お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エフェクチュアルの企業情報

384746

株式会社 エフェクチュアル

自社開発ツールで差別化!三つのクオリティマーケティングを展開

Googleマイビジネスを活用した実店舗の集客支援

株式会社エフェクチュアルは、オンラインにおけるブランドマネジメントを手掛けているベンチャー企業。独自のノウハウやツールにより細かく地域ごとにローカライズされたWEBの情報管理や情報発信、リスク対策に関する事業を幅広く展開している。主な事業は次の三つ。
・ロケーションマネジメント事業
・オンラインナレッジマネジメント事業
・WEBリスクマネジメント事業

ロケーションマネジメントは、店舗を持つ事業者をターゲットに、Googleマップを活用したブランディングや誘客活動をサポートする事業。Googleマイビジネスの運用サポートとコンサルティングを手掛け、6,000店舗以上の導入実績がある。

「店舗集客にGoogleマイビジネスを使う店が増えています。ユーザーも利用する店を選ぶ時にGoogleマップの口コミを参考にするようになってきています。一昔前は、SEOで上位表示されるのは、食べログやホットペッパー等のグルメサイトでした。しかし、現在はGoogleマップが上位表示されます。よって、Googleマップ上で上位表示されることが重要になっています」(代表取締役・田中倫明氏)。

利用する店舗を探しているユーザーがGoogleで検索した時、Google検索エンジンで「ラーメン」と入力すると、近隣の店舗がマッピングされた地図の画像が検索結果に表示される。Googleマップ等の地図エンジンにおいて最適化を図ることをMEO(Map Engine Optimizationの略)という。

「MEOは『ローカルSEO』とも呼ばれるマーケティングの手段で、当社ではMEO対策はもちろん、Googleマイビジネスを活用した来店促進の施策も手掛けています。MEO対策はGoogleマップ内での表示順位を上げるだけですが、当社のGoogleマップマーケティングはGoogleマップを活用して露出やユーザーの反応を増やすのを目的としています。Googleマイビジネスの投稿機能の活用やインサイト分析等を通じて、ユーザーの検索数向上や反応効率の上昇を実現します」(田中氏)。

また、エフェクチュアルでは、Googleマイビジネス運用管理ツール『On map eye』を開発・提供している。

「『On map eye』は自社開発のツールで、当社でGoogleマイビジネスの運用代行をする際にも使っています。MEO対策のコストを抑えたい企業や既に社内に担当者がいる企業等から、Googleマイビジネスの運用に際して、Googleマップの順位測定・効果分析に活用されています」(田中氏)。

単なる「MEO対策」で終わらず、Googleマイビジネスの運用代行、コンサルティング、ツール提供と、ロケーションマネジメントを手掛ける競合他社に比べて、より幅広くGoogleマップマーケティングを提供しているのが、エフェクチュアルの強みといえる。

384766ブランドマネジメントを手掛けている2014年設立のベンチャー企業だ。
384767ロケーションマネジメント事業ではすでに6000店舗以上のサポート実績を持つ。
384776

口コミやネガティブワードを適切に管理するツール『Hoshitorn』と『ミマモルン-Mimamorn』

オンラインナレッジマネジメント事業は、口コミ情報の管理と分析、さらに口コミを活用した店舗改善活動のサポートを提供する。ここでも自社開発ツール『Hoshitorn(ホシトルン)』が活用されている。

『Hoshitorn』は、Googleマイビジネスの口コミを効率的に管理できるツール。自店舗の口コミ数や平均スコアの推移を可視化し、AI解析により投稿文の内容がポジティブ・ネガティブのどちらか判定する。レビュー投稿用QRコードを自動生成してチラシやポスターを店頭に置き、口コミを入力してもらう機会を増やす口コミ投稿促進にも使えるツールだ。

「『Hoshitorn』で収集した口コミをもとにしたレビューコンサルティングも手掛けています。口コミとはユーザーの生の声であり、厳しい意見の中には店舗運営に関するヒントが眠っているもの。エフェクチュアルではネガティブレビューから店舗運営の改善コンサルティングも行っています」(田中氏)。

多店舗展開している事業者は、それぞれの店舗の状況を把握するには難しいが、『Hoshitorn』で口コミ情報を管理することで、店舗の運営や接客マナーについてリアルに想像することができ、それをマネジメントに生かすこともできる。

最後のWEBリスクマネジメント事業は、WEB上の文章について、特定キーワードが発生していないか自動監視するサービス。ここで使うツールは『ミマモルン-Mimamorn』だ。

『ミマモルン-Mimamorn』は、AI解析により様々なメディア上の文章を形態素解析するツール。炎上リスクと想定されるキーワードを登録して、24時間365日、常時AIシステムで3,000以上の記事からそのキーワードを監視できる。SNS・インターネット掲示板・Google検索結果・Googleマップ等、全11ものメディアを自動巡回してくれる。

「リスクを検知できても、対応方法を間違えると炎上しかねません。エフェクチュアルでは、炎上を防止するために、謝罪文作成・WEB上広報・記者会見の手配等、適切な対処法を支援します。加えて、当社ではオンライン評判管理対策も手掛けています。企業にとってネガティブな情報を抹消することはできませんが、ニュートラルキーワードの順位上昇施策とネガティブキーワードの直接下降施策を通じて、迅速かつ継続的な非表示化を実現します」(田中氏)。

アルバイトスタッフが不適切なSNS投稿をする、従業員の接客態度が悪い等、どの企業も炎上の火種は潜在的に持っているものだという。その火種が悪意のあるユーザーに捕まった時に、炎上し始める。エフェクチュアルのサービスを活用すれば、炎上リスクのコントロールが可能となるのだ。

384750「Hoshitorn(ホシトルン)」によって可視化されたレギューから、店舗運営の改善コンサルティングも実施。
384753「Mimamorn(ミマモルン)」によって、企業が潜在的に抱えている炎上リスクをコントロール可能に。
384779

マイクロサービスアーキテクチャを取り入れた、スキルアップに最適な環境

エフェクチュアルの三つの事業には、それぞれ『On map eye』『Hoshitorn』『ミマモルン-Mimamorn』の自社開発ツールが活用されている。MEO関連の事業には、SEO対策を手掛けていた会社も参入しているが、エフェクチュアルの強みは何といっても自社で開発した専用のツールを使っている点にある。

「エフェクチュアルがほかのロケーションマネジメントやGoogleマネジメントを手掛ける会社と徹底的に異なる点はエンジニアの存在です。彼らが使いやすいユーザーフレンドリーなツールを開発してくれるから、ビジネスをスケールさせることができます」(CTO/取締役・岩田泰明氏)。

2014年設立のエフェクチュアルは、2020年に資金調達も終え、サービスの基礎ができてスケールさせる段階に入っている。2023年の上場を目指し、エンジニアの増員を始めた。

「今ならサービスを立ち上げて、それをスケールさせる段階を経験でき、さらにサービスが広まれば、負荷分散、可用性、完全性を追求していくフェーズに入り、技術的に今よりも深い領域の経験もできます。当社では、SIのように上流と下流に分かれてはいません。エンジニアはみんな企画段階から参画し、プログラミングもしています」(岩田氏)。

サービスの成長に合わせて様々な技術領域に触れられるのが、エンジニア視点で見たエフェクチュアルでの仕事の魅力。ゼロから作り上げる体験ができ、スキルセットを構築するのに選択肢も多い。

「当社はマイクロサービスアーキテクチャを取り入れています。ある時はRubyを使い、また別のケースではPythonを使うといった具合に、小さいサービス単位で最も効果的な開発環境を使うため、技術の選択性が高いといえます。さらには、プロジェクトが終わった段階で、必ず良かったことや改善点をチームで棚卸しして、改善点はテクノロジーで解決できるかを模索します、そして次のプロジェクトには、何か一つ新しい要素を加えるようにしています」(岩田氏)。

エフェクチュアルは、同じ開発環境を続けないのをモットーにしている。そのため、エンジニアは常にチャレンジし続ける。自由に新しい技術を試してもOKと会社がいっても、同じ開発環境でしか仕事をしない人もいる。しかし、エフェクチュアルでは「同じ開発環境を続けない」というモットーの下、チャレンジを促す仕組みを作っている。こうすることで、エンジニアは常に新しい技術に触れることができ、彼らも会社も成長が期待できるのだ。

384760開発環境を常にアップデートしていくことをモットーに掲げており、常に刺激に溢れている。
384768プロダクトをグロースさせる経験や自らサービス企画をする経験など、他の会社では得がたい経験を積むことができる。
384780

株式会社 エフェクチュアルに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エフェクチュアルに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エフェクチュアル
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
資本金 2億5541万円
設立年月 2014年11月
代表者氏名 代表取締役 田中 倫明
事業内容 ■インターネットを活用した店舗集客の支援
■SNSの運用支援
■レビュー・口コミの管理
■WEBリスクマネジメント
■ロケーションマネジメント
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社
ちばぎんキャピタル株式会社
従業員数 40人
平均年齢 29.0歳
本社所在地 東京都港区南青山3-4-7 第7SYビル5F
384746

株式会社 エフェクチュアル資本金2億5541万円設立年月日2014年11月従業員数40人

自社開発ツールで差別化!三つのクオリティマーケティングを展開

この企業が募集している求人

×