お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

PIPELINE 株式会社のPR

PIPELINE 株式会社

日本サイバーセキュリティベンチャー企業 - ボットネット・IoTセキュリティ・脅威ハンターのご興味ありますか?

272195

PIPELINE シンガポールサイバーセキュリティセンター

PIPELINE、新しいセキュリティセンターを発表

https://www.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/00063319.html

業界トップのサイバー脅威知能・脅威データサービスプロバイダーであるPIPELINE株式会社( https://www.pipelinesecurity.jp )は、シンガポールに本拠を置く新しいセキュリティセンターを発表します。

シンガポールにあるブロック71(ICE71)のイノベーション・サイバーセキュリティエコシステム(持続的な発展のためのサイバーセキュリティの推進)の一環としてAPAC地域にさらに優れた脅威情報を提供するためのパイプラインの継続的な取り組みを表します。

この新たな率先的な行動は、中東およびASEANに拠点を置く顧客に対して、サイバー脅威対策のチャレンジの課題を持つ2つの地域に直接販売サポートを提供します。ASEAN拠点の多くの企業が直面しているチャレンジは、脅威インテリジェンスに対して、被害が出る前にどれだけ敏感に反応し早く対処できるかということです。パイプラインはこの問題解決のためにリアルタイム脅威インテリジェンスを提供しています。このリアルタイム脅威インテリジェンスは悪質だと判断されたデータをリアルタイムで顧客に提供することによって、マルウエア、C2サーバー、ボットなどが顧客システムにアクセスしようとする前に信号を与え、顧客への被害をリアルタイムで元から防ぐという役目を果たします。
多くの場合、企業はセキュリティソフトウェア、ファイヤウール、IPS/IDSをインストールするのが解決方法だと考えています。その場合、マルウエア、ランサムウエア、ウイルスなどがシステムに侵入してから探し出し、削除するというのが一般的です。これとは対照的に、パイプラインが提供するリアルタイム脅威インテリジェンスは常にアップデートされる最新な悪質IPアドレスやドメインのリストに基づき、顧客の被害をリアルタイムで守ります。

セキュリティセンターは、コマンド&コントロールサーバー(C2)、マルウエア、悪用されたホスト(ボット)、クリプトマイナー、エクスプロイト(ハッキングのターゲットとなる、情報セキュリティ上の欠陥を突くマルウエア)されたホスト、疑わしいIP、アジア・中東の悪意のあるサイバー脅威データの改善を目指しています。これによってASEAN拠点の顧客をサイバー脅威への保護がさらに強化されます。扉は2019年第1四半期に開設予定で、地域のリアルタイムサイバー脅威データに対する需要の高まりを受け、地域内のインターネット・サービス・プロバイダー、マネジメント・サービス・プロバイダー、金融機関に費用効果の高いソリューションを提供します。

ICE71「ブロック71のイノベーション・サイバーセキュリティエコシステム」は、シンガポールで初めてのサイバーセキュリティに焦点を当てた起業家ハブです。シンガポール国立大学シンガポール(NUS)の創業者であるSingtel Innov8が創業したNUSエンタープライズは、急速に増加するサイバーセキュリティのリスクを軽減するために、コンピテンシーと深い技術を引きつけて発展させることによってシンガポールの成長するサイバーセキュリティエコシステムを強化することを目指しています地域の。

サイバーセキュリティー庁(CSA)とメディア開発庁(IMDA)によってサポートされているICE71は、シンガポール初の総合的なサイバーセキュリティ企業家ハブであり、世界中の初期および成長段階のサイバーセキュリティ企業家や新興企業を支援し、開発しています。


【PIPELINEについて】
パイプラインは、日本国内の一流企業に脅威インテリジェンスの提供とセキュリティサービスをコンサルティングしています。当社のグローバルサイバーセキュリティ専門家チームは、世界水準かつ最良の施策に基づいたソリューションを提供することにより、日本における情報セキュリティの向上に継続的に取り組んでいます。パイプラインは日本のメガバンク、電気通信事業、ISP、その他大手企業に必要不可欠なセキュリティシステムを提供しています。

272198

日本サーバーセキュリティ脅威インテリジェンスデータサービスプロバイダー

PIPELINE Security、Spamhaus Technologyとパートナーシップを締結

https://jp.reuters.com/prcenter/article?id=157496-20180531&type=2

PIPELINE Security、Spamhaus Technologyとパートナーシップを締結

東京を拠点に情報セキュリティソリューションを展開するPIPELINE Securityは、日本とアジア地域において、技術サービスのプロバイダー、そして企業共に世界水準のサイバー脅威インテリジェンスの利用可能のために、Spamhaus Technologyと新たにパートナーシップを締結しました。

日本市場に深いネットワークと知識を持つPIPELINE Securityは、多角的に市場を見定め、精度の高い最先端のサービスを提供することが可能です。

Spamhaus Technologyは、Spamhaus Projectによって開発されたEメールとセキュリティインテリジェンスを提供してきましたが、Spamhaus Projectは現在30億ユーザのメールボックスに対して膨大なスパムやマルウェアから私たちを守ってくれる信頼できる提携企業です。

SpamhausとPIPELINE Securityのサービスを利用することで、インターネットサービスプロバイダー(ISP)や電子メールサービスプロバイダー(ESP)またその他企業は、スパム、マルウェア、ボットネットなど、ネット上の脅威から企業自ら自身の身を守ることが可能となります。

Spamhaus Technology社長シモン・フォスター氏は以下のようにコメントしています。
「両社が業務提携することは、アジア諸国がサイバー攻撃に対して強くなること、アジア市場でのSpamhausの認知度を拡大する狙いがあります。我々は過去20年間に渡ってユーザを保護してきました。PIPELINE Securityと共に優れた協力体制を築き上げ、新たに脅威インテリジェンスをお客様に提供できると考えています。」

PIPELINE Security社長渡辺 アランは次のようにコメントしています。
「サイバー攻撃は急速に進化しており、サイバー犯罪者に先手を打たれないように業界を問わず様々な努力と苦労を強いられています。企業が脅威インテリジェンス戦略を活用して、セキュリティ対策においても事が起こってから反応するのではなく、事前にセキュリティ対策を施していくビジネスモデルへと移行していくことが大切です。Spamhausのリアルタイム脅威インテリジェンスはアジアおよび日本のお客様をサイバー攻撃から守っていくことになると非常に期待しております。」

PIPELINEは、日本国内の一流企業に脅威インテリジェンスの提供とセキュリティサービスをコンサルティングしています。当社のグローバルサイバーセキュリティ専門家チームは、世界水準かつ最良の施策に基づいたソリューションを提供することにより、日本における情報セキュリティの向上に継続的に取り組んでいます。PIPELINE Securityは日本のメガバンク、電気通信事業、ISP、その他大手企業に必要不可欠なセキュリティシステムを提供しています。

<IP アドレスベースのリスト>
・SBL(スパムハウス・ブロック・リスト)既知のスパム送信者のIPアドレスリスト
・XBL(エクスプロイト・ブロック・リスト)スパム送信に利用されるウイルス感染したIPアドレスリスト
・PBL(ポリシー・ブロック・リスト)メールを送信するべきでないIPアドレスリスト
・DBL(ドメイン・ブロッック・リスト)詐欺、フィッシング、有害ソフトのサイトへのリンクに使用されるドメインのリスト
・C&Cノードが利用者のネットワーク上のボットにコンタクトするのをブロックし、利用者をボットネット・トラフィックからブロックするリスト
●ZRD-Zero Dayリスト
・新規に登録されたドメインを自動識別し、ゼロデイ攻撃、フィッシング、スパイウェア又はランサム(身代金要求ウィルス)キャンペーンに対応したブロックリスト
・Cryptominerリスト (BITCOIN Minerリスト)

348038

地域ISP、ケーブルテレビ、ホスティング事業者限定>脅威インテリジェンスにおけるIOCデータの利活用セミナー

https://toyo-slc.com/event/security_seminar_20191031.html

地域プロバイダやケーブル事業者も、サイバー攻撃の標的になる時代です。「自社、自分たちだけは大丈夫」という考えは禁物です。とはいえ…果たしてどのようなセキュリティ対策を取るべきなのでしょうか…。現在、多くの有識者が『サイバーセキュリティの強化には、脅威インテリジェンスが必要』と回答しています。その一方で、脅威インテリジェンスを「しっかり活用できている」と言える企業はまだまだ多くないのではないでしょうか。本セミナーでは、脅威インテリジェンスの中でも最も一般的なIOCデータ(脅威データ)の有効な活用方法について、事例を交えながら分かりやすく解説します。
本セミナーは、国内主要ISPを中心に脅威データを提供しているPIPELINE株式会社様(以下、PIPELINE)との共同開催です。また、株式会社秋田ケーブルテレビ様(以下、秋田ケーブルテレビ)の特別講演も行われます。ぜひこのセミナーを通して、サイバー攻撃の事例と脅威データ活用の本質を学んで頂ければ幸いです。

【PIPELINEとは?】
アジア地域・日本に特化した脅威データ・サービスプロバイダです。 https://pipelinesecurity.net/

348039

ジャパンセキュリティサミット2019」にPIPELINE株式会社の代表取締役、渡辺 アランが登壇、並びに展示出展いたしました。

https://www.sankeibiz.jp/business/news/191203/prl1912031032038-n1.htm

■当日の様子

 多くの来場者から、ユーザーまたはビジネスの保護をどのように改善できるかについてのご質問をいただきました。一部の企業では、最近のマルウェアやランサムウェア攻撃の影響を受け、2週間も業務が停止した事例もお話しいただきました。

 トークセッションでは、「ビジネスのサイバーセキュリティを改善する方法」と題し、企業が既存のデータと脅威データを使用して、ネットワークで起こりうる脅威をよりよく理解する方法について話しました。また、犯罪者がオープンソースインテリジェンスを使用して、電子メール、ネットワークIPまたはドメイン、または攻撃の入り口になる可能性のあるものを発見する方法についても話しました。当社は、ウイルス対策プログラムが検出できない可能性のある悪意のあるアクティビティを特定して防止するサービスを提供しており、よりニーズに合った安全性の高いビジネス環境を構築できるお手伝いをいたします。

348040

第1回セキュリティカフェ開催レポート -ハッカーに狙われているかどうかを自身で診断しよう-

https://wirelesswire.jp/2019/11/73118/

セキュリティカフェは一方通行の話を聞くだけではなく、講義の後にカフェ形式で講師と参加者がディスカッションできるイベントだ。

セミナーではなかなか質問がしにくい人も、懇親会のようなカフェ形式であれば気軽に講師に質問が出来る。講師もセミナーの壇上からでは話しにくいことをカフェ形式ならば自然に話せる。第1回のセキュリティカフェでも実際に講師と参加者の間で活発なディスカッションが行われ、講師と参加者だけではなく、参加者同士のつながりにも発展した。

ハッカーは知名度が高い会社名、利用度の高いサービス名をドメインに使う
アラン氏が経営するPIPELINE社は国内の13万件のインシデントデータを保有しており、ユーザーに脅威データを提供している。同社の保有するデータは、Spamhaus Projectの協力によるものである。Spamhaus Projectは活動21年目のNPO法人であり、90か国のマルウエア、ランサムウエアを集めている。インシデントデータの保有は世界No.1である。PIPELINE社は、Spamhaus Projectのデータの販売を担っているが、独自でもJPCERTと連携して、日本、アジア、アフリカ、中東のデータを集めている。

実際のインシデントの状況はどうなっているのだろうか。「インシデントデータの量では、世界の国別トップ10でアジアが8カ国から9カ国を占める。中国、イラン、インドネシア、ベトナム、ミャンマーなどで多く発生している」とアラン氏は述べた。

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×