お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ポリゴンマジック 株式会社の企業情報

70885

ポリゴンマジック 株式会社

3D映像を普及させた先進的な実績をベースに、映像表現で業界をリード!

「インターネット以前」の時代からさまざまな分野に3Dによる映像表現を浸透。

パチンコやパチスロ機に搭載されるCG映像の制作を手がけるポリゴンマジック株式会社。
2012年6月、ソーシャルゲーム部門をジープラとして分社・設立し、グリー株式会社と合弁とした会社としても知られている。

ポリゴンマジックが誕生したのは1996年。ビジュアルサイエンス研究所やデジタルハリウッド、アイ・エム・ジェイといった日本のIT界を黎明期からリードしてきた企業グループの一員として、最先端のゲーム開発を担うことを目的に設立された。
社名の「ポリゴン」とは多面体のこと。日本のYahoo!やGoogleがまだ設立される前の「インターネット以前」の時代に、「ハイポリゴンの3DCG」という極めて先進的な技術をテーマに掲げ、様々な分野に3Dによる映像表現を浸透・普及させていくことがミッションであった。

「当時はドットで描く2Dも残っているくらい、平面のゲームが主流で、そうしたゲーム会社の3Dゲーム開発のお手伝いをしたり、大手ゲーム会社の社員をお預かりしたりして『3D化研修』を行うといった活動をしていました」と代表取締役の鶴谷氏は言う。

コンピューターを使ったエンターテイメント制作技術は、当初はコンシューマーゲームやアーケードゲームといった分野から導入が始まり、携帯電話の登場・普及とともに公式サイトのゲームに移り、次にパチンコなどの遊技機に広がり、そして今はスマートフォンのソーシャルゲームで一斉に花開いている。
このように、同社が築いた技術ノウハウは様々な分野に次々に広まるとともに、同社もまたそれぞれの分野でコンテンツを企画制作するビジネスを拡大させていった。
各分野で、最初は「受託」の形で作品制作を手がけて試行錯誤しつつノウハウを蓄積し、万全を期してオリジナル作品に進出する。そういった堅実なスタイルで事業を拡充させてきた。

今では一般的となった3D は、キャラクターに“横”や“背後”、“奥行き”といったスペースを与え、あたかも実空間の中で360度動かせることができるという点で、ただの“紙芝居”だった2D のゲームを全くの別物にした。
日本が誇るゲーム文化を大きく発展させた同社の功績は、長く後世に残るものといえよう。

709031996年に設立された同社。パチンコやパチスロ機に搭載されるCG映像の制作に強みを持つ。
70896代表取締役 鶴谷 武親 氏

遊技機の心臓部・液晶表示パネルの映像を企画段階から提案!

ソーシャルゲーム部門を分社化した今は、同社の事業の80%はパチンコやパチスロなどの遊技機に搭載される液晶画面のCG映像の制作が占めている。同社は大手企業を含めた、多くの遊技機メーカーをクライアントとし、CG映像の企画・提案から手掛けている。同社が強みとする映像が映し出される液晶画面は、パチンコ/パチスロユーザーがプレイ中、常に見つめる箇所であり、その映像クオリティやゲーム性が売上に大きく影響することは間違いない。

「当社は多くの遊技機メーカー様とお付き合いさせていただくことで各メーカー様が独自に持っている様々なノウハウを吸収し、それを当社のシステムへ再構築していくことで、市場価値を上げていく努力をしていくと共に、波のある遊技機市場において安定的な事業運営ができるような経営戦略を取っています。このように複数のメーカー様に認められるようになったのも、長い間培ってきた当社のノウハウや、クオリティだと自負しています」と開発本部長の冨永和也執行役員は言う。

同社の強みとなっているのは、創業以来16年間蓄積してきた映像に関する企画力、表現力。そして、2012年10月にはコミックや映画、キャラクターなどの版権会社である株式会社ブルズ・アイを傘下に収めたことで、メーカーに対して所有コンテンツを元にした、より上流段階からの提案も可能にした。これで、同社の存在価値はますます高まったことになる。

パチンコ業界は20兆円市場といわれているが、近年では市場拡大を目指し、遊技場を展開するパチンコ会社や遊技機メーカーは、ライトユーザーや未経験者を取り込むために新しい遊技場の可能性を見出そうとしている。そのような中で、日々新たな挑戦を行う同社の取り組みに各社の期待値が高まっていることが同社の手掛ける開発の規模や開発期間、任される範囲からも伺える。

また、同社はパチンコ・パチスロ業界にとどまることなく、ビジネスフィールドの拡大を求めてカジノ事業への進出を準備している。まずは海外市場でのオンラインカジノへの参入を皮切りに、日本でのカジノ解禁後は、リアルな機械の開発も視野に準備を整えている段階だ。

「新たにカジノ事業に挑戦するように、誰かが『ショートフィルムを手がけたい』などと言い出して、ビジネスとして採算性が合うなら始めるかもしれません。何かをやらないと決めているわけではないので、可能性は無限に広がっているとは思っています」(鶴谷氏)。

70893執行役員/開発本部長
冨永 和也 氏
70895
70908

何重にも設けられているコミュニケーション深化の機会を提供。

同社の組織体制は、開発本部の下に企画制作、プログラミング、デザイン、サウンド、プラットフォームおよび技術支援という機能別チームを設けてそれぞれのスペシャリストを在籍させ、プロジェクトごとにアサインするという方法が取られている。同社の場合、1つのプロジェクトのスケールは開発費で3~5億円におよび、平均20~30名、ピーク時には60~70名が2~3年がかりで開発するという大規模なものが中心だ。プロジェクト全体を管理するディレクターを中心に、プロジェクトごとにまとまって制作を進めていく。
「問題が起きれば皆で知恵を出し合うなど、一つのモノづくりに全員がいい関係を作りながら関わっています」と冨永氏は語る。

また、この業界は版権を扱う作品が多いため、例えばコミックで人気があるが、まだアニメ化されていない作品の映像化を自身たちの手で行えるチャンスもある。コミック好きにはたまらないやりがいがあるだろう。

そんな同社では、「企画案だけ提案してほしい」というオーダーを受けることがある。
「この時は、企画づくりに全員が参加します。自主的にグループをつくって役割分担し、業務外の時間や食事時間を利用してブレストしたりとワイワイやっています。普通は企画書を提出して終わりなのですが、弊社はお客様にお願いをして、プレゼンテーションをさせて頂くということをしています。
プレゼンターは企画に参加したスタッフから指名し、皆の前で模擬練習を行います。その時、書いてあることだけを読むのだけではなく、自分の企画としてプレゼン出来るように、何を考えて企画を考案していったのかという部分をしっかり伝え、自分の言葉でプレゼン出来るようにアドバイスしていきます。人前で話すのがニガテな社員をあえて選ぶこともしますよ。これまで複数回提案の機会がありましたが、すべて成功しました。社員の達成感はハンパないですね(笑)」と冨永氏は胸を張る。

社員同士のコミュニケーションを深める機会づくりにも、会社として力を入れている。毎週月曜日は朝食、金曜日はランチを用意して、社員同士が自然と顔を合わせるように仕向けている。また、BBQやクリスマスパーティー、社員総会の後の懇親会といった全社行事のほかに、各プロジェクトに「キックオフ」や「打ち上げ」の予算をつけたり、各部門に飲み会の予算を割り振っている。
「すべてに参加したら、毎月のように機会が巡ってきます(笑)」と鶴谷氏。

また、クラブ活動も盛んだ。5人以上集まれば会社からクラブとして認められ、一人あたり月額2000円の予算がつく。活動テーマは自由で、現在「映像映画研究部」「2Dゲーム研究部」といった業務密着系のものから、「バンド部」「総合スポーツ部」などの趣味系、果ては「試食部」「ドリンクバークラブ」など“よくわからない”部が活動している。これも社内コミュニケーションを活性化させる大切な場だ。

そんな同社が求めるのは、積極性のある人。
「声を出した人がやりたいことをやれるという風土があります。前の会社ではやりたいことができなかったという人に応募してほしいですね」と鶴谷氏は期待を込める。

70898勉強会やブレストも積極的に実施されている。
70899ミーティング風景。若手社員も多く活躍している。年齢や職歴問わず、フラットな社風だ。
70904

ポリゴンマジック 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ポリゴンマジック 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ポリゴンマジック 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
資本金 3億2,500万円
設立年月 1996年04月
代表者氏名 代表取締役 鶴谷 武親
事業内容 ■デジタルエンタテインメントコンテンツの企画制作
 :遊技機の映像開発事業等
■インターネットメディア事業
 :自社プラットフォームの運営等
■コンテンツライツ事業
 :中国語圏の映画やドラマの配給等
■表現技術、オンライン技術の研究開発
主要取引先 ・各大手遊技機メーカー様
 ※守秘義務により具体的な社名等は非公開とさせていただきます。
・グーグル株式会社
・日本マイクロソフト株式会社
従業員数 260人
平均年齢 31.0歳
本社所在地 東京都港区六本木7丁目18-18 住友不動産六本木通ビル2F
70885

ポリゴンマジック 株式会社資本金3億2,500万円設立年月日1996年04月従業員数260人

3D映像を普及させた先進的な実績をベースに、映像表現で業界をリード!

この企業が募集している求人

70898
【アートディレクター】各大手遊技機メーカーと取引◎グラフィック面のディレクション及び作業進捗管理業務を担当!
アートディレクター

【仕事内容】 ハイエンド3DCGムービー/遊技機の映像作成業務におけるグラフィック面のディレクション及び作業進捗管理業務をご担当頂きます。 【仕事の魅力】 遊技機メーカーとタッグを組み新しい映像表現の提案、遊技機に関わる全ての映像制作を行ってる他、ポリゴンマジックは映像制作のみだけでなく、企画/開発も行っています。 企画段階からプロジェクトに参加し、ゲーム性の提案、映像制作、サウ...

70901
【プログラム部門マネージャー】上流からの提案力が可能◎パチンコやパチスロ機に搭載されるCG映像の制作に強みあり!
プログラム部門の部門マネージャー

【仕事内容】 プログラムプロセクション(弊社プログラム部門)のスタッフのマネジメント・組織運営をお任せします。※現場で手を動かすことは基本的に想定していません。 【仕事の魅力】 遊技機メーカーとタッグを組み新しい映像表現の提案、遊技機に関わる全ての映像制作を行ってる他、ポリゴンマジックは映像制作のみだけでなく、企画/開発も行っています。企画段階からプロジェクトに参加し、ゲーム性の提...

70902
【オーサリングスタッフ】大半の大手遊技機メーカーとの取り引き多数◎自分のセンスを映像化できるチャンスがあります!
オーサリングスタッフ

【仕事内容】 遊技機液晶画像開発におけるオーサリング業務となります。AfterEffectsを使用して組み込み用にオーサリング及びデータ出力までご担当頂きます。 【仕事の魅力】 遊技機メーカーとタッグを組み新しい映像表現の提案、遊技機に関わる全ての映像制作を行ってる他、ポリゴンマジックは映像制作のみだけでなく、企画/開発も行っています。 企画段階からプロジェクトに参加し、ゲーム性...

70897
【遊技機プランナー】パチンコ・スロットのメインプランナー経験者募集!
遊技機プランナー

【仕事内容】 遊技機の映像作成業務において、映像の企画/仕様作成、設計書の作成をお任せします。 【仕事の魅力】 遊技機メーカーとタッグを組み新しい映像表現の提案、遊技機に関わる全ての映像制作を行ってる他、ポリゴンマジックは映像制作のみだけでなく、企画/開発も行っています。 企画段階からプロジェクトに参加し、ゲーム性の提案、映像制作、サウンド、映像の組込みという一連の流れを社内で完...

残り1求人をみる
Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる