お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 大阪エヌデーエスの企業情報

143122

株式会社 大阪エヌデーエス

車載機器市場で成長に拍車。基盤系開発に強みを持つ「進化する強い会社」

業務系と組込み系の2本柱。「要求開発」で顧客の業務を最大化

株式会社大阪エヌデーエスは、エンタープライズ分野(業務系)とエンベデッド分野(組込み系)の2分野を柱とするコンピュータソフトウェアの開発会社である。現在(2016年4月)の社員数は約80名。1969年創業とソフトウェア開発会社としては長い歴史を持つ会社だ。

創業時はエンタープライズ分野からスタートし、エンベデッド分野には1976年に参入している。現在、比率としては、売上も技術者の数もほぼ半々。同規模の開発会社の中で、エンベデッド分野の開発に同社ほどのヴォリューム感で取り組む企業は決して多くはない。しかも40年以上という長いスパンで実績を作ってきた会社となるとさらに数は絞られるだろう。

エンベデッド分野の開発では、有力家電メーカーや自動車部品メーカーとの直取引に加え、最近は半導体商社との協業も増えている。特に成長している市場は自動車関連の開発だ。自動運転システムや高度道路交通システムの実用化に向けた動きが加速する中で、同社においても車載関連の開発プロジェクトが活性化している。

エンタープライズ分野では、ミドルウェアと呼ばれる基盤系システムの開発に強みを持つことが最大の特徴だ。アプリケーションの開発を手がける会社は数多くあるが、基盤系を得意とする開発会社は多くはない。コンピュータシステムが複雑化、高度化する昨今、大手SIerのパートナーとして、金融業、大手鉄道会社、航空会社、官公庁など、幅広い業種業界の大規模基盤システムの開発に上流行程から携わっている同社のノウハウは、従来以上にその必要性が増して来ている。

以上が同社の各分野における開発会社としての特徴だが、分野を問わず、同社が開発する上で重要施策として取り組んでいるのは、開発の前段階であるシステム企画における「要求開発方法論」(以下、要求開発と表記)だ。要求開発とは、「システムの要求は予め顕在化・明文化されてない」という考え方のもと、システムの要求をユーザーとともに技術者がファシリテートする形で明文化(開発)していくという手法である。システム開発の目的が多様化するにつれ、システム開発をめぐるトラブルが増えてきた。それを防ぐために生まれたものだ。代表取締役社長・平山武司氏は、次のように説明する。

「ある調査によれば、作られたシステムの4割は使われていないとのこと。お客様はコストも期間も4割分無駄にしており、開発会社側も4割分余計な仕事をしていることになります。誰もハッピーになっていない。だとすればいかに無駄なシステムを作らないかも我々の選択肢の1つです。また、それがお客様満足を高める方策でもあります。なぜそのシステムが必要なのか、そのシステム作ることによってお客様にどういう価値をもたらすのかを徹底的に追及しようと、2009年に「NDS要求開発宣言」を策定し、取り組み始めました」(平山氏)

143126
143157
143134

顧客、会社、社員の「三位一体」でやり切る姿勢が評価され成長に

「NDS要求開発宣言」は、同社が要求開発で目指すものを明文化したものだ。

(1)ビジネス戦略に直結したITシステムを提供する
(2)お客様と共に真の要求を開発する
(3)新たなITビジネスを開拓する
(4)開発者として説明責任を果たす
(5)IT技術者の価値を高める

の5項目で構成される。もともと「顧客(エンドユーザー)の業務の最大化」に主眼を置き、本質的に必要とされるシステムの開発を目指してきた。大手SIerからの一次受け案件でも、初期段階から入り込み提案書も一緒に作る。そのような姿勢を貫くことで独自のポジションを確立してきた。その流れを一層加速するものとして取り入れているのが要求開発だ。

大阪エヌデーエス社自体の設立は1993年。しかしその歴史は1969年にさかのぼる。東京に設立された株式会社ニッペーデンサン(1974年、株式会社ニッポンダイナミックシステムズに商号変更)が、1976年に開設した大阪支社を分社化して設立したのが、大阪エヌデーエス社である。先代から会社を引き継ぐ際に平山氏が決断した。

「当時はITバブルが崩壊した直後。その危機的な状況を乗り切るためには、東京依存ではだめだと考えました。社員は関西出身者が大半ですし、地場の関西で仕事ができるようにならなくてはならないという思いがありました。要するに究極の権限移譲です。それまで東京主導で動いていたのでメンバーも戸惑っていたし、苦労もありましたが、それを乗り切ったことが今につながっています。」(平山氏)

分社化と同時に、エンベデッド分野の開発を大阪に集約した。同分野の主要取引先が当時、躍進していた関西の家電メーカーだったことが大きな要因であり、それが現在の強みの1つとなったのだが成長の要因は他にもあった。

「当時からシステム開発の業界はトラブルの連続でした。弊社もとんでもない修羅場を数多く経験してきました。そういうときによく言われたことは、“エヌデーエスは逃げない”ということです。苦しい時のエヌデーエス頼みとも言われました。トラブルが発生した際に、契約上の責任は果たしたと言って、逃げる会社は少なくありません。しかしエヌデーエスは最後までやり切る。もちろん弊社も大赤字を出したことは何度もあります。社員が疲弊しきって労災事故になりかけたこともありました。それでも最終的にはやり遂げてきた歴史があります」(平山氏)

そういった歴史を振り返り、改めて策定したのが現在の経営理念だ。顧客満足、会社の革新と発展、そして社員の自己成長・自己実現の三位一体。それは同社の母体となったニッポンダイナミックシステムズ社時代に育まれ、受け継がれてきたDNAでもある。

今後に向けた展開としては、IoT市場の成長が加速する中で、エンベデッド分野とエンタープライズ分野の融合に取り組む。特に活性化している分野が車載機器だ。車載分野はこれまでにないほどドラスティックな変貌を遂げようとしている。世界的な自動車メーカーでさえも、一メーカーでは追いつけないほどの変化である。そこに同社が蓄積した知見を生かせるビジネスチャンスが広がっている。そのチャンスを確実にものにしていく考えだ。また、技術の面では、組込みLINUXに本格的に取り組むべく、経営資源を投入していく計画である。

143145
143155
143136

自主・自立・自律の企業文化。目指すは「進化する強い会社」

「大阪エヌデーエスは、開発が大好きな人間が集まっている会社です。その開発をよりスムーズに、あるいは付加価値の高いものにしていくために様々な工夫をしています。要求開発もその1つです。決して要求開発コンサルタントを育てたいわけではない。どこまで行っても、マネジメントだけ、あるいはコンサルティングだけをやる会社にはなりません。開発会社であるという本質は忘れたくないと考えています」(平山氏)

その上で同社が掲げるのは“進化する強い会社”というビジョンだ。「進化する」とは環境に適応し続けることだ。創業から47年間も事業を継続できたことは、進化し続けた証である。今後も進化し続け、まずは50年、さらに60年、70年を迎えたい考えだ。そして「強い会社」とは「継続できること」である。ただ生きながらえるだけではなく、社員が、そして会社が輝きながら継続をしていく。決して規模の拡大のみを目的とするのではなく、社員が自己実現を図りながら、安心して働き続けることができる。そんな会社として存続し続けられることが「強さ」だと平山氏は語る。

そのようなビジョンを実現していくために社員に求めることは“自主・自立・自律”の精神である。その想いは、40年前に東京依存を脱却するために同社を独立させた際の精神にも通じている。

「会社があって社員がいるのではなく、社員一人ひとりが集まって会社になる。それが基本的な考え方です。一人ひとりの社員が活躍することが会社の輝きになっていく。だから弊社では「自らが」という言葉をたくさん使います。会社なので目指すところは一緒ですが、そこにどう行き着くかは各自が考える必要があります。全ての仕組みがそういう発想で動いています。人事制度にしても、立候補しない限り自動的に昇進するような制度にはしていません」(平山氏)

自主・自立・自律の精神は、「三位一体」の理念と融合し、同社の企業文化として定着してきた。例えば、現在、実行中の中期経営計画は、若手リーダー層が中心となり、合宿などを行いながらボトムアップ型で策定したものである。

そんな同社が中途採用で重視していることは、自社にはない様々な価値観や経験を内部に取り込むことだ。組織が進化し続けるためには、必要不可欠な要素である。そして、求める人材は、同社に入社して実現したいことを明言できる人材だ。

「自分が何をしたいか。それは自主・自立・自律を量る際の試金石となります。ピント外れであっても、それを即答できる人は、普段からそういう行動をしている人です。そのような人材は、社内で様々な軋轢を起こすかもしれません。でもそれが会社の進化に繋がります。金太郎飴になるのが一番怖いわけです。だからまずは、これがやりたいというビジョンを持っているかどうかを重視して選んでいます」(平山氏)

このような価値観のもとで運営される同社には、そこに集う技術者にとっては“自分の居場所”と思える居心地の良さがある。「いろいろあっても、最終的には“ここにいて良いんだ”と思える」と平山氏も自負する。エンドユーザーに本質的な価値を提供する“価値ある技術者”を本気で目指せる場所。それが株式会社大阪エヌデーエスである。

143148
143144
143158

株式会社 大阪エヌデーエスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 大阪エヌデーエスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 大阪エヌデーエス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 3,000万円
売上(3年分)
2017年 3月 期 2016年 3月 期 2015年 3月 期
12.62億円 9.14億円 8.28億円
設立年月 1993年07月
代表者氏名 代表取締役社長 平山 武司
事業内容 エンベデッド製品・システムの企画サービス
エンベデッドソフトSIサービス
車載エンベデッドソフトSIサービス
エンタープライズシステムSIサービス
新業務システム構築支援サービス
IT人材教育サービス
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 80人
平均年齢 40.0歳
本社所在地 大阪府大阪市中央区城見1丁目4番70号 住友生命OBPプラザビル8F
143122

株式会社 大阪エヌデーエス資本金3,000万円設立年月日1993年07月従業員数80人

車載機器市場で成長に拍車。基盤系開発に強みを持つ「進化する強い会社」

この企業が募集している求人

143154
急募!【業務・基盤系エンジニア※大阪勤務】 メーカー、大手Sierのパートナーとして、大規模案件多数受託!
業務・基盤系エンジニア※大阪勤務

エンタープライズ分野では、金融・通信・製造・流通業等をターゲットとして、業界に先駆けてビジネスの視点から業務のあるべき姿や課題を捉える「要求開発」という手法をベースに、お客様のIT価値を最大化するシステム開発に取り組んでいます。 【具体的には】 ■BtoB向けのアプリケーション基盤の開発に携われます。 ■セキュリティ技術やWeb系基盤技術を駆使し、各種ミドルウェア開発、各種システム...

143152
急募!【組込みソフト開発・組込みLinux開発・組込みOS開発のソフトウェアエンジニア※大阪勤務】システムの仕組みやアルゴリズムから考えていただきます!
組込みソフト開発・組込みLinux開発・組込みOS開発のソフトウェアエンジニア※大阪勤務

車載・家電製品組込みソフトウェアの開発(カーナビ、制御ECU、ITS関連、エネルギー関連、家電、産業用ロボット、センサネットワーク、計測監視システム等)を担当していただきます。 システムの仕組みやアルゴリズムから考えて開発実施していくため、自分で創意工夫する面白さを感じられる開発業務です。 【具体的には】 ■車載情報機器/自動車制御装置関連ソフトウェア開発 ■産業機器・情報家電機...

143153
急募!【車載情報機器/自動車制御装置関連ソフトウェア開発エンジニア】東京オフィスの中核メンバー募集!
車載情報機器/自動車制御装置関連ソフトウェア開発エンジニア

車載情報機器/自動車制御装置関連ソフトウェア開発を担当していただきます。 システムの仕組みやアルゴリズムから考えて開発実施していくため、自分で創意工夫する面白さを感じられる開発業務です。 また東京オフィスの中核メンバーとして、開発職務だけに留まらず、事業推進のため様々な場面で幅広く活躍していただくことを期待しています。 【具体的には】 ■車載情報機器/自動車制御装置関連ソフトウェ...

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×