転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

ソホビービー株式会社

  • IT/Web・通信・インターネット系

<事業拡大フェーズ>Salesforce導入提案・開発・運用のワンストップサービスと自社AIプラットフォーム事業を軸に顧客企業のDXを支援

上場を目指す
自社サービス製品あり
グローバルに活動
残業少なめ
カジュアル面談歓迎

企業について

ソホビービー株式会社はSalesforce導入におけるコンサルティングから設計・開発・運用までのワンストップサービスと、Webシステム開発を軸に展開する企業だ。15年以上にわたり金融・製造・サービス業等、業界を問わない数多くの顧客の問題解決に貢献してきた。近年はマルチクラウド環境やAIといった先端技術を組み合わせたシステム設計・開発を積極的に手掛ける。顧客のニーズを的確に理解して提案する問題解決力と、それをシステムとして具現化して提供できる高い技術力が強みだ。
一方でAIプラットフォームの自社開発にも積極的に取り組み、「AIといえばソホビービー」という市場における地位の確立を目指す。
地道な歩みで経営基盤を固めた同社は、満を持して成長フェーズに突入する。
新たな局面を迎え、事業拡大の核となる人材を募る。

同社は2006年4月に代表取締役の朱力敏氏が創業した。中国上海出身の朱氏は中国の大学を卒業後に日本語を学び来日する。探求心が旺盛な朱氏はWeb開発エンジニアとして働きながら、日本の言語や文化の学びを深めていった。
そして「資本主義の国で資本主義を実践したい」と、2006年に夫・仲間と共にソホビービーを設立する。
Web開発を中心に受託する中、2007年にSalesforceのデータ移行プロジェクトに携わったのを機にSalesforceの取り組みを本格化した。
その後リーマンショックによる売上の落ち込みがあったが、経営努力によって危機を脱する。
真摯に顧客へ向き合う細やかで柔軟な対応が評価され、取引先は広がっていった。
そこから派生して、国立大学医学部とAIの共同研究をスタートする。
その後、中国のメジャー大学を優秀な成績で卒業した人材の採用に成功。高い能力を持つ人材が組織の基礎となり、同社は着々と成長を遂げていった。

朱氏は今後の展望について力強く語る。
「数年で急激な成長を遂げたスタートアップと比較すれば、当社のペースはゆっくりしたものかもしれません。しかし15年という長い年月をかけてSalesforceのあらゆる製品に精通し、日本のみならず東アジアの様々な分野の企業に提案と支援を行ってきました。地道な取り組みによって、高い技術力と圧倒的な経験値を得ることができたのです。自社AIソリューション事業ではユニークな実証プロジェクトが複数進行中で期待できます。組織面では日本の商習慣や採用事情に詳しい人材を招き入れ、採用面を強化して当社初となる営業チームを立ち上げました。設立当初から資金面の支援をしてくれる信用金庫とは、とても良い関係を築いています。このように地道に経営に励んできて、ようやく基盤が固まりました。ここからアクセルを踏み込み、成長スピードを加速します」

Salesforceは世界No.1の顧客管理・営業支援のためのクラウドサービスで、日本でも5,000社以上の企業が利用する。しかし米国発のSalesforceは日本市場ではまだまだ開拓の余地があり、成長性は高い。
そのためSalesforceを手掛けるSIerは多いのだが、同社は日本市場での黎明期から導入支援を行ってきた。豊富な実績を通して得た圧倒的な製品知識と技術力、細やかなコミュニケーションによるコンサルテーションが強みだ。
今後は自社AIプラットフォーム開発で培うAIの知見とTableauとのパートナーシップを活かし、「Salesforce×AI×Tableau」を前面に出すブランド化に取り組む。

もう一方の注力事業である、自社AIプラットフォーム『HAMPANAI AI』にも注目したい。
『HAMPANAI AI』は少量のデータで、より良い精度を実現するAIクラウドサービスである。AIに関する専門知識を持たない人でも簡単な操作で、AIによる分析・予測を実行できるのが特徴だ。汎用的なAIプラットフォームとして、売上予測や新規店舗出店予定地の策定、検品作業や商品分類等、幅広い分野で活用できる。直近の事例は以下の通りだ。
●パチンコ新台の稼働状況予測(CSVデータ)……手動計算誤差約30%から10%と、予測精度向上を実現した。
●飲料メーカー工場でのラベル剥がれ・印字チェック(画像データ)……複数人体制で行っていた検査は、土日祝日とピーク稼働時に人員不足に陥っていた。同AI導入により人員不足と検査品質のバラツキを解消した。
●海苔の等級判定(画像データ)……人目で行っていた判別作業では人員の高齢化と季節労働の雇用形態が課題となっていたが、課題解決に貢献。また導入当初は7等級の判別だったが、現在は25等級まで判別できるようになった。今後パッケージ化して、各漁協向けに販売する計画である。

他にもJRとの協業による「改札前の滑りやすさ」の判定や、食品工場ラインでの不良品の自動判別等、いくつもの実証実験が進行中だ。
朱氏は「Salesforce導入案件でヒアリングする様々な課題は当社のAIソリューションの知見にもなっていて、恩恵を受けています。Salesforce導入支援事業とAIプラットフォーム事業の両輪体制が相乗効果を発揮し、ビジネスの良い循環が生まれつつあります」と話す。

新しく立ち上がった営業チームはAIプラットフォーム事業において、営業活動はもとより展示会への出展やマーケティング、広報活動にも積極的に携わっている。
エンジニアは幅広い技術に触れ、先端技術を取り込みながら課題解決に繋がる開発を進める。
ある社員の「専門であるAIモデル作成以外に、スマホアプリの開発も担当した。思ってもいなかったチャレンジで楽しい」との言葉が印象的だった。
各部門の社員がモチベーション高く職務に取り組む様子が伝わる。成長フェーズを迎え社内は活気付いており、全社一丸となって事業拡大に挑んでいる。

元々は中国籍の社員が多かったが、現在は外国籍社員と日本人社員の割合は1:1。
「人」を大切にする理念を持つ朱氏の下で明るく和やかな組織文化が醸成され、社内のコミュニケーションは活発だ。外国籍の社員は皆日本語を話すことができ、会話に不都合はないという。
日本人社員は「我々とは日本語での会話ですが、中国の方同士では中国語が飛び交い、声も大きいので社内は活気のある雰囲気になっています」と話す。

勉強熱心な風土も特徴的で、朱氏も社員にはとにかく熱心に勉強してほしいと力を込める。
SalesforceはTrailheadという公式の学習プログラムが用意されているので、自己学習が進めやすい。各自の学習成果や資格取得に向けた勉強の進捗発表の場を設けることで、会社として学びを後押しする。資格取得費用の負担や一時金支給・昇給制度、書籍購入補助も用意している。
あるエンジニアは「中国はIT・AIの先進国なので、見つけた中国語の文献を訳してもらうことがあります。いち早く最新の情報をキャッチアップできるのでありがたいですし、優秀な方に教えてもらうことでスキルアップが叶います。そして皆さん非常に勉強熱心なため、刺激になって学習のモチベーションがアップします」と話す。

社員からのアイデア出しや提案を歓迎しており、「アイデアカード」という新たにつくった仕組みの中で、誰もが自由に意見を登録できるようにしている。
直近では入社間もない若手社員による会計処理の改善案が採用され、本人がソリューションをつくり評判は上々。入社年次や役職にかかわらず、個人の努力次第でやりたいことを実現できる環境だ。
貢献に対しては、インセンティブが還元される仕組みも導入予定である。

集中力を発揮して効率良く業務を進めるカルチャーで、残業は極めて少ない。オンとオフのメリハリを大事にして、就業後には食事に行ったり休日にはバーベキューやスポーツを楽しんだりと、フレンドリーな交流が行われている。
社員インタビューでも、「いい人ばかりで働きやすい」「遊ぶ時は遊ぶ楽しい雰囲気」「社員同士の仲が良い」とポジティブな意見が並んだ。
学習意欲が高くスキルアップを望む人材が、ストレスを抱えることなく成長できる会社だ。

募集している求人

営業職の求人(1件)

PR

すべて見る

インタビュー

ソホビービー株式会社のインタビュー写真
代表取締役  朱 力敏氏 中国上海出身。 中国の大学を卒業後、日本語を一年間勉強し、OJTで来日する。 Javaの先駆けの時代に、日本語を勉強しながらWeb開発エンジニアとして勤務。2006年に夫と仲間達と共にソホビービー株式会社を立ち上げ、資本主義の国で資本主義を実践している。 現在は二児の母。趣味はジョギング。 好きな言葉は「優秀さとは、行為ではなく、習慣なのだ」

── 起業の経緯と設立から現在に至るまでの沿革について教えてください。

海外志向が強く、大学卒業後に日本語を学んでOJTで来日しました。中国本社に戻る話もありましたが、日本の文化や言葉にもっと触れたかったですし、資本主義の勉強もしたかった。
そのため日本国内で転職しました。そこが独立しやすい環境だったこともあり、失敗してもいいというカジュアルな気持ちで夫と仲間の四人で会社を立ち上げました。社名にはSOHOにBig Businessを略したBBを組み合わせ、「小さく始めて、大きなビジネスにしたい」という願いを込めています。

2007年からSalesforceへの取り組みを開始し、伸ばしていこうという矢先にリーマンショッ... 続きを読む

求職者の声

企業情報

会社名

ソホビービー株式会社

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > システムインテグレータ・ソフトハウス

IT/Web・通信・インターネット系 > ITコンサルティング

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり、グローバルに活動、残業少なめ
資本金

900万円

設立年月

2006年04月

代表者氏名

代表取締役 朱 力敏

事業内容

1.AIソリューション
国立大学医学部との共同研究からスタートしたAI事業。
ディープラーニングによる自社開発AIプラットフォーム『HAMPANAI AI』は、製造業への外観検査(傷や汚れの検品)を中心に事業を展開しています。
2021年からは総合商社・兼松(株)とパートナーシップを締結し、さらに導入を加速しています。

2.Salesforce導入支援
近年日本での認知が広がっている世界最大手CRM(顧客管理システム)の『Salesforce』。
Salesforceが日本における黎明期の頃から、弊社は導入支援を行ってきました。
蓄積された技術と経験をもって、名だたる有名企業への導入コンサルティングをしている弊社の主要事業です。

3.Webアプリケーション開発
2006年の創業以来、お客様よりご要望に応じて様々な業務系システムや商用系アプリの開発を手掛けています。
近年はECのストア開発や医療機関・大学病院からのヘルスケアアプリ開発のご依頼が多く、当事業を通じて生活インフラの改善に貢献しています。

株式公開(証券取引所)

従業員数

49人

本社住所

東京都千代田区外神田3-16-8 秋葉原三和東洋ビル3階

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
無料登録して話を聞いてみたい
ソホビービー株式会社メインアイコン
ソホビービー株式会社
採用責任者 松本恵子
今までのキャリアについて聞かせてください。 そしてこれからのキャリアを一緒に創造しましょう。 ご応募お待ちしております!
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • システムインテグレータ・ソフトハウス
  •  
  • ソホビービー株式会社の中途採用/求人/転職情報
  •