お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ピースマインド 株式会社の企業情報

313134

ピースマインド 株式会社

日本・アジアにおけるメンタルヘルス領域のサービスを提供するパイオニア的な企業。 新ソリューション開発に挑戦

大手中心に1000社と取引。働く人と職場の課題を解決するサービスを展開

ピースマインド株式会社は、「はたらく人が抱える『不』を解決し、心豊かな未来を創る」をミッションに掲げ、働く人と職場が抱える様々な課題を解決する数々のソリューションを提供している会社だ。

メンタルヘルスケアを中心に、健康不安、育児・介護・病気などとの両立、ハラスメント、マネジメント層の負荷など、活き活きと働くことの妨げとなるあらゆる課題に取り組み、社員一人一人と会社全体のパフォーマンスや生産性の向上を実現する。

具体的には、海外のグローバル企業を中心に導入が進んでいるEAP(Employee Assistance Program)と呼ばれる従業員支援プログラムを中心に、職場のストレスチェック、健康経営支援、組織課題解決支援、研修・人材育成などの専門的なサービスを、医療や心理などの専門機関・専門家とも連携して展開している。これらの一連のプロダクトやサービスを、同社は、「『はたらくをよくする』エコシステム」と呼んでいる。

中でも多くの導入実績があり、ピースマインドの主力の事業となっているのは、EAPとストレスチェックだ。EAPは、職場のパフォーマンスを向上させるために、心理学や行動科学の観点から、働く人と企業に解決策を提供するプログラムだ。カウンセリングやコーチングなどによる「社員支援」、管理職層の悩みや課題を解決する「マネジメント支援」、および、一人一人と職場全体を支援する「組織支援」の3方向のアプローチで課題を解決していく。企業に導入し、組織とそれを構成する社員一人一人を支援するBtoBtoE(=Employee)の形のサービスだ。

ストレスチェックは、常時50人以上の事業場に義務付けられている国のストレスチェック制度にも対応したサービスで、ストレスチェックとその後の課題解決までをワンストップで支援する。

このようなサービスを利用するのは、人材に投資する余裕があり、意識も高い企業が中心となる。そのためピースマインドのクライアントも、外資のグローバル企業、東証一部上場企業などの大手企業が大半だ。取引先企業は約1000社に上り、このうち10年以上の長期継続顧客が4割と堂々たる実績を誇る。

【2021年度 特記事項】
2021年1月 「えるぼし」最上位(3段階目)取得 
  ※「えるぼし」とは女性活躍推進法に基づく優良企業認定マークです。
2021年3月 健康経営優良法人 (中小規模法人部門(ブライト500))選定 

313150同社の主なクライアント企業は大手企業。設立から、信頼と実績を地道に積み上げてきたという。
313154代表取締役社長 荻原 英人氏
378511

日本とアジアにおけるメンタルヘルス領域のサービスを提供するパイオニア的な存在。常に時代の先を行くサービスを展開

ピースマインドは、代表取締役社長の荻原英人氏が仲間と共に、1998年に起業した。きっかけは、MLB(メジャーリーグベースボール)選手会公認エージェントの佐藤隆俊氏(現・ピースマインド アドバイザー)と知り合ったことだった。

「MLBでは一流の選手ほどメンタルトレーナーを付け、本番で力を発揮できるように、フィジカルだけではなく、メンタルのマネジメントを重要視しているという話を聞き、刺激を受けました」(荻原氏)

MLBだけでなく、アメリカでは、企業も含めて社会全体がメンタルヘルスの重要性を理解していた。片や日本はどうか。1998年当時、日本はバブル崩壊後の暗闇の中にあった。金融機関が潰れ、自殺者が年間3万人を超えた。荻原氏は、日本にもメンタルを支える仕組みが必要だと考えた。インターネットが一般に普及し始めた年でもあり、荻原氏は、個人向けのオンラインカウンセリングサービスを開始。これがピースマインドのスタートだ。その後、法人化し、事業も法人向けのサービスへと発展させ、日本とアジア地域におけるEAP(従業員支援制度)サービスのパイオニア企業として、徐々に存在感を発揮していった。

時代も後押しした。過労、ストレスなどが社会問題化するなかで、2000年には、厚生労働省が「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」を策定。2015年には、先述の通りストレスチェックが義務化された。直近では2019年5月に、職場でのパワーハラスメント防止を義務付ける関連法が可決・成立。今後、企業のパワハラ対策が本格化しようとしている。

ピースマインドにとっては、いずれも制度化前から取り組んでいた領域ばかり。都度、パイオニアとして取り組んでいるピースマインドが注目され、同社の事業も拡大していった。「時代の後押し」と書いたが、決して、ただのラッキーではない。常に、世の中に必要なことや、働く人が直面している課題と真っ直ぐに向き合い、取り組んできたからこそ、結果的に時代を先取りする形になったのだ。

パイオニア企業として市場を切り拓くという自覚の下、品質も常に最高のものを追求してきた。社員は公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー、CEAP(国際EAPコンサルタント)など資格保有者が多いほか、産業医科大学メンタルヘルスサービス機関機能認定を、アジアで唯一取得している民間企業でもある。グローバル対応にも力をいれ、世界14カ国に提携拠点を有し、200以上の国と地域で24時間365日、カウンセリングに対応できる体制を整えている。

例えばストレスチェックは、義務化後、新規に参入してくるIT系の企業も多いという。だがこれらの圧倒的な品質と、何よりストレスチェックだけではなく、総合的に課題解決ができる点などが差別化ポイントとなり、他社の追随を許さない状況だ。

313159同社の社員には、公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー、CEAPなどの資格を持つ者が多いのも特徴だ。
313151日本のメンタルヘルスを高めることを意識し、常に世の中に必要なものを追求してきたという。
313140

第二創業期。20余年の実績と膨大なデータを活用した新ソリューション開発へ

そんなピースマインドが今、パイオニアらしく新たな挑戦を始めた。20年余りの実績と蓄積してきた膨大なデータは、他の会社は持ち得ない、ピースマインドならでは経営資産だ。これを活かして新しいソリューションを開発する。

「我々には約1000社のお客様がいて、ストレスチェックだけでも約40万件のデータがあります。相談のデータもあります。これらのデータを分析・活用し、データから見えてきた課題と時代のニーズに即した、新しいソリューション開発したいと考えています」(荻原氏)

それはどんなソリューションなのか。
「例えば、組織アセスメントのソリューション。どのような状況にあると職場のストレスが高まるのか、我々が持っているデータから導き出し、現在の職場環境の改善だけでなく、問題を未然に防ぐようなソリューションです」と、荻原氏はイメージを語る。もちろん、これは一例だ。同社の持つデータは、様々な可能性を秘めている。

「HRテック」が脚光を浴びる昨今だが、本当に有用なデータと、職場にまつわるあらゆる課題を解決するノウハウ・実績を持ち合わせている企業は、そうはないだろう。今後、ピースマインドはHRテックカンパニーの中でも独自の輝きを放っていくに違いない。「はたらくをよくする」エコシステムづくりに、データという強力な武器で取り組んでいく。

2019年8月には、それまでのピースマインド・イープから、ピースマインドに社名を変更し、ロゴも一新した。「第二創業期です」と荻原氏。時代の変化に先駆け、自分たちも変わっていく決意だ。

改めて、自分たちの「はたらくをよくする」にも注力している。実証実験の意味合いもある。クライアント企業に提案するような健康経営を自ら実践。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大に対応し、すぐに全社フルリモート体制とするなど働き方、コミュニケーションのあり方についても柔軟な発想で最善の施策をとれるよう随時検討。現在、社内のICT環境をさらによくするための整備を行っている。今回経験したフルリモートワークをきっかけに、育児、介護、病気、その他の事情を持つ人が働き続けられる工夫も、さらに充実させていく。2021年1月には女性活躍推進法に基づく「えるぼし」第三段階が厚生労働大臣より認定された。もちろん、ピースマインドが主力サービスとして提供しているEAP(従業員支援プログラム)は外部機関と契約することで社員も使えるようにしている。存分に能力を発揮できることも、活き活きと働ける会社の大きな要素だ。

「ピースマインドでは、『個』の存在を大切にしています。実際、年齢、性別、国籍、バックグラウンドも様々。個人の意欲や適性をマックスに活かして、成果を出せる環境は整っています」(荻原氏)

能力を存分に行かして、明らかに社会が求めているプロダクトやソリューションを生み出す。そして、その成果が目に見える。こんなにやりがいのある仕事はないだろう。同社のミッション、ビジョンに共感する人の参画を待っている。

313145同社では社員一人ひとりの『個』を大切にしているという。全員が安心して働ける環境だ。
313146同社は第二創業期に突入した。会社や事業を共に創る仲間を募集しているようだ。
313141

ピースマインド 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ピースマインド 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ピースマインド 株式会社
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
コンサルティング・リサーチ >  経営/ビジネスコンサルティング・シンクタンク
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
資本金 9,025万円
設立年月 1998年09月
代表者氏名 代表取締役社長 荻原 英人
事業内容 ■EAP(従業員支援プログラム)サービス
■ストレスチェックの実施、組織分析、組織コンサルティング
■生産性向上、人材育成、組織活性化のための研修・トレーニング
■心理学・行動科学をベースとした組織マネジメントのアドバイサリー
■調査・研究、執筆・出版、各種コンテンツ開発・監修
■専門家職業紹介(有料職業紹介事業:13-ュ-301580)
従業員数 73人
本社所在地 ▼東京本社
東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル8F
313134

ピースマインド 株式会社資本金9,025万円設立年月日1998年09月従業員数73人

日本・アジアにおけるメンタルヘルス領域のサービスを提供するパイオニア的な企業。 新ソリューション開発に挑戦

この企業が募集している求人

313146
【Webアプリケーションエンジニア】「はたらくをよくする」会社でB2B自社プロダクト開発担当者募集!
Webアプリケーションエンジニア

【具体的な仕事内容】 EAP(従業員支援プログラム)の自社プロダクト開発  ※EAP(Employee Assistance Program)とは、社員の生産性に   影響する職場やプライベート上の課題に対して、プライバシーを   厳守したアセスメントと短期解決型カウンセリングを提供する   専門の社外相談サービスです。心理学や行動科学の観点から   「働く人」と「企業」に解決策...

313144
【営業ーGlobal担当】世界のトップレベルのグローバル企業の「はたらくをよくする」への営業担当者募集
グローバル営業

・法人(外資系企業含む)既存顧客への営業・アカウントマネジメント (カスタマーサクセス) ・導入サービスの活用支援、契約更新提案、拡販提案 等 ・顧客ニーズの把握と解決策の提案・コンサルティング ・プロジェクトの管理・社内調整(複数部門との調整) ・人事部門担当者・経営者へのプレゼンテーション ・新規顧客への営業(一部) ・海外パートナー企業との折衝

313157
【東京】世界有数の大手優良企業の「はたらくをよくする」を支援する既存顧客営業担当者募集!
【東京】カスタマーサクセス(既存顧客営業)担当

【具体的な仕事内容】 ■法人既存顧客への営業・アカウントマネジメント(カスタマーサクセス) ■導入サービスの活用支援、契約更新提案、拡販提案 等 ■顧客ニーズの把握と解決策の提案・コンサルティング ■プロジェクトの管理・社内調整(複数部門との調整) ■人事部門担当者・経営者へのプレゼンテーション ■新規顧客への営業(一部) 【仕事の魅力】 ▼安定した経営基盤 約10...

399449
研修案件の強化に伴う、業務委託研修講師候補を積極的に募集!! ~当社のミッション『はたらく人が抱える「不」を解決し心豊かな未来を創る』に  共感していただける方を歓迎いたします~
研修講師(業務委託)

【業務内容】   ・研修プログラムをクライアント企業に対して実施  ・当社が準備した研修コンテンツを活用し、受講者の気づきを深める。  ・(特殊な案件をご担当いただく場合)一部の研修コンテンツ制作を依頼する場合ありーご経験や専門分野を考慮します。  ・オンライン研修/現場集合研修実施(案件によって研修様式は変わります)。 【対象とする研修領域】 テーマ別研修:ストレスマネジメ...

残り1求人をみる
×