転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社いーふらん

  • コンサルティング・リサーチ
  • 商社(卸売)・流通・小売り系

『おたからや』を展開するいーふらんが1兆円企業を目指して躍動。その原動力となる人材を求めている

平均年齢20代
シェアトップクラス
グローバルに活動
残業少なめ

企業について

株式会社いーふらんの主力事業といえば、高級宝飾・時計・地金商『おたからや』を中心とした買取再販事業だ。『おたからや』は全国各地に出店しており、その数は業界トップの1000店舗以上。CMをはじめとしたプロモーションにも力を入れており、知名度という点でも業界トップクラスを誇っている。

ただ、『おたからや』拡大の最大の原動力は「人材であり、お客様に満足いただける接客品質」にあると執行役員 広告戦略本部・部長補佐・八重倉開氏は語る。
「買取事業は、こちらから商品を売り込むといった能動的な営業スタイルではありません。あくまでも、ご自身の資産を売りたいと思っているお客様に、数ある買取会社の中から選んでいただかなければなりません。そのためには、お客様に納得いただける買取額を提示することと、まるで高級ホテルのような質の高い接客を提供することが重要です」

『おたからや』が取り扱う品物は、高級宝飾品やブランド品、地金等、高価なものが中心となる。これらは単価が高いだけでなく、「記念日に親からプレゼントされた高級時計」や「頑張った自分へのご褒美に購入したブランド品」など、所有者の品物に対する思い入れが強いケースが少なくない。だからこそ、適切な買取金額の査定や丁寧な対応が求められるのだという。
「これまでに蓄積した接客ノウハウをマニュアルに落とし込んで、ロープレなどを通じてしっかり身につけられる研修が充実しています。もちろん、査定に関する学びの機会も。こういった育成のベースがしっかりしているからこそ、お客様に評価いただけているのだと思います」(八重倉氏)。

査定の質の高さは、売上を生み出す再販事業においても重要だ。買取再販事業において利益を最大化する鍵の一つは、買い取ってから販売するまでの在庫をいかに抑えるかにある。それには、きっちり売り切れるだけの買取価格を見極めて買い取る必要があるため、精度の高い査定力が求められるのだ。
「売り切るという点では、自社オークションであることもポイントです。スタート時の価格設定など、販売戦略を私たちで練ることができますから。それに、1000店舗以上で、高級宝飾や時計、ブランド品、地金以外にも幅広く買い取っているので品ぞろえも豊富です。そこを魅力に感じて、多くのお客様に利用いただけている点も強みになっています」(八重倉氏)。

自社オークションは2020年からはじめたのだが、すでに業界トップクラスの売買規模に達しているというから、八重倉氏の話にも説得力がある。このように様々な強みを持つ買取再販事業が業績のけん引役となり、同社は24期連続増収増益を達成しているのだ。

同社は、買取再販事業のさらなる拡大に向けて、2024年に『おたからや』の海外1号店としてシンガポールへの出店準備を進めている。また、アジア圏へのさらなる展開に向けて、各国で現地調査にも乗り出している。

ネットビジネス隆盛の時代に、同社がリアル店舗の出店拡大にこだわるのには理由がある。『おたからや』が扱う品物は高級品が多く、フリマサービスで売買するには抵抗を抱く顧客が少なくない。それに、フリマサービスでは真贋の見極めが難しいという課題もある。ネット査定サービスというものもあるが、よくわからない事業者に数百万円、数千万円するような高級品を送るのは気が引けるという人も多いだろう。そのため、信頼のおけるリアル店舗の存在が欠かせないわけだ。

その分、査定工程へのAI導入や査定後の物流のDX化などリアル店舗におけるDX化には力を入れており、業務効率化やスピード化を図っている。同時に、マーケティングの再整備と拡充にも取り組んでいる。
「買取再販事業の対象となるお客様の多くは、資産ともいえる高級品を買い取ってもらう必要性をそれほど感じていない方が大多数を占めています。いわゆる潜在顧客です。このような方々に『おたからや』の存在や利用価値を感じていただき、見込み顧客へと引き上げ、店舗へ足を運んでいただくにはマーケティングが非常に重要であり、その主戦場はデジタルになります」(八重倉氏)。

そこで、同社では広告戦略本部を強化し、マーケティングの専門部隊の育成に取り組みはじめている。現状、マーケティングは外注がメインとなっているが、ゆくゆくは内製化を目指していくという。同社では、高級宝飾・時計・地金事業のほかにも、『温活フィットネス 健康の森』や『水素吸入サロン 健康の森』の展開、PBプロテイン『MUSE(ミューズ)』の販売等を行うヘルスケア事業やゴルフ事業、不動産事業も手掛けており、これら事業のマーケティングを横断的に担っていくことにもなる。それだけに、幅広い自社事業のマーケティングに、しかもこれから成長していく組織に身を置いて取り組んでいけることになる。そこで得られる経験や知見は、自身の成長を後押ししてくれるだろう。

同社は、年商1兆円企業を目標に掲げている。その実現のためには、何よりも「人材が大切」だと八重倉氏は強調する。
「組織成長のカギは経営感覚をしっかり持った人材がどれだけ多く存在できるかにかかっています。その人材の発掘や育成に会社として非常に力を入れています」

経営感覚を磨くという意味では、会長や社長と身近に接しながら薫陶を受けられる環境が挙げられる。本社勤務の場合、同じフロアに会長室、社長室があり、部署の責任者ともなれば、会長・社長と会話をしながら仕事を進める機会が増えてくる。また、同社ではゴルフが盛んで、会長・社長も参加するゴルフ会が週に3回開催されている。ラウンド中は、会話をする機会が豊富にあるので、そこで会長・社長と直接話す機会が得られるそうだ。

部門を超えた社員同士の交流が盛んなのも同社の特徴だ。ゴルフ部や野球部、フットサル部、ダーツ部、スノーボード部(冬季限定)といった社内部活動は活気があり、活動の様子を垣間見ることのできる映像などもつくられている。自社でバスを2台とクルーザーを1台所有しており、月に1回、ミカン狩りやアウトレットなどへ日帰りで出掛ける社内バスツアーや部署単位のクルーザー企画などが実施されているのもユニークだ。本社10階にはリラクゼーション施設もあり、指圧やオイルマッサージなどを受けることもできる。8台あるマッサージチェアは休憩時間ともなると争奪戦になるそうだ。

「何よりも、成果を正当に評価する成果実力主義が社員のモチベーションを高めてくれます。営業職はインセンティブなどがつくので稼ぎやすいものですが、同社の場合は、バックオフィスであっても成果をきちんと評価して給与に反映させています。また、結果を出した人にはポジションが与えられます。私も営業で頑張った成果が認められて、マーケティング部門へ移り、わずか2年ほどで本部の部長補佐となりました。現在は執行役員も務めています」(八重倉氏)。

ただし、仕事で結果を出すには、指示を待ってばかりいてはいけない。同社では、「仕事とは考えること。つくり出すもの」という考え方が浸透しているため、「自身が担当している業務の課題を考え、その解決に向けて積極的に動ける人材でないと厳しい」と八重倉氏は続けた。
「でも、努力をしっかり評価してもらいたい、稼ぎたい、責任あるポジションに就きたいと考える人にとっては、非常にやりがいのある環境です。現在は1兆円企業を目指して事業の充実と人材の拡充に力を入れているところなので、今後はどんどん人が増えていくことになります。そのため、ポジションを得たいと思うのであれば、急成長に伴い新たなポジションが増えていき、かつ人材もそれほど多くない今がチャンスといえます」(八重倉氏)。

募集している求人

企画・マーケティング職の求人(1件)


クリエイティブ職(Web)の求人(1件)

PR

すべて見る

インタビュー

株式会社いーふらんのインタビュー写真
執行役員 広告戦略本部・部長補佐 八重倉 開氏 大学卒業後、総合アパレルメーカーに入社。営業、マーチャンダイザーなどを経験し、自身のさらなる成長と収入アップを目指して、2020年にいーふらんに入社。営業で結果を出した後、広告戦略本部へ異動し、わずか2年弱という期間で、広告戦略本部部長補佐兼執行役員に就任した。

── 広告戦略本部をどのような組織にしていこうと考えていますか?

WebやSNSなど広告は多様化、複雑化が加速度的に進んでいます。そのスピード感に対応できる機敏性や柔軟性を手に入れるため、「戦略部門」、「クリエイティブ部門」において人材育成に力を注いでいきます。目指す組織像は、全員が戦略的思考を持って、売上拡大に向けて考え、動けるチームです。

いーふらんは、広告費として月間10億円ほどを投資しています。この規模感の投資効果をいかに最大化していくか。デザイナーにしても月に100万クリックはあるページのデザインを担当することになります。裏を返せば、いーふらんのマーケティングにおいて大きな成果を上げることができれば、業... 続きを読む

企業情報

会社名

株式会社いーふらん

業界

コンサルティング・リサーチ > その他コンサルティング系

商社(卸売)・流通・小売り系 > その他商社・流通・小売系

商社(卸売)・流通・小売り系 > 総合商社・専門商社

企業の特徴
平均年齢20代、シェアトップクラス、グローバルに活動、残業少なめ
資本金

4億8,000万円

売上(3年分)

20217125億円

20227470億円

20237730億円

設立年月

2000年03月

代表者氏名

代表取締役会長  渡辺 喜久男

事業内容

・高級宝飾・時計・地金事業
・買取事業
・販売事業
・オークション事業
・ヘルスケア事業
・フィットネス事業
・水素吸入事業
・ゴルフ事業
・不動産事業
・フランチャイズ事業

株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

845人

平均年齢

27歳

本社住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい 2-3-3クイーンズタワーB15階

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 ゴンドラ
株式会社 ゴンドラ
8期目でグロス売上100億円突破!カスタマーエンゲージメントを徹底する精鋭マーケティングチーム
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社いーふらんに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.