると、2007年に従来のリユースショップのイメージを根底から覆す10坪の『なんぼや』第1号店を大阪・難波にオープン。このモデルは当たり、家電製品を扱っていた時の月商を半月で上げて好調なスタートを切る。2009年には東京に進出し新宿店をオープン、2010年6月には、銀座への進出も果たした。

2人の兄も、それぞれ洋菓子製造販売という新規事業を始めて軌道に乗せていた。そこで3兄弟で話し合い、それぞれが会社をつくって経営するのがベストという結論を導き出し、嵜本氏がリユース事業を引き取る形で2011年にSOUを設立する。ちなみに、父親は古美術品を扱う八光堂を立ち上げていた。八光堂は2017年2月にSOUのグループ会社となり、「父親には、グループ顧問としてアドバイスをもらっている」(嵜本氏)という。

2013年に独自のB to Bオークション『東京スターオークション(現:STAR BUYERS AUCTION)』開始、2014年には『BRAND CONCIER』第1号店を銀座にオープン、2015年には『LINEで査定』スタート、2016年には『ALLU』第1号店オープン、そして2017年には『miney』のローンチと、立て続けに業界初の新サービスを打ち出し続けている。また、2017年3月に初の海外進出を果たし、香港でオークションを開催。その後、6月、9月、11月と続け、「今後はスペースや取扱品目を増やしていきたい」と嵜本氏。

「とはいえ、まだまだ世の中にインパクトを残せてはいないと認識しています。もっと当社の価値観を共有する人を増やし、未来を見据えた新しいサービスを次々に打ち出していきたいと思っています」(嵜本氏)

222086「STAR BUYERS AUCTION」では、毎月約10,000点の商品が落札されている。
427409今後も更なる新サービスを生み出し続けるという。勢い十分のベンチャーらしい社風。
222110

ミッションは、「らしく、生きる。」

◆MISSION|らしく、生きる。
自分の目標に向かって、自由に正直に。
ありのままの自分をさらけ出して、突き進んでいく。
バリュエンスグループに集うのは、そんな自分らしく生きる人たちばかりです。

《らしく、生きる。=尖った個性》

今の時代の求められるのは、尖った個性。
そんな「個性×個性」が掛け合わされたチームは
唯一無二の存在になれると信じています。

個性を磨き、自分の価値をさらに高めるために。
今こそ、ここで自らの可能性に投資せよ。


◆VISION| Valuable Experience
   人生を変える価値を

出会うすべての人の人生に、爪痕を残す。

誰の記憶にも残らない人生なんてつまらない。
一度きりしかない人生。
誰かの記憶に残るような
自分だから提供できる価値を生み出していこう。

仕事を一つの手段として、
自分も、その人も、らしく生きる中で
人生を変える価値を創造せよ。


◆SPIRIT|大切にする5つの精神
『前へ前へ、着実に。』
とどまらず、失敗しても、前のめりになって挑め。

『おもろかっこよく。』
仕事を楽しみ、スマートな対応でかっこいい大人へ。

『謙虚に、尖んがれ。』
すべての人から学ぶ器をもち、自分の引きだしをふやす。

『つかむために、手放せ。』
両手がふさがってると、新しいものは掴めない。
手放す強さが、尖った個性をつくりだす。

『個性を掛け算せよ。』
個人レベルでアイデアを生み出すのは限界がある。
尖りきったチームで、新しい道を切り開いていく。


◆BUSINESS|価値ある資産はバリュエンスから。

モノをつなぐ“リユース”というビジネスは、
単にいらなくなったモノを買取り、売るだけではありません。

大切にしてきたモノの価値を、必要とする誰かへつなぐ。
どんなモノにも「大切な思い出」は存在し、その思いを
大切にしてくれる“誰か”につないでいきます。

そして、新たなモノを受けいれていくことで
「新たな価値」と「新たな出会い」のきっかけが生まれる。
その循環こそが、私たちの考えるリユースです。

価値ある資産は、バリュエンスからリユースを通じ次へ。

222088オフィス環境も素晴らしい。興味がある人は一度遊びに行くとよいだろう。
427412働いているメンバー自身が、その仕事を楽しめる環境を用意しているのが同社の大きな特長。自らやりたいことに挑戦できる。
427407

バリュエンスホールディングス(旧SOU)に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、バリュエンスホールディングス(旧SOU)に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 バリュエンスホールディングス(旧SOU)
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
不動産・建設系 >  その他不動産・建設系
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 11億957万9,569円
売上(3年分)
2018年 8月 期 2019年 8月 期 2020年 8月 期
315億円 377億円 379億円
設立年月 2011年12月
代表者氏名 代表取締役社長 嵜本 晋輔
事業内容 バリュエンスホールディングス株式会社:グループ全体の経営・マネジメント強化、戦略立案・策定、企業価値の最大化
バリュエンスジャパン株式会社:ブランド品、貴金属、宝石等の買取・販売
株式公開(証券取引所) 東証マザーズ
従業員数 800人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス 28F
427394

バリュエンスホールディングス(旧SOU)資本金11億957万9,569円設立年月日2011年12月従業員数800人

元Jリーガーの代表が率いる、リユース業界を刷新する画期的なビジネスモデルで急成長!(2018年3月東証マザーズ上場!)

この企業が募集している求人

×