お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

柏菱商事 株式会社の企業情報

201977

柏菱商事 株式会社

システム開発で案件急増。本質的なスキルを身に着けたい技術者募集

デザイン専門書輸入販売で創業 、そして システム開発事業へ

1966年に大阪市で創業し50年以上の業歴を持つ柏菱商事株式会社。時代の変化に合わせて業容を変化させ、現在は書籍事業とシステム開発事業を軸に事業を展開している。

創業事業は、デザイン専門書の輸入販売だ。欧米で開催されるブックフェアでグラフィックデザインや建築設計などに関する専門書を仕入れ、関西のデザイン事務所や建築事務所へ直接販売したのが始まりだった。取り扱う書籍は洋書だけにかぎらず、国内の出版物も含めて、デザイン分野全般に及ぶ。書籍を企業へ直接訪問して販売するスタイルはもともと関西だけに存在する文化だったが、同社の販売先は関西だけではなく全国に広がっている。ネット販売で気軽に洋書が購入できるようになった最近でも、デザインや設計の専門書に限って言えば、現物を見て買いたいというニーズはなくならない。

そんな同社がシステム開発事業をスタートさせたのは、システム開発部部長・中川氏を含む3名のエンジニアを迎え入れた2001年だ。同社は、1990年代末からインターネット時代に相応しい新規事業を模索し、システム開発の知見を持つ人材を必要としていた。

中川氏は、大学卒業後、システムエンジニアとして経験を積み、全国に拠点を持つ大手ソフトハウスなどで、火力発電所や水力発電所の制御システム、大手鉄鋼会社の構内システムの開発に従事した。独立した後も前職時代からの流れで大手鉄鋼会社の案件を受託していたが、過去に築いたネットワークをもとに個人では受けきれない量の案件が発生しつつあった。いずれは法人化して事業を発展させたい思いもあり、昔の同僚2名を誘い、同社へ合流。以降はシステム開発部の代表を務め、会社全体の事業に関わりながら現在を迎えている。

201986同社は1966年に創業した、50年以上の業歴を持つ会社だ。
201985創業時よりデザイン専門書の輸入販売を手掛けてきた。

制御系システム開発で実績。他社に負けない技術力で案件急増

2019年3月現在、同社のシステム開発部が携わるプロジェクトは制御系の案件が中心だ。それは中川氏を始め、2001年に合流した技術者らが、過去に積み重ねた経験や実績をベースに事業を継続してきた結果だ。

具体例を挙げると、自動車メーカーの純正カーナビゲーションシステム、工場内で稼働する製造ライン制御システムや立体自動倉庫システム、高速道路等に設置される広域監視システムなどに携わった実績がある。いずれの開発案件も、上流側の設計フェーズからプログラミングまで一貫して携わっている。

同社のシステム開発部は、2001年にスタートして以来、2008年のリーマンショックに端を発する大不況時でさえも、クライアントとの契約を1度も切られたことがない。技術者のレベルの高さがクライアントに評価されていることが最大の要因である。

「技術力の高さとは、要するに結果としての品質の高さです。例えば、納期までに成果物を納品できたとしても、それがまともに動かなければ意味がありません。ソフトウェアには目に見える形はありません。作ったものが動かなければ、技術者の仕事の価値は無に等しい。弊社の技術者は各自がその自覚を持って仕事に取り組んでいます。当たり前のことですが、必ず納期を守った上で、なおかつ品質は他社には絶対に負けない最高品質を提供する。それだけを常に追い求めています」(中川氏)

開発要件は顧客側から降りてくるが、それが必ずしも正とは限らない。常に課題発見に努め、降りてきた開発要件に問題があれば、歯に衣着せずに問題を指摘し、より良い方法を提案する。また、仮に納品した成果物にバグが見つかった場合には、即座に対応する。そういった提案力やトラブルへの対応なども含めて評価され、信用を蓄積してきた。

ここ数年、同社には、在籍する技術者の頭数では到底こなしきれないほどの案件が継続的に寄せられている。既存客だけではなく、新規客からの引き合いも少なくはない。そのようなリクエストに、これまで同様の品質を維持しながら応えるために、同社は技術者の補強に取り組んでいるところだ。

「現在は客先常駐型の受託開発を行っていますが、人材の補強を成功させて余力が確保出来れば、段階的に社内での受託開発へと移行させたいと考えています。さらに、中長期的には自社製品の開発にもチャレンジする計画です。受託のみに依存しない経営体質を育んでいきたいと考えています」

201978システム開発部部長・中川氏
同社のシステム開発部の成長を支えてきた第一人者だ。
201983『納期を守った上で、他社に負けない最高品質のプロダクトを納品する』これだけを追い求めてきたことが、現在の評判につながっている。

自立して働く技術者に育て上げる自信

同社のシステム開発部が、これから採用する人材に求めるのは制御系システム開発の技術力や経験ではない。

「技術者の能力とは技術や経験だけではありません。顧客のニーズを的確に読み取る力、自分がどう対応するかを正確に伝えることができるコミュニケーション力、課題発見や問題解決力、仕事を進めるために必要な積極性や忍耐力など、求められる能力は様々です。弊社はいずれかの素養さえあれば、自立して働ける技術者に育て上げる自信があります。そのためのサポートは惜しみません」

実際、全くの未経験から入社し、2か月の社内研修と配属後の数か月のOJTで一人前に育った技術者も存在する。常に最高レベルの品質を求めるため、決して甘い職場ではないが、技術者としての本質的な力を身に着けたい技術者にとって、不足はないだろう。

一方、社風の面では、小規模経営ということもあって家族的な雰囲気のある会社だ。システム開発部の事業方針に関しては、中川氏を始めとする事業部員に託されている。現場における意思決定は、それぞれの現場に常駐する技術者に一任されている。

待遇面に関しては、残業代は100%支給され、休日もしっかり確保できる体制を取っている。現場で解決できない問題が発生した場合には、それを社内に持ち帰って相談をして、一緒に問題解決の方法を探るという。

同社は小規模ながらも多角経営で、それぞれの事業が利益を確保している企業なので、経営基盤はしっかりしている。優れた事業アイデアがあれば、それを実現できる環境でもある。今後、システム開発業界でいかに生きるかを模索している技術者は、一度同社を訪れてみてほしい。展望が開くきっかけになるかもしれない。

201981未経験の状態から1年も立たずに一人前の技術者に育て上げる程、同社内での成長スピードは早い。技術者としてレベルを上げたい人にとっては最高の環境だろう。
201987現場における意思決定は常駐の技術者に一任されているなど、経営的な視点を養うことが可能で、それを実現する経営基盤も安定している。

柏菱商事 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、柏菱商事 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 柏菱商事 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
商社(卸売)・流通・小売り系 >  総合商社・専門商社
資本金 1,000万円
設立年月 1966年10月
代表者氏名 代表取締役 坂元 悦子
事業内容 (1) デザイン、建築など専門洋書の輸入販売
(2) 文具、雑貨 の輸入販売
(3) コンピュータソフトウェアの企画・開発・販売・教育・保守
(4) コンピューター及び周辺関連機器の販売
(5) 前各項にかかわる開発およびコンサルティング業務
(6) 前各項に関連する一切の付帯事業
従業員数 7人
本社所在地 大阪府大阪市中央区瓦屋町2-3-1
201977

柏菱商事 株式会社資本金1,000万円設立年月日1966年10月従業員数7人

システム開発で案件急増。本質的なスキルを身に着けたい技術者募集

この企業が募集している求人

Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×