お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アトラスの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

410516

株式会社 アトラス

ITサービスの提供を通じて、国内の学術の発展に貢献!

学術業界における世界トップシェア製品や自社独自サービスを提供

ITサービスの提供を通じて国内の学会活動の支援を専門的に手がけている、株式会社アトラス。同社のサービス内容は、次のとおりだ。

●学術大会支援サービス
研究者が一堂に会するイベントである学術大会に新たな価値を提供する自社サービス「Confit」を展開。様々な機能を持つサービスだが、中でも学術大会の肝となる発表プログラムを決めるのに使う「プログラム編成機能」は、運営側の負担を削減できる機能として多くの学術大会で利用されており、特許も取得している。まさに「研究者が研究に専念できる世界へ」というビジョンを体現したサービスだ。

●会員管理支援サービス
会費管理や会員情報管理など、学協会の複雑で多様な管理情報を一元的に把握し、事務局業務を効率化する独自開発の「SMOOSY」(Society Membership Organization and Operation System)を提供。

●ジャーナル支援サービス
アメリカのAries Systems社の日本における独占代理店として、同社のオンライン投稿・審査システム「Editorial Manager」や製作工程管理システム「ProduXion Manager」、課金・決済管理システム「Commerce Manager」を提供。論文誌や電子ジャーナルサービスはこれらの製品を導入することにより、手間のかかる論文の審査工程の管理から製作・出版、課金・決済までのオペレーションをオンラインで効率的に行うことができる。Aries Systems社の製品は世界の約7,500のジャーナルが採用している。

●ORCID関連サービス
世界中の研究者の一意の識別子である「ORCID」を、研究者や研究コミュニティの重要なインフラであると捉え、ORCIDの普及活動を支援している。

493541社内でのMTGの様子。落ち着いた雰囲気で、メリハリをつけた働き方が特徴の同社。
231869学術情報に関する様々なサービスを運営しており、ワンストップで対応できる体制を構築している。
231873

研究者が研究に専念できる世界へ

同社は1986年8月、求人情報誌の代理店としてスタートしたが、2012年には学術を専業とする会社として分社化し、10年が経過した節目の2022年に前社長から後任として高橋氏が指名された。

そんな同社の存在意義を高橋氏は次のように語る。
「アトラスのVisonは『研究者が研究に専念できる世界へ』です。アトラスのメンバー自体は研究者ではありませんが、研究の世界に大きな貢献をすることができます。それは研究者を取り巻く”面倒なこと”、”本業ではないのに時間が取られること”を軽減し、研究者に時間を提供することです。アトラスのサービスを通じて捻出された時間が、本業である研究に使われ、より便利な機械や新薬の開発に繋がれば私たちも研究に貢献していると言えます。日本には35万人の研究者がいるので、仮に1年間に1人1時間の時間を捻出できれば、35万時間、日数にして14,583日といった多大な時間を研究者に提供することができます。冒頭にも言いましたが研究者でなくても、研究を通じて、誰かの幸せに貢献できています。」

医療や情報通信、自然環境、電気水道などのインフラ、交通など、人々が便利で豊かな生活を営むことができるのも、日々行われている学術研究とそれを基にした技術開発のおかげ。学術研究そのものでなくても、間接的にその発展に寄与することこそが、同社の存在意義なのである。
加えて、「新規顧客は、お客様からの問い合わせや紹介が多い。」という発言があったので、その理由を尋ねた。

「2012年に分社化した際、Vision、Mission、クレドを当時の社員全員で定めました。アトラスは学術界に貢献する会社と定義し、また働く上で大事にすることも言語化しました。単に設定しただけではなく、10年かけて数々の取り組みを通じて浸透してきたことが今に繋がっていると感じます。例えば仕様や画面の検討はエンジニア、カスタマーサポート、営業が全員参加して議論しているのですが、その際に”先生たちが楽になるにはこっちのほうがいいよね”、”このほうが先生達にとってわかりやすいのでは?”といった会話が当たり前のように生まれます。その結果、良いサービスに進化し続け、お客様からの評価に繋がっているのではないでしょうか。自社サービスなので腰を据えて取り組めますからね。」

日本には現在約2,000の学会が存在しているが、同社の取引実績は約500学会。直近5年間で倍増する伸びを見せており、今後ますますの広がりが期待される。

233614今後も学会のサービス導入を進めるため、社内の体制強化を進めているという。
493469代表取締役 高橋 陽介氏
2022年より同社の経営トップを務めている。
233638

社員に求めること

2022年3月現在、従業員数は約50名。男女半々で、平均年齢は37歳だ。
SEやプログラマーが20名を占め、諸サービスの開発および顧客へのカスタマイズを担っている。それ以外は、カスタマーサポートや営業、管理部門、後述する新部署といった構成だ。

マネジメントは、社員の仕事観を共有する目的で制定された「Atlas Style!」に従ってなされている。

「2012年に定めたVision、Mission、クレドを2022年5月にリニューアルしました。アトラスが培ってきた文化や今後加えたい文化を言語化しています。
例えば、その中の一つに『ペイ・フォワードの心と個人の力でチームに貢献』というものがあります。アトラスは本当に助け合いの精神が1人ひとりに根付いています。転職してきた人は口を揃えて『優しい会社』『ギスギスしたところが全くなくて居心地が良い』と言ってくれます。誰かに助けられて仕事を気持ち良く進めるのは当然として、どこかの部分では仲間を助ける専門性や知見を持っていることが必要だと、このクレドは指しています。もちろんすぐに身につけなくてもいいし、途中で変わってもいいですけどね。」

そのためにも、社員には学び続けることを求めている。求めるだけでなく、会社として資格取得に対して報奨金やセミナー受講費、学協会費の補助を通じて支援している。
また、社員が力を発揮しやすい環境作りにも力を入れている。

「仕事を行うのは結局は人です。1人ひとりが ”仕事が充実しているな”、”アトラスのVisionに貢献したいな”と感じてもらえる環境にすることで、もっと会社全体の力が伸びると思います。その実現のために2022年から新しい部署を設立し、少しずつですが、環境を整えることにしました。」


そんな同社に適した人材像について、高橋氏は次のように話す。
「自社サービスなので、物事を深く考えて取り組める人ですね。ただし、深く考えるだけで腰が重いとダメです。まとめると”深く考えて実施し、うまくいかなかったら素早く次の一手に移る” そういった人です。また、チームワークや人を助ける精神を持っていることも重視しています。逆に、個人プレーで目立ちたい、という人は向いていないと思います。」

世界における日本の学術界の“地盤沈下”が憂慮されている今こそ、国是である科学技術立国再興のため、同社の存在意義は高まる一方だ。そんな同社の募集は見逃せないだろう。

493538同社ではお客様の期待を上回るよう、「良い仕事をする」ことを強く求められているという。
234530同社のコーポレートカラーは『もえぎ』。もえぎ色のグッズを持っている社員も多いとか。
231872

株式会社 アトラスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アトラスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アトラス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 3000万円
売上(3年分)
2020年 12月 期 2019年 12月 期 2018年 12月 期
約5憶1千7百万円 約4憶8千万円 約4憶3千7百万円
設立年月 1986年08月
代表者氏名 代表取締役 中井 和寛
事業内容 アトラスはITを通じて研究者が研究に専念できる世界を目指し、学術研究の発展に寄与するために、以下のような学術関連のITサービスを開発・提供しています。
・学術大会支援サービス
・会員管理支援サービス
・ジャーナル支援サービス
・ORCID関連サービス
サービスをより良くしていくためにPhilosophy(サービス哲学)を定め、分かりやすく使いやすく親しみやすいサービスを提供すること、お客様の声をもとに常にサービスを進化させていくこと、単に高機能のシステムを提供するだけでなくシステムを便利に活用いただくために良い提案・良いサポートをすることなどを大切にしています。
従業員数 50人
平均年齢 37.0歳
本社所在地 東京都港区南青山1丁目15-9 第45興和ビル 9F
410516

株式会社 アトラス資本金3000万円設立年月日1986年08月従業員数50人

ITサービスの提供を通じて、国内の学術の発展に貢献!

この企業が募集している求人

410559
【サーバーサイド リーダー候補】「IT×学術」で社会に貢献する会社です/自社内開発100%/テレワーク主体
サーバーサイド(自社サービス)

自社開発の学会向け学術大会Webサービスのリニューアル、会員管理Webサービスの開発のサーバーサイド開発、フロントエンド開発全般をお任せします。 ◆具体的には ・チームでのWebサービスの開発 ・AWSを利用したインフラ構築、自社サービス基盤整備 ・コード品質の向上やサービスのパフォーマンス改善 ・新技術導入検証 ・技術サポート、スキル向上の取り組み 【開発環境】 ...

410559
【フロントエンドエンジニア リーダー候補】「IT×学術」で社会に貢献する会社です/自社内開発100%/テレワーク主体
フロントエンドエンジニア(自社サービス)

自社開発の学会向け学術大会Webサービスのリニューアル、会員管理Webサービスの開発のフロントエンド開発全般をお任せします。 ◆具体的には ・チームでのWebサービスの開発 ・コード品質の向上やサービスのパフォーマンス改善 ・新技術導入検証 ・技術サポート、スキル向上の取り組み ・自社サービス基盤整備 【開発環境】 開発プロセスはスクラムベースのアジャイル開発で、開...

410558
【UI/UXデザイナー】「IT×学術」で社会に貢献する会社です/自社内開発100%/テレワーク主体
Webデザイナー・UI/UXデザイナー(自社サービス)

エンジニアだけでなくセールスやサポートなど、部署を横断したプロジェクトメンバーとのコミュニケーションを通してユーザーを理解し、ユーザの課題を解決するためのWebサービスデザイン業務全般に携わっていただきます。 ◆具体的には ・チームでのWebサービスの開発 ・サービスの仕様検討やUI設計 ・HTMLやCSS/Sassを使用した画面のコーディング ・利用状況の分析とUI改善 ...

×