転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録

株式会社WDC

  • 金融・保険系

世界を目指す!正直なロボット保険ガイド「リアほ」を開発・運営するインシュアテック(保険DX)企業

上場を目指す
自社サービス製品あり

企業について

私たち株式会社WDCはAI保険アドバイザー「リアほ」を提供しています。「リアほ」は、古い慣習が残る保険業界において、AIの活用によってデジタル時代に合わせた保険提案を実現させるべく、2022年6月にスタートしました。

リリース後多くの反響を頂き、多くの保険代理店との共同事業が実現。この共同事業を通じてさらなるサービスの拡大を進めている中で、今年8月前澤ファンドからの出資を受ける事になりました。それと同時にMZDAO(前澤ファンドが運営する約15万人が所属する、スタートアップ応援コミュニティ)からの熱いサポートも受け、次のステップへ進む準備が整いました。プロダクトに更に磨きをかけ発展させるべく、第二創業期としての創業メンバーを募集することになりました。

私たちの挑戦は単なる技術チャレンジではありません。保険業界で10年以上働き、数々の功績を各社で残してきた代表の上石が感じた、保険業界の課題を解決することが「リアほ」の最大のミッションです。
保険業界の課題とは、主に伝統的な対面契約ルールです。
世界3位のビッグマーケットにも関わらず、世界と比べても著しくデジタル化が遅れています。特に、保険加入者のボリュームゾーンは若い夫婦、妊娠出産期や子供の小さい共働き世帯です。これらのお客様は非常に忙しく、対面契約ルールは実情に合っておらずとても不便、結果的に最適な保険を選ぶ事ができずに損をしていたり、後から後悔されている例を多く見てきました。

例えば、ヨーロッパの国々ではデジタル化が進んでおり、特にドイツやフランスのInsurtech企業はオンラインプラットフォームを通じて保険商品やサービスを提供しています。これにより、顧客は複数の保険会社からの保険ポリシーを比較・購入することができ、保険プロセスをより便利でアクセスしやすくしています。しかし、日本は伝統的な対面契約ルールに阻まれてこのようなことができていませんでした。しかし、近年のコロナの影響によりオンライン営業など保険募集の緩和が進み転機が訪れました。

今後5年以内に「保険といえばリアほ」と多くのお客様に知っていただき、10年後には市場シェアの10%を担えるくらいのサービス展開を目指しています。

WDCの働く環境はフルリモート、フルフレックスです。規定の労働時間の中で、始業も終業も自分自身で決めることができます。自由に働くことができるので自己管理が必要ですが、仕事もプライベートの時間も自分自身で調整ができます。

また、フルリモートなのでオンラインコミュニケーションも社員で色々な工夫をしています。コミュニケーションツールの活性化など。そんな中でも昨年は全社員がオフラインで集まったイベントも行いました。

働く環境は社員の意見も反映させることができています。


WDCのミッションは、世の中の全てに「わくわくドキドキ」を!
「わくドキ」は社員の合言葉となっています。
その行動指針となっているのが、
・自ら動いて自らことを起こそう!
・圧倒的リスペクトを!
・未知なる感動体験を!

代表の上石がとても大事にしている指針です。
バリューがリニューアルしてからまだ日が浅いので、バリューの浸透をこれからどんどん活性化させていくフェーズです。バリューを軸に会社を創っていくことに携われる経験もできます。

株式会社WDC 代表取締役社長の上石です。
株式会社WDCのロゴは、富士山の向こう側から日が昇る様子を描いています。
このロゴにこめた思いについて書きたいと思います。

■なぜ富士山なのか? なぜ青色なのか?
私たちは、日本で活動している会社ですが、将来的には世界へ羽ばたくことを目指しています。会社のロゴを決めるときは「日本の会社であることが一目で分かるモチーフを」と考え、富士山を選びました。ロゴ全体の色味は青色です。私自身が青が好きですし、日本のサッカーチームが大切にしている「サムライブルー」にもヒントを得て、青色にしました。
そして、社名の「WDC」もこのロゴの中に描かれています。富士山の冠雪の下のラインが「W」、富士山に反射する太陽の光が「D」、そして太陽のラインが「C」です。

■世界へ羽ばたく会社にぴったりのロゴを作りたい
会社設立の時点で、日本の人口は1億2700万人でした。日本だけでなく、世界にいる約80億人の人々のために仕事をしていきたいという思いをロゴに込めました。世界のどの国の人が見ても、「日本の会社であること」「WDCであること」を分かってもらえるような、他にはないロゴを作りたかったのです。このロゴを決定するまでに、類似のロゴがないかを調べ、他にはないデザインであることを確認もしています。このロゴを見て「富士山だ」と気づくのは、海外の方のほうが多いです。
海外の方には「日本でWDCという会社が頑張っている」ことが伝わっていくよう願っています。

■ロゴ作り、会社作りに協力してくれた仲間への感謝
このロゴを作るには、とても実力のあるデザイナーの協力を得ることができました。
「富士山をモチーフにしたい」
「世界の人から一目でWDCのロゴだと分かってもらえるようにしたい」
と伝え、3点ほど素案を出していただける予定でした。でも、「すごくよいロゴができたので、ぜひこれを!」と、デザイナーが提示してくれた、たった1つの案を僕たちも一目で気に入ったのです。

ロゴの件に限らず、会社設立から現在まで、よい人材との出会いに恵まれました。会社を運営する仲間を募ったときには、僕よりずっと優秀な人材が、立場や収入などを捨てて集まってくれました。現在取り組んでいる「リアほ」の開発をはじめ、弊社の事業内容に「夢がある」「生命保険の世界にイノベーションを起こせるかもしれない」と、共感してくれる人が多いことを感じます。
雇用の場面だけでなく、様々な場面で、何百人もの人に、弊社の事業内容をお話ししてきたのですが、ネガティブな反応をする人はほとんどいませんでした。「すごく面白いね」「ポテンシャルがすごくあるよね」とおっしゃる方が本当に多いです。

■一目ぼれしたロゴと共に未来へ
弊社は「リアほ」を通して、140年以上続いてきた生命保険の世界にイノベーションを起こすことを目指しています。
これからもっと会社、そして「リアほ」の認知度を上げて、「WDCといえば『リアほ』を運営している会社だ」と知っていただくことがスタートだと思っています。そして、富士山に日が昇るロゴを見て「生命保険の世界が変わっていく」ことをイメージしていただきたいです。保険といえば「担当者に会って契約をしなければいけないから、納得いかなくても流されて契約してしまう」と、思っている人が多いのです。そのような世界を変えたいと思っています。そしてWDCという会社については、「この会社で働いてみたい」と思われるような存在になっていきたいです。会社は人が作るものなので、自己成長ができる人とともに会社を育てていきたいです。向上心があって、仕事を通して自己成長を目指していける人と一緒に、生命保険の世界にイノベーションを起こす瞬間を味わいたいと思っています。

募集している求人

経営・CxO職の求人(1件)


企画・マーケティング職の求人(1件)

PR

すべて見る

社員の声

すべて見る

企業情報

会社名

株式会社WDC

業界

金融・保険系 > 生命保険・損害保険

企業の特徴
上場を目指す、自社サービス製品あり
資本金

469,699,315円

設立年月

2020年06月

代表者氏名

上石泰義

事業内容

・生命保険募集に関する業務並びに損害保険及び少額短期保険の代理業
・IT(情報技術)事業の開発、提供及び管理

株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

26人

本社住所

〒273-0005 千葉県船橋市本町5丁目2番地1号3階

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:マイコミュニケーション 株式会社
マイコミュニケーション 株式会社
Dynamics 365を中核に構築した自社システムが実現する、高品質な保険サービス
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社WDCに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.