お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ボーダレス・ジャパンの企業情報

179278

株式会社 ボーダレス・ジャパン

社会問題の解決を目指すソーシャルビジネスを次々と創出!バングラデシュ、ミャンマー、トルコ、日本など8ヶ国グローバルに展開する起業家集団

グローバルにソーシャルビジネスを展開し、着実に成長!

株式会社ボーダレス・ジャパンは、社会問題を解決するソーシャルビジネスを生み出す起業家集団だ。2007年の設立以降、世界各地で様々なビジネスを展開している。

創業者の田口一成氏は早稲田大学2年生の時、ドキュメンタリー映像でアフリカの栄養失調に苦しむ子供の姿を見て衝撃を受けた。そして、人生をかけて「貧困問題」を解決することに決めた。

それから自分が何かできることはないかとNGO、NPOを訪問してまわった田口氏。そこには共通の問題が存在していた。それは資金がないため事業が継続できないということ。その経験から、田口氏は収益をあげて継続的に社会課題を解決するソーシャルビジネスでの起業を考えるようになった。

大学卒業後、田口氏は起業資金の貯蓄とビジネス経験を積むことを目的に東証1部上場の専門商社・株式会社ミスミに就職。2年後に退職し、2007年にボーダレス・ジャパンを創業した。当初、社会貢献活動に充てる資金を得るために日本で不動産の賃貸仲介を行っていた。その中で、田口氏は外国人留学生が不動産業者からの偏見によってアパートを借りられない状況を目の当たりにした。それならば「このような社会問題を解決するビジネスを自分たちで創った方が速い」と、外国人への偏見・差別をなくための国際交流シェアハウス「ボーダレスハウス」の運営を始めた。外国に来ても現地の人と接する機会がない・友人もいない孤独を抱える人は多くいるが、そんな人々に支持され、今では日本(東京・大阪・京都)、韓国、台湾で120棟以上運営するまでに成長している。

その後、2010年にはミャンマーの貧困農家の収入向上を目指すオーガニックハーブティーのフェアトレード事業「AMOMA」を開始。しかし、単純にフェアトレードと訴求して買ってくれるほど日本の消費者は甘くはない。ボーダレス・ジャパンはハーブの薬効に着目し、助産師の監修のもと、妊婦、授乳期ママ用のハーブティーを開発。その結果、メディアからも注目を集め爆発的にヒットし、楽天市場のハーブティー部門では常時ランキングトップのブランドになった。現在では、日本国内のみならず、韓国、中国でも販売している。

さらに2013年、バングラデシュに革製品の生産工場を立ち上げ。バングラディシュでは年に一度のお祭りで食肉用に牛を屠殺するのだが、その際に出る牛革を使ったビジネスに取り組む。工場で現地の貧困に苦しむ人々を雇用するだけではなく、丹念に作られた革製品を東京、福岡、大阪、名古屋、神奈川の直営店舗において販売しビジネスマンを中心に好評だ。現在では800人以上の従業員を採用し現地の雇用創出を実現。同業他社の1.5倍以上の賃金水準を保って安定した生活ができるようサポートするほか、従業員が手に職をつけて技術力の高い革職人として確かなキャリアを歩めるようにしている。

2017年3月には各事業を独立させ、ボーダレス・ジャパン100%出資の子会社化。ボーダレスグループとして「社会起業家のプラットフォーム」を目指すべく、ソーシャルビジネスを多く生み出し、それを世界中に広げるサポート体制を整えた。
(2018年1月時点ではグループ16社で18事業を展開)

社会問題を解決するソーシャルビジネスであれば、社会問題やビジネスモデルに制限はない。今後さらに、日本でも海外でも新しい事業を立ち上げていく。

179269代表取締役社長の田口氏。
179272バングラデシュの貧困層に雇用を生み出すためのプロジェクト。現地の人とも深いコミュニケーションが要されるため、ダイレクトにやりがいを感じることができる。
179276

ソーシャルビジネスを次々に産み出し、社会問題解決を加速させる仕組み

田口氏が貧困問題を解決したいという決意からスタートしたボーダレス・ジャパン。現在はグループ全体で18のソーシャルビジネスを持ち、2017年3月~2018年2月の年間売上は40億円を超える見込み。このグループが凄いのは、社会問題の解決が最大の目的でありながら、売上を伸ばし利益を生み出すことも両立している点だ。

ボーダレスグループの社会問題解決の一例として、オーガニックハーブ栽培の事業「AMOMA」をご紹介する。ミャンマーのリンレイ村では、もともとたばこの栽培を行っていた。しかし、農薬による健康被害がひどい上、土壌が弱くなり肥料にコストがかかっていたため仲買人に借金をしながら農業を行っている状態で、借金が膨れ上がっている悪循環があった。

そこで、リンレイ村が抱える問題を解決するため、メンバーが1年間住み込みでハーブの有機栽培のテストを行った。そして、リンレイ村で育つハーブの種類、収穫量を試算し、村人に対してオーガニックハーブの栽培を提案した。さらには仲買人からの借金を立て替えたり、マイクロファイナンスを提供したりすることで村人が抱える問題を根本的に解決しているのだ。

手間をかけて仕入れた産地が確かで安心安全なこのハーブは、妊婦・授乳期ママ向けの高付加価値な商品「AMOMA natural care」として消費者の支持を得た。このように、ボーダレグループは社会問題の解決と利益を出すビジネスを両立させてきた。

さらに、国内外問わず社会問題解決をさらに加速するため、新卒採用とビジネスプラン採用を実施。「この社会問題を解決する」という強い志を持った人は、ボーダレス・ジャパンから最大3,000万円の資本金や事業戦略ブラッシュアップ、マーケティング、PRなどのサポートを受けて、グループ会社として起業することができる。

ボーダレスグループは今後も世界中に存在している社会課題を解決するソーシャルビジネスを次々と創出し社会を変革していくだろう。

179270起業家を支えるバックアップオフィスの矢澤氏
179273様々な途上国でプロジェクトが走り始めているが、ソーシャルビジネスの対象は途上国だけではない。2017年は日本国内の社会問題を解決するビジネスも複数立ち上げた。
179276

無駄を徹底的に排除した働き方でワークライフバランスが整った職場

ボーダレスグループはメンバーの自発的な行動を重んじている。会社として事業を推し進めていくというよりも、社会問題を解決したい人ありきで事業があるのだ。1人ひとりに裁量権が大きく与えられ、自発的に課題を見つけ解決していく行動力が求められる。

また、各事業社長が3か月に1度、メンバーに対して「夢・志」を確認する面談の時間をとっている。「自分はこの事業で何をしたいのか」、「何のプロフェッショナルでありたいのか」を明確にイメージさせ、会社の事業とメンバー自らのやりたいことを合致させているのだ。自発性を重んじる風土こそボーダレスグループが成長し続けられている理由だろう。

また、ボーダレスグループでは短時間集中して無駄のない働き方を目指している。メンバーは日々、その日にすべき仕事を洗い出し、朝会で共有している。こうすることで、すべき仕事が明確になり効率的に働くことにつながる。実際に、午後7時には会社の電気を消灯し全メンバーが帰宅する。家族のいるメンバーは家族との時間、独身者は趣味の時間を持ったりとワークライフバランスが整っている点も特筆すべき点だ。

ボーダレスグループはメリハリある働き方でワークライフバランスを充実させつつも社会問題を解決したい、そんな人にとって最適な職場だろう。

179279様々な社会問題への意識を持つメンバーが集う。
179274「自分はボーダレスグループで何をしたいのか」「何のプロフェッショナルでありたいのか」が、メンバーには明確に求められる。
179277

株式会社 ボーダレス・ジャパンに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ボーダレス・ジャパンに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ボーダレス・ジャパン
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  総合商社・専門商社
商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 1,000万円
売上(3年分)
2017年 2月 期 2016年 2月 期 2015年 2月 期
33.2億円 21.9億円 15.1億円
設立年月 2007年03月
代表者氏名 代表取締役社長 田口 一成
事業内容 偏見のない世界をつくる多国籍コミュニティハウス「ボーダレスハウス」
オーガニックハーブの契約栽培で貧困農家を支える「AMOMA natural care」
バングラデシュの就業困難な人々「BLJ Bangladesh Corporation」
バングラデシュから児童労働をなくすベビーギフト「Sunday Morning Factory」
障害の特徴を活かした革職人育成で正当に評価される場をつくる「JOGGO」
革製品の生産工場で貧しい人々の働く場を増やす「ビジネスレザーファクトリー」
貧困農村部から持続可能な農業と社会をつくる「BORDERLESS LINK」
"リサイクル未経験者ばかり"通うリユースショップでゴミを減らす「POST&POST」
貧困農家を世界からなくすオーガニック農業「BORDERLESS FARM」
シリア難民とトルコの貧困層が安心して暮らせる職場コミュニティ「Salad Farm」
文字が読めない人も障害を持つ人も働けるコミュニティを形成する「Bangladesh Leather Inspection」
ステップ就職で若者の仕事のミスマッチをなくす「ボーダレスキャリア」
こころが不安定で悩み苦しむ人にセルフメンタルケアを届ける「MENT」
農業サプライチェーン改革でアフリカから貧困をなくす「Alphajiri」
地域密着型コミュニティ食堂で子育て世帯を支える「のいえ食堂」
耕作放棄地を有機農業で再生し、高齢者に雇用を生み出す「みらい畑」
小型家電のリサイクルで日本の難民に雇用を創る「ピープルポート」
グアテマラの子どもたちに教育を届ける養鶏事業「MAYSOL」
グアテマラのマヤ民族女性がつくる手織物のエシカルファッションブランド「ilo itoo」

ボーダレスグループの事業はいつも「社会問題を解決する」ことが出発点。今後もさらにスピードを上げて事業を立ち上げ、社会問題を解決するソリューションを開発し、世界中に広げていきます。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 783人
平均年齢 31.8歳
本社所在地 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
179278

株式会社 ボーダレス・ジャパン資本金1,000万円設立年月日2007年03月従業員数783人

社会問題の解決を目指すソーシャルビジネスを次々と創出!バングラデシュ、ミャンマー、トルコ、日本など8ヶ国グローバルに展開する起業家集団

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×