お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アーバンフューネスコーポレーションの企業情報

170349

株式会社 アーバンフューネスコーポレーション

-LIFE STORY CONSULTING-「葬儀×IT×その人らしさ」で業界にイノベーションを起こし続けるリーディングカンパニー

社長はテイクアンドギヴ・ニーズ出身!命をつなぐ葬儀のあり方を追及!

株式会社アーバンフューネスコーポレーションは、いわゆる葬儀社として産声をあげた。だが、神妙な面持ちで葬儀の手配と進行をする葬儀屋さん…といった姿を思い描く方には、まずその旧態以前としたイメージを捨ててほしい。

「当社は葬儀業界のリーディングカンパニー」と話すのは、同社創業社長の中川 貴之 氏だ。前職は、斬新なオリジナルウエディングで有名なテイクアンドギヴ・ニーズ。創業メンバーの一人として、新たな結婚のスタイルとビジネスモデルを世に根づかせた。そんな彼が次のステージに選んだのが、「LIFE STORY CONSULTING」、即ち人生のエンディングのプロデュースなのだ。

豊洲にあるアーバンフューネスコーポレーションのオフィスは明るく広々とした空間で、天井からは標語や目標を書いた幕が垂れ下がっている。まさにベンチャーの姿そのもの。都市化が進み、地縁が薄れていくなかで、ITを駆使して人生の大事な儀式である葬儀を、現代の生活にマッチする姿にしたい。そんな志を持って立ち上げたのが同社だ。

例えば。
昭和の大女優、淡路恵子さんの葬儀を執り行ったのも同社だ。「かっこいいお葬式にしてほしい」と望んだ大女優。しめやかな葬儀のイメージとは全く異なるその様子は、同社のHPに詳しく紹介されている。「テイクアンドギヴ・ニーズ出身の中川氏が創業した会社」と考えると、同社に脈々と流れるこのプロデュース能力の高さもうなずける。

「死んだ報告会をしても意味はありません。故人が生きてきた姿をクローズアップして、それを送り、次の人につないでいく。それが我々の追求するテーマです」と、中川氏は同社のコンセプトを語る。

「お葬式は、人類の知恵だと思うんです。死というわからないものに対する恐怖を減じるために、葬儀をしているのではと。つまり生きる力を生み出し、命をつなぐ大切な儀式なのです。もちろん死を意識はしますが、つまりは豊かに生きていくための葬儀のあり方を追求しています」(中川氏)。

明確なコンセプトを掲げる同社が、他社と決定的に違うのは目的意識だ。「執り行うこと」を目的とするのではなく、「何のためにやるのか」を白紙の状態から突き詰め、どんな形にするかを考える。だから送る側の要望を鵜呑みにするのではなく、必ず「なぜ、そうしたいのか」を聞き、言葉の裏にある本当の要望や思いを引き出し、形にする。そのプロセスの積み重ねが、利用した人の高い満足度につながっているのだろう。

91358冠婚葬祭の企画運営を手掛ける同社。創業以来、右肩上がりの成長をし続けている。WEBでのお問い合わせは年間4,000件を超えるという。
91280代表取締役社長兼CEO
中川 貴之 氏

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズの立ち上げに参画。役員として株式上場に携わる。2002年10月葬儀業界へ転進し、同社を設立。
170864

業界のIT化の一翼を担うことはアーバンフューネスにしか実現できない使命。

考えてもみてほしい。急な不幸があり、葬儀を行わなければいけなくなったとき、いわゆる「田舎」であれば、親戚や町内会の人に相談すれば無難にできる。でも、多くの人がそうであるように、地縁のない都市部に核家族で住んでいたら、一体誰に相談すればいいのだろう?その不安に寄り添うのが同社のサービスだ。大事な人の死に直面し、途方に暮れてインターネットで「葬儀」と検索する人。同社はこれまでそのような人をターゲットにWeb戦略を推進してきた。

そして、未来、わが国は、人口の約4分の1を65歳以上の高齢者が占める超高齢社会を迎え、24年後の2040年には年間死亡者数167万人に達することが予測されている。一方、葬祭事業の従事者であるエンディングプランナーや葬祭ディレクターの数は3万人未満。このままでは、お客様一人ひとりにきめ細やかに対応し、想いをカタチにするアーバンフューネススタイルのお葬式を続けることは難しくなることを危惧している。葬祭業界のみならず、社会が潜在的に抱える問題を解消するために、同社が他社に先駆けて取り組んでいるのが「スマートフューネラル(Smart Funeral)」構想、葬儀事業のIT化だ。

スマートフューネラルは、煩雑な事務作業や社内の情報共有などをすべてITに任せて、会社のなかで人間が本当にするべき創造的な仕事に集中できる、洗練された業務環境を整えることを目的としている。これからの時代、お客様へ直接かかわるエンディングプランナーといえどもITリテラシーは不可欠である。また、幅広い世代や価値観の方と話ができる文化的な知識も必要となる。企業葬などの大規模なお葬式では、企業の役員クラスの方とお打ち合わせをすることも多く、作法、礼儀も試されることを考えると、仕事のスキルを磨くだけでなく、人間力を高める教養を身につけて欲しいと同社は考える。仕事を離れて文化的な事柄にふれたり、興味のある分野を学び、家族や友人と過ごす時間はこのビジネスを進めていく人にとって必要不可欠なものと考える。その手段のひとつにIT化があり、ITを活用して人が人らしく暮らし、人間として成長し続ける環境を、アーバンフューネスから業界全体に発信していくことがこれからの企業存在価値であると考えている。

実際同社では、2009年から葬祭事業に特化した独自の顧客管理システム、見積りシステムを自社開発。本年もエンディングプランナーの業務を支援するiPhoneアプリ、このアプリと連動して情報を公開するポータルサイトを開設。社内の情報共有とデータベース化を推進することにより、業務効率の飛躍的なアップと、お客様のご負担の軽減に役立てているようだ。

「従来の葬儀屋さんは葬儀の挙行がメインで、チラシがわりにHPも作っているというスタンス。逆にITを謳う葬儀サービス会社は、情報提供や仲介などのITサービスがメイン。両社の中間に位置し、ITと現場の両方に精通している会社は、恐らくあまりないでしょうし、これからもなかなか出ないと思います」(中川氏)。

独特な立ち位置で、この業界の先駆者として業績を伸ばしている同社。売上は会社設立以来、右肩上がりに伸びている。
人類の叡智をITという新しいアプローチで次世代につなげる同社。まだまだ進化は続く。

91297同社が手掛けるのは、「感動葬儀」。お客様へのヒアリングを実施し、心に残る葬儀を目指すという。
91298「故人が生きてきた姿をクローズアップして、それを送り、次の人につないでいく」それが同社の追求するテーマだ。
170865

アライアンス、グローバル展開もスタート。進化しつづける社風と社会的意義の大きさが魅力!

2014年、同社は、海外展開を試みた。地縁が薄れた日本の都市部と同じことが、今後、アジアの都市でも起こっていく。そのような予想の下、台湾で現地の葬儀会社へ、アーバンフューネススタイルのお葬式が展開できるよう、企業の人財育成コンサルティングを1年かけて実施した。現地の反響は大きく、手応えを感じている。また、業界のITソリューション事業を展開し、アライアンスサービスも加速していくなど、ビジネス拡大の展望と共に、来年IPOも予定している。

2002年に創業し、すでに10年余りの歴史を刻む同社だが、事業も会社のステージも、まだ発展の途上にある。現在150名規模のため、まだ一人一人の裁量は大きい。常に先駆者たることを目指す社風とあいまって、自らを大きく成長させるのに最適な環境と言っていいだろう。

同社の成功を目にし、ITに力を入れる葬儀会社も増えつつある。それらは皆、同社のWebサイトを真似するという。「実際、『いつも参考にさせてもらっています』と言われますから」と、中川氏は苦笑する。だが、そんな風潮もまた歓迎している。

「我々がこの業界を切り拓いてきましたが、競合が増えればそれだけ市場が大きくなります。競争が激化するといった料簡のせまいことを言う気はありません。拡大した市場で、当社が選ばれる続けるために、よりいいものを作っていくだけです」(中川氏)。

同社のエントランス横の壁には、「いのちをツナグという誇り高き仕事」の文字が躍る。先立った人の思いを送る人が受けとめ、自らの生きる糧にする。悲しいながらも素晴らしい、その瞬間をプロデュースする同社。社会的意義は極めて大きいと言っていいだろう。その理念に感銘を受け、その思いを自らの手で世の中に広めたいという人はぜひ、同社を訪ねてほしい。進化を続ける同社にあって、やれることややるべきことは無限にある。

91279オフィス外観。豊洲駅から徒歩5分。
170352オフィスは明るく広々とした空間が広がる。
91351

株式会社 アーバンフューネスコーポレーションに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アーバンフューネスコーポレーションに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アーバンフューネスコーポレーション
業界 サービス系 >  その他サービス系
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 1億1,712万5,000円
設立年月 2002年10月
代表者氏名 代表取締役社長兼CEO 中川 貴之
事業内容 冠婚葬祭の企画運営
各種イベント企画
ソフトウェア企画開発
ITソリューション提案事業
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 役員、YJキャピタル株式会社(ヤフー株式会社100%子会社)
従業員数 140人
平均年齢 31.0歳
本社所在地 〒135-0061
東京都江東区豊洲5-4-9 KR豊洲ビル5F
170349

株式会社 アーバンフューネスコーポレーション資本金1億1,712万5,000円設立年月日2002年10月従業員数140人

-LIFE STORY CONSULTING-「葬儀×IT×その人らしさ」で業界にイノベーションを起こし続けるリーディングカンパニー

この企業が募集している求人

213487
未経験者歓迎【エンディングプランナー】究極のサービス業で、人生を変える志事がしたい方、大歓迎!
エンディングプランナー(未経験者歓迎)

100人いれば100通りのお葬式をトータルプロデュース。ご遺族様の心に寄り添い、 お悩みやニーズだけでなく、声にならない声まで耳を傾け、安心していただける情報のご提供、式のご提案を行います。 お客様の想いを心で感じ、一度きりの大切なご葬儀を企画・実施していく仕事になります。 【具体的には・・・】 私達の使命は、シンプルに表現すれば、"命を結ぶこと"です。命が結ばれるというのは、故人...

195017
年間成長率5年連続No.1の葬儀社で、上場に関わりたい経理スタッフを募集!
経理専門職

経理スペシャリストから将来のリーダー候補として、経理業務全般をお任せします。 【具体的には】 ◇開示書類作成 ◇監査法人対応 ◇月次・四半期年度決算および関連資料作成 ◇BS・PL科目残高管理 ◇売上データ管理 など 【入社後のイメージ】 ◇入社から3ヶ月 売上・仕入計上、預金残高照会、各種仕訳入力など、通常月の月間業務からスタートして頂きます。 ...

91289
『葬儀×WEBマーケ』業界に革新をもたらすWebマーケターの募集です!!
Webマーケター

【仕事内容】  2002年創業当初、お客様がいざ葬儀社を探すという時のお問合せ手段は電話帳でした。 葬儀業界では、それが主流であり、当たり前でした。    創業者の中川は、世の中IT化が進んでいる昨今を読み、お客様が望んでいる真のニーズは、インターネットで葬儀を検索/情報収集/依頼ができる事であると予測し、事前に情報を知る事によって、お客様が、いざという時の葬儀に関して不安に感じてい...

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる