お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ニットの採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

440584

株式会社 ニット

ワークシェア×テレワークで、「未来を自分で選択できる社会をつくる」

きっかけは、旅でアメリカを横断しながらのテレワーク

株式会社ニットは、オンラインでの業務のアウトソーシング・サービス『HELP YOU』を提供している。2015年から事業を展開しており、業界のパイオニア的存在である。特筆すべきは、その領域の広さ。一般に、オンラインというと、システムエンジニアやWEBデザイナーといった、デジタル系のアウトソーシングが多い。しかし、同社は経理、総務、人事/採用等の管理業務から、経営企画サポート、営業サポート、EC/メディアまで、幅広く対応している。オンラインなので、もちろん場所は問わない。登録メンバー約400名は、日本全国と世界33カ国に在籍(2021年12月現在)。自由な働き方を手に入れ、自分らしい暮らしを実現している。

ビジネスのきっかけは、代表取締役社長の秋沢崇夫氏自身の実体験による。2013年に2カ月間、かねてから念願だったアメリカ横断旅行を実現しつつ、日本の三つのクライアントの業務をテレワークでこなしていった。「業務には何の支障もなかった。テレワークなら、やりたいことをやりながら働けると、腹落ちした」と秋沢氏。その後、東南アジア等も旅行し、足掛け2年にわたってテレワークを実施。自身が実現した新しい働き方に可能性を感じた。

日本に帰国後、周囲の知人を見渡すと、キャリアはあるのに、育児や家庭の事情等で働けない人が多いことに気付く。「ライフイベントや転勤で、キャリアが閉ざされている人がいる。それをテレワークなら解消できるのではないか」と考えた秋沢氏。懇意の企業を中心に、3カ月のトライアルでテレワークによるアウトソーシングサービスを提案する。クライアント側にも、「業務量に波があり、一人採用するほどでもないが、人手が欲しい」というニーズがあった。働く側、クライアント側、両者のニーズがマッチする形で、トライアルは成功。本格的な事業としてスタートすることになった。

同社では、前述した『HELP YOU』に加えて、海外調査、オンラインイベント、資料作成に特化した『HELP YOU +plus』も展開。オンラインアウトソーシングの可能性を広げている。また、働き手へのサービスとして、テレワーク特有のスキルを学べる『HELP YOU Academy』もオンラインで開講している。そのほか、働き方提案メディア『くらしと仕事』も運営し、情報を発信。オンラインアウトソーシング業界を切り拓き続けている。

440613同社は、「未来を自分で選択できる社会をつくる」をビジョンに掲げ、オンラインでの業務のアウトソーシング・サービス『HELP YOU』を提供している。
440602経理、総務、人事/採用等の管理業務から、経営企画サポート、営業サポート、EC/メディアまで、領域は幅広い。
440629

コミュニティ活動等、働き手目線のサポートが評価され、各方面から受賞多数

2020年から、社会的にテレワークのニーズは高まり、オンラインアウトソーシング業界は盛り上がりを見せている。その中で、同社がユニークなのは、「未来を自分で選択できる社会をつくる」をビジョンに掲げ、「働き手」により良いサービスを提供することにフォーカスしている点だ。

例えば、テレワークが浸透するようになり、「働き手の孤独感」が課題として表面化している。しかし、同社では早くも2019年から、その解消のための取り組みに力を入れている。具体的な取り組みの一つが、登録メンバーによるオンラインコミュニティの場をつくったこと。コミュニティは自主的なもので、立ち上げも参加も自由。子育てママの会、海外在住組の会、韓国ドラマの会等、その内容もバラエティに富んでいる。

このほか、オンラインイベントも豊富に用意した。キックオフや表彰式のほか、忘年会、お花見、メンバーの子供向けにオンライン職業体験等、様々なプログラムを実施している。もちろん、こちらも参加は自由である。「これらを通じて『ここにいてもいい』と思う、そんな環境づくりを目指している」と秋沢氏。自身にテレワーク経験があるからこそ、いち早く働き手の目線に立ったサポートを展開できたのだろう。

登録メンバーの繋がりの強さは、高いクオリティーのチームワークも実現している。単純に依頼された業務をこなすのではなく、相談された課題に対して、自走するチームによるソリューションも提供。これがクライアントの大きな信頼を生み、新たな引き合いや紹介に繋がっている。

これらを受けて、同社の『HELP YOU』は、2020年に「総務省事業 テレワーク先駆者百選」の百選に選出。さらに2021年には、同百選で総務大臣賞を受賞している。広報の小澤美佳氏によると、「選出企業は、ネットワークやセキュリティー等、ハード面を評価される企業が多かった。しかし、当社はそれらを備えた上で、働き手の課題解決に向けて取り組んでいる点を、高く評価された」とのこと。このほかにも、2021年は「WOMAN's VALUE AWARD」の優秀賞をはじめ、テレワークに関する多数の賞を受賞。今後も内定した賞の発表が続々と控えているという。

4405952015年から事業を手掛けており、業界のパイオニア的存在である。登録メンバーは約400名で、日本全国と世界33カ国に在籍(2021年12月現在)。
440591育児と両立する人、地方移住、アドレスホッパー等、それぞれが自由な働き方を手に入れ、自分らしい暮らしを実現している。
440628

自由な働き方・生き方ができる人を、1,000人、10,000人と増やしていきたい

同社では、『HELP YOU』の事業をますます拡大していく。大企業のクライアントを視野に、大型のアウトソーシング案件にも対応していきたい考えだ。これによって、より多くの人に「未来を自分で選択できる」チャンスを広げていこうとしている。「まだまだ、自分で未来を当たり前に選択できる人はそんなにいないと感じる。プライベートを考慮した働き方を、誰もができるようにしたい」と秋沢氏は語る。

実際、同社の登録メンバー達は、それぞれの望む働き方を実現している。その望みは人によって様々だ。「前職はずっと仕事に追われていたが、今は好きなレストランに月3回行けるようになった」と日常の幸せを噛み締めている人もいれば、「子育てしながら働けている。社会と繋がれるのが嬉しい」という人もいる。中には、定住する家を持たず、好きな土地を転々とするアドレスホッパーや、狩猟や農業に従事している人も。「そのような働き方、生き方を選択できるメンバーを、1,000人、10,000人、と増やしていければ」と秋沢氏は展望を語る。

そこで、「未来を自分で選択できる社会をつくる」というビジョンの実現をより確かにするため、共に事業拡大を支える仲間を求めている。バリューとして策定したのは、「当事者意識で行動しよう」「多様性を受け入れ、活かそう」「いいやつであろう」「現象を数字で語り、前向きな価値を生み出そう」「継続的に成果を出そう」の五つ。ここには、秋沢氏から社員への期待やメッセージが込められている。「例えば、主体的な方と仕事がしたいので、『当事者意識で行動しよう』をバリューに掲げている。『いいやつであろう』は、誠実性や利他性を重視したいため。ビジョンやバリューに共感するという方が来てくれると嬉しい」と語っている。

もちろん社員も、未来を自分で選択できる会社だ。テレワークをうまく活用し、ワーケーションを実現する、コミュニティで個人の活動を広げる等、新たな働き方・生き方を目指せる。同社は、関わる全ての人の、大きなターニングポイントになるに違いない。

440609特徴は、働き手により良いサービスを提供することにフォーカスしていること。テレワークが浸透して、表面化してきた「働き手の孤独感」という課題にも、2019年から対応。
440593自由参加のオンラインコミュニティの場の提供、各種オンラインイベントの実施等を通じ、繋がりを感じられる環境づくりを目指している。
440625

株式会社 ニットに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ニットに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ニット
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
設立年月 2017年08月
代表者氏名 代表取締役社長 秋沢 崇夫
事業内容 オンラインアウトソーシング
オンライン特化型アウトソーシング
海外進出支援
オンライン学習
メディア運営
従業員数 18人
本社所在地 東京都品川区西五反田 7-22-17 TOCビル 10F 41号
440584

株式会社 ニット資本金設立年月日2017年08月従業員数18人

ワークシェア×テレワークで、「未来を自分で選択できる社会をつくる」

この企業が募集している求人

×