お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 リワイアの企業情報

405128

株式会社 リワイア

Shopifyの構築支援を礎に、顧客のビジネスの“再配線”に向けて伴走する

まずはShopify周辺の支援を行いながら、「その先」を見据える

「コマースを、つなぎなおす。」をミッションに、ECシステムの技術支援をはじめ、Eコマースに必要な各種機能を繋げるインテグレーションを提供する株式会社リワイア。システム構築の経験豊かなエンジニアを中心に、ShopifyをはじめとしたECサイト・アプリの技術支援等、コマースマーケティングの技術領域で様々なものを“再配線(Rewire)”し、顧客のビジネスの実行速度を上げるためのサポートを行っている。

同社の設立は2020年10月。東証マザーズ上場企業・株式会社フィードフォースが、DX事業展開を目的に立ち上げた戦略子会社である。株式会社フィードフォースは、データフィード・ソーシャルログインといったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供している。そして、リスティング広告等の運用型広告を専門に取り扱うプロフェッショナル集団・アナグラム株式会社を傘下に持つ。つまり、同社、株式会社フィードフォース、アナグラム株式会社の3社で一つのグループを形成しているのだ。

その中での同社の立ち位置について、代表取締役の岡田吉弘氏は、「当面はShopifyの構築支援を行いながら、基本的にはグループ内で受け皿がない案件について相談を受ける“入り口”」と定義している。

Shopifyの構築支援は、それだけでも重要なミッションだ。カナダ発、世界175ヶ国で利用数が伸びているShopifyは、日本においても導入する事業者が急増している。基本機能ではカバーできない部分については、Shopifyアプリという拡張機能が存在し、サードパーティーのアプリの利用により実現を可能にしている。

しかし、そのShopifyアプリは海外デベロッパーが多く、海外アプリはおのずとサポートも英語のため、日本国内で利用する上でハードルを感じる事業者は多い。また、日本独自の商習慣や日本国内の決済、SaaSのパートナーとの連携についても進んでいない部分が多いことが課題視されてきた。その隙間を埋め、事業者とユーザーを繋げるプロダクトのシリーズ展開を行うことが、同社のミッションだ。

2020年5月には同社と株式会社フィードフォース、およびグループ外のShopifyアプリ開発企業と業務提携。国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンス「App Unity」を設立した。今後Shopifyを取り巻く環境をさらに発展させていこうとする中で、その動きを“当面”と捉え、同社は“入り口”であろうとしている。同社は何を目指しているのだろうか。

405139「コマースを、つなぎなおす。」をミッションに、ECシステムの技術支援をはじめ、Eコマースに必要な各種機能を繋げるインテグレーションを提供する同社。東証マザーズ上場の株式会社フィードフォースのグループ会社である。
405153代表の岡田氏。グループ内の取締役も兼務し、社内でのシナジーを模索している。
405157

顧客が永続的にビジネスを続けられるような、伴走型の支援を目指す

株式会社リワイアは、代表取締役・岡田吉弘氏と、取締役/COOの加藤英也氏によって事業がスタートした。

岡田氏は、インターネット検索サービス提供会社に勤務後、コンサルティング会社の取締役(現在はフェロー)、デジタルマーケティング支援を行う会社の代表取締役(現任)、前出のアナグラム株式会社の取締役(現在は監査役)を経て、2018年に株式会社フィードフォースの社外取締役に就任した。その後、2020年にアナグラム株式会社が株式会社フィードフォースの傘下に入り、岡田氏は次のアクションを考えていた。

そんな時、新型コロナウイルスの影響で、日本中の全業種がダメージを受ける。最初の緊急事態宣言が解除されて以降、IT業界やアドテク業界はいったんは息を吹き返した。

「私たちが新しいことに挑戦して、取引先を元気にしなくては…という問題意識がありました」(岡田氏)。

店舗ビジネスが大打撃を受ける中、反動でEコマースが伸び始めていた。その状況を見た岡田氏はリワイアの立ち上げに動く。これからEコマースに参入する企業や、さらに伸ばそうと考えている企業を技術面でサポートしようと決めた。課題は企業によって様変わりし、その企業を取り巻くワークフローまでデジタル化するとなれば、一度システムを納品して終わりとはなり得ない。長い付き合いになるはずだ。岡田氏はそう認識した。

その際、岡田氏が声を掛けたのが加藤氏である。加藤氏は、デジタルマーケティング支援事業を手掛ける会社でテクノロジーとWEBマーケティングを掛け合わせたコンサルティングを推進。その後インターネット広告会社で、エンジニアとして配信システムやターゲティングシステムの開発に従事。そして、ITコンサルティング会社においてデータアーキテクトとして活躍している最中に、岡田氏から声を掛けられた。オファーを承諾したのは、加藤氏も似たような問題意識を抱えていたからである。

「長い間広告・マーケの世界に身を置き、サービスやソリューションをだいぶ揃えられた、整えられたという手応えは感じていました。しかし…というか、だからこそ今後求められるのは、ワンショットで解決する提案ではない。時代の流れや変化を受けながら、顧客が永続的にビジネスを続けられる。そのための伴走型の支援が必要だと感じていました」(加藤氏)。

変化に耐えられるプラットフォーム上で、長く使えるサービスを顧客に提案したい。その思いを形にするために、加藤氏は同社にジョインしたのである。

つまり伴走型のビジネスを目指すべきという点において、両氏の思いは共通していたといえるだろう。

405132仕事の仕方は人それぞれ。リモートワークが中心だが、文京区湯島にあるオフィスで感染対策をしたうえで出勤してコミュニケーションをとることも可能だ。
405152取締役の加藤氏。アプリケーションの開発や顧客のビジネスサポート全般を統括している。
405159

代表曰く「“なんちゃって”スタートアップ」だからこその働きやすい環境

そのプラットフォームは“当面”はShopifyだが、前述のように顧客の課題は1社1社異なる。Shopifyをどのようにカスタマイズすべきかは顧客によって様変わりする。さらに、課題解決のために必要な提案がShopifyではない可能性もある。

同社の設立前は、そのような案件はグループとして断らざるを得なかった。しかし現在は、取引先のために伴走型の支援を行う同社が“入り口”となり、相談を受けることもできる。そして「新機能を開発しましょう」「既存のシステムをリニューアルして、ソーシャルログインを可能しましょう」というように、SIerのような役割を果たすことで相談を整理していくのだ。

加藤氏によれば、現在は食品や家電メーカー等の取引先の要望に対応しながら、Shopify以外にもEコマース業界を盛り上げるためのプロジェクトを進めている。「だからこそ、様々な知識・経験を持った人と一緒に仕事をしたいですね」と加藤氏は語る。

冒頭で触れたように、同社は設立して間もないスタートアップだ。しかし、正社員だけで150名以上の規模を持つ株式会社フィードフォースの戦略子会社なので、後ろ盾はしっかりとしている。同社のバックオフィスは株式会社フィードフォースの管理部門と常に連携を取っているので、経営基盤としても安定している。岡田氏は「当社は“なんちゃって”スタートアップなんです」と笑いながら話すが、確かにそうかもしれない。

また、株式会社フィードフォースのオフィスと同じフロアなので、情報交換も活発で、取引先を紹介し合うことも珍しくない。同社は現在5名だが、孤立感は全くないという。ただし、現在はコロナ禍が続いているため、基本的にはリモートワークが続いている。加藤氏は神奈川在住で、一緒にプロジェクトを進めているエンジニアは大阪在住だが、お互い意識的に情報発信・共有を行っているので不都合はないそうだ。今後の採用では、本格的にフルリモートを前提にしようと考えている。

何より、経営陣である岡田氏も加藤氏も技術についてはスペシャリストなので、エンジニアの話を理解できる。伸び伸びと働ける環境づくりには余念がない。

とはいえ、やはり設立間もない企業であることは事実。未整備な部分があることは岡田氏も加藤氏も認めながら、「ぜひ一緒に考え、一緒にEコマースという大海を漕いでいってほしい」と語る。自社の運営にコミットできる人材が集まれば、同社が目指している「顧客との伴走型ビジネス」に一歩ずつ近付いていくだろう。

405151バックオフィスを統括する土田氏。スタートアップの業務フェーズに合わせて制度やツールの整備を行っている。
405133「永続的にビジネスを続けるための伴走」というのは社内も同じ。リモートを中心に全国どこにいてもプロジェクトを進められる前提で業務設計している。
405156

株式会社 リワイアに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 リワイアに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 リワイア
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 1000万円
設立年月 2020年10月
代表者氏名 代表取締役 岡田 吉弘
事業内容 コマースのデジタル化支援
ECシステム開発・Shopifyアプリ開発
Shopify構築支援
主要株主 株式会社フィードフォース
従業員数 5人
本社所在地 東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F (株式会社フィードフォース内)
405128

株式会社 リワイア資本金1000万円設立年月日2020年10月従業員数5人

Shopifyの構築支援を礎に、顧客のビジネスの“再配線”に向けて伴走する

この企業が募集している求人

405148
【Shopifyアプリ開発サポート】開発アシスト兼サポートを募集!
Shopifyアプリ開発サポート

【概要】 現在コマーステック領域で非常に存在感が大きくなってる「Shopify」。基本はノーコードでECストアが構築できますが、基本機能でカバーできないカスタム部分は「Shopifyアプリ」という拡張機能が存在し、サードパーティのアプリの利用により実現可能となっています。 一方、Shopifyアプリは海外ディベロッパーが多く、アプリのサポートも英語のため日本国内で利用するのにハードル...

405148
【Shopifyアプリ開発エンジニア】プロダクト開発を担っていただけるエンジニアを募集します!
Shopifyアプリ開発エンジニア

【概要】 現在コマーステック領域で非常に存在感が大きくなってる「Shopify」。基本はノーコードでECストアが構築できますが、基本機能でカバーできないカスタム部分は「Shopifyアプリ」という拡張機能が存在し、サードパーティのアプリの利用により実現可能となっています。 一方、Shopifyアプリは海外ディベロッパーが多く、アプリのサポートも英語のため日本国内で利用するのにハードル...

405148
【Shopify構築ディレクター】ECサイト構築ディレクターを募集します!
Shopify構築ディレクター

【概要】 Shopifyは世界でも最も利用されているECプラットフォームですが、まだまだ日本の商習慣に合った機能が充実しているとは言いがたく、ニーズが高まっている一方で、技術や仕様におけるディレクションのニーズは高まる一方です。 リワイアでは、Shopifyアプリのアライアンスである「App Unity」を通じてEC事業者が使いやすいアプリの提供やサポートを推進していくのと同時に、そ...

×