お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 自由席の企業情報

409289

株式会社 自由席

完全リモートワークだから、日本全国どこでも働ける会社、自由席

完全リモートワークを採用。日本各地どこに住んでいても正社員として働ける

株式会社自由席――この社名には、「どこに住んでいても働ける会社でありたい」という想いが込められていると取締役・主山卓氏は語る。
「本来、エンジニアの仕事は、“この時間に仕事をしなければならない”という縛りはありません。クラウドやネットワーク技術が発達し、コミュニケーションについてもメッセージングアプリ等のツールを活用することで遠隔地でも問題なく意思疎通できるようになった現在であれば、満員電車で疲弊することが分かっているのに、わざわざ都心部にある会社へ通ってくる必要性もないでしょう。日本全国、好きな場所に住みながら東京のプロジェクトに参画できる会社をつくろう。それを形にしたのが、自由席です」

家賃や物価が安い地方に住みたい、自然に囲まれた場所でのびのびと暮らしながら収入も確保したい、地元を離れたくはないが東京のプロジェクトを経験したい、通勤時間を削ってプライベートの時間を充実させたい……。場所という縛りから解き放たれるだけで、働き方はかなり自由度が増す。そんな生き方を「自由席で実現してほしい」と話す主山氏自身も福岡で暮らしながら完全リモートワークの働き方を選んでいる。

「最近は、UターンやIターン、Jターン等、移住を希望する人が増えています。また、子育てが終わって仕事をしようと思っているが、自宅のある地方ではエンジニアが活躍できる仕事が見つからないということも少なくないでしょう。近年はクラウドソーシング等、ネットを介して場所や時間にあまり縛られることなく仕事を見つける手段もありますが、その多くはプロジェクト単位の業務委託契約で、安定した収入を確保するには不安が付きまといます。その点、当社は正社員として雇用するので、安定した収入が確保できますし、じっくりと実力を磨いていくことも可能です」(代表取締役・白石大輔氏)。

クラウド環境で開発を行うのはもちろん、新たに入社が決まった正社員も岩手在住で、面接から雇用周りの書類のやり取りも全てデジタルツールを活用する等、完全リモートワークを前提として労働環境が整えられている点にも安心感がある。

4093082021年4月に起業し、業務システムの運用・保守をメイン事業とする同社。
409310完全リモートワークを導入し、創業メンバーはそれぞれ東京、神奈川、福岡に居を構えて、東京のクライアントの案件を手掛けている。
409313

業務システムの運用・保守に注力。安定した事業基盤を構築し、着実な成長を目指す

株式会社自由席は、事業戦略においても“安定”を重視している。

「当社が注力しているのは、システムのエンハンス開発や運用・保守領域です。東京では、日々、さまざまなシステムが開発されていますが、つくった後は、当然、運用・保守が必要になります。時代の変化や業務内容の変更などに応じてシステムを改修したり機能追加したりする必要もあります。しかし、システムを開発したデベロッパーがそこまで請け負うとは限りません。システムを活用する企業としてもエンハンス開発や運用・保守のための人材を何人も社員として抱えるよりアウトソーシングしたほうがコストメリットを出しやすいため、できるだけ長く、安定的にシステムの面倒を見てくれる会社を求めています。当社はこのようなニーズを確実にとらえて実績と信用を築いていきたいと考えています」

白石氏がこう語る通り、運用・保守やそれに伴うエンハンス開発案件は比較的長期間にわたる契約が多い。開発プロジェクト単位の契約で短期間の契約が多い開発だけの案件と比べれば、安定性が高く、事業計画も立てやすいメリットがある。

また、白石氏も主山氏もエンジニアやPMなどとして20年ほどのキャリアを持ち、業界内に広いネットワークを築いている。事実、すでに対応しきれないほどの引き合いがあり、嬉しい悲鳴をあげている状態だという。

「まずは声掛けいただいている案件に対応できる体制を構築すること。少なくとも5~6名は増員する必要があると考えています。その後、5年ほどで20名規模にしていきたいですね。現状は、広告業界と小売業界のお客様の案件を請け負っていますが、人員が拡充され、より多くの案件を手掛けられるようになれば、取引のある業界も広がっていくかもしれません。そこについては、あえて具体的な戦略を立てずに、そのときどきの状況に柔軟に対応すればいいと考えています」(主山氏)

2021年4月に設立したばかりの自由席だが、売上のうち、エンハンス開発7割、残り3割が運用・保守で構成されており、業務を請け負っている企業は、誰もがその名を知っているような大企業である。そのあたりにも、同社役員のネットワークの強さが感じられる。

409296案件ごとに契約する業務委託ではなく、正社員として雇用し、安定的に働ける環境を用意。
409309地方で暮らしながら安定した収入を手にしながら、じっくりスキルを磨いていくことが可能だ。
409314

誰かの目がなくても、自分の仕事に責任を持って取り組める誠実な人を求めている

完全リモートワークを導入している株式会社自由席では、社員に“自律”と“誠実さ”を求めていると白石氏は語る。

「リモートワークは社員との信頼関係を前提とした働き方です。仕事ぶりを常に確認することができないので、怠けようと思えば、いくらでも怠けられる働き方ともいえます。だから、自分が求められている仕事ぶりや成果をしっかりと認識して、その実現に向けて真面目に取り組める人であるかどうかは、とても重要視しています」

システム運用・保守という仕事においても同様に、「真面目さ」や「誠心誠意」取り組む姿勢が不可欠になる。
「とても地道な仕事で、何もないことが良しとされる仕事であるため、確認すべきことを確認する、何か問題が発生したらすぐ対応に取り掛かる等、当たり前のことを当たり前にできることが大切になります。そのため、自分の仕事に責任感を持って、問題が発生した時も他責にせず、自分に原因はなかったかを考えられる人がいいですね」(白石氏)

ただ、責任感が強すぎたり真面目すぎたりすると一人で抱えすぎてしまうこともある。そんな時は「無理せず相談してほしい」と主山氏は続ける。
「キャパオーバーの仕事を無茶して抱えてしまうと、ミスに繋がってしまいます。完全リモートワークで日々の様子を見て確認することができないので、仕事量が多すぎる、今のスキルでは対応できない部分が多い等、不安があれば遠慮なく相談してほしいですね」

相談しやすい雰囲気をつくるためにも、メンバー同士の関係性はフラットであるように心掛けているそうだ。また、設立間もないこともあって社内制度等は十分整備できているとは言い難いが、リモートワークに対応するため在宅手当2万円を支給し、仕事環境を整えるための費用についても一定額を負担する予定だという。

「自由席らしい会社のあり方を模索しながら、新しく加わったメンバーと一緒に会社の形をつくっていきたいですね。そして、完全リモートワークで皆離れた場所で働きながらも気持ちは繋がっているような会社にしていきたいと思います」(白石氏)

409302創業メンバーのネットワークによって、対応しきれないほどの引き合いもあり、早急に新たな仲間を迎えたいと考えている。
409305完全リモートワークを導入している同社では、社員に“自律”と“誠実さ”を求めている。
409312

企業情報

会社名 株式会社 自由席
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 300万円
設立年月 2021年04月
代表者氏名 代表取締役 白石 大輔
事業内容 コンピュータソフトウェアの企画、設計、開発及び保守のサポート業務
従業員数 1人
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18F
409289

株式会社 自由席資本金300万円設立年月日2021年04月従業員数1人

完全リモートワークだから、日本全国どこでも働ける会社、自由席

この企業が募集している求人

×