お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 プライム・ブレインズの企業情報

181871

株式会社 プライム・ブレインズ

マネジメント支援、技術支援を中心としたコンサルティングにより、原動力としてITプロジェクトの成功に貢献

あなたのこれまでの開発経験に応じリーダ、マネージャへ育成

これまでシステム開発ばかりでマネジメントの経験がないという方こそ、プライム・ブレインズへの応募を検討してみてはどうだろうか。プライム・ブレインズでは、社長をはじめ、大手SIerのプロジェクトマネジメントやコンサルティング領域で十分な経験を持っているベテラン社員からの指導を直接受けられるのだ。あなたの経験・スキルに応じたポジションが用意され、まずはプライム・ブレインズのベテラン社員が推進する既存プロジェクトに配属される。ITプロジェクトの現場で必要になる様々かつ実用的な知識、スキルを効率的に身に着けることができるのだ。社内では勉強会なども頻繁に開催されるので、お互いに教え合いながら、徐々にスキルアップしていける。また、スキル向上のための研修受講の立案・推進も会社が率先して行っており、資格取得などにも費用を惜しまない。社員の頑張りや地道な活動に対しても賞与や給与のベースアップでできる限り公正に還元している。業界水準よりも手厚い賞与を支給することで正当な評価を行うと同時に社員のモチベーションを高めているのだ。

技術力×マネジメント力でITプロジェクトを成功に導く

企業活動には欠かせない情報システムを作り上げる「ITプロジェクト」を成功させるためのコンサルティングがプライム・ブレインズの事業だ。大規模なITプロジェクトを抱える企業に対し、事業計画コンサルティング、プロジェクトマネジメント代行、開発技術支援によりプロジェクトを牽引するサービスを提供している。

一般的に、ユーザ企業はITベンダーにシステム開発を委託するのだが、『システム開発をITベンダーに丸投げするユーザ企業』と『委託された範囲だけをプロジェクトのスコープとして捉えるITベンダー』との間の認識のギャップや利害の対立がプロジェクトの正常な進行を妨げる要因となっている。そこでプライム・ブレインズがユーザ企業とITベンダーという枠を超えたプロジェクト全体というスコープで情報共有、課題解決を推進するという役割を担うのだ。また、プライム・ブレインズはITプロジェクトの企画段階から、ITベンダーの選定、システム開発の進捗・管理、受け入れテストまでプロジェクトを成功に導く一貫した支援を行っており、難易度の高いITプロジェクトを抱えた企業にも重宝されている。

プライム・ブレインズ代表の五反田基秀氏は、大手ITベンダーにて証券・金融系のSIプロジェクトやSaaS事業の開発プロジェクトにプロジェクトマネージャーとして従事してきた。

プロジェクトマネージャーとして働く中で、苦境に陥ったプロジェクトの火消しを何度となく担当してきた五反田氏は、プロジェクトの成否がプロジェクトマネジメントにかかっているということを痛感していた。加えて、ITベンダーのユーザ企業への踏み込み方にユーザ企業が必ずしも満足していないという点や、ユーザ企業において情報システム開発に精通した要員が不足している為にITプロジェクトのマネジメントは十分な体制で行われていないという点がIT業界の課題であると感じる様にもなっていた。
こうした経験から、情報システム開発に精通した技術者がユーザ企業向けにITプロジェクトマネジメントを支援するというビジネスにニーズがあるのではないかと考えるに至ったのだ。

ただ、五反田氏も当初はそのニーズがどれだけあるのか、ビジネスとして本当に成立するのか確証を持てなかった。その為、当初は「一人起業」という形で2008年に当社を創業した。しかし、いざ「ITプロジェクトマネジメント支援」サービスをユーザ企業に提供してみると途切れることなく仕事が舞い込んでくるようになったのだ。以降、順調に売上は伸び続けており、社員数も30名(2017年4月現在)となっている。

181876社員数30名(2017年4月現在)と着実に仲間を増やしている。
181875ITプロジェクトのマネジメント支援・代行サービスをユーザー企業に提供している。
181882

プロジェクト完了まで責任を持つ

プライム・ブレインズが行うプロジェクトマネジメントとは単にプロジェクトマネジメントの事務処理という「業務」を担当することではない。プロジェクトの立ち上げから完了まで責任を持って推進することがプライム・ブレインズのプロジェクトマネジメントだ。

たとえば、何か問題が起きた場合、単に責任の所在を切り分けるだけではなく、その問題を解決することにプライム・ブレインズ自らが積極的に関わっていく。このような対応が可能なのはプライム・ブレインズがマネジメント、技術の両面からプロジェクトを支援できる体制を持っているからだ。

プライム・ブレインズは技術力を維持するため、自社でも開発プロジェクトを行っており、自社エンジニアの技術力を維持し続けている。マネジメント力だけでないエンジニアの技術力に裏打ちされたプロジェクトマネジメントを推進していける総合力の高さがプライム・ブレインズの強みとなっているのだ。

課題解決に向けてマネジメント、技術の両面からITプロジェクトを成功に導く企業としてプライム・ブレインズはユーザ企業から信頼、支持されている。

182095技術者紹介1:代表取締役の五反田氏のバックグラウンドはエンジニアだ。
182096技術者紹介2:木野氏。アーキテクトとして多数のシステムの方式策定・標準化を推進。

技術力+マネジメント力+課題解決力で生涯にわたって求められる人材へ

プライム・ブレインズのプロジェクトマネジメント支援業務、ITコンサルティング業務ではチームで各ITプロジェクトを担当、支援を行っている。社員は多くのプロジェクトにチームで関わり、エンジニアとしての技術力だけでなくプロジェクト全体を俯瞰しマネジメントやコンサルティングを行う力を伸ばしていけるのだ。

五反田氏は「プロジェクトマネジメントの仕事は歳をとっても働き続けることができる仕事」と語っている。マネジメントは経験がものをいう世界だ。プライム・ブレインズで数多くのプロジェクトを経験し、技術、マネジメント、課題解決に関する総合力を磨き上げれば何歳になっても企業から重宝される存在となるだろう。いちエンジニアとしてだけでなく、技術力+マネジメント力+課題解決力で組織を引っ張っていくエンジニアになりたい、そんなキャリアを見据えている人にとってプライム・ブレインズは最適な職場だ。

プライム・ブレインズにはITプロジェクトにおけるプロフェッショナルへの道が用意されている。エンジニアとして次のキャリアステップに移ることを検討している人は、プライム・ブレインズで技術力+マネジメント力+課題解決力を身に着け、生涯にわたってITプロジェクトで求められる希少価値の高いエンジニアになることを目指してみてはどうだろうか。

182097技術者紹介3:伊賀氏。証券系Slerにおける開発マネジメントおよびマネジメント補佐業務を多数経験。
181877プロジェクトを成功に導くためにメンバーでの議論は自然と熱を帯びる。
181881

株式会社 プライム・ブレインズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 プライム・ブレインズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 プライム・ブレインズ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 1,000万円
売上(3年分)
2016年 10月 期 2015年 10月 期 2014年 10月 期
3億500万円 2億6800万円 3億4900万円
設立年月 2008年01月
代表者氏名 五反田 基秀
事業内容 ITプロジェクトマネジメント代行
ITプロジェクト技術支援
ITプロジェクトコミュニケーションスキームの構築支援
要件定義・基本設計支援/小規模開発受託
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 当社役員(100%)
主要取引先 非公開(大手SIer、大手信託銀行、大手通販会社、大手金融系事務代行会社など)
従業員数 30人
平均年齢 39.3歳
本社所在地 東京都中央区八丁堀3丁目22番11号 八重洲第3長岡ビル
181871

株式会社 プライム・ブレインズ資本金1,000万円設立年月日2008年01月従業員数30人

マネジメント支援、技術支援を中心としたコンサルティングにより、原動力としてITプロジェクトの成功に貢献

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×