転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
インタビュー画像ソリューション事業部 関茂 氏 眼鏡・コンタクトレンズの販売会社で経理職を経験した後、2007年8月にプロトシステムに入社。ソリューション事業部に在籍し、大手通信会社の社内ネットワークの運用などを担当。

これまでのキャリアについて教えてください。

学校を卒業してから2年半ほど、眼鏡やコンタクトレンズを販売する企業で経理の仕事をしていました。ところが、その企業が他社に買収されることになり、やむなく退職することになりました。再び、就職先を探す必要に迫られたのです。 そのとき思い浮かんだのが学生時代に勉強したコンピューター関連の技術を活かせないかということでした。そこでパソコンスクールに入学して、LPIC(Linux技術に関する認定資格)のレベル1という資格を取得してから、転職活動を行う中で出会ったのがプロトシステムでした。

なぜプロトシステムに入社を決めたのですか?

私が面接に訪れたときは、ちょうど当社の体制が大きく変化し、さらにビジネスを拡大しようとしているところでした。面接官の方から、これから立ち上がる新しい会社紹介のホームページを見せていただき、将来的なビジネス展開などについて熱心に語っていただき、とてもフランクで親しみやすい印象を受けました。 これから作り上げていく部分が大きい会社であり、その中で働くのは非常にやりがいのあることだなと。自分の場合、その点に関して不安を感じるよりも楽しみのほうが大きく、魅力を覚えました。 それから企業理念である「従業員第一主義」についても、非常に真剣に取り組んでいることがひしひしと感じられたことも入社への大きな決め手となりました。

現在の仕事内容について教えてください。

先輩社員の方々と大手通信会社の社内ネットワークの運用業務を行っています。ほとんどの時間はお客様の施設に常駐しての作業で占められています。 仕事を始めたばかりのころは、LPICの資格を取得していたにもかかわらず、分からないことだらけでした。お客様やメンバーとの打ち合わせでも、日本語を話しているのは分かるけど、知らない単語ばかりが飛び交い意味が分からない(笑)。打ち合わせが終わって、親しい先輩社員に「さっきの話はどういう意味ですか?」と聞いたりしていました。 最近になってようやく資格を取るために覚えたことが、「あれは、こういうことだったのか」という感じで実際の業務と結びつけて考えられるようになってきました。

どのような部分にやりがいを感じていますか?

仕事をしていておもしろいと感じるのは、トラブルが起きたときにメンバーが一丸となって復旧に動き出す場面です。前職の経理の仕事は自分一人で完結する部分が多く、チームで何かをするという機会はほとんどなかったので……。もちろん、トラブルがなければそれに越したことはないのですが、メンバーがわっと集まり対処する場面に身を置き、自分もその一員として貢献できる環境に刺激を受けています。 ただし、システムは24時間365日稼動が原則なので、突発的なトラブルに対応するのは大変ですね。

会社の雰囲気はどうですか?

面接時に受けていたフランクな印象は、まったく変わっていないですね。いい意味で上下関係が厳しすぎず、働きやすい環境だと思います。私の場合、業界未経験で入社したのですが、お客様の施設に常駐する際にも周りに先輩社員の方々がいるので、大変心強く感じています。 ちなみにランチミーティングは、仕事上の悩みを聞いてもらえるだけでなく、会社の負担でおいしい料理を食べられるので、ちょっとした楽しみになっています(笑)。

今後の目標について教えてください。

現在は先輩社員の方々にいろいろ教えていただきながら仕事をこなしている状況ですが、2~3年後には技術者として独り立ちして仕事を任せていただけるだけの力をつけたいです。 そのために現在レベル1の資格をもっているLPICで、もう一段上のレベル2を取得できるように勉強を始めたいと思っています。

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 エージェントグロー
株式会社 エージェントグロー
「SES業界に、新基準を」をミッションに掲げ、「案件選択制度×単価評価制度」を日本全国に広げ労働環境を変えていく。
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • システムインテグレータ・ソフトハウス
  •  
  • 株式会社プロトシステムの中途採用/求人/転職情報
  •