お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 キネカの企業情報

230967

株式会社 キネカ

【1,000億企業を目指し、急成長中の事業家集団】適切な意思決定と成功体験を積み、素晴らしい事業家になれる企業!

「チーム力」を重視し、事業を通じて人間性を高める

株式会社キネカは、「新たな当たり前を作る」というビジョンのもと、「Pato」事業やメディア事業を展開する会社だ。
設立は2016年12月で、東京・渋谷に本社オフィスを置く。
「Pato」がターゲットとする市場は約1.5兆円とも言われ、大きな可能性を秘めている。売上高は非公表だが、着実に成長中。
著名なエンジェル投資家たちから出資を受け、シリーズAで数千万円単位の資金調達も完了した。現在、新たなマッチングアプリやメディア事業などをステルスで進めている。

キネカは、2022年の株式上場と時価総額1000億円企業となることを当面の目標としている。今後も新規事業に意欲的に取り組み、事業の柱を育てていく。そのため、どんな人にも挑戦するチャンスがあり、適切な意思決定(決断経験値)や、数多くの成功体験を積むことができる職場だ。

代表を務める籔本崇氏は、学生時代に2度の起業経験を持つ人物。約1年のITベンチャー勤務を経て2012年に株式会社コンフィアンザを創業し、結婚支援事業を全国で展開してきた(コンフィアンザは2013年に株式会社ミクシィグループへ売却)。事業の楽しさを覚え、2016年にエンジェル投資や海外放浪などを経てキネカを起業。籔本氏はサッカーとお祭りが好きで、「素敵で面白くてチャーミングな人と、良い事業をしたい」と語る。

CTOを務める竹口輝氏はキネカの共同創業者であり、またエンジニアでもある。早稲田大学大学院情報理工学専攻では言語理論を専攻し、在学中に株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)のインターンとしてマーケティング本部に6カ月所属して、マーケティングの基礎を学んだ。2014年にDeNAに新卒入社すると、5つの新規事業(アプリゼミ、SHOWROOM、Dengbel、Pinnote、アプリゼミ幼児版)の立ち上げからグロースまでの各フェーズでリーンな開発を経験。2016年7月にDeNAを退職すると、現在はキネカでマッチングアプリを通じて日本を変えようとしている。

230280株式会社キネカは2016年12月で設立、東京・渋谷に本社オフィスを置く。
2302772022年の株式上場と時価総額1000億円企業となることを当面の目標としている。
230963

誰かと飲みたい!そんなときに。必ず呼べるエンタメアプリ「Pato」

キネカの「Pato」(iOS/Android)は別名“エンタメ版Uber”とも呼ばれ、1.5兆円とも言われる市場をリプレイスしようとしている存在だ。利用者側(主に富裕層)は気軽に飲み会を盛り上げてくれる相手を探すことができる。
2018年4月からは全国展開をし、事業の爆発的なグロースが期待されている。

「Pato」では、「Patoコール」という機能を使って最短30分でキャストと合流できる。後日のリピートも可能だ(リピート率は60%)。友達や同僚同士のいつもの飲み会や2次会、3次会にも使えるほか、領収書の発行にも対応しているため接待や会社の飲み会にも利用できる。支払いは時間制の明朗会計で、決済はアプリ内で完結するため現金のやり取りは発生しない。

今後の展開予定としては、スマホ時代の「会いにいけるタレント」や有名キャストの輩出を目指し、次のエンターテイナーを育てる土壌づくりを進めていく。具体的にはライブ配信機能との融合や、スマホライブ特化の事務所設立などを視野に入れる。人間が持つ本質的な「欲求・生きがい・喜び」である“コミュニケーション”や“エンターテイメント”を通して「余暇を楽しむ」文化を日本につくり、毎日に“彩り”を与える存在となることがキネカのビジョンだ。

“楽しい飲み会”が生み出す波及効果は、間接的に外食産業や周辺産業の活性化にもつながっていく。“今夜の飲み会を特別に”しながら、日本の元気にも貢献できる、そんなサービスの開発・提供を通じて、日本中の余暇時間と外食産業を元気にしていこうとしている。

230270キネカの「Pato」(iOS/Android)は、1.5兆円とも言われる市場をリプレイスしようとしている存在だ。
230279サービスの開発・提供を通じて、日本中の余暇時間と外食産業を元気にしていこうとしている。
230968

プライベートも仕事も目いっぱい楽しむチームで成長を実感できる

2018年4月時点の従業員数は6名で、平均年齢は26歳、男女比はアルバイトやインターンを含めると5:5の比率だ。勤務時間に縛りはなく、リモート勤務もOK。時間や場所にしばられることなく、最高のパフォーマンスを出せるような配慮がされている。頻繁に社内イベントを行っており、参加率も高い。具体的には、3カ月に1度のペースで合宿を実施したり、「パデル」というラケットスポーツを楽しんだりしている。

”事業家集団”を標榜するキネカでは、代表の籔本氏とともに働き、起業を果たしたメンバーがこれまで10人近くいる。数億円を調達したスタートアップや、黒字経営している企業などの実績も出ている。”事業家集団”の名の通り早くから多くの決断経験値と成功体験を積んでいけるため、厳しくも楽しみながら成長を実感できる。オーナーシップをもって仕事を進めていきたい人には、理想的な環境といえるだろう。

また、キネカでは圧倒的な行動量と考え抜くこと、この2つを高い次元で両立させている。1%の改善を積み重ねること、このことが、誰もたどり着けない圧倒的な場所へ着くための唯一の方法だと考えている。また、仕事を通じて人間性を高めることが仕事の究極の目的であるとし、「いい人になって、いい仕事して、いい組織をつくりましょう」を事業のモットーにしている。社内の雰囲気は常にオープンで、自由闊達。職種に関係なく全員で数字やユーザーマインド、ユーザーストーリーなどについて考え、議論する風土がある。

今後のキネカは、新しい領域でのCtoCサービス開発に取り組む。CtoCサービスはサプライサイドとデマンドサイドの双方を集める必要があるため、難易度は非常に高い。しかしその分、成し遂げる価値のある仕事だと言える。ノウハウは全共有のフラットな組織なので、そのすべてを吸収可能。立ち上げフェーズのスタートアップでの勤務経験、かつ、ミクシィへのバイアウト経験のあるCEOやDeNA出身の共同創業者など、精鋭揃いのメンバー構成も魅力だ。

230964勤務時間に縛りはなく、リモート勤務もOK。最高のパフォーマンスを出せるような配慮がされている。
231061「いい人になって、いい仕事して、いい組織をつくりましょう」を事業のモットーにしている。
230267

株式会社 キネカに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 キネカに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 キネカ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
設立年月 2016年12月
代表者氏名 籔本崇
事業内容 私たちは『新たな当たり前を作る』というビジョンのもと、エンタメ版Uber「Pato」やメディア事業、アプリ事業を運営しております。
従業員数 6人
本社所在地 渋谷区桜丘町31-8 渋谷ビレッジ南平台 2階
230967

株式会社 キネカ資本金設立年月日2016年12月従業員数6人

【1,000億企業を目指し、急成長中の事業家集団】適切な意思決定と成功体験を積み、素晴らしい事業家になれる企業!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×