転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社バニッシュ・スタンダード

  • IT/Web・通信・インターネット系

上場準備中!販売スタッフの働き方を変えるDXアプリ「STAFF START」を開発・提供

上場を目指す
自社サービス製品あり
シェアトップクラス
カジュアル面談歓迎

企業について

バニッシュ・スタンダードは、店舗スタッフのDXアプリケーションサービスを企画・開発・運営している ” Staff Tech(スタッフテック) ” カンパニーです。

▼「STAFF START」とは
STAFF STARTは店舗に所属するスタッフをDXさせ、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするサービスです。
例えば、現時点で最もご導入いただいているアパレル業界では、「コーディネート投稿」を通して着丈感や着回し術、商品のレビューなど、実際に店頭でお客様に接客しているような感覚で、オンライン上でも接客しています。
また、その投稿を通じて購入されたECサイト上での売上は可視化され、店舗スタッフや所属する店舗の実績として評価に利用できるように設計しています。

STAFF STARTによって、まずはアパレル業界で定着しはじめた、
"店舗スタッフさんの接客をオンラインに置き換える”
”そのオンライン接客の売上を可視化し評価につなげる”
という、店舗スタッフを軸にオムニチャネル化を強化する「スタッフDX」という考え方を、他の業界、業種でも多く広げていくためのフェーズを迎えています。
実際に家具業界でニトリ様、家電業界でヤマダHD様、飲食業界でエノテカ様、スポーツ業界でアルペン様、サービス業界/結婚式場でアニヴェルセル様など、多くの企業様にご導入開始いただいており、今後ますますその勢いは加速する見込みです。
さらに他業界展開を後押しすべく、LINE社と共同開発した「LINE STAFF START」や動画機能、レビュー機能など、オンライン接客の種類も増加を続けています。

▼STAFF STARTの4つの数字 
(1) 2,600ブランド
STAFF STARTを導入しているブランド数です。
ベイクルーズ様やBEAMS様、またオルビス様など、多くのアパレル・コスメメーカーにご導入いただいております。
また最近では食品や電化製品、アウトドアなどの小売や、ブライダルといったサービス業界などの各業界でのご導入が進んでいるほか、LINE社や三越伊勢丹社、Shopify社などとの連携を通じてご活用いただける幅を広げています。
  
(2) 1,748億円
STAFF STARTを経由した年間流通総額です。
2016年のリリース以来年間流通総額は1.4億円から始まり、昨年2022年は1,279億円と毎年すさまじい勢いで成長しています。

(3) 2億6,000万円
個人での月間最高売上です。
コロナ禍により急速に広まったオンライン接客は、今や店舗スタッフに求められるスキルの1つとして定着し、店舗にお客様が戻っている現在でも市場は拡大を続けています。
こうしたことから、2022年9月〜2023年8月までに308名が月間1,000万円以上、840名が月間500万円以上を売り上げ、個人での月間最高売上は2億6,000万円超となりました。

またアパレルブランドへの導入から開始したSTAFF STARTは、7年目の現在では多種多様な業種に広がりを見せており、家電系を取り扱うスタッフが1投稿での最高売上である9489万300円を記録しました。

(4) 23.3万人
STAFF STARTを利用するスタッフの人数です。
業種・ブラント問わず日本全国で活躍しているスタッフの方々にご利用いただいております。
また都道府県別での1人あたりの月額売上高は富山県が1位の976万1,875円となり、10位の東京を300万円以上上回る結果となりました。
勤務場所やライフスタイルに縛られず、優秀なスタッフが全国で成果を上げ、自分らしく活躍を続けられるようになっています。

スマホやSNSの普及により企業や、個人からの情報発信が活発になり、それを背景にD2C(Direct to Consumer)が注目されました。一方、ネットには情報があふれ、顧客はどの情報を信じてよいかわからなくなりました。

そのため、顧客は信頼できる専門家・プロからの情報を頼りに商品やサービスを購入する時代になると考えます。
顧客にとって一番身近なプロはブランドの従業員、店舗スタッフです。
だからこそ、「E2C(Employee to Customer)」の考え方で、顧客と店舗スタッフのつながりを強化することが大切になります。


▼ D2CからE2Cの時代に変化させるStaff Tech
「STAFF START」は店舗スタッフを通じて顧客と企業のエンゲージメントを向上させる "Staff Tech(スタッフテック)" サービスです。
私たちは"企業"と”店舗スタッフ”、そして”顧客”の3点を「EX」と「E2C」の線でつなぎ、企業価値の向上に貢献します。
(※Eは「Employee」=「従業員」、EXは「Employee Experience」=「従業員の成功体験」を表す)

STAFF STARTの活用により、以下の循環がうまれます。
・店舗スタッフは顧客へオンライン上での接客を実現できる(E2C)
・顧客はオンライン上での接客により購買の動機づけがなされるとともに、スタッフやブランドのファンになる
・企業は店舗スタッフのオンライン上での接客を評価できるようになり、モチベーションアップにつなげます(EX)
・店舗スタッフは評価されることによって、企業へ定着するとともに、オンラインでの接客に意欲的になります
・企業の財産である店舗スタッフがオンライン上でも活躍することで、売上アップはもちろん顧客満足度の向上につながります。

STAFF STARTにより、顧客の満足度、店舗スタッフの満足度が向上し、結果的に企業の価値向上につながるという、好循環がうまれるのです。


▼ CX、DXのための「EX」の必要性
(※CXは「Customer Experience」=「顧客の満足体験」、DXは「接客のオンライン化」、EXは「Employee Experience」=「従業員の成功体験」を表す)
CXの向上には、店舗スタッフのホスピタリティある接客と積極的なサービス提供が必要不可欠です。
企業は店舗スタッフにオンライン業務を求めるだけではなく、店舗スタッフの満足体験である「EX 」を準備しなければ、「CX」は上がらないのです。
この「EX」を前提とした考え方が循環すると、自ずと顧客満足度が向上し企業価値が高まってきます。

STAFF STARTによりオンライン業務の効果測定ができ、個人や所属店舗の評価を可能にします。
評価によって店舗スタッフのモチベーションがあがり、クオリティの高いコンテンツが提供されるようになり、オンライン接客によるファン化が促進。そして結果的に企業価値の向上へとつながりまます。

STAFF STARTは「リアルの現場で働くスタッフの年収を1000万円にする」をミッションに置き、サービスの質を向上し続けていきます。

▼働く環境の魅力
バニッシュ・スタンダードでは自社の社員に対してもEXしています。
以下、弊社らしい制度や取り組みを抜粋してご紹介します!

(1)洋服購入手当
店舗で洋服や靴を購入したものを、月1万円まで会社が負担します。
STAFF STARTは店舗のスタッフさん向けのサービスなので、
実際に接客してくれたスタッフさんや店舗についてしっかり見てもらうために実施している制度です!

(2)メンテナンス手当
身体を整えるために、ジムや整骨院などに通ったり時にはイメチェンなどに対して、月1万円まで会社が負担します。
女性の場合は美容院やネイルなども対象になります。
男性の場合はイメチェンをして、社員の半数以上から支持が集まれば月3万円まで会社が負担します。

(3)ランチ
社内にキッチンがあり、週に1回程度会社でランチが振る舞われ、他部署の人ともコミュニケーションがうまれます。
その他、ドリンクもフリーでコーヒーやお茶、お酒などが飲むことができます

(4)働き方
バニッシュ・スタンダードはビジネス職は「フレックス制度」、エンジニア職は「裁量労働制」を取り入れています。
そして前提として、10時開始、もしくは11時開始で働くこと、出社すること、が基本のスタイルです。
ですが、自分の状況や環境、職種によって、各自が比較的自由にアレンジできる環境です。
例えば、午前中の会議をリモートで参加してから出社する、夕方前に通院しつながら帰宅しリモートで再開する、午前中出社し子供の学校行事で中抜けしリモートで再開する、などがあります。
子供がいる社員も多いのでプライベートでのトラブルなどによる理解があるのは、弊社の特徴でもあります。

▼働く人の魅力
バニッシュ・スタンダードの社員が過去に所属していた企業の業界も個性豊かです。
ファッション業界出身の方もほとんどいません。
スキルも個性もバラバラですが、バニッシュ・スタンダードの社員が一環して持っているものが2つあります。

(1) 仕事に対するプロ意識
職務が違えど、”スタッフのためになるか”を常に自分の業務の軸におき、自分で考え自分で行動できる人が大半です。
他人事ではなく自分事に落とし込み業務を進めるプロフェッショナル集団です。
そして...バニッシュ・スタンダードのパーパス、バリューに共感し、STAFF STARTに対する強い想いを持っています。

(2) ”人”を想う心
サービスの特徴柄もあり「人」を大切に考える人が大半です。
それは社内のコミュニケーションにおいても同様で、日々多くの業務量をこなしている現状でも、誰かが困っていたり相談されたりすると、職種や役職など関係なく全員が他人事と思わず自分のことのように親身になって応えてくれます。

▼エンジニアが語るバニッシュ・スタンダードの魅力
(1)社会貢献度が高い、唯一無二の自社サービスの開発
エンジニアとして新しいプロダクトの企画、設計、開発に挑戦できるのはもちろん、ビジネスサイドが決めたものをただ開発するだけでなく、エンジニアの意見も取り込みながらサービスの拡大をしているのが魅力です。

(2)高トラフィック環境の安定運用とスケール
導入企業数、流通額はいまだ伸長中で、現在月間リクエスト数は50億を超えています。
高トラフィックシステムの安定運用とスケーリングの両方に挑戦できるのが魅力です。

(3)ビッグデータの分析、活用
弊社独自のデータが大量にあります。店舗スタッフを評価につなげるための貴重なデータです。
速度・完全性の求められる集計や新しい活用、開発に挑戦できるのが魅力です。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(8件)

すべて見る

経理・管理・バックオフィス職の求人(2件)


クリエイティブ職(Web)の求人(1件)

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社バニッシュ・スタンダード

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > モバイル/アプリサービス

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり、シェアトップクラス
設立年月

2011年03月

代表者氏名

小野里 寧晃

事業内容

株式会社バニッシュ・スタンダードは、店舗スタッフのDXアプリケーションサービス” STAFF START ”を企画・開発・運営している会社です。

▼STAFF START とは
スタッフの販売力をオンラインにも拡大できる“スタッフDX”サービスです。

スタッフが簡単にスマートフォンやPCから簡単に商品接客投稿ができるようになり、写真や動画、ブログ、レビューなど多彩な接客表現でECサイトのコンテンツを増やすことでEC売上アップや顧客のファン化にもつながります。

これまで評価されてこなかった販売スタッフのオンラインでの貢献度を可視化することにより、貢献を可視化し個人や店舗単位で評価できる仕組みです。

「店舗スタッフの年収を1,000万円にする」をコンセプトにおき、店舗スタッフと企業、顧客の3点を「EX(Employee Experience)」と「E2C(Employee to Customer)」でつなぐ世界観を実現します。

業界はアパレル、アウトドア、化粧品、家具・インテリアなど幅広く導入頂いています。

”現場で働くスタッフの年収をあげる”を軸に、既存機能の拡充はもちろん、新規機能の企画・開発、新規連携など、日々サービスを成長させ続けています!

株式公開(証券取引所)

従業員数

48人

平均年齢

36.9歳

本社住所

東京都渋谷区神宮前1-8-14 ★地下から屋上(4階)まで一棟まるまる弊社です!

この企業と同じ業界の企業

画像なし
TFHD digital 株式会社
東急不動産ホールディングスのデジタルカンパニー
無料登録して話を聞いてみたい
株式会社バニッシュ・スタンダードメインアイコン
株式会社バニッシュ・スタンダード
採用担当
当社プロフィール・求人をご覧いただき誠にありがとうございます!さまざまな職種で採用強化中ですので、まずはカジュアル面談からお気軽にご参加ください♪
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.