お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エイベルの企業情報

163883

株式会社 エイベル

エンジニア出身の代表率いる技術者集団。受託開発を経て自社製品の展開を

社員の姿勢が評価の証。エイベルが取引先に信頼される理由

1990年に代表取締役の古川 明氏が創業。
主に一般企業から依頼された業務システムの受託開発を中心に事業を展開している。
システム導入のコンサルティングからシステム開発、運用支援までをワンストップで対応する。
顧客の業種は様々で、直接の取引が多く下請けの仕事がほとんどないのが特徴だ。

同社は受託開発へ強いこだわりを持っている。
中小規模のソフトウェア会社ではSES事業をメインにしていることが多い。そのようななか、受託開発をメインにしていることは珍しいことで、同社の技術力に対する自信が伺える。
その高い技術力を裏付ける例として同社はクライアントからの信頼が大きい。
営業スタイルは、ほとんどがクライアントからの紹介だということだ。
クライアントに技術者の仕事に対する評価してもらい、声を掛けて頂けることが多いそうだ。
古川氏は、『 弊社は技術者が最強の営業マン 』だと言う。

古川氏に創業に至る経緯を伺った。

『高校でたまたまコンピュータ部に入部しました。
当時は、まだ Windowsなどなく、大きな電卓のようなパソコン、いわゆるポケットコンピュータでBASIC言語を用いてプログラミングを覚えました。
プログラミングの楽しさにどっぷりはまり両親に頼み込んでパソコンを買ってもらい寝食を忘れてプログラミングに没頭しました。
この頃から将来はコンピュータに携わる仕事に就きたいと思うようになり、プロになるために必要な知識を深めるため、情報処理の専門学校へ進みました。
在学中に秋葉原のパソコンショップでアルバイトをしていましたが、その経験から自分でビジネスを展開したいと思うようになりました。
就職した会社はSES専門の会社でしたが客先で知り合った仲間を誘って創業しました。』
と語る。

また、今後の展開について尋ねると
『現在は、上流工程をプロパでこなし、不足するプログラマをビジネスパートナーよりSESで協力頂きながら進めています。
今後は、若手~中堅の人材の確保を進め、プロパのみでプロジェクトを進められるように目指し、組織強化、事業拡大を図っていきます。
また、頼まれたものを作るだけでなく、自分たちのアイデアと技術で独自の製品やサービスを世の中に展開していきたいと考えています。
これは創業当時からの目標で既にいくつか展開しているものもありますが、現在の体制では手が回っていません。 
この点についても今後の体制拡充の大きな目的です。』

163892代表取締役 古川 明
163904厳しいなかにも、笑いのある先輩
163893

受託開発だからこそ、品質には強いこだわり。手間を惜しまぬ社内体制

前にも述べたがエンジニア出身の古川氏は受託開発に強いこだわりを持っている。
クライアントから受託開発案件を任されるのはある意味、信頼されている証でもある。ただ、品質管理など小規模の企業では担保し切れない事例が多い中で、同社は品質に関して非常に厳しい姿勢を貫いている。

『必ず制作したものはレビューを行います。それが品質の確保になりますし、人に見てもらい指摘されることで若手の成長にも繋がります。
そういうところで高い品質を提供する体制が、お客さまに評価されているのかなと思いますね。

非常に手間の掛かることではあるんですよ。
今どきは素人の方でも趣味でソフトウェアを作っちゃうんでしょ。

でも我々はプロフェッショナルですから、単に動けばいいというわけじゃないんです。
業務システムは長期に渡って運用されますが、お客様のビジネスも様々に変化してきます。それに合わせてシステムの改修や拡張も当然必要になります。
バグの無い高品質と言うだけではなく、柔軟でメンテナビリティの高いシステムを作らなければなりません。
そういう点もレビューを通して、プロとしてこう作るべきとして若手に教えていきます。』

SESの場合は、プロフェッショナルとして支援先に常駐をするので一緒に常駐する先輩でもいない限り自力でスキルアップする以外にない。
また、SESで技術者を募集する側も案件に合った技術と実績のある経験者を募集することがほとんどだ。その為、実績の無い技術者が実績を積む機会が限定的となってしまう。
逆説的にこれこそが受託開発を行う強みであり、人材育成に力を入れている同社の特筆すべき点でもあるだろう。

163910
163912
163891

年1回は社員旅行を実施。一人ひとりが成長でき、働きやすさを感じられる環境

現在は男性社員しか在籍していないが、フランクな関係性が築かれているのも同社ならではの魅力であろう。まず役職で呼び合うことがないため、上下関係を感じることがない。組織としての階層はきちんと設けられているが、分け隔てなく、気軽にコミュニケーションがとれる雰囲気が形成されている。どういう人材が入社してくるのかについて『ただ、これまでに新卒で入社した人もいますし、求人を通して中途入社した人もいます。社員同士も仲良いですし、新たに入社して馴染めないということはないと思います』と古川氏。定例ミーティングも頻繁に開催されており、年1回は社員旅行を実施。近では「熊本・長崎」や「大阪・京都」、「沖縄」に社員全員で旅行し、2~3日の間、観光や温泉を楽しんでいるようだ。

同社で働くやりがいについて、建設業界から転職をしてきた田西氏は『もちろん、最初のうちは分からないことだらけです。しかし、着実に業務を行うことで達成感を感じるようになりましたね。会社は一人ひとりの社員を信頼し、積極的に仕事を任せてくれるんです。最低限のルールはありますが、厳しい縛りがないので、働きやすさも感じられますよ』とコメント。新入社員は入社後、プロジェクトに入りながら、OJTとして先輩社員の元でスキルを学んでいく。それから3~4年でリーダー職を任されるようになるが、他社と比較してもそこまでの道のりは険しい。具体的には5年の経験を有しても、一人前とは言われないのだ。だからこそ、社員は向上心を失わず、常に努力を怠らない人が集まっている。

社内では資格取得支援制度や技術書の購入補助、外部研修の機会が設けられており、会社としても個々の技術向上を促している。ただ、残業や休日出勤は余程のことがない限り行われない。残業は納期や繁忙期を除き月20時間ほどだという。比較的、残業が多い傾向にある同業界では珍しいが、古川氏によると『それは全社員が効率的に仕事をしてくれている証拠だと思います』と話す。これから自社製品を含めて更なる飛躍が期待される株式会社エイベル。一つ一つの案件をチームで取り組むこともあり、求められる素質は「協調性」と「面倒なことを嫌がらない姿勢」だ。業界を代表する技術者に成長したい方は、この機会をチャンスだと捉えてみてはいかがだろうか。

163920社員旅行 in 沖縄
163914社員旅行 in 熊本・長崎
163899

株式会社 エイベルに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エイベルに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エイベル
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 1,000万円
設立年月 1990年04月
代表者氏名 古川 明
事業内容 ソフトウェアの導入前から導入後までの幅広いシステム開発
■システム導入コンサルティング
■ソフトウェア受託開発
■インターネット関連
■システム運用サポート
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 10人
平均年齢 36.0歳
本社所在地 東京都千代田区神田佐久間町3丁目19番 東邦沢口ビル6階
163883

株式会社 エイベル資本金1,000万円設立年月日1990年04月従業員数10人

エンジニア出身の代表率いる技術者集団。受託開発を経て自社製品の展開を

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×