転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社ユーティル

  • IT/Web・通信・インターネット系
  • マスコミ・エンターテイメント・メディア系

企業の「選ぶ」をもっと便利に。BtoB版「相談窓口」を作りNo.1プラットフォームを目指しています。

上場を目指す
自社サービス製品あり
残業少なめ
カジュアル面談歓迎

企業について

Web幹事は、僕たちがWeb制作を行なっていた時に感じた「選べない」という課題を解決したいという想いから創ったサービスです。お客様に「ホームページのことは良く分からないんです」と幾度となく言われた経験からです。

しかし、自分の事を振り返って考えると同じような気持ちは色々な場所で味わって来ました。オフィス移転や内装工事、採用・人事など、「わからない」「誰かに相談したい」という局面。仕事をしていれば、特に中小・中堅企業の発注担当者はしばしばぶつかると思います。

そういった「わからない」「面倒くさい」を解決し、しっかりと信頼性のある情報を届けている領域はBtoBには、まだほとんどありません。

これから日本はますますDXが進んでいきます。多くの企業にとっては単純なIT化・Web化もままならない中で、デジタルの力でビジネスモデルを変革することを余儀なくされていきます。矢面に立つ担当者の方はきっと不安でしょう。その不安を払拭し、企業として適切な事業投資をサポートするのが僕たちのミッションです。

ユーティルでは、情報の非対称性が大きいBtoB領域に特化して情報提供を行い、最適なソリューションに投資していくためのプラットフォームを創っていきます。

設立から3年間、Webの知識がない中小企業を中心に、ホームページ制作や業務効率化のシステム開発を行っていました。

丁寧なディレクションでリピート率の高さがウリ。
3年目にはWebマーケティングの知識も蓄積され、集客のご支援も行っていました。

そんな中、お客様からいただいた言葉が、弊社サービスの「Web幹事」へと繋がります。

『ホームページはいくらかかるのか?』
『制作会社って山ほどあって選べないね』
『ぶっちゃけ制作会社って違いあるの?』

…本当に何回も言われました。

僕たちも元々は業界の門外漢だったので、この気持ちは痛いほど分かりました。
しかし実際はホームページの相場は確かに存在し、個別の制作会社に違いはあります。

なぜわからないのでしょうか。

それは業界が「ブラックボックス化」しているから。
ブラックボックスと化しているのは2つの原因があります。

①発注側(クライアント)に知識がない
②受注側(事業者)が情報を提供していない

この2つを解決すれば、これまでよりも圧倒的に精度の高い業者選定ができるはずです。
精度の高い業者選定ができればプロジェクトの品質も自ずと上がっていきます。

じゃあ、そういう課題を解決できるサービスを作ろう!
と始めたのが相談型のホームページ制作マッチングサービス「Web幹事」です。

オンラインでホームページ制作に関する相談を受付け、
価格相場を含む業界情報の提供、制作会社の選定・紹介までを行い、
制作知見のあるコンサルタントに無料で相談 30分相談することで企業の「分からない + 選べない」を解消します。

僕たちが重視する考え方が3つあります。

■合理性(Rationality)
「勘や経験で決めない。データや事実から丁寧に決めよう。」

自分たちが掲げるビジョンに最短で向かうために無駄を徹底的に省き、大事なところにもっと時間を使おう!という考え方です。
無駄な会議・無駄な作業は避けたいです。

ルールはなく、合理的に進めることでお客様への提供価値が大きくなるならなんでもやろう!というスタンスです。
リモートワークはもちろん、会議の最小化、SaaSの活用など細かなところから日々業務改善が行われています。

■主体性(Independence)
「自分で考え、自分でやるから仕事は面白い。」

せっかく貴重な時間を割いてやる「仕事」なら、自分で考えて自分で動いた方が面白いよね!という考え方です。
そのため受け身の姿勢では弊社にマッチしないかもしれません。

まだまだ立ち上げ期で業務の形も日々変わっています。
そういう変化を楽しみ、むしろ「自分で変えていく!」という人と一緒にお仕事したいです。

■協調性(Cooperativeness)
「チームの成果は個人の成果より、はるかに大きい。どうせやるなら大きな成果を。」

より遠くに行きたいから、チームでやる意味があると考えます。

稼ぐだけならフリーランスをした方が圧倒的に効率的です。
でも大きいことをやりたいから1つのチームとしてやっていきたい。

そのため、個別最適よりも全体最適を優先します。
自分の部署さえよければOK!ではなく、他部署といかに連携して進めるか。
チーム全体で成果を最大化するにはどうすれば良いか、という考え方を重視します。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(5件)


営業職の求人(2件)


企画・マーケティング職の求人(1件)

インタビュー

株式会社ユーティルのインタビュー写真
ユーティル代表取締役 岩田 真

── ユーティルの目指す姿(ミッション)を教えてください。

ユーティルのミッションは
『デジタル化をもっと簡単に』
としています。

企業の意思決定をサポートし、ROIを最大化することに従事します。

例えば、お客様がWeb集客に困った際、「業者に外注した方がいいのか」「人を雇って内製化した方がいいのか」「ツール導入で自動化できるのか」など様々な選択肢があります。

しかし制作会社はじめ多くの業者は、ポジショントークに徹しお客様視点がおろそかになりがちです。

ユーティルは、企業向けの「相談窓口」として需要側の視点で課題解決に尽力し、企業が正しい意思決定をできる世界を作ることをミッションとしま... 続きを読む

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社ユーティル

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

マスコミ・エンターテイメント・メディア系 > 広告・デザイン・イベント

IT/Web・通信・インターネット系 > システムインテグレータ・ソフトハウス

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり、残業少なめ
資本金

8,711万円(準備金含む)

設立年月

2015年04月

代表者氏名

代表取締役 岩田 真

事業内容

ユーティルでは「デジタル化をもっと簡単に。」をミッションに事業に取り組んでいます。

環境やトレンドの移り変わりが激しい中で、企業のデジタル活用が進んでいます。
毎日のように「DX」がキーワードとして各所で議論されています。
しかし「DX」という言葉、みなさんは具体的にイメージがつくでしょうか?

ITやWebの情報格差は広まっていくばかり。
使いこなす人や会社は大きな恩恵を受け、そうでなければ時代に取り残される。
「ITに疎い」では済まされなくなってきています。
私たちは、そんなITやWebを分かりやすく解き明かし、
より効率的にデジタルを活用できるためのサービスを提供しています。

もし誰もが簡単にデジタルを活用できることができれば働き方も変わり、社会も大きく変わるはず。
デジタル化をもっと簡単に、もっと便利に。
企業の方が踏み出す「第一歩」をお手伝いするのが私たちの使命です。

具体的に展開しているサービスは、以下の3つです。
「Web幹事」: ホームページやWeb施策の相談窓口
「動画幹事」: 動画制作の相談窓口
「システム幹事」: システム開発の相談窓口

対象は日本企業の99.7%を占める421万社の企業のデジタル化。
幹事シリーズの累計相談件数は3.5万件、発注額は35億円を突破しました。
今後デジタル化を総合支援するDXカンパニーとして、
企業の各種相談窓口の拡大や運用支援サービスの展開も予定しています。

株式公開(証券取引所)

非上場

主要株主

VC、エンジェル投資家他

従業員数

34人

平均年齢

33.4歳

本社住所

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-40-12 ユニゾ高田馬場6F

この企業と同じ業界の企業

画像なし
株式会社 ウィルビー
求人・人材業界に ICT技術で 採用イノベーションを実現する
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社ユーティルに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.