お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ウェッブアイの企業情報

株式会社 ウェッブアイ

プロジェクト計画と進捗の「見える化」を実現する

プロジェクトマネジメントとITに精通したエキスパート集団

エンタープライズ・プロジェクト・マネジメント(以下EPM)分野の専門企業として、幅広い産業分野における知識と確かな技術力で、顧客の抱える課題解決と競争力向上を支援している株式会社ウェッブアイ。

EPMとは、個々のプロジェクトを管理単位として、企業活動全体を複数のプロジェクトの集合体とみなし、その遂行、評価を通じて企業の経営目標の達成を目指す戦略的経営手法だ。近年、市場の変化のスピードが増すにつれ、わが国のプロジェクトマネジメントの主流は、従来の単一プロジェクトを対象とするスタイルから、急速にこのEPMへとシフトした。企業にとってEPMの導入は、最大限の投資効果を引き出すプロジェクトの取捨選択と全体最適化を行う基盤として欠かせないステップである。

2000年の設立当初より、その重要性に注目し続けてきた同社は、EPMのコンセプトに基づくプロジェクトマネジメントシステムの開発ならびに、コンサルティング、運用支援、教育コースなど、各種サービスの提供を通じ、着実に成長を遂げつつ、今日に至っている。

4218

「日本発、日本企業のための製品づくり」へのこだわり

「これまで、プロジェクトマネジメントシステムというと欧米製のものが主流で、日本企業のニーズを満たす製品が存在していませんでした。そこで、自ら日本特有のプロジェクト遂行スタイルにマッチした製品を創りあげたいという想いに駆られ、弊社を立ち上げたのです。」と森川氏は語る。

欧米製の製品には「プロジェクトマネジメントの発想の違いによる使いにくさ」と「カスタマイズのしにくさ」という二つの問題点があったという。

この問題点を解消して開発されたのが、同社の代表的な製品であるEPMシステム「PREGARE(プレガーレ)」と工程表作成ツール「工程's」の二つだ。

「PREGARE(プレガーレ)」は企業のあらゆるプロジェクトを「見える化」する、エンタープライズ向けプロジェクト情報共有サーバーである。電子化されたプロジェクト計画をサーバー上で統合管理し、関係者間でのタイムリーな共有を実現。さらに予算、コスト、出来高管理へと展開できる。

「工程's」は同社がプロジェクトマネジメントのエキスパートとして蓄積したノウハウを結集して、ツールとしての使いやすさ、表示・印刷される工程表の見やすさを追及した工程表作成ツールだ。手間のかかる工程表作成を、マウス操作により手書き感覚で簡単に実現できる。

両製品ともに、欧米のプロジェクトマネジメント技術と日本独自のプロジェクトマネジメント遂行スタイルを融合させた製品として、市場で高い評価を受けている。
「欧米製のツールにはない日本のユーザーの特性にマッチした機能と、WEBアプリケーション技術を取り入れた点が評価されているのです。」と森川氏は語る。

これらの製品は大手から中小企業まで、製造業を中心に建設、ソフトウェア業界など、幅広い業界で1,000社を超える企業に利用されている。この事実が市場で評価されていることを裏付けているだろう。

1236
1235代表取締役社長 森川 勇治 氏

世界に通用する「オンリーワン」のEPMソリューションプロバイダへ

今後の展開について、森川氏は「日本の製造業における業務プロセスというのは、世界的に見ても非常に優れているのです。日本の強みであるこのノウハウをパッケージに内包し、世界のユーザーに発信していきたい。」と語る。

同社は、2005年7月には既に中国全土での本格的な製品販売をスタートさせ、グローバル戦略の大きな一歩を踏み出している。

同社の魅力について、佐藤氏は「EPMという事業の先進性に惹かれてこの会社を選びました。」と語る。同社の最大の魅力はやはり事業の先進性ということになるだろう。

しかしながら、同社はこれだけではなく、教育体制も充実しているという。
営業部門においては、業務マニュアルを制定し、それに基づく徹底した社員教育を実施し、人材の育成に努めている。また、技術部門においては、豊富な経験と実績を積んだ先輩技術者によるきめ細かいサポート体制を整備している。

EPMの市場というのは年々大きくなってきており、今後さらに需要が増えてくるという。同社は、更なる発展と成長を共に目指す仲間を求めている。

「プロジェクトの成功」から「ビジネスの成功」へ ―それが、ウェッブアイの事業を貫く最大のテーマです―

私たちのミッションは、「お客様におけるプロジェク管理の効果を最大にすること」、すなわち、プロジェクト管理やプログラム管理、そして計画管理分野における世界で唯一の独立系専門企業として、幅広い産業分野における知識と確かな技術力をベースに、お客様の抱える課題解決と競争力向上のお役に立つことです。 2000年の設立以来、計画管理プロジェクトマネジメントとITに精通したプロ集団として、日本独自の計画管理プロジェクト遂行スタイルに適応した製品・サービスを社会にご提供し続けて参りました。現在では 1,000社を数えるお客様のプロジェクトをご支援させていただいております。 私たちは、さらに未来に向け、日本発、世界に通用する「オンリーワン」のPMソリューションプロバイダとして、最新のテクノロジーと最高のサービスを駆使しつつ、常にお客様の立場に立ち、ビジネスの最前線からの生の声に耳を傾け、より良い製品づくりに活かして参ります。そして、お客様の成功を支える力となり、共に成長を続ける企業でありたいと思っております。どうぞ今後も変わらぬ、ご支援、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い致します。

株式会社 ウェッブアイに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ウェッブアイに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ウェッブアイ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 5,000万円
売上(3年分)
2014年 1月 期
442百万円
設立年月 2000年02月
代表者氏名 代表取締役社長 森川勇治
事業内容 プロジェクトマネジメント、計画管理分野における以下の製品・サービスの提供
・ソフトウェアパッケージの開発販売
・システムコンサルティング及び個別システムの受託開発
・当社製品の導入コンサルティング、運用支援、操作教育
・一般PM教育及び個別の教育プログラムの開発
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 森川勇治
主要取引先 関西電力株式会社
協和発酵バイオ株式会社
日本原燃株式会社
大成建設株しい会社
TIS株式会社
株式会社LIXIL
従業員数 50人
平均年齢 46.0歳
本社所在地 東京都 江東区有明3-6-11 東京ファッションタウンビル東館9F

株式会社 ウェッブアイ資本金5,000万円設立年月日2000年02月従業員数50人

プロジェクト計画と進捗の「見える化」を実現する

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる