お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

SEモバイル・アンド・オンライン 株式会社の中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

485403

SEモバイル・アンド・オンライン 株式会社

エンタテイメント事業部は25年以上ゲーム開発を行っています。安定とチャレンジの両軸でさらなる成長を目指します。

「自社ゲーム」と「開発支援」を持続可能な成長サイクルへ

ITを活用し、ゲームやエンターテインメントサービスをはじめ、システム開発からマーケティングまで幅広いソリューションを提供する、SEモバイル・アンド・オンライン株式会社。同社は、スタンダード上場企業SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ株式会社(前身の株式会社翔泳社から2006年に分社化した)戦略的子会社だ。今回フォーカスする「エンタテイメント事業部」は単独で拠点を構え、同社のゲーム・エンターテインメントサービスを担っている。

エンタテイメント事業部は「自社ゲームタイトルの開発・運営」および「クライアントへのゲームプロダクト開発支援」という二つの領域を手掛けている。まずはそれぞれの実績を紹介しよう。

自社ゲームタイトルの開発・運営は、PCブラウザゲーム:農園シミュレーションゲーム『ハッピーベジフル』、スマートフォンソーシャルゲーム:『毎⽇こつこつ俺タワー』、Nintendo Switchダウンロード版:アクションパズルゲーム『Dokuro』など、主にカジュアルなゲームを得意として開発・運営を手掛けている。特に『ハッピーベジフル』は10年以上の運営実績があり、未だに多くのファンに愛されている同社の売上を大きく占めている自社ゲームサービスだ。また『毎⽇こつこつ俺タワー』は一定のファン層に数年支えられており、Twitterなどのコミニュティが活発なコンテンツになっている。

クライアントへのゲームプロダクト開発支援は守秘義務のため名称は公開できないが、
以下のように多数の実績を誇り、誰もが知っている有名企業や大型タイトルまで幅広く対応している。
<主な実績>
◇スマートフォンゲーム:有名漫画雑誌版権・パズルゲーム/人気有名ゲーム版権・恋愛/人気アニメ版権・アドベンチャー/オリジナル・アクションシューティング/人気アニメ版権・シミュレーションRPG/人気アニメ版権・コマンドバトルRPG/人気漫画版権・格闘/ハイパーカジュアル(多数)/位置情報ゲーム
◇PC・コンシューマーゲーム:人気リズムゲームシリーズ/オリジナル・タクティクスRPG/ギミックアクション/有名ロボット版権・FPS
◇その他プラットホーム:PCライブビューイング向けHTML5ゲームなど多数

同事業部の最大の特徴は、二つの領域の売上構成において偏りがなくバランスがとれている、という点だ。その秘訣を、同事業部取締役事業部長 尾崎耕平氏は「ストイックな自社コンテンツの運営と、高い成約率・リピート率を誇る開発支援業務にある」と語る。

そして同事業部は、どちらかに偏ることなく成り立っているこのバランスをそれぞれに強化・成長させ、組織体制を更に進化させようと考えている。その際に重要な役割を担うのが、ゲームプログラマー経験者だ。

458965スタンダード上場企業SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ株式会社の戦略的子会社でITを活用し、ゲームやエンターテインメントサービスをはじめ、システム開発からマーケティングまで幅広いソリューションを提供する同社。
458955同事業部はプレイステーション黎明期からゲーム開発を行っている、近年の実績ははオンラインゲームやダウンロードゲームになってきており、写真は過去制作したゲームパッケージの一部抜粋である。
458978

若手・中堅・シニアクラスの社員それぞれが最大限パフォーマンスを発揮できる環境作りを目指す

同事業部では3年前から、新しい取り組みをスタートさせており、「自社ゲームタイトルの開発・運営」と「クライアントへの開発支援」を持続可能なサイクルに成長させるために力を注いでいる。

以前はゲームを一式受注して制作する受託開発も手掛けていたが、対外的なビジネスは主にクライアントが進めるゲームプロダクトへの開発支援業務にシフトした。この切り替えによってクライアントへのサービスレベルの向上と、安定的な売上が見込めるようになり、年間の利益計画が想定できるようになったことから、その利益を自社ゲームタイトルへのトライアル原資にあてることが可能になってきた。

しかし自社ゲームタイトルの成功は想定してできるものではなく、よりトライアルできる環境を増やしていく必要がある。
そこで原資のベースとなるクライアントへの開発支援業務の拡大が必要になってくる。

新卒や未経験者はいきなりこの開発支援業務にアサインすることはまずできない。クライアントの信頼を得るためには経験者の知識・スキル・コミュニケーション能力が重要となり、その信頼がリピートに繋がっていくためだ。
「新卒から“開発支援業務”にメインで携わっていくためには現場経験が最低3~4年はかかる」と尾崎氏は話す。

そこで、新卒は同事業部が行う研修を通して知見を身に付けるために、まずは自社ゲームタイトルの新規開発・運営を行っていく。
そこで得た技術スキル、経験をもとに自社ゲームタイトルのさらなる成長を目指すか、もしくははじめてクライアントへの開発支援に携わっていけることで同事業の拡大を狙っていけることになる。

このサイクルを成長させることで、自社ゲームタイトルの開発も更に力を注いでいくことができる。原資を増やすことで、自社タイトルのトライアルを増やしながら、前項で紹介した『ハッピーベジフル』に続くヒットを狙う。これが、同事業部がテーマとしている今後志す“持続可能な成長基盤の構築”だ。

ここで重要になってくるのが、ゲームプログラマー経験者の存在である。

自社ゲームタイトルの新規開発が軌道に乗るまでは、クライアントの技術開発支援の現場におけるゲームプログラマー経験者のパフォーマンスが、大きなカギを握っているのだ。

もちろん要望するだけではない。次項で紹介するように、同事業部では社員の意見を基に様々な福利厚生制度を用意した。また、将来のキャリアプランの選択肢を増やすべく、社内のナレッジを統一していく“業務支援グループ”の創設する準備を進めている。

クライアント開発支援からの将来のキャリア転換として、自社ゲームタイトルの開発・運営で新しい技術のコア部分に触れながら、新卒のアドバイザーとして携わってもらうポジションを用意。
その結果、自分の将来像を見据えながら、若手・中堅・シニアクラスの社員それぞれが能力を最大限発揮して活躍できる。そんな環境を整えようとしているのだ。

「このような当事業部の将来像と、「持続可能な成長サイクル」の実現に向け、取り組みに共感してくれるようなゲームプログラマーに、是非参加してほしいと考えています」(尾崎氏)。

458959今回フォーカスする「エンタテイメント事業部」は単独で拠点を構え、同社のゲーム・エンターテインメントサービスを担っている。
458976同事業部が手掛けているのは、農園シミュレーションゲーム『ハッピーベジフル』等の自社コンテンツの開発と、誰もが知っている有名企業や大型タイトルまで幅広く対応するクライアントへのプロダクト開発支援の2軸。
463649

「社員の働きやすさ」に対するこだわりを、社員の意見を活かした制度に反映

同事業部では、様々な福利厚生制度を新設した。そのほとんどが社員からの意見を参考にしている点に、「社員の働きやすさ」に対するこだわりがうかがえる。いくつか紹介しよう。

■エンタメ補助制度
各自が自己啓発のために投資するものに対して、毎月3,000円を上限に費用の補助を行う制度。エンターテインメントを惜しみなく追求できるよう、経費の補助の対象は技術書籍等の教材に限定していない。

■チャレンジ応援制度
新たなスキルを習得するにあたり、本人が希望する外部講習等に対し、受講費の一部会社負担(上限は年間5万円)等を行う制度。

■生産性向上応援制度
業務に必要な機材や備品等を貸与する制度。時代の変化やプロジェクトにより必要になるものが個人で変わってくる。そのため事業部で一律支給ではなく、各自が気軽に上司に相談・申請ができるところがポイントだ。

■懇親会補助制度
同事業部では、良い仕事やアイデアの創造は、普段の社員同士の交流で生まれると考えている。そこで多くの社員同士が、誰でも気軽に情報共有・交流を行える環境を作るため、同制度が設置された。
時代の流れに合わせてオンライン飲み会も対象となっている。

このような環境の中で、同事業部では次々に優秀なゲームプログラマーを輩出している。

「以前、自社でスマートフォン向けのカードゲームを開発した時に、自分が中心になって開発を進める難しさを学びました。ゴールは決まっていても、どういうプログラムを書くかによってその後の開発しやすさ、ゲームの安定性、製品としてのクオリティーが変わってきますから。今はその経験を開発支援に活かし、顧客に様々な提案を行っています」(プログラマー S・T氏)。

「開発支援の魅力は、常に新しい環境にジョインできることです。開発に使うゲームエンジンは同じでもプログラムの書き方は変わりますし、顧客の開発環境に触れるチャンスもあります。その経験を、これからは若手の育成に役立てたいと考えています」(プログラマー Y・K氏)。

彼らもいずれ「次」を見据えて、自社でさらに新しいキャリアを築いていくことになるのだろう。「自社ゲームの開発・運営」と「クライアントへの開発支援」の「持続可能な成長サイクル」を見据えた取り組みに向けて歩き始めた同事業部は、多くのゲームプログラマーにとって働きがいのある、参加する価値のある環境だ。

458966最大の特徴は、二つある事業の売上構成がバランスが取れているという点だ。今後もどちらかに偏ることなく成り立っているこのバランスを強化し、組織体制を進化させようと考えている。
458971その際に重要な役割を担うのが「ゲームプログラマー経験者」だ。
461411

SEモバイル・アンド・オンライン 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、SEモバイル・アンド・オンライン 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 SEモバイル・アンド・オンライン 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
資本金 1000万円
設立年月 2006年10月
代表者氏名 代表取締役社長 伊藤 文彦
事業内容 エンターテインメント事業
・ゲーム、エンターテインメントサービスの提供
・ゲーム、エンターテインメントサービスの受託開発、運営

ウェブソリューション事業
・ウェブサイト、スマートフォンアプリ制作
・マーケティング支援 ・システム受託開発、運営
・WEBメディア事業
従業員数 45人
本社所在地 東京都新宿区舟町5 SE舟町ビル
485403

SEモバイル・アンド・オンライン 株式会社資本金1000万円設立年月日2006年10月従業員数45人

エンタテイメント事業部は25年以上ゲーム開発を行っています。安定とチャレンジの両軸でさらなる成長を目指します。

この企業が募集している求人

458971
企画書・仕様書作成 ・データ設計 ・スクリプト・パラメータ入力 ・バトルなどの数値や数式設計など<ゲームの面白さ>を作っていただきます。
ゲームプランナー/企画・仕様制作・各種パラメータ入力など経験3年以上:カジュアル面談からOKです。

当社のゲームプランナーとして、自社ゲームやクライアントのゲーム開発における開発支援を行います。 ディレクターとプロジェクトの趣旨を共有し、より面白い内容にすべく、各種仕様を設計していただきます。 また、ユーザーの動向を想定したゲームバランスなども調整していただきます。 担当するプロジェクトや任される範囲は、経験スキルにより相談の上、決定していきます。

458971
コンセプトアートやキャラクターデザイン・UI・エフェクト・各種部材など、ゲーム内で使用される2Dグラフィックを担当いただきます
2DCGデザイナー/コンソールゲームやスマートフォンゲームでのデザイン経験3年以上:カジュアル面談からOKです。

当社の2DCGデザイナーとして、自社ゲームや客先のプロジェクトにてデザイン業務を行います。 ディレクターやプランナーとプロジェクトのテーマを共有しUI/UXデザインや各種部材制作を担当していただきます。 担当するプロジェクトや任される範囲は、経験スキルにより相談の上、決定していきます。

458971
コンソールゲームやスマートフォンアプリなど多岐にわたるプログラム開発をお任せします!
ゲームプログラマー/コンソールゲームやスマートフォンアプリ開発経験3年以上:カジュアル面談からOKです。

当社のゲームプログラマーとして、クライアントのゲーム開発における技術開発支援を行います。 担当するプロジェクトや任される範囲は、経験スキルにより相談の上、決定していきます。 【弊社が開発支援した近年のプロジェクト一例】 大手メーカーの支援がほとんどです。 ■スマートフォンゲーム開発・運営 ・有名漫画雑誌版権パズルゲーム ・人気有名ゲーム版権恋愛 ・人気アニメ版権アドベンチャ...

458971
3D開発ツールを用いたモデリング・モーション・シーン演出・エフェクトなどゲーム内で使用される3Dグラフィックを担当いただきます
3DCGデザイナー/モデリング・モーション・シーン制作など経験3年以上:カジュアル面談もOKです。

当社の3Dデザイナーとして、自社ゲームや客先のプロジェクトにてデザイン業務を行います。 ディレクターやプランナーとプロジェクトのテーマを共有し3Dアセット制作やモーション制作を担当していただきます。 担当するプロジェクトや任される範囲は、経験スキルにより相談の上、決定していきます。

残り1求人をみる
×