転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社NextNinja

  • マスコミ・エンターテイメント・メディア系
  • IT/Web・通信・インターネット系
  • サービス系

「自社でできることは徹底して自社で」、自分たちでゲームをつくり世界中に届ける会社

上場を目指す
自社サービス製品あり
グローバルに活動
カジュアル面談歓迎

企業について

株式会社NextNinja(NextNinja Co., Ltd.)は、ゲームサービスの企画・開発・運営をおこなっています。
2009年7月に設立され、本社オフィスを東京・東五反田に置く。

開発タイトルには、「グランドサマナーズ(グラサマ)」(iOS/Android)、「東方LostWord」(iOS/Android)、「マブラヴ:ディメンションズ」(iOS/Android)、「KYUB(キューブ)」(Nintedo Switch/Xbox One)「五等分の花嫁アラーム」(iOS/ Android)、など人気タイトルが名を連ねる。

NextNinjaは自社でやれることは徹底して自社で行う。
ゲームの企画からマーケティングまで一気通貫して行うことで、実践的なノウハウがたまっていくからだ。

そしてこのノウハウを駆使して、日本だけでなく世界中に面白いゲームを配信している。

NextNinjaは企画書の1枚目から、「テーマは普遍的か」、「海外で受けるか」など海外を意識する。
「できあがった後に海外に出そう」ではなく、「何を開発するか」、「どうマーケティングするか」を見通し、最初から「海外ありき」のゲーム開発にこだわる。

国内だけでなく、世界中のお客様にNextNinjaのゲームを楽しんでもらいたい、喜んでもらいたい、その想いでゲームをつくり続けている。

代表取締役CEOを務める山岸聖幸氏は、1977年、大阪府の出身。
早稲田大学理工学部大学院在学中に、NextNinjaを創業した。
モバイルコンテンツの開発・運用を皮切りに、ソーシャルゲーム黎明期から数々のゲームタイトルを世に送り出してきた山岸氏。
2016年12月にリリースされた「グラサマ」ではプロデューサーも務めた。
SNS上では「Yama-P」の愛称で親しまれている。

NextNinjaにとって、ゲームは単なる遊びや暇つぶしではなく、コンテンツだ。
ゲームを軸に、音楽やグッズ、イベントなど複合的な価値をクリエイトする。

もはやゲームだけではなく、ゲーム外でも喜んでいただけるものを提供していきたい、総合エンターテインメントとしてお客様に提供をしていく。
全てはお客様に楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいから。

NextNinjaの目線は国内だけでなく、海外にも向けている。
今、海外市場ではRPGジャンルが伸びており、人気も高い。
だが、海外ではアクションやシミュレーションゲームがメインで、RPGをつくっている/つくれる会社は意外と少ない。

伸びしろの大きな世界のRPG市場において、「RPG大国」である日本の技術力もNextNinjaの大きな個性となっている。
これまでに培った日本が誇る面白いRPGを作る技術力を駆使して、世界中のお客様に楽しい、面白いと思ってもらえるものを提供する。

実際に、自社タイトル「グランドサマナーズ(グラサマ)」は世界35ヶ国で配信され親しまれている。
また、東方Project公認二次創作RPG「東方LostWord」のグローバル版「Touhou LostWord」は、2021年5月11日に海外80ヶ国を対象にサービスを開始した。

また、NextNinjaには日本を始め、8ヶ国の国籍のメンバーが在籍している。
200人に満たない規模ながら、かなりの多国籍ぶりも目線が世界にあるからだと言えよう。

これまでも、これからも「世界中のお客様に心から楽しんでもらえるゲームをつくる」NextNinjaの揺るがない想いだ。

2023年10月時点の従業員数は約240名。
平均年齢は約35歳だが、メンバーの年齢層が広いため、入社後に年齢を気にすることはほとんどない。
メンバーの特徴を要約するなら、「自ら考えて実行できる人」。
ゲームやサービス開発の仕事には、決まったやり方、定まった答えがあるわけではなく、そのため自分で考え、自分で答えを探して実行できることが重要になる。
上手くいくこと、いかないことはあるだろう。その中で自ら成長していける人がNextNinjaに向いている。

NextNinjaの悩みは、「やりたいこと」に対して「人が足りない」ことだ。
200名規模で国内と海外で事業を展開しているため、一人ひとりがいくつもの役割を担う。
組織体制はフラットで、自由でオープンなコミュニケーションが頻繁に交わされる。
外国籍のメンバーが数多く在籍しているのも特徴であろう。
(現在、カナダ、イタリア、中国、台湾、オーストラリア、アメリカ、サウジアラビア国籍のメンバーが在籍している)
大手企業のような階層型でタテ割の組織とは大きく異なり、「裁量は大きいが責任も大きい」組織だ。

ほとんどのゲーム会社は、誰かが決めたもの(の一部)をつくるだけだが、NextNinjaなら“情熱”さえあれば、経験ゼロからゲームづくりに参加できる。
代表の山岸氏は豊富なノウハウをもち、自ら企画から配信、マーケティングにまで携わる。
すべての工程のベストな状態を社長自ら把握し、メンバーとゲーム開発を行っていく。
身近な場所から、最も効率的でエキサイティングなゲーム制作に触れられる。

NextNinjaでは、企画職(ディレクター/プランナー)、プログラム職(サーバーサイド/クライアントサイド)、デザイン職(デザイナー)、マーケティングPR職(WEB広告担当)などさまざまな職種・ポジションを募集している。
採用では、その人の“エネルギー量”を重視する。

年齢や経歴などは関係なく、自分がやりたいこと、おもしろいと思っていることに取り組むエネルギー量。それだけを重視する。
「改善エンジン」をもっていれば歓迎だ。環境は変えられないが、自分自身は変えていけるからだ。
ゲーム開発への“情熱”を武器に、世界を舞台に戦える場所。それがNextNinjaだ。

募集している求人

クリエイティブ職(ゲーム/マルチメディア)の求人(17件)

すべて見る

経理・管理・バックオフィス職の求人(4件)


企画・マーケティング職の求人(3件)


クリエイティブ職(Web)の求人(3件)


経営・CxO職の求人(1件)

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社NextNinja

業界

マスコミ・エンターテイメント・メディア系 > ゲーム・エンタメ

IT/Web・通信・インターネット系 > その他IT/Web・通信・インターネット系

サービス系 > その他サービス系

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり、グローバルに活動
資本金

13億5,068万8,597円(含、資本準備金)

設立年月

2009年07月

代表者氏名

山岸聖幸

事業内容

NextNinjaは、ゲームサービスの企画・開発・運営をおこなう会社です。

【自社タイトル一覧】
・『グランドサマナーズ(グラサマ)』(iOS / Android)
※世界35ヶ国で配信中
・『東方LostWord(とうほうロストワード)』(iOS / Android)
※世界80ヶ国で配信中
・『マブラヴ:ディメンションズ』(iOS / Android)
・『KYUB(キューブ)』(Nintedo Switch / Xbox One)
・『五等分の花嫁アラーム』(iOS/Android)

株式公開(証券取引所)

従業員数

239人

平均年齢

35歳

本社住所

〒141-0022 東京都品川区東五反田3-20-14 住友不動産高輪パークタワー1F

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 mikan
株式会社 mikan
本質的なテクノロジー活用であらゆる人の英語学習によりそい人生の可能性を広げる
無料登録して話を聞いてみたい
株式会社NextNinjaメインアイコン
株式会社NextNinja
人事マネージャー 鶴田良和
HR/Recruitment 「人と組織の相互作用が生まれる環境」を目指し、社員と会社がともに成長していける状態を作るためにHRとしてできる事を模索しながら日々走っています。
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • マスコミ・エンターテイメント・メディア系
  •  
  • ゲーム・エンタメ
  •  
  • 株式会社NextNinjaの中途採用/求人/転職情報
  •