お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 八芳園の企業情報

431305

株式会社 八芳園

DXコンサル&イベントプロデュース!数々の新規事業を展開する老舗結婚式場

100年企業を目指して!1943年創業の結婚式場が始めた、新しい取り組み

株式会社八芳園は、1943年創業の結婚式場。白金台にある1万2,000坪の広大な土地に、池を中心とした回遊式庭園を持ち、都会の喧騒から離れた静かな佇まいの中、年間1,800組の挙式が執り行われている。

一般的な挙式場は宿泊施設があるが、八芳園には宿泊施設がない。結婚式・披露宴会場専用の会館を運営している。結婚式や披露宴がない日は、周年記念パーティーや入社式、新商品発表、会議等、企業のパーティーやイベントの会場として貸している。

「戦時中に料亭からスタートした会社で、現在はブライダルがメイン事業。『訪れた人にとって特別な場所になりたい』という創業者の思いは『日本人にはこころのふるさとを。海外の方には日本の文化を。』として理念に掲げています。ブライダルやイベント会場としての提供、レストランや料亭の運営、プライベートブランド商品の販売等、幅広く手掛けております」(取締役 経営管理部長・薮嵜正道氏)。

近年ブライダル業界は市場規模がシュリンクしており、東京の4大式場の一つに数えられる八芳園でも、自社の事業の将来性に少なからぬ危機感を持っている。今後はブライダル事業をメインにしつつも、新規事業への投資を加速させる計画だ。

「少子化に加え、婚姻率が低下し、さらに結婚式の実施率も下がっている現在、客観的に見てブライダル業界は斜陽産業だといえます。当社の先人達の努力によって、幸いにも八芳園は勝ち組に入っていますが、ブライダル以外の事業を積極的に推進することで、会社を永続させたいと考えています。100年企業を目指していますが、まだ22年もあって経営基盤は盤石とはいえません」(薮嵜氏)。

6・7年前からブライダル以外の様々な事業に取り組んできた八芳園だが、コロナ禍で挙式も企業のイベントも激減する中、本格的に新規事業を推し進めることになった。

「コロナ禍の前から新規事業のプロジェクトはいくつか進んでいました。2021年に入ってこれまで進めてきた新規事業を、本格的に展開するため社内の組織を変えて、専任の部署を新設。デジタル人材を積極的に迎え入れて、新しい八芳園を作り上げていきます」(薮嵜氏)。

426528同社は1943年創業の結婚式場だ。
425334白金台にある1万2000坪の広大な土地に庭園と式場を持ち、年間1800組の挙式が執り行われている。
425344

八芳園のナレッジを新規事業に!DXコンサルティング&イベント総合プロデュース

新しい八芳園を作り上げ役割を担うのは、次の三つの部署。

・DX推進部
・コンテンツプロデュース事業部
・マーケティング室

それぞれの部署での取り組みをマネージャー、プロデューサーに聞いた。

☆DX推進部マネージャー・豊岡若菜氏
「DX推進部は、その名の通りDXを進めるための部署です。ただし、八芳園の社内DXだけでなく、その過程で培ったナレッジを活用したコンサルティングも手掛けていきます。八芳園では2020年10月にシステムを刷新。クラウドシステムを導入して、事業の効率化を推進しています。

レガシーなシステムを使い続け、アナログ作業が多かった八芳園は、試行錯誤してDXを進めてきました。DXを進めたくても何をしていいのか分からない、どこに頼めばいいのか分からない。企業のそんな不安に寄り添ったコンサルティングが可能です。

特に“老舗”と呼ばれるような会社なら、同じような悩みを抱えているはずです。自分達もITの素人だったからこそ理解できます。アナログなやり方をしてきた企業は、システム開発会社にコンタクトを取るのも勇気がいります。クライアント社内の各部署からヒアリングして、どこが効率化できるか一緒に考えるコンサルティングを提供していきます。表面上、日々の業務が滞りなく実施されていると、自分達では問題点が見えてこないもの。外部視点で洗い出しをしてDXをサポートします」

☆コンテンツプロデュース事業部エグゼクティブプロデューサー・窪田理恵子氏
「コンテンツプロデュース事業部は、企業イベントの総合プロデュースを提供する部署です。八芳園は大小様々なバンケット(披露宴会場)を持ちながら、独自のオンライン配信システムも持っています。リアルとオンラインを癒合させたイベントのプロデュース・プランニング・マネージメントが可能です。

例えば、急遽『リアル開催からオンライン開催に切り替えたい』というリクエストにも柔軟にお応えできますし、『オンライン開催×配送料理』といったリアルとオンラインを織り交ぜたイベントも実施することができます。

東京オリンピックに際して、内閣官房からホストタウン活動における『食のプロデュース』のプロジェクトを受注し、全国の自治体の人達と出会う中で、自治体が悩みを抱えていることを知り、『人』と『食』を中心にしたコミュニティコンテンツをプロデュースする目的で、白金台にポップアップ型ショールーム『MuSuBu』をオープン。日本各地の生産者さんが熱心に育てた食材や手がけた商品を、期間限定で販売するアンテナショップとして、ユーザーの日常と日本各地の魅力を“むすぶ”ために運営しています」

425337東京の4大結婚式場の一つに数えられている。
425331挙式やイベント会場としてのバンケット(披露宴会場)提供のほか、レストランや料亭の運営、プライベートブランド商品の販売など幅広く手掛けている。
425342

チャレンジできる社風!新規事業をスケールさせるマーケティング担当者を募集

DX推進部が手掛けるシステム開発・ソリューション販売、DXコンサルティングも、コンテンツプロデュース事業部が手掛けるイベントのプロデュース事業も、法人がメインのクライアント。どちらの事業もスケールさせるのに必須なのが、マーケティング。それを担当するのが新設された「マーケティングチーム」だ。

☆DX推進部マーケティング室マネージャー・工藤一也氏
「ブライダル業界のマーケティング手法は確固たるものが出来上がっており、当社にはマーケティングのナレッジがありませんでした。しかし、企業を相手にしたBtoBのビジネスを展開するに当たって、マーケティング施策を積極的に行っていく必要があります。集客方法がほぼ固定化していたBtoCビジネスのような“待ちの姿勢”は卒業しなくてはなりません。

ペルソナを立てて、リード獲得からナーチャリング、インサイドセールスまでのマーケティングの流れを作るため、今回、当社のマーケティングを成長させてくれる人材を探しています。マーケティングのプロがいないので、これまでの培ったスキルを存分に使って自由にマーケティング施策を展開してください」

創業79年目の八芳園、そのチャレンジは本気モードだ。老舗企業だが中途入社の社員が多く、新しい八芳園を作り上げる役割を担う三人のマネージャーも全員、中途採用。取締役を務める薮嵜氏も中途入社8年目だ。

「老舗企業らしくないイノベーションを歓迎する空気を持った会社です。社名だけで硬い会社だとイメージされがちですが、柔軟に考えて動きます。新しいことへのチャレンジも大歓迎。毎日ルーティンの仕事だけをしていると怒られるくらいの会社で、どんどん自分で考えて動く人材が評価される社風です。新規事業をこれまでは社内の人材で賄ってきましたが、外部から専門の人材を招聘し本格的に事業を展開することになりました。他業界で培ったスキルやナレッジを生かして、新しい八芳園を作る原動力となってください!」(薮嵜氏)。

スタートアップやベンチャー企業でマーケティングスキルを磨いた人材には、是非チャレンジしてもらいたいポジションだ。資本や資産がある会社で、就労環境は安定的。社内ベンチャーに近い位置付けのポジションだけに、裁量を持って自由に動ける。デジタル人材としてワンランク上のステージを目指す人材には最適な職場だといえる。

425320新規事業として、DXコンサルティングや管理システムの販売、イベントの総合プロデュースを推進。
425323100年企業を目指して、新しい八芳園に生まれ変わるリブランディングも進めている。
425343

株式会社 八芳園に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 八芳園に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 八芳園
業界 サービス系 >  飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
サービス系 >  その他サービス系
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億円
設立年月 1952年09月
代表者氏名 代表取締役会長 長谷 晴義
事業内容 各法人、自治体、機関のイベントプロデュース
結婚式場・宴集会場・各種パーティー会場・レストラン の運営
従業員数 360人
本社所在地 東京都港区白金台1-1-1
431305

株式会社 八芳園資本金1億円設立年月日1952年09月従業員数360人

DXコンサル&イベントプロデュース!数々の新規事業を展開する老舗結婚式場

この企業が募集している求人

×